「権利関係」の効率的な勉強法をご紹介!あなたも独学で宅建合格‼

「権利関係」の効率的な勉強法をご紹介!あなたも独学で宅建合格‼

「権利関係ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、情報収集の真最中でしょうか?それとも、すでに勉強中かもしれません。

宅建には、「宅建業法」と共に重要視される「権利関係」という試験科目があります。多くの人が頭を抱える科目です。

それもそのはず。「権利関係」では、民法や借地借家法などの法律知識が問われます。その中では、独特の専門用語がたくさん登場し、初学者の方には非常に取っつきにくい科目なのです。

さらに厄介なのが、「暗記」だけでは対応できない科目であることです。裁判例や条文解釈などが出題されるため、人や物との関係を具体的に意識しながら、きちんと「理解」する必要があります。

「どうしよう…」大丈夫!重要論点を見極めた効率的な勉強をすれば、決して攻略できない科目ではありません。

この記事では、独学で宅建合格を実現させるため、「権利関係」の効率的な勉強方法をご紹介します!

※「独学で宅建士になる方法」を知りたい方は、こちらの記事も必見です!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

※「宅建を独学で攻略する方法」を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建受験者を苦しめる「権利関係」‼配点や目標点はどれくらい?

宅建受験者を苦しめる「権利関係」‼配点や目標点はどれくらい?

「権利関係ってどうやって勉強すればいいの?」おそらく、多くの宅建受験者の悩みの種となっているのが、「権利関係」ではないでしょうか。

試験科目の中で、対策が最も難しいといっても過言ではないはずです。それもそのはず。「権利関係」とは、宅建士の専門分野である不動産取引において非常に重要となる、権利義務の動きについて問われる試験科目のこと。

民法や借地借家法などの法律が試験範囲に含まれています。その中では、法律に馴染みのない人にとって、拒絶反応が出てしまいそうな専門用語がわんさと登場します。

裁判例や条文解釈についての知識も問われ、「暗記」だけでは対応できません。自分の頭で考え、しっかりと「理解」することが求められる分野なのです。非常に厄介ですよね。

それにもかかわらず、テキストや問題集をご覧いただくとわかる通り、「権利関係」は、「宅建業法」と一二を争うほど重点が置かれています。

宅建試験に挑む上で、「権利関係」の勉強は外せないのです。「難しそうなのに、どうしよう…」大丈夫です!確かに、苦労する科目であることは否めません。しかし、要点を押さえた効率のよい勉強をすれば、決して倒せない敵ではないのです。

以下では、宅建合格に欠かせない「権利関係」の勉強法をご紹介する前に、本試験における「権利関係」の配点と目標点をお伝えします。

※宅建の試験科目である「免除科目」について知りたい方は、こちらをご覧ください!

関連記事

「宅建の免除科目って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して情報取集の真っ最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 宅建の試験科目を調べていると、「免除科目」という謎の科目名を目にすることと思います。「免除科目…?何それ?」[…]

「宅建の免除科目って…何?」5問免除の科目と勉強方法をご紹介!

「権利関係」の配点は?

テキストや問題集で、「宅建業法」と同じくらい重きを置かれる「権利関係」ですが、その配点はどれくらいなのでしょうか?

宅建は、例年10月の第3日曜日に、年に一度だけ行われる国家試験です。毎年約20万人もの人が受験しており、その合格率は約15~17%となっています。

年に一度だけのチャンスを掴めない人が約17万人いるということです。
(参照:一般財団法人不動産適正取引推進機構「試験実施概況(過去10年間)」)

宅建の本試験は、全部で50問出題されます。四肢択一形式です。「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つの試験科目から出題されます。配点分布は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」とされています。

「権利関係」の配点は、「宅建業法」に次いで多い14点となっており、この2つの科目が、試験範囲の約7割を占めています。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

50問中の14問が「権利関係」から出題されると思うと、テキストなどで重視されることも納得できますね。宅建は、「権利関係」と「宅建業法」がその大部分を占める試験といって良さそうです。

このように、本試験における「権利関係」の配点は14点となっており、「宅建業法」に次ぐ重要科目であることがわかります。

「権利関係」の配点は、14点‼
☞ 「権利関係」は、「宅建業法」と共に宅建の大部分を占める重要科目!

「権利関係」の目標点は?

宅建の合格ラインは、毎年7割程度の得点で引かれています。相対評価ですので、各年度によって合格点は変わりますが、例年31点~37点の間に推移しています。

これを参考にすると、50問中38点を採ることができれば安心かと思います。ですので、ここでは、全体の目標点を38点とし、各試験科目の目標点を、「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」と定めておきたいと思います。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点
試験全体の目標点38点のうち、「権利関係」の目標点は10点!
☞ 全体の約7割の得点を目指す上で、「権利関係」はしっかり勉強すべき科目!

「権利関係」での目標点は、10点としました。しかし、これは、あくまでも目安の数字です。ご自分の得意不得意によって、各科目の目標点を設定していただいても全く問題ありません。

私個人としては、本試験での配点分布や、科目の難易度などから、この目標点が妥当かと思います。変動したとしても、「権利関係」では最低8点はとっておきたいところです。この目標点からも、「権利関係」の重要度が伺えるかと思います。難しいからといって、決して捨ててもよい科目ではありません。

※「独学の勉強にノートは必要?」宅建の勉強におけるノートの使用方法について知りたい方はこちらの記事も是非!

関連記事

「独学ならノートは作るべきか…」そこのあなた、宅建勉強用のノートを作るか迷ってます?独学は、何もかも自分で準備して試験に挑む必要があります。わからないことがあれば、自分で解決するのが基本です。 「それなら、内容理解のためにノートを作ろ[…]

「え、独学ならノートって作るべき?」宅建の勉強にノートは必要…?

宅建の最大の敵である「権利関係」!合格の味方につける勉強法とは?

宅建の最大の敵である「権利関係」!合格の味方につける勉強法とは?

「権利関係ってどうやって勉強するの?」宅建の試験において、多くの受験者を悩ませるのが「権利関係」です。民法や借地借家法などが含まれており、法律に馴染みのない人は、独特の専門用語で頭が混乱してしまうでしょう。

しかし、本試験において、「権利関係」には14点の配点がなされています。50点中14点を占めるのですから、「宅建業法」と共に宅建試験の重要科目といえます。難しいからといって、決して捨ててもよい科目ではありません。

「でも、どうやって対策したらいいの?」大丈夫です!たしかに、「権利関係」は「暗記」だけでは乗り切れない、非常に難しい科目です。しかし、要点に絞って効率的に勉強すれば、十分に対策可能な試験科目なのです。では、具体的にどのように勉強すればよいのでしょうか。

以下では、「権利関係」の学習を開始すべき順番と、効率のよい勉強法をご紹介します。

※「宅建の勉強は何から始める?どれから?」勉強に着手する順番や進め方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「権利関係」は最初に勉強すべき‼

独学での宅建合格を目指す上で、効率的な勉強は欠かせません。そのためには、勉強に取り掛かる優先順位を付けることも重要です。

学習の順番については、様々な意見があります。ここでは、本試験での配点分布や各科目の難易度、私自身の経験から、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」の順で勉強すべきとしたいと思います。「権利関係」は最初に勉強すべき科目だということです。

何度も言いますが、「権利関係」は、非常に取っつきにくい科目です。「宅建業法」から学習すべきだという意見には、「権利関係」から勉強してしまうと、その難しさのあまり挫折してしまうという主張もあるほどです。しかし、私は、「権利関係」から始めるべきだと主張します。

何故なら、「権利関係」は、「暗記」だけでは乗り切れない科目であり、「理解」が必要となるからです。

「権利関係」には、「民法」「借地借家法」「建物区分所有法」「不動産登記法」が含まれます。「権利関係」全体の配点14点のうち、「民法:10点」「借地借家法:2点」「建物区分所有法:1点」「不動産登記法:1点」という配分になっています。

権利関係 14点
民法 10点
借地借家法 2点
建物区分所有法 1点
不動産登記法 1点

ここから、4つの法律の中でも、「民法」からの出題数が圧倒的に多いことがわかります。「民法」においては、裁判例や条文解釈からの出題が多く、民法独特の解釈や考え方を身に付ける必要があります。

そもそも専門用語に慣れることに時間がかかります。考え方や独特の専門用語に頭を慣らしたら、さらにそれらを「理解」する必要があるのです。

これを考えると、できるだけ早めに取り掛かるべきだといえます。たしかに、「権利関係は難しい…」と嫌になってしまい、そもそも宅建を受験することが嫌になってしまうかもしれません。

しかし、この難しい「権利関係」を終えた後、暗記が中心で、かつ大きな得点源である「宅建業法」が待っていることを考えてみてください。

私が実際に勉強したときの感想ですが、「権利関係」を乗り越えた先の「宅建業法」は、非常に面白く感じられます。単調な暗記の作業も、とても楽しくこなすことができました。これは、「権利関係」という厄介な敵を倒したからこそ得られる感覚だと思います。

「権利関係」は最初に勉強を開始すべき科目!
☞ 14点という配点の大きさや内容の難しさ、特に「民法」における「理解」の必要性から、早めに取り掛かるべき科目といえる。

このように、試験科目の配点分布、試験科目の難易度、そして必要な勉強内容を考えると、「権利関係」は最初に勉強を開始すべき科目であるといえます。

「権利関係」は要点を絞って、「理解」に重きを置く!

「権利関係」では、先述した通り、主に「民法」「借地借家法」「建物区分所有法」「不動産登記法」から出題されます。

不動産取引を行えば、そこに必ず誰かの権利や義務が発生します。また、取引の対象が「不動産」という非常に価値の大きなものであることから、権利義務の内容も、それに比例して大きくなります。

トラブルが起きれば、非常に厄介です。損失も大きく、当事者の負担はかなりのものです。だからこそ、不動産取引に関係するあらゆる人の権利を保護し、義務を規定しておくことで、1人1人の利益関係を明確にしておく必要があるのです。

そのために定められた各種法律が試験内容となっている「権利関係」が、宅建試験において重要視されることは当然といえます。

そんな「権利義務」ですが、具体的にはどのように勉強を進めていけばよいのでしょうか。ポイントは、「理解」するということです。過去問の出題傾向から重要論点を取り出し、要点を絞ってきちんと理解することが重要です。

「権利関係」では、「民法」「借地借家法」「建物区分所有法」「不動産登記法」などの法律知識が問われます。特に「民法」からの出題が多いことは、先ほどお話した通りです。

詳細な点は、お持ちのテキストでご確認いただきたいと思いますが、「民法」という法律は、私人間の権利義務の内容を定めた数ある法律の中でも、大きな幹のような存在です。

全ての基本となっている法律だといえます。1000を超える条文から成っている法律なのです。その「民法」を網羅的に理解するなど、宅建試験の合格を目指す上では非効率的です。

ましてや、独学で勉強を進めていこうという中で、完璧を目標にすることは無謀です。そこで重要なのが、過去問の出題傾向を把握し、重要論点を絞り込むことです。

本格的なインプットの前に、テキストの項目を確認してみてください。そして、過去問に目をやり、「どの項目からの出題が多いのか」を確認してみましょう。

おそらく、すでに過去問の頻出度が掲載されているテキストもあるかと思いますので、その数値と併せて、実際の過去問を参考にしていただいても構いません。

とにかく、全部をインプットするのではなく、過去問での出題率の高い重要論点に絞ってからインプットするようにしましょう。

「権利関係」での得点目標は10点です。満点である14点を目指す必要はありません。ここでは、あなたのできる限りの点数を採ることができれば良しとしましょう。

「民法」での重要論点は、おそらく次のような項目に絞られていくかと思います(必ずご自分で過去問を確認してください!)。

  • 意思表示
  • 代理
  • 債務不履行
  • 解除
  • 売主の担保責任
  • 相続
  • 物権変動
  • 抵当権
  • 保証・連帯債務
  • 賃貸借
  • 不法行為

「民法」の数ある論点の中でも、これらは過去の出題率が高いものといえます。「権利関係」のテキストに目を通し、専門用語に目を慣らすと同時に、各項目を過去問と照らし合わせながら、重要論点を抽出していきます。

そして、ある程度目星がついたら、本格的なインプットの作業に移りましょう(後々、インプットの段階で重要な論点に気付けば、そこで重要論点に加えていけばよいですし、過去問でアウトプットする中で「ここは要らないな…」と判断できれば、重要論点から随時外してください。

最初の段階から完璧に絞り込もうと気負いすぎなくても大丈夫です。あくまで勉強の目安を付けるくらいの気持ちでいきましょう)。

「民法」をはじめとして「権利関係」のインプットで大切なことは、「理解」することです。「権利関係」では、裁判例や条文解釈が論点となります。

法律というと、六法全書を覚えるというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、そうではありません。もちろん、条文を覚えることも大切です。

しかし、もっと大切なことは、条文には書かれていない部分、すなわち解釈の仕方を理解することです。条文を「どのように使うのか」、「どういった場面で当てはめるのか」といった点を理解しなければ、意味がありません。

また、裁判例が条文の役割を果たしている問題もたくさんあります。民法の条文では解決できないことを、実際に行われた裁判例をもとに解決するのです。

条文解釈でも、裁判例でも、大切なのは「なぜその結論に至ったのか」といった理由付けを自分の中で「理解」することです。自分がその問題の当事者になって、また、結論を下した裁判長になって、考えてみてください。

もう一つ大切なことは、問題の登場人物や物、関係性を図にすることです。文字だけでは分かりにくい関係性も、絵や図で表せば一気に理解しやすくなります。

建物や土地を絵にしたり、人物を矢印でつないだりしながら、自分なりにわかりやすい図を描く練習をしてみてください。事例が多く登場する「権利関係」という科目において、図で理解することほど有益なものはありません。

ンプットの段階でもアウトプットの段階でも、図を大切にしましょう。

(例)登場人物の関係性や建物を図にして書いてみてください。
登場人物の関係性や建物を図

そして、「権利関係」を勉強する上で注意していただきたいことが1つあります。それは、のめり込まないことです。私は、民法を専攻する学生でしたので、よくわかりますが、「民法」は非常に面白い分野です。

面白いと感じる人は、怖いくらいのめり込んでしまう分野であるといえます。しかし、宅建試験対策をする上で、「権利関係」は最初に勉強すべき科目です。

ここで時間をかけすぎると、他の科目の対策に手が回らなくなってしまいます。そうならないように、「権利関係」の勉強をする際には、テキストに書いてある以上のことにはできるだけ触れないようにしましょう。

過去問でわからないところや、重要論点の理解に必要な知識を調べることができれば、それ以上踏み込むことはしないことをお勧めします。

以上のような点に気を付けながら、テキストを通したインプットをし、一通り理解を終えたら、過去問に取り掛かりましょう。

わからないところはテキストに戻り、もう一度過去問を解く。「権利関係」においても、他の科目同様にインプットとアウトプットの繰り返しです。「暗記」中心の科目と違うところは、インプットの段階できちんとした「理解」をすることです。

一度自分なりの理解を身に付け、アウトプットしてみてください。どうしてもわからないところは、過去問を通して理解に至ることもあります。ここの線引きは難しいですが、「2回読んでも理解できなければ、過去問に移る!」など、自分のルールを決めて、アウトプットに移るとよいかもしれません。

「権利関係」は、重要論点を過去問で絞り込み、「理解」しながらインプットをする!
☞ インプットとアウトプットの往復で、理解を深めていく‼

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

このように、「権利関係」の勉強は、過去問の重要論点を見極め、「理解」に重きを置きながら勉強しましょう。そして、のめり込みすぎないことに注意しながら、インプットとアウトプットによって、理解を深めていくのが有効だといえます。

※「独学は過去問だけでOK?」過去問の正しい使い方を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

宅建最大の敵である「権利関係」も、重要論点に絞った勉強で合格の味方に‼

「権利関係ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建合格に向けて、情報収集の真最中でしょうか。すでに勉強中かもしれません。

「権利関係」って、とてもとっつきにくいですよね。宅建の試験科目の中でも、圧倒的に難易度が高く、多くの方が頭を悩ませる試験科目ではないでしょうか。

でも、本試験での配点は「宅建業法」に次いで大きな14点です。難しいからといって、決して捨てることが許された科目ではありません。「じゃあどうやって勉強すればいいの?」大丈夫です。

厄介な相手ではありますが、重要論点に絞って効率的に勉強すれば、「権利関係」は十分に対策できる科目なのです!

まず、4つの試験科目の中でも、「権利関係」は最初に勉強を開始しましょう。「権利関係」は、暗記中心の他の科目とは違い、「理解」が求められます。自分の頭で、一連の流れを咀嚼して「理解」することが重要なのです。

「理解」にはどうしても時間がかかります。というよりも、ある程度時間が必要です。しかし、ここで時間をかけすぎても駄目です。他の試験科目の対策に手が回りません。

ですので、網羅することを目指すのではなく、合格に必要な重要論点に絞ってインプットとアウトプットを繰り返しましょう。そうやって、効率的に理解を深めることが、宅建合格を目指す最も有効な方法だといえます。

のめり込みすぎないことも大切です。自分の中でルールを決め、計画的に時間配分を行ってください。

非常に厄介な科目であることが否めない「権利関係」ですが、重要論点に絞った学習をすることで、対策は可能です。諦めずに勉強すると、意外に面白いかもしれません。

これを機会に、民法という「生活に役立つ知識も得られるんだ」くらいの気持ちを持つと、モチベーションの維持にも有効かもしれません。あなたの合格を応援しています!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG