宅建は、独学では無理?いいえ!ちょっとやり方見直してみませんか?

宅建は、独学では無理?いいえ!ちょっとやり方見直してみませんか?

「やっぱり独学じゃ無理だよ…」そこのあなた、独学での宅建合格に向けて勉強の真最中でしょうか?独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですよね。

忙しく、金銭面や時間的な余裕がない場合でも、気軽に選択できる方法です。

しかし、自由であるということは、全てを自分で管理しなければならないということ。

通学や通信講座のように、サポートしてくれるシステムがあるわけでもなく、カリキュラムが組まれているわけでもありません。

1人で挑むことへの限界を感じ、先の見えない不安に襲われてしまってもおかしくありません。

「独学じゃ無理‼」ちょっと待ってください。諦めるのはまだ早いです!もう一度、あなたの現状や勉強方法を見直してみませんか?

何か改善点があるかもしれません。無理かどうか判断するのは、それからでも遅くありません!

以下では、修正すれば、あなたの独学での宅建合格の道が開ける可能性のあるポイントをご紹介します!

▶併せて読めば、合格率アップ!
こちらの記事では、「独学で宅建士になる方法、工夫や勉強方法」についてご紹介しています。是非、ご一読ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

宅建は、独学では無理⁉あなたの勉強方法に改善の余地ありかもしれません!

宅建は、独学では無理⁉あなたの勉強方法に改善の余地ありかもしれません!

「やっぱり独学で宅建合格なんて無理だ…」そこのあなた、早くも挫折しそうですね…。

独学で宅建取得を目指すと決めたものの、後悔していますか?独学は、難しい方法ですよね。

低コストで時間の融通も利く魅力的な手段である一方、全てを自分1人で管理しなければなりません。

誰かが勉強を教えてくれるわけでもなく、予め「これで合格間違いなし!」といったマニュアルが用意されているわけでもありません。

自由であるということは、それなりにリスクが伴うということなのです。

勉強方法もスケジューリングも、一歩間違えれば不合格まっしぐら…。

「お先真っ暗…」でも、大丈夫です!諦める前に、もう一度、あなたの現状を見直してみませんか?

もしかしたら、「独学では無理だ」と思わせる何らかの理由が、あなたの勉強方法などにあるのかもしれません。改善点が見つかれば、一気に光が見えてくる可能性があります!

以下では、あなたがもう一度振り返るべきポイントをご紹介します。一緒に改善の余地ありか、確認していきましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
こちらの記事では、「独学での宅建攻略のコツ」をご紹介しています!あなたの宅建合格に是非お役立てください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

ポイント① スケジューリングはできていますか?

まず、確認していただきたいのが、「スケジューリングはできているか」ということです。

独学で宅建取得を目指す上で、全ての基盤になるのがあなたに合ったスケジュールを立てることです。

「独学で宅建合格を目指すなら、(一般的に)どれくらいの時間が必要なのか」、「自分の生活スタイルでは、1日にどれくらいの勉強時間が確保できるか」、「宅建の試験科目にはどのような分野が含まれており、自分は全くの初学者なのか、それとも少しでもかじった事のある分野があるのか(背景知識の有無)」など、そういったことを全て自分なりに考慮した上で、本試験までのスケジューリングを行う必要があります。

「なんとなく」勉強していても、自分に必要な知識や勉強量、現時点での対策の完成度などが把握できません。ましてや、独学という手段を選んだのです。

頼れるのはあなた以外に誰もいません。自己管理能力を高め、本試験までのレールを前もって敷いておかなければ、途中でぶれてしまいます。

▶併せて読めば、合格率アップ!
こちらの記事では、「独学で宅建合格を目指す場合に何から手を付けるべきか」をご紹介しています。勉強の順番や優先順位なども記事の中でご紹介していますので、是非ご一読ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「独学じゃ無理だ」と嘆く前に、今一度、ご自分がスケジュールを立てた上で勉強を開始したのか、あるいは、計画は立てたものの見直す点はないか(工夫に無理はないか)などを確認してみてください。

ポイント② 教材は使いやすいものを選びましたか?

次に、ご自分の選んだ宅建対策用の教材は、「あなたにとって使いやすいものかどうか」という点を確認してみてください。

独学で勉強をする上で、教材選びは非常に大切です。通信講座や通学では、予め使用するテキストや問題集が決められていますが、独学の場合には、テキストを選ぶのもあなたです。

自由に決めてよいのですが、大切なのは、「あなたにとって使いやすいものを選ぶ」ことです。

情報収集の過程で、おすすめのテキストランキングなどを参考にして選ばれる場合も多いと思います。

もちろん、レビューや合格者の方の声は大切です。非常に参考になります。

ですが、あくまで「参考」です。最終的に選ぶのは、あなたです。

あなたが使いやすい、勉強しやすいと思うものを選んでください!他の人が良いといっているものが、あなたにとっても良いものであるとは限りません。

ネットでの講評や他の方の意見は、あくまでも参考程度に頭の隅に置き、ご自身が使いやすいものかどうかを基準に選びましょう。

ポイント③ あなたの勉強のやり方で大丈夫ですか?

根本的な問題ですが、あなたの勉強のやり方は宅建合格を実現させるために適切な方法かどうか見直してみてください。

【修正ポイント】(独学断念の前に要チェック!)
① スケジューリングはできているか。
② 教材選びは適切か。
③ 勉強方法は宅建合格に最適なものか。
→この3つの中で1つでも不安に思うところがあれば、記事後半で修正していきましょう‼

ポイント①②同様、独学では勉強のやり方についてもあなたに決定権があります。

どのような勉強方法で進めていくか、暗記の方法はどういったものが自分には合っているかなども、ご自身で判断し、決めていくしかありません。しかし、宅建試験にも特徴というものがあります。

学生の頃に「この先生は○○をよく出すから今回も○○を勉強しておこう」「今回は、□□が重要って言ってたな」など、定期テスト前に先生の出題の仕方などを友だちと確認しあったりしませんでしたか?

それと同じように、宅建の本試験にも、出題傾向や決まった重要論点があります。

そのような点を無視して、自分のやり方だけに固執してしまうと、他の試験では通用したかもしれませんが、宅建では非効率的な方法であるといった場合も考えられます。

あなたの現在の目標は、宅建に合格することです。あなたの勉強方法が、宅建試験合格に最適な勉強方法なのかどうか、もう一度確認してみてください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
こちらの記事では、「独学で宅建合格を目指すための効率的な勉強方法」をご紹介しています。なかなかうまく勉強が進まないという方、必見です!

関連記事

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。 しかし、困ったときにフォロ[…]

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法

独学での宅建挑戦は無理?断念する前に改善案を試してみてください‼

独学での宅建挑戦は無理?断念する前に改善案を試してみてください‼

宅建に独学で挑戦しようと思っても、なかなか思い通りに勉強が進まなかったり、忙しさや日々の疲れで勉強時間が確保できなかったり…現実は厳しいですよね。

「やっぱり独学は無理だったんだ」と、独学という手段に限界を感じてしまってもおかしくありません。

しかし、諦めてしまう前に、もう一度、ご自分の現状を見直してみてください。そもそもスケジューリングはできていますか?教材選びはそれでよいですか?

勉強方法に固執してしまっていませんか?上記で挙げた修正ポイント3つのうち、どれか1つでも当てはまる方は、改善の余地ありです。

以下では、独学での宅建合格を可能にするための改善案をご紹介します!

改善案① あなたの生活スタイルに合わせた無理のないスケジューリングに改善!

スケジューリングができていない方は、本試験までの計画を組んでいきましょう。

計画を立てるために必要なのは、独学での宅建合格に必要な勉強時間の把握と、それを基にあなたが1日に確保できる勉強時間を計算することです。

合格に必要な勉強時間については様々な意見がありますが、合格者の方の意見や大手通信講座スクールの意見を合わせると100時間から400時間の間に分布しているようです。

とはいえ、人によって生活スタイルもこれまでの経験によって培われた知識も様々ですので、一概に絶対的な数字を出すことはできません。

ですが、基準の必要時間としては、最低でも250時間は確保していただきたいと思います。

これは、初学者の方に必要と思われる勉強時間や私の経験から出した数字です。

【改善案①】
スケジューリングは、250時間の勉強時間確保を目安に、ご自分の生活スタイルに合った1日の勉強時間を割り出す!

この250時間を基に、ご自身の生活スタイルを考慮した1日の勉強時間を割り出してみてください。

勉強時間の確保といっても、大げさなものではなく、例えば「勤務日は通勤時間の30分、休日は1時間半は勉強することにしよう」「本試験まではいつもより1時間早く起きて勉強しよう」と、すきま時間を有効活用したり、いつもの生活に工夫を加えて時間を作るようにするくらいの気持ちで構いません。

大事なのは、無理をしないこと。

無理した結果宅建の勉強が嫌になってしまい、継続することができなくなってしまうことが一番怖いことです。

なるべく毎日宅建に触れる時間を持ち、本試験まで続けられるスケジュールを立てるように心がけましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「勉強時間がなかなか取れない…」とお困りの方、「時間は作るもの」です!意識的に勉強時間を作り、すきま時間を活用しながら宅建合格を目指すコツを、こちらの記事でご確認ください!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

改善案② 教材は、自分が使い心地のよいものに改善!

教材選びを見直す必要があると感じた方は、他人の意見は参考にしながらも、最終的にはご自分の使いやすい教材にしましょう。

使いやすいもの、勉強しやすいものの基準は人によって様々です。

配色や文字の大きさ、フルカラー、図が多いもの、持ち運びやすい大きさ、内容、薄さ…とにかく色々な点で自分の勉強したい意欲を掻き立てるようなテキストにすることをお勧めします。

宅建の教材の内容ですが、いわゆる大手の出版社であればさほど大差はないと思われます。

過去問をベースとして、法改正に対したものであれば、あとはご自分が使いやすい好みのものを選んでいただいて構いません。大切なのは、使い心地です。

また、私はテキストや問題集の冊数は一冊、もしくは同シリーズのもの1種類あれば、それで十分だと思います。

何冊も別のものを買い、あちらこちらに目移りしてしまっては、勉強の軸がずれてしまうように思います。一冊のものに注力すれば十分です。

また、そこにプラスアルファで情報が必要になったときや、理解し辛い点などで図や説明をつけたしたいときには、テキストに直接書き込むか、付箋を使用して増設するようにするといいと思います。

新たにノートを作ることはお勧めしません。自分だけが解読できればよいので、どんどん増設して、本試験対策に十分な一冊としていくのも楽しいのではないでしょうか。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「宅建対策用ノートって作った方がいいの?」と迷ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、別にノートを作るのは、お勧めできません。その理由は、こちらの記事でご確認ください!

関連記事

「独学ならノートは作るべきか…」そこのあなた、宅建勉強用のノートを作るか迷ってます?独学は、何もかも自分で準備して試験に挑む必要があります。わからないことがあれば、自分で解決するのが基本です。 「それなら、内容理解のためにノートを作ろ[…]

「え、独学ならノートって作るべき?」宅建の勉強にノートは必要…?
【改善案②】
教材は、自分が使い心地が良いと感じるものを選ぶ!

改善案③ 勉強方法は、インプットとアウトプットの繰り返しで効率化‼

勉強方法に見直す点があると思われる方は、勉強方法を宅建対策に適した方法に改善しましょう。おすすめは、インプットとアウトプットの繰り返しです。

宅建の試験範囲は膨大です。全て網羅しようとしても、いくら時間があっても足りません。そこで効果的なのが、過去問を分析した重要論点の絞り込みです。

そして、その重要論点に焦点を当てたインプットとアウトプットの繰り返しです。

宅建は、過去に出題された論点が、再度出題される確率が高い試験であるといわれています。

ですので、過去の出題傾向や形式を把握できる過去問は、非常に有効なアイテムなのです。

これを使わない手はありません。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建にとって過去問の存在は偉大‼試験対策には欠かせません。かといって、過去問だけやっていれば合格できるわけでもありません。こちらの記事では、過去問の活用法をご紹介しています!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

過去問による重要論点の絞り込みができれば、あとは、テキストを使って一通り項目の確認と理解をします。

そして、早い段階でアウトプットに移行しましょう。インプットももちろん大切ですが、あまり時間をかけすぎないようにしましょう。

本試験では、知識を頭から出す必要があります。

つまり、最後のアウトプットです。日ごろから問題集を使ったアウトプットの訓練をしておき、問題を解くということに慣れておきましょう。

インプットとアウトプットを繰り返し、重要論点を効率的に頭に入れること!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

「宅建は独学じゃ無理?」諦める前に、現状を見直して改善!合格へ舵を取れ!

独学で宅建取得へ勉強を進めていると、徐々に「これで大丈夫かな…」という不安が襲ってくるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、なかなか上手く勉強が進まない、勉強時間が確保できないことに嫌気がさし、「独学じゃ無理!」と諦めてしまう方も…。

でも、ちょっと待ってください!独学を断念する前に、あなたの現状を見直してみましょう。宅建取得の邪魔をしている要素があるかもしれません。

スケジューリングは大丈夫ですか?教材選びは、ご自分が使いやすいものを基準に行いましたか?勉強のやり方は、今のままで宅建対策として十分ですか?

この3つのうち、どれか1つでも不安要素があるならば、今一度、改善できるポイントがないか見直してみましょう。

スケジューリングに不安がある方は、まず独学での宅建合格に必要な時間を把握し、それを基に1日の勉強時間を確保しましょう。

本試験までのルートがはっきりとするはずです。教材に不安がある方は、他人の意見は参考程度にとどめ、本当に使い心地のよいものを選ぶようにしましょう。

基準はあなたの使い勝手や好みで構いません。勉強方法を見直したいという方にオススメなのは、インプットとアウトプットの繰り返しです。

重要論点に焦点を当て、あとはひたすらインプットとアウトプットを繰り返しましょう。知識の定着を図りながらも無駄を省いた効率的な勉強ができるはずです。

宅建は、独学でも十分合格可能な試験です。ただし、それはしっかりと対策を行えばの話。

ご自身のやり方に疑問を持ち、「独学は無理なんだ」と諦める前に、改善点はないか見直してみてください。合格への光が見えてくるかもしれません!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG