音声で宅建勉強⁉忙しいあなたも、音声を使って効率的に宅建勉強!

音声で宅建勉強⁉忙しいあなたも、音声を使って効率的に宅建勉強!

「音声で宅建の勉強ができるの?」そこのあなた、独学で宅建取得を目指して勉強の真最中でしょうか?独学は、低コストかつ時間の融通も利く、とても魅力的な手段。

忙しい中、宅建取得を目指したいあなたにもぴったりです。しかし、勉強方法やスケジュールなどを全て自分で管理しなければならず、リスキーな手段でもあります。

計画性をもって、いかに無駄を省いた効率的な学習ができるかが、独学成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

しかし、理想的なスケジューリングができたとしても、実益が伴わなければ意味がありません。

実際には、忙しくて予定通り勉強が進まないことの方が多いはず…。「もっといい勉強方法ないかな…」大丈夫!時間に余裕がなく、メリハリのない勉強になりがちな独学での宅建勉強も、音声を活用すればあなたの理想像に近づけるかもしれません!

以下では、宅建の勉強にどのように音声を活用すればよいかご紹介します!

※「忙しいから独学で勉強しようと思うけど…独学で宅建て受かるの?」そうお悩みのあなたにオススメ!独学で宅建士になる方法をご紹介した記事はこちらから!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

※併せて読めば、独学にもっと自信が持てる!こちらの記事では、独学での宅建攻略方法とそのコツについてご紹介しています!是非ご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

「幅広い試験範囲×忙しい=効率的な時間の使い方が命!」音声が独学の味方になる!!

「幅広い試験範囲×忙しい=効率的な時間の使い方が命!」音声が独学の味方になる!!

「音声で宅建勉強ってどういうこと?」独学は、低コストで時間の融通も利く勉強手段として、忙しいあなたにもぴったりの学習方法といえます。

しかし、自由である一方、全てを自分1人で管理しなければならないということが、独学の非常に難しい点です。「これに沿って勉強していれば大丈夫!」というマニュアルが用意されているわけでもなければ、わからないところを誰かが丁寧に教えてくれるわけでもありません。

勉強方法を決めるのも、勉強時間や場所を選ぶのもあなた。

一歩間違えれば不合格真っ逆さま…。だからこそ、独学には「計画性」が欠かせません。自分に合ったスケジューリングで合格まで突き進むほかないのです。

しかし、現実はそんなに甘くないですよね。仕事で忙しい中、疲れて勉強する気もしない日があって当然。家事や育児に追われていれば、自分の時間など無いに等しいかと思います。

「勉強時間ないんだけど!」いえ、「時間がない」は言い訳です。「ないなら作る」「実はあるすきま時間を見つける」のです!そして、その時間を有効活用する手段として適切なのが、「音声」なのです。

では、そもそも独学で宅建を取得するにはどれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。そして、その時間を確保し、有効に使うためにはどうすればいいのでしょうか?以下でご紹介します。

※「勉強する時間ないよ…」忙しいあなたに、是非読んでいただきたい!宅建を勉強するために必要な勉強時間を確保するコツ、教えます!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

宅建合格に必要な時間は250時間!時間がないなら作って有効活用!

独学で宅建に合格するのに必要な時間については、様々な意見があります。

実際の合格者の方の意見や、大手通信制スクールのホームページを見ると、おおよそ100時間から400時間の間に分布しているようです。

もちろん、中にはもっと短い時間で合格したという方もいらっしゃいますし、2度目以降の挑戦だという方もいらっしゃいますので、厳密には合格に必要な時間など人によって様々であって一般化できないといえます。

しかし、最低限必要な時間として定めておくと、勉強するための計画を立てる目安となり、スケジューリングしやすくなります。

ですので、ここでは、合格者の方の意見やスクールのホームページ、私の経験などを勘案し、最低でも250時間を確保していただきたいと思います。

この250時間を1つの基準として、あなたが一日に確保できる勉強時間を計算してみてください。ここで大切なのは、決して無理をしないこと。

ご自分の生活スタイルに合わせた無理のないスケジューリングをしてください。

しかし、「時間がない」は言い訳になりません!できる限りの工夫をして、時間を作って勉強時間を確保しましょう。

例えば、仕事をしてらっしゃる方であれば「出勤日は、通勤時間の30分を勉強時間として、休日は2時間勉強する」と決めたり、「本試験まではいつもより1時間早く起きて勉強する」と工夫することもできます。

また、育児や家事で忙しい方も、旦那さんや奥さんの協力を得ながら、「毎日1時間半は勉強時間を確保する」と決めることもできます。

しかし、このように250時間確保しても、現実には勉強した気になっただけで、実益が伴っていない「勉強時間まがいの時間」になってしまっている場合が多いのは否めません。

だからこそ、「すきま時間」をみつけ、予め確保した勉強時間以上に宅建をあなたの生活に組み込んでいくことが大切なのです。(もちろん、予め決めた勉強時間もきちんと勉強するにこしたことはありません。)

では、限りある貴重な時間の中、「すきま時間」を有効に活用するにはどうすればよいのでしょうか?

そこで登場するのが「音声」による学習です!スマホやネットを使えば、宅建の学習用音声をダウンロードすることができます。

ポッドキャストなどもありますので、携帯音楽プレーヤーなどに入れておけば、スマホの充電を気にすることなく音声を聞くことができるのです。すごい時代ですね!

「音声」で宅建の重要論点が聞けるということは、電車などで本を開く手間も省けます。

いちいちカバンからテキストを出して、満員電車で気を遣いながら勉強する必要はないのです。

重たいテキストや問題集を持ち歩くこともなく、「音声」教材を聞くことができる媒体があれば、どこだって勉強場所になるのです。

少しの「すきま時間」ができたら、さっと「音声」を聞くことで宅建の勉強になる。

非常に有効な時間の使い方ではないでしょうか。

※「宅建のいい勉強場所が思い浮かばない…」勉強場所なんてどこだっていいんですよ!問題はあなたが宅建モードをONにできるかどうか!こちらの記事を読めば、あらゆるところが勉強場所に!

関連記事

「いい勉強場所ないかな…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、勉強の真最中でしょうか。ところで、勉強場所って悩みませんか?勉強場所といえば、自宅、図書館、カフェなどが思い浮かぶかと思います。 しかし、それはあくまでイメージ。人それ[…]

特別な場所など必要なし!宅建モードONで、そこが勉強場所になる‼
「すきま時間」を有効に使うには、いつでもどこでも勉強可能な「音声」教材を活用すべし!
☞「音声」が聞ける媒体があれば、気軽に宅建の勉強が可能。

このように、独学では、いかに時間を有効活用できるかがポイントです。「音声」教材を使って、宅建の勉強時間確保に努めてみてください!

「音声」活用で記憶の定着を後押しせよ!すきま時間に確実に暗記!

「音声」活用で記憶の定着を後押しせよ!すきま時間に確実に暗記!

独学に大切なのは、計画性を持って無駄を省いた勉強をすること。

リミットのある時間内で、どれだけ効率的に出題率の高い重要論点を攻略できるかが合否を左右するといっても過言ではありません。

独学で宅建に合格するために必要な時間は、最低でも250時間です。一日に確保できる勉強時間を把握し、無理のない範囲で工夫をしながら、勉強時間を確保していただきたいと思います。

しかし、先述した通り、どれだけ理想的なスケジューリングができたところで、実りある充実した勉強時間とできなければ意味がありません。

「勉強した気になった」時間ではだめなのです。

とはいえ、忙しい日には眠気が襲ってきますし、家事や育児で予定通りに行かないこともあって当然です。そんなときに貴重な存在が「すきま時間」です。

どんな一日でも必ずどこかに「すきま時間」は転がっているものです。

「時間がない」では宅建は合格できません。ないなら作って、自ら見つけましょう。

そして、場所など関係なく「すきま時間」を活用するために有効なのが、「音声」教材!今は、スマホやネットがあれば、どこでも宅建勉強用の「音声」を聞くことができます。ポッドキャストなどもありますので、携帯音楽プレーヤーがあれば、いつでもどこでも勉強場所になり得るのです。とても便利ですよね。

では、その「音声」教材ですが、具体的にはどのような勉強に使うことができるのでしょうか。以下では、「すきま時間」での「音声」の使い方をご紹介します。

※「すきま時間」を有効活用するために使いたいのがスマホやネット!上手く活用して独学の味方にしてください!

▼「スマホ」の活用方法についての記事はこちら!

関連記事

「スマホって勉強に使えないかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して、勉強の真っ只中でしょうか?独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な資格取得の手段ですよね。 でも、独学で勉強する場合、「宅建勉強マ[…]

スマホを味方に、独学で宅建合格!スマホを勉強に活用するには⁉

▼「ネット」の活用方法についての記事はこちら!

関連記事

「宅建の勉強にネットってどう活用すればいいんだろう?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集の真最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。 今や、私たちの日常生活において、インターネットが果たす役割は計り知れない[…]

宅建勉強にネットはどう使う⁉ネットを上手く活用して独学成功へ!

「音声」で耳を刺激!「すきま時間」に苦手分野や暗記を後押し!

「音声」は、その名の通り「音」です。

宅建の「音声」教材にも様々な種類がありますが、共通しているのは、音によって勉強ができるということです。

音によって宅建の重要論点が再生され、頭に流れてきます。

五感の1つである聴覚を通して、要点の確認ができたり、講義感覚で勉強できるのです。

テキストを読んだり問題集を読むだけではあまり理解できなかったところも、音声として聞くことで新鮮な気持ちで頭に入りやすくなるかもしれません。

また、目で見るよりも耳から聞く方が記憶に残りやすい人もいるかもしれません。そういった方には、音声教材はぴったりの学習方法と言えます。

私の推奨する勉強方法は、インプットとアウトプットの反復による重要論点の学習です。

「音声」は、インプットの段階で理解しにくい分野を聞いてみることや、アウトプットをしてもなかなか解説がわからないところを確認することにも使えるといえます。

自分に合った方法で「音声」を活用し、すきま時間に知識の定着を図ってみてください!

インプットとアウトプットを繰り返し、重要論点を効率的に頭に入れること!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

「音声」で、すきま時間を有効活用せよ!宅建の勉強をより効率的に!

「音声で宅建の勉強ができるってどういうこと?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて勉強の真最中でしょうか?

独学は低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですが、自由である一方、全てを自分で管理することが求められるためリスキーな手段でもあります。

勉強方法やスケジューリングでしくじれば、不合格へまっしぐらです。

また、気を付けたいのが時間の使い方。忙しい中、いかに無駄を削った勉強ができるかが合格の鍵になります。最低でも250時間を勉強時間として確保し、さらに「すきま時間」を見つけて着実に勉強を進めていきたいところです。

そこで活用したいのが、「音声」による学習です。今では、スマホやネットで、いつでも「音声」を聞くことができます。ポッドキャストを使えば、携帯音楽プレーヤーで聞くことも可能です。

「音声」だけで、宅建が勉強できるのです。重たいテキストを開く必要もなければ、歩きながらでも勉強することができます。ここまで有効な時間の使い方はないのではないでしょうか。

「音声」は、その名の通り「音」による学習です。耳からの刺激で、記憶の定着率はより上がる方も多いはずです。

また、テキストの文字だけではわかりにくいところも、音声による解説ならば理解が進む場合もあります。

「すきま時間」に「音声」を上手く活用し、宅建合格の味方にしてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG