スマホを味方に、独学で宅建合格!スマホを勉強に活用するには⁉

スマホを味方に、独学で宅建合格!スマホを勉強に活用するには⁉

「スマホって勉強に使えないかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して、勉強の真っ只中でしょうか?独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な資格取得の手段ですよね。

でも、独学で勉強する場合、「宅建勉強マニュアル」のようなものが用意されているわけではありません。

宅建合格へ導くのは、他でもないあなた自身。全てを自分で管理しなければなりません。

独学では「計画性」がものを言うのです!でも、仕事に家事に勉強に…現実はそんなに甘くない!ついつい宅建の勉強が後回しになってしまうのではないでしょうか?

そんなときは、スマホを味方に付けましょう!時間がない、お金もない、余裕もない!だからこそ、文明の利器であるスマホをフル活用して、独学を成功させるのです!

この記事では、独学で宅建合格を実現させるためには、スマホをどのように勉強に活用していけばよいかをご紹介します!

※併せて読めば、合格へグッと近づく⁉独学で宅建合格を目指すなら、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉
関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

独学で必要なのは、「計画性」!スマホ活用もまずはスケジューリングから!

独学で必要なのは、「計画性」!スマホ活用もまずはスケジューリングから!

「独学ってどうやって勉強していけばいいんだろう…?」独学は、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な勉強方法ですよね。

しかし、通学や通信講座とは違い、誰もあなたをサポートしてくれる人はいません。予め、「これさえやれば大丈夫!」といったマニュアルが用意されているわけでもありません。そうなのです。

独学は全部自由です。しかし、自由にできる代償として、全てが自己責任。情報収集からテキスト選び、勉強方法まで、宅建合格へのレールを敷くのは他でもないあなた自身なのです!

そこでものを言うのが「計画性」。合格までまっすぐ伸びたレールを敷けば、あとはそれに乗って勉強するだけ。あなたに合った計画を立て、それに沿った勉強ができれば、独学でも宅建合格は十分可能なのです!

しかし、そもそもレールを敷くこと、つまり自分に合った計画を立てることができていないと元も子もありません。

また、レールが敷かれていても、それを無視してしまうと計画を立てた意味がありません。「平日は帰ってから30分、土日は2時間勉強しよう」とスケジュールを立てていても、家事や仕事で忘れてしまったり、疲れて寝てしまったりしていては、せっかく立てたスケジュールも水の泡…。

そんなときに活用したいのが、スマホ‼今や、あなたの生活に欠かせない存在となっているであろうスマホは、計画性が求められる独学において、大きな味方になってくれます。

以下では、スマホの活用場面となる、あなたの学習計画の立て方をお伝えします。あなたのスケジューリングをスマホにサポートしてもらうためには、まずはご自分に合った計画を立てましょう!

スマホにサポートしてもらおう!宅建合格までのあなたのスケジューリングは⁉

宅建に独学で合格するためには、自分に合ったスケジューリングをすることが重要になってきます。

どのような段階を踏んで勉強していくのかを組み立てることで、目標である宅建合格までの道のりがはっきりし、「何をすればいいんだろう…」といちいち立ち止まる必要がないからです。

「計画性」をもって勉強するとは、自分を合格まで導くためのスケジューリングをするということなのです。

確実で正確なスケジューリングをするために必要なことは、まず、自分が宅建取得のために必要な時間と、現実にどれくらいの時間が確保できるのかを把握することです。

独学で宅建を取得するためには、どれくらいの時間が必要なのでしょうか。

一般的に、約100時間~400時間必要という意見が多いようです。ですが、これはあくまで一般論。人によって必要な時間はもちろん異なります。

しかし、時間はあるに超したことはありません。宅建は、不動産に関する専門知識や法律知識が幅広く問われる国家試験です。

対策には労力も時間も要します。ですので、ここでは最低でも250時間~300時間は確保していただきたいと思います。

私は、法学部在学中に宅建試験の勉強を開始しました。本試験まで約5ヶ月というところで、勉強に取り掛かったのですが、その約5ヶ月を丸々宅建の勉強だけに使ったわけではありません。

大学の期末試験やゼミの活動、アルバイトなどもあり、実際に宅建の勉強に費やした時間は250時間~300時間だったと思います。もちろん、背景知識などにもよると思うのですが、私の経験からも、250時間は確保していただきたいと思います。

そして、この250時間という時間を目安に、あなたが実際に確保することのできる勉強時間を割り出していただきたいのです。

例えば、お仕事をやっておられるのであれば、「平日は、通勤時間と帰宅時間を宅建の勉強に充て、休日は3時間集中した勉強時間を採る」、主婦(主夫)の方ならば、「毎日、家事と子育ての間を縫って1時間は勉強する」、「宅建勉強のために、いつもより1時間早く起きる」など、人それぞれ工夫ができると思います。

ご自分のできる範囲で、最低でも250時間を確保してみてください。ここで注意していただきたいのが、無理はしないこと!現実的で、かつ毎日宅建に触れる機会を持つことを心がけていただきたいのです。決して無理な計画は立てず、可能な範囲の計画にしてください。

スマホ活用も、まずはスケジューリングから!
☞ 最低でも250時間を確保!
☞ 自分に合ったスケジューリングで、無理はしないこと。
※なるべく毎日(少しだけでも)宅建に触れる時間を作る!

このように、まずはご自身に合ったスタイルで、宅建合格までのスケジューリングをしてみてください。決して非現実的なものではなく、実現可能な計画を立ててくださいね。

そして、次はいよいよスマホを活用し、実際に立てたスケジューリングを実現していきましょう!

※スケジューリングができたら、次は勉強の順番を決めましょう!効率的な進め方を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

スマホは、スケジュール管理とリマインダーに最適!アプリも使って独学成功!

スマホは、スケジュール管理とリマインダーに最適!アプリも使って独学成功!

独学には、効率的に勉強を進めていくために「計画性」が不可欠です。通学や通信講座とは違い、あなたをサポートしてくれる人物も、沿うべきマニュアルもありません。

全部自分で決めていくのです。時間の融通も利き、お金もかからない一方、合格までの道のりは簡単ではありません。

だからこそ、自信をもって、宅建合格まで進んでいけるようなスケジューリングをすることが重要なのです。

最低でも約250時間を確保し、自分の出来る範囲で工夫しながら一日一日地道に勉強を積み重ねていくことで、宅建合格へはどんどん近づきます。

しかし、スケジューリングができたとしても、それを実践できなければ意味がありません!

いくら効率的な計画が立てられたとしても、実際にそれを行動に移さなければ、そのスケジューリングはただの表でしかありません。無駄です。

そこで、スケジューリングを水の泡にしてしまわないために活用していただきたいのが、スマホです‼今や、あなたの生活になくてはならない存在になっているであろうスマホを、宅建合格までのスケジューリング実行のためにフル活用してください!以下では、その活用方法をご紹介します!

スマホでスケジュール管理!いつ何を勉強するか記録しておく!

あなたが立てた、宅建勉強スケジュールを実行に移すためにやっていただきたいのが、スマホでのスケジュール管理です。

おそらく、あなたのスマホにも「カレンダー」や「スケジュール帳」の機能が入っていると思います。これらを使えば、いちいちスケジュール帳を持ち歩かずとも、「自分がその日にすべきこと」「今月すべきこと」を記録しておくことができます。

自分がどのような勉強内容をする予定なのか、何時から始める予定なのか、何時に終われば次の予定に間に合うのか、そういったことがスマホでどこでも確認できます。

また、アプリのストアでは、カレンダーアプリやスケジュール帳のアプリも豊富に提供されていますので、自分の好きなデザインにすることで、モチベーションの維持にも繋がります。

スマホのスケジュール帳を使って、効率的にスケジューリング管理!

いつでも身近にあるスマホだからこそ、すぐにスケジュールの確認ができ、急な変更があった場合にも、すぐに更新することができます。

ぜひ、スマホでのスケジュール管理を活用して、勉強の計画を実行してみてください!

スマホで勉強時間をお知らせ!リマインダー機能を活用すべし!

これは、スケジュール機能やカレンダー機能にも搭載されていると思いますが、「リマインダー機能」は、独学に非常に有効であるといえます。

仕事や家事で急用が入ったり、うっかり勉強時間を忘れてしまったときに、スマホが「今からは宅建の勉強をする予定でしょ!」と通知してくれると、嫌でも思い出しますよね。

体調不良やどうしても外せない用事が入ってしまっても、リマインダーがあれば、本来は宅建勉強をすべき時間であったことをわかった上で、意識的に予定を変更することができます。

全く「宅建」という文字を思い出さないで予定変更をすることがないのです。これだけでも、独学をする中ではかなり有効です。

自分の中で宅建の存在感を保ったままにしておけるだけでも全く違います。

また、リマインダーと類似するものとして、タイマーやストップウォッチの機能も活用してみてください。

勉強中に休憩時間を取ったり、過去問の解答時間を計ったりする際にとても便利です。

本試験では、2時間以内に50問を解く必要があります。普段から時間を意識しておくことは非常に大切です。

スマホのリマインダー機能やタイマー機能を使って、自分に宅建の勉強時間をお知らせ!

色々なところで役立つのが、お知らせ機能やリマインダー機能だといえます。

「宅建取得に向けて自分が勉強中の身である」ということを、スマホを使って自分自身にお知らせしてください!

宅建勉強アプリですきま時間も無駄にしない!

特に、仕事や家事、子育てなどで、机でゆっくり勉強する時間をとることが難しい方におすすめなのが、スマホの宅建勉強アプリです。

仕事の通勤時間、満員電車の中で大きな本を開くのはかなり難しいですよね。そんなときに、スマホで過去問が解けるととても便利ではありませんか?ちょっとしたすきま時間ができたとき、スマホでSNSをチェックするように過去問が解けると、とても手軽に宅建の勉強ができます。

一問でも宅建の過去問ができるのと、全くやらないのでは、ぜんぜん違います!独学は、時間の融通が利く分、場所も時間帯も選びません。どこでもいつでも勉強してよいのです。

どんなに短い時間でも活用できる時間は宅建の勉強に費やしましょう。

さらに、今では宅建の過去問が無料で解けるアプリが存在します。すごい時代です。活用できるものは最大限活用し、独学での宅建合格を目指しましょう!以下、いくつか宅建勉強用のアプリをご紹介します。

是非チェックしてみてください。

スマホの宅建勉強アプリで、すきま時間も無駄にしない!

一問一答と12年分の過去問演習アプリ(画像出典:一問一答と12年分の過去問演習アプリ)

▶Google Play :一問一答と12年分の過去問演習アプリ

スタケン(画像出典:スタケン)

▶Google Play :スタケン

スマホは、使い方次第で独学の味方!スマホを賢く使って宅建勉強もスムーズに!

「宅建の勉強にスマホって生かせないかな…」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、勉強の真っ只中でしょうか。独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利くとても魅力的な勉強手段ですよね。

一方、あなたをサポートしてくれる人はいませんし、「これをやっておけば大丈夫」といったマニュアルが用意されているわけではありません。

全てを自分で管理していく必要があるのです。自由な分、大変なことは否めません。そんな独学を成功させるために必要なのが「計画性」です。

自分を合格へと導いてあげるために、あなた自身が確実で正確なルートを整備しましょう。独学で宅建取得を成功させるためには、最低でも約250時間確保したいところ。

ご自分の生活習慣と勉強時間を見直し、現実的なスケジューリングをしてみてください。

そして、どんなによいスケジュールができても、実行に移さなければ意味がありません。

そのスケジューリングを水の泡にしないために、スマホを活用しましょう!スマホのスケジュールやカレンダー機能は、あなたが作った予定表を記録して、見直すことにとても役立ちます。

また、リマインダー機能を使えば、常に宅建勉強中だということを思い出すことができ、意識やモチベーションを維持することが可能です。

今では、スマホで宅建の過去問ができるアプリも開発されています。すきま時間を利用するためにも、使うに超したことはありません。

スマホは、今やあなたの生活になくてはならない存在です。賢く使って、独学での宅建勉強の味方に付けちゃいましょう!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG