宅建勉強に上手く動画を取り入れ、独学でもインプットの質アップ!

宅建勉強に上手く動画を取り入れ、独学でもインプットの質アップ!

「動画って宅建の勉強に役立つのかな…」そこのあなた、独学での宅建取得に向け勉強の真最中でしょうか?独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですよね。

その一方、頼れるのは自分だけ。わからないところを誰かに聞ける環境下にあるわけでもありません。

自由ではありますが、全てを自分1人で管理しなければならず、リスキーで孤独な手段でもあります。

勉強方法に不安を抱いて当たり前です。宅建の試験範囲は広く、複雑な内容ばかり。テキストを読んでも理解できない箇所もたくさんありますよね。

「このままじゃ本試験なんて無理…」ちょっと待ってください!まだ諦める必要はありません!「動画」という手段があります!今では、ネットやスマホを使えば、サイト上でいつでも視聴できる「動画」。

これを独学での宅建勉強に活かさない手はありません。
以下では、宅建の勉強に「動画」を是非活かしたい理由と、その活用方法をご紹介します。

※膨大な知識が問われる国家試験である宅建!「独学でも宅建の取得は可能?」大丈夫です。独学での宅建取得の方法を知りたい方は、こちらの記事をご一読ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

※さらに、こちらの記事では独学での宅建攻略のコツについてご紹介しています!併せて読めば、合格率アップ!!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建は、幅広い知識が問われる試験!独学では、確実で効率的な勉強が不可欠!

宅建は、幅広い知識が問われる試験!独学では、確実で効率的な勉強が不可欠!

宅建取得を目指して独学で勉強を進めていると、その孤独感から自分の勉強方法に不安を抱く方も多いはずです。

あなたも、その1人ではないでしょうか。独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段です。忙しいあなたにもぴったり。

ですがその一方、「これに沿って勉強すれば大丈夫」というマニュアルが用意されているわけでもなければ、「わからないところがあればすぐに誰かに聞ける」という環境にあるわけでもありません。

わからないところがあれば自分で調べるのです。頼れるのはあなただけ。

本試験まで自分を導いていくのは、他でもないあなた自身。全てを自分で管理していかなければならないのです。自由である一方、非常にリスキーな手段でもありますね。

宅建では、膨大な知識が問われます。テキストを読んでも、理解できないところがあって当然です。

独学では、わからないところは自分で知らべるのが基本。あらゆる手段を使ってその穴を埋めていく必要があります。

しかし、何度やっても理解できないところもあります。学校のように、「先生がわかりやすく説明しくれればいいのに…」と、独学という手段を選んだ自分を恨むことも…。「ダメだ…やっぱりわからないところばっかり…」ちょっと待ってください!

諦めるのはまだ早い!あなたには、「動画」という手段が残されています!今では、スマホやネット環境が整っていれば、どこでだって無料で動画を視聴することができます。

このなんとも便利な「動画」という手段、独学だからこそ、活用するに超したことはないのです。

以下では、独学という手段で宅建取得を目指すあなたにこそ、「動画」を活用していただきたい理由をお伝えします。

※文明の利器「スマホ」。あなたは独学での勉強にどのように役立てますか?宅建の勉強に「スマホ」を活用する方法、お教えします!

関連記事

「スマホって勉強に使えないかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して、勉強の真っ只中でしょうか?独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な資格取得の手段ですよね。 でも、独学で勉強する場合、「宅建勉強マ[…]

スマホを味方に、独学で宅建合格!スマホを勉強に活用するには⁉

※今や私たちの生活の利便性を左右する「インターネット」!ネット最大の武器である情報量を駆使して、宅建合格を実現させる方法とは?

関連記事

「宅建の勉強にネットってどう活用すればいいんだろう?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集の真最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。 今や、私たちの日常生活において、インターネットが果たす役割は計り知れない[…]

宅建勉強にネットはどう使う⁉ネットを上手く活用して独学成功へ!

「聞きたいけど誰にも聞けない!」そんな独学だからこそ、「動画」を活用!

まず、本題に入る前に、宅建について軽くお話します。

宅建は、宅地建物取引士になるためには、第一段階で突破しなければならない試験です。

宅建士とは、不動産取引の専門家です。

不動産は、土地や建物といった非常に大きく高額な商品。専門的知識に欠ける一般人が安易に手を出せば、トラブルに巻き込まれかねません。

宅建士は、そんな不動産取引において、その知識をフル活用して取引がスムーズに行われるようにサポートする役目を負うのです。

宅建士の役目は、不動産取引のプロとして、その豊富な知識を提供することです。その知識の裏付けともいえるのが、「宅地建物取引士資格(宅建)」というわけです。

専門知識を売りにする身分を取得するための資格試験が、そんなに簡単に取得できるわけがありません。

「宅建は、法律系の資格の中では比較的取得が容易」などという意見も見聞きしますが、決して簡単に取れるものではありません。なめてかからないでください。

では、本題に入りたいと思います…。

宅建は、毎年約20万人もの人が受験する人気の国家試験です。

合格率は、例年約15~17%となっています。上位約3万人に入らなければ合格通知を受け取ることはできません。非常に熾烈な争いといえます。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

試験は年に一度、例年10月の第3日曜日に行われます。4肢択一形式でマークシートでの解答です。試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つの科目に分類されます。配点は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」です。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

前述したように、宅建では、不動産取引に関する幅広い知識が問われます。

試験科目名や配点分布から明らかなように、「不動産取引においてどのような権利義務が変動するか」といった契約に関する基本的知識や「宅建業とは何か」、そして「宅建士とはどういった役目を負うか」といった内容、建築基準法や農地法、税率などまで問われるのです。

法律や不動産に馴染みのない人には、非常に取っつきにくい分野といえます。

この複雑で厄介な分野から、選りすぐりの50問が出題されるのです。

そして、出題形式は、4肢択一形式でマークシートでの解答なのですが、「正しいものはいくつあるか。」「正しい組合せはどれか。」という出題方法を採るものもあります。

決して曖昧な知識で、ましてや山をはって合格できるような試験ではないのです。

試験の合格点は、毎年31点~37点の間に推移しています。50問中約7割の得点で合格できる計算です。

ここから、どれくらいの得点を目指すべきか見えてくるのですが、やはり確実に合格を狙うなら38点は得点したいところです。

また、各試験科目の難易度や配点分布などから、各分野別では「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」を目指していただきたいと思います。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

上記の内容からお分かりいただけるかと思いますが、宅建は、不動産取引に関する幅広い知識が問われる試験であり、その試験に合格するためには、約7割以上(38点以上)の正答をして上位約3万人に入る必要があるのです。

この厳しい条件に、あなたは独学という手段で挑もうとしています。

計画性を持って、勉強のスケジューリングを行い、無駄を省いた勉強方法を確立しなければ合格は難しいといえます。

※「もっと効率的に勉強できる方法ないの?」独学での宅建取得をもっと効率的に!その方法を知りたい方は、こちらの記事を是非ご一読ください!

関連記事

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。 しかし、困ったときにフォロ[…]

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法

しかし、いくら計画性を持って、完ぺきにスケジューリングを行い、重要論点に絞った勉強をしても、内容が伴っていなければ意味がありません!

「勉強した気になった」のではだめです。実質的に勉強できて初めて宅建の勉強をしたといえるのです。

「テキストを読んでもわからないところだらけ」「問題をやってもよくわからない」「何度解いても正答率が上がらない」などといった状況が続くと、合格なんて夢のまた夢です。

でも、あなたが選んだのは、独学という手段。わからないところがあってもすぐに誰かに聞ける環境ではありません。

「聞きたいけど聞けない!」そんな独学だからこそ、「動画」を使って理解の助けに!
☞独学では、わからないところがあっても誰にも聞けない。そんなとき、「動画」を使えば、音と映像で理解しやすくなる!

ここで、「動画」に登場してもらいましょう!スマホやネットで宅建の動画を検索してみてください。

あなたの理解に役立つ動画がたくさん出てくるはずです。図を描いてわかりやすい説明を加えてくれているものもたくさんあります。

テキストの文字だけではわかりにくかったところも、動画の音声と映像があれば、理解の助けになるはずです。

このように、膨大な知識かつ複雑な問題が問われる宅建は、1人で対策するのに限界がある場合もしばしばあります。

そんなとき、いつでも視聴することができる「動画」を使えば、音と映像が、あなたの理解を助けてくれるはずです!これが、独学だからこそ「動画」を活用していただきたい理由です。

「動画」を使ってインプットの質アップ!!使える知識を効果的に頭に入れる!

「動画」を使ってインプットの質アップ!!使える知識を効果的に頭に入れる!

宅建は、膨大な知識が問われる国家試験。試験範囲は、法律や不動産といった初学者には非常に取っつきにくい分野となっています。

テキストを開くと複雑で理解に苦しむ専門用語ばかり…。

いくら解いても問題の正答率は上がらず、時間ばかりが過ぎていきます。わからないところは、誰かにわかりやすく解説してもらいたいですよね?

でも、あなたは今、独学という手段で宅建に挑もうとしています。「聞きたいけど聞けない!」という状況なのです。

そんなときは、「動画」を使いましょう!スマホやネットがあれば、いつでも視聴できるのが「動画」のよいところです。

低コストで時間の融通も利く魅力的な手段だからこそ選択した、独学という勉強方法。無料で視聴できるなんて、非常に理にかなっています。

では、そんな「動画」ですが、具体的に、いつどのようなときに活用すべきなのでしょうか。

以下では、独学で宅建取得を目指す上での「動画」の効果的な使い方をご紹介します。

「動画」を使うのは、理解を要する場面!音と映像でインプットの質を上げる!

「動画」の利点は、音と映像です。

知識の定着を図るには、より多くの五感を刺激することが効果的だとされていますが、「動画」を使うことで、耳と目が刺激されます。

テキストをただ黙々と読むよりも、内容が頭に入りやすいといえます。

そして、声の抑揚や動きが加わることで、重要かどうかがわかりやすくなり、勉強にメリハリがつきます。

情報の取捨選択にはもってこいです。過去問の分析で、出題率の高い論点を割り出した後でも、もう一度動画を視聴することで、自分の論点の割り出し方や目の付け所が正しかったのか確かめることもできます。

私がおすすめする独学での勉強の流れは、まずテキストにざっと目を通した後、本格的にインプット段階に入り、その後、アウトプットとインプットを繰り返すというものです。

「動画」を使っていただきたいのは、「インプット」のところです。

論点が理解できていないと、問題を解くことができない、解けても偶然だったという場合が発生します。

特に、「権利関係」の「民法」では、理解が必須です。

条文解釈や判例法理を理解できていないことは、権利関係において致命的です。

このとき、「動画」を活用すると、図を用いて当事者の関係を解いてくれていたりするので、非常にわかりやすいといえます。

暗記だけならテキスト上でも可能ですが、理解は限界があります。

そんなとき、「動画」を使うことで理解の助けとなり、インプットの質もアップできることと思います。

インプットとアウトプットを繰り返し、重要論点を効率的に頭に入れること!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

このように、「動画」は音と映像で理解の助けとなります。

インプットがなかなか進まない科目や、ご自身の苦手な分野の理解を助けるために、是非「動画」を活用してみてください。

独学での宅建勉強に「動画」は効果的!音と映像でインプットの質をアップすべし!!

「宅建の勉強に動画って役立つのかな…」独学で宅建取得を目指す方にとって、勉強方法は非常に大切。

膨大な知識を、いかに効率的に勉強するかが問われます。

無駄を省き、効果的に勉強を進めるためには、いかなる手段も取り入れたいところです。

さらに、宅建の試験科目は、不動産取引に関する幅広い知識を問うものとなっています。

初学者の方にはとっつきにくいものばかり…。

テキストを読んだだけでは理解できないものや、何度解いても微妙な問題もたくさんあるかと思います。

しかし、独学は、わからないところがあっても誰かにすぐに聞ける環境ではありません。「聞きたいけど聞けない!」という状況です。そんな時には、「動画」を使いましょう!

今では、スマホやネットでいつでもどこでも動画を視聴することができます。

「動画」は、音と映像がその利点。

より多くの五感を刺激することで、あなたの理解を助けてくれるはずです。

特に「動画」を活用していただきたいのが、「正確な理解が求められる」場面です。

宅建の本試験では、「正しいものはいくつあるか。」「正しい組合せはどれか。」といった出題形式を採るものもあります。

決して山を張って合格できる試験ではありません。正確で確実な知識が求められるのです。

そんな宅建試験において、きちんと理解できていない事態は致命的…。

だからこそ、理解し辛い分野や苦手分野の知識定着に上手く「動画」を活用し、インプットの質を上げてください!上手く「動画」を活用することができれば、あなたの宅建合格率アップも夢じゃありません!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG