税法

独学でも宅建合格!「税法」攻略の勉強法は、とにかくインプット!

「宅建って税法も出るの⁉」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて情報取集の真最中でしょうか?

独学では、勉強方法などの情報収集がとても大切。でも、宅建の試験範囲や科目名などを実際に目にすると、「大丈夫かな…」と不安になることもしばしばあるのではないでしょうか。

そして、まさに「税法まで出るの?」そう不安になったのではないでしょうか。そうなんです。宅建の試験科目には、大きく分けて4つあり、「税法」は「税・その他」という科目に分類されます。

テキストや参考書では、「宅建業法」や「権利関係」に比べると後方のページが割り振られているかもしれません。

「そんなに重要でもないのかな?」いえ、実は、「税法」は正確な暗記さえできれば、貴重な得点源となります!内容も見ずにポイっと捨ててしまうのはもったいない!勉強のポイントはインプットです。

以下では、独学での宅建合格を実現させる「税法」の勉強方法をご紹介します。

※併せて読めば、合格へグッと近づくこと間違いなし!こちらの記事も是非!

・「独学で宅建士になる方法」を知りたい方は、こちらの記事も必見です!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

・「宅建を独学で攻略する方法」を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建試験における「税法」の重要度は?配点や目標点はどれくらい?

宅建試験における「税法」の重要度は?配点や目標点はどれくらい?

「宅建の試験科目に税法もあるの?」宅建の試験範囲に「税法」が含まれていることを知り、途方に暮れた方も多いのではないでしょうか。

宅建の試験科目というと「宅建業法」や「権利関係」が有名かと思いますが、実は「税・その他」という科目として「税法」も含まれています。

「税法」とは、その名の通り、私たちの生活に密接に関わる種々の「税金」についてのルールを定めた法律です。

私たちに最も身近な税金といえば「消費税」かと思います。最近では、消費税が10%に引き上げられたこともあり、皆さまも注目した話題の1つではないでしょうか。

制度が変わる時期には、8%の軽減税率が適用される商品や、テイクアウトか店内での飲食かで税率が変わるといった報道が世間をにぎわせました。

「税」というシステムは、私たちの生活に大きな影響を及ぼし得るものなのです。

「消費税が私たちの生活にとって重要なことはわかるけど、宅建で税法が出題されるのはどうして?」そう思った方もいらっしゃるかと思います。(私も、試験範囲に「税」という文字を見つけたとき、「税⁉」と正直よくわかりませんでした。)

宅建とは、「宅建士」という不動産取引の専門家に必要な資格です。つまり、不動産取引に関わる知識が宅建試験の主な出題科目となります。

換言すると、「税制度」は、不動産取引においても登場するということです。「不動産取引」で取引の対象となる商品は、「家」「土地」「マンション」などです。

サイズも価値も大きいものなので、実務として不動産に関わる機会が少ないと、その取引の流れを想像し辛いのが現状です。

しかし、例えば家を買うことを一例とすると、それも立派な売買契約です(コンビニエンスストアでお弁当を買うことと何ら変わりません)。誰かが不動産を売って、誰かがそれを購入すれば、売主には収入が入ります。お金が動くのです。そこで登場するのが「税法」というわけですね。

動くお金も大きければ、関わる税制度も様々です。宅建では、不動産取引に関係する「税制度」についての知識を問うために、「税・その他」という科目として「税法」が出題されるのです。

それでは、具体的な勉強方法をご紹介する前に、宅建試験における「税法」の位置づけをお伝えしておきたいと思います。以下では、本試験における「税法」の配点と目標点をご紹介します。

※「税法」と同じく「税・その他」に含まれるのが「免除科目」!詳しく知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「宅建の免除科目って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して情報取集の真っ最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 宅建の試験科目を調べていると、「免除科目」という謎の科目名を目にすることと思います。「免除科目…?何それ?」[…]

「宅建の免除科目って…何?」5問免除の科目と勉強方法をご紹介!

「税法」の配点はどれくらい?

では、宅建本試験における「税法」の配点を見ていきましょう。

宅建は「宅地建物取引士資格試験」の略称であり、「宅地建物取引士」に必要不可欠な資格です。宅建士とは、不動産取引の専門家として、家や土地といった不動産の取引がスムーズに行われるようにサポートする役目を負います。

宅建は、「宅建士として働く上で必要な知識が身に付いているかどうか」という点が問われる試験ともいえます。

そんな宅建試験は、例年10月の第3日曜日に行われる国家試験です。年に一度しか行われません。特別な受験資格は不要で、誰でも挑戦することができます。

毎年約20万人もの人が受験し、合格率は約15~17%となっています。上位約3万人が「合格」通知を受け取るということです。残りの約17万人は、年に一度のチャンスを惜しくも逃してしまうのですから、熾烈な戦いといえます。
(参照URL:一般財団法人不動産適正取引推進機構「試験実施概況(過去10年間)」)

宅建は、全部で50の問題から構成されています。四肢択一形式で、マークシートで回答します。マークシートで4択と聞くと、なんとなく簡単な試験に聞こえるかもしれませんが、「正しいものはいくつあるか。」「…の組合せはどれか。」といった問題も隠れているので、油断は禁物です。

試験科目は、大きく分けて「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つです。それぞれの配点分布は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」となっています。

試験科目 配点
試験科目 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他
(「税法」)
8点
(2点)

「税法」は、「税・その他」の1分野として含まれます。例年「税法」からは、2問が出題されています。ですので、「税法」の配点は2点ということです。

「税法」の配点は、「2点」!
☞ 50点中の2点という配点分布だけを見て、「捨てる」と判断するのはまだ早い!

50点中の2点ですので、「捨ててもいい」と判断する方も多いかもしれません。しかし、たかが2点、されど2点。暗記がものを言う「税法」の分野。配点だけを見て判断するのはまだ早いかもしれませんよ。

「税法」の目標点はどれくらい?

次に、「税法」での目標点をお伝えします。
宅建本試験の合格点は(相対評価ですので、各年によって異なりますが)、例年31~37点の間に推移しています。50点のうち、約7割の得点で合格ラインが引かれている計算になります。

確実な合格を目指すならば、38点は取っておきたいところです。そこで、ここでは、試験全体での目標点を38点としたいと思います。

そこから、各科目の配点分布や難易度などを勘案し、それぞれの目標点を「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」とします。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他
(「税法」)
8点 5点
(1~2点)
「税法」は、1~2点を目指す!
☞ 暗記が得意な方は、満点の2点を、難易度の高い問題に当たった場合や苦手な方は1点を。

「税法」は、「税・その他」の1つですので、目標点5点の中に含まれます。「税法」単体での問題数は2問ですが、暗記が得意な方ならば、満点である2点を目指していただきたいと思います。

暗記が苦手だったり、難易度の高い問題であった場合には1点取れればよいかと思います。

複雑で厄介な「税法」は、インプット中心の勉強で宅建合格を目指せ!

「宅建って税法も試験科目なの?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、情報取集の真最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。

宅建に「税法」が出題されるとは、予想外だという方も多いのではないでしょうか。かくいう私も、かつて驚きました。テキストを見ると、「税」の文字が…。

何だか後ろの方のページで、配点を見ると、他の科目に比べて明らかに少な目です。私は、法学部でしたが、「税法」の授業は避けておりました。何故なら、難しいから…!恥ずかしながら、非常に苦手です…。

それにもかかわらず、宅建に出題されるとは、本当にどうしようかと思いました。あなたも、テキストや参考書で「税法」の項目を見て、その複雑な専門用語の数々に面食らったかもしれません。

しかし、大丈夫です。宅建試験で出題される「税法」の問題は、基本的な知識を問うものが多くなっています。つまり、「税法」は「きちんと暗記できているかどうか」という点が重要なのです。「税法」の勉強のポイントは「インプット」をしっかりとすること!
以下では、厄介な「税法」を攻略する勉強のコツをご紹介します。

「税法」は最後に勉強すべき!

独学で宅建取得を目指す上で重要なのが、勉強の計画を立てることです。各試験科目に勉強の優先順位を付けるのです。私が個人的にお勧めする順番は、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」です。つまり、「税法」は最後に勉強すべきということです。

宅建の勉強における優先順位の付け方については、色々な意見があります。「宅建業法」から始めるべきという人もいれば、「権利関係」から始めるべきという人もいらっしゃいます。こればかりは、個人のやりやすい勉強法や科目の好き嫌い、背景知識の違いなどによると思うのですが、私が推奨するのは、「権利関係」から始めていく順番です。

「権利関係」は、民法をはじめとする「理解」が必要な分野によって構成されています。その中では、複雑な条文解釈や判例法理を理解しなければなりません。

「暗記」だけでは対応できないのです。「なぜこういった解釈をするのか」「なぜこういった結論の判例になるのか」という思考プロセスを、自分で咀嚼する必要があります。

一筋縄ではいきません。だからこそ、早めに取り掛かりたい科目なのです。そして、次に「宅建業法」や「法令上の制限」の勉強へと移ります。

これらは、「暗記」が中心の科目となりますので、比較的対策もしやすく、過去問分析で頻出箇所を絞り込んだ勉強をすると、面白いくらい点数に繋がることと思います。

また、「権利関係」という厄介な科目を終えた後だからこそ、「暗記」という一見単調な作業も、面白く思えます。そういった意味でも、「権利関係」の次に「暗記」中心の科目を持ってきてほしいのです。

そして、最後に「税法」を含む「税・その他」の勉強をします。「税法」は、暗記が中心です。

そして、特徴的なのは、比較的広い範囲から基本的な知識が求められるということです。的が絞りにくいのです。ですので、どれだけ頭にインプットできるかが勝負となります。

配点が2点と少ないこと、しかし、覚えれば得点につながることなどを考えると、妥協はせず、覚えた知識を本試験の場で、そのままの勢いで頭からアウトプットできるように、最後に勉強するのがベストかと思います。

「税法」は、最後に勉強すべき分野!
☞ 「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」がオススメ!

このように、「税法」は、本試験前の、試験科目の中では最後に勉強すべき科目だといえます。

※「独学で宅建に合格するためには何からすべき⁉」勉強の優先順位についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「税法」の勉強のコツはインプット!

宅建の本試験において、「税法」の分野では基本的な知識が幅広く問われる傾向があります。

ですので、「どれだけ正確な知識が頭に入っているか」がものを言うといっても過言ではありません。つまり、「暗記」が非常に重要なのです。

「税法」は、地方税である「不動産取得税」「固定資産税」と国税である「所得税」「印紙税」「登録免許税」「贈与税」が主な出題範囲です。

税法
・不動産取得税
・固定資産税
・所得税
・印紙税
・登録免許税
・贈与税

これらの中から、毎年2問が出題されます。例年、地方税から0~1問、国税から1~2問出題されるのが傾向となっているようです。

どの「税制度」も、不動産取引の流れの中で登場するものです。

例えば、A(売主)とB(買主)が甲建物についての売買契約を締結したとします。この事例において、甲建物という不動産を取得したBは、「不動産取得税」を納める義務を負います。

Bは、「固定資産税」の納税義務も負います。甲建物という固定資産を有している限り、毎年納めなければならないものです。一方、Aは、甲建物を売ったことで収入を得ていれば、「所得税」を納めなければいけません。

さらに、甲建物の売買契約の契約書の作成時には、「印紙税」を収める必要があり、登記移転の際には「登録免許税」の納税義務が発生します。

こういった形で、不動産取引の中では様々な「税法」の適用場面があります。

そして、宅建試験への対策で重要なのが、これらの「税制度」の基本事項(課税主体や納税義務者)を頭に入れることです。

「どういった場合に納税義務が発生するのか」「誰が納めるのか」「誰に収めるのか」「税率は何パーセントなのか」、そういった点をテキストや参考書でインプットしましょう。

「税法」においては、様々な「特例措置」が出題されやすいといえますので、これらの点についても、しっかり押さえておいてください。

また、「税法」は頻繁に改正される分野でもありますので、最新の情報には目を光らせておきましょう。

「税法」の分野は、基本的な知識を正確にインプットすること!
☞ 基本的な用語を暗記し、各税制度の基本事項をインプットする。時には、対比しながら暗記すると効果的。「特例措置」や「法改正」にも注意!

「税法」は、基本的な事項が出題されますが、幅広い知識が問われ、過去問で絞り込みにくい分野といえます。ですので、テキストや参考書でのインプットを中心とした勉強で、知識の確認のために問題をやる形にするとよいかと思います。

※宅建において、過去問は必須アイテム!独学で宅建に挑む上での過去問の位置づけについては、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

「税法」の勉強は、基本的知識のインプットが中心!宅建合格へ一歩前進!

「宅建って税法も出題されるの⁉」そこのあなた、驚いているのはあなただけではないはずです。

不動産取引は、取り扱う商品が「家」や「土地」といった高額なものであることから、実務で関わりがなければなかなか全体像を把握しにくいのが現状。

「税なんて関係あるの?」と思われるかもしれませんが、実は、不動産取引においては、たくさんの「税法」が登場します。宅建士を目指すものにとって不可欠な宅建試験において、「税法」が試験科目に含まれるのはこのためです。

例年、「税法」の分野からは、2問出題されています。「少ないから捨ててもいいかな…」いえ、たかが2点、されど2点です。

「税法」は、基本的な知識が問われる場合がほとんどですので、正確な知識を暗記することができれば、貴重な2点を手にすることができます。配点だけを見て、ポイっと捨ててしまうのはもったいない!

「税法」の分野は、どれだけ正確な知識を「暗記」することができるかがポイントです。勉強に取り掛かるべき順番は、試験科目の中でも最後です。

勉強方法としては「固定資産税」や「不動産取得税」、「所得税」や「印紙税」などの各税制度の基本的事項をしっかり頭に入れ、正確に暗記するように心がけましょう。

そうすれば、厄介な「税法」も、宅建合格への味方になってくれるはずです!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG