特別な場所など必要なし!宅建モードONで、そこが勉強場所になる‼

特別な場所など必要なし!宅建モードONで、そこが勉強場所になる‼

「いい勉強場所ないかな…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、勉強の真最中でしょうか。ところで、勉強場所って悩みませんか?勉強場所といえば、自宅、図書館、カフェなどが思い浮かぶかと思います。

しかし、それはあくまでイメージ。人それぞれ、一番勉強がはかどる場所は違うものです。

自宅の居間が勉強場所だという人もいれば、カフェが一番だという人もいます。そうなんです。良い勉強場所は、人によって異なります。

肝心なのは、あなた自身がその場所で宅建の勉強モードに入ることができるかどうかということ。宅建モードがONになれば、場所なんてどこだっていいのです。

効率的な勉強に必要なのは、あなた自身の脳みそを、宅建モードへ切り替える方法を知っているかどうか。スイッチを切り替えることができれば、どこだって勉強場所にできるのです!

以下では、宅建モードへの切り替え方を提案します。勉強場所が無限に広がるかもしれません!

※「勉強場所云々より、そもそも独学で宅建士になれるの?」
こちらの記事では、独学での宅建士へのなり方についてご紹介しております!必見です!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

宅建モードへの切り替え方を知れば、どこだって勉強場所!独学の強い味方になる!

宅建モードへの切り替え方を知れば、どこだって勉強場所!独学の強い味方になる!

「いい勉強場所ないかな…」独学で宅建取得を目指していらっしゃるそこのあなた、勉強場所って悩みますよね?

自宅、図書館、カフェやファーストフード店、公園のベンチ…「勉強場所」と言われて思い浮かぶのは、おそらく上記のような場所ではないでしょうか。

しかし、これはあくまでイメージの話。実際には、人によって勉強に集中できる場所なんてバラバラです。宅建に向けて勉強していた学生時代、私にとって一番勉強がはかどる場所は自宅の居間でした。

しかし、大学の期末テスト勉強などでは図書館が最も勉強しやすい場所でしたし、逆に自宅では資料が手に入りにくく、勉強が進まない日もありました(準備不足と言われればそれまでですが…)。

友人の中には、家に帰ると誘惑が多いから、カフェによるのが一番いいと言っている子もいましたし、大学のラウンジを好んで使っている子も多かったです。

このように、一番良い勉強場所は、人によって様々なのです。肝心なのは、場所それ自体ではなく、その場所であなたの脳みそが宅建を勉強するモードに切り替わるかどうかということ。

換言すれば、宅建モードに切り替わりさえすれば、場所なんてどこでもいいのです。

実は、この宅建モードへの切り替え方を知っていると、独学での宅建取得の成功率をグッと上げることができるのです。その理由は、独学には無駄を削った効率的な勉強法が求められるから!

では、なぜ宅建モードへの切り替え方を把握していると効率的な勉強ができるのでしょうか?以下で、その理由をご紹介します。

※「効率的な勉強方法が知りたい!」そんなお悩みを解決する記事はこちら!是非ご一読ください!

関連記事

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。 しかし、困ったときにフォロ[…]

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法

場所を選ばず勉強できれば、時間を無駄なく有効活用できるから!

独学で宅建の勉強をする上で最も大切なことは、計画性を持って効率的に勉強していくことです。つまり、限りある時間をどれだけ有効に無駄なく使い、合格に必要な知識を会得できるかが合否を左右するのです。

独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段です。

しかし、自由であるということは、全てを自分で管理していかなければならないことを意味します。誰かが「これに沿って勉強すれば大丈夫だよ!」というマニュアルを用意してくれるわけでもなければ、勉強方法をレクチャーしてくれる先生がいるわけでもありません。

あなたが、あなた自身を宅建合格へ向けて導いていかなければならないのです。

※自分1人で宅建合格を目指す!独学での宅建攻略方法についてご紹介した記事はこちら!是非ご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

独学で重要な役割を負うのが、スケジューリングです。独学で宅建に合格するために必要な時間については、様々な意見があります。

一般的には、100時間~400時間までの間に推移しているようです。

ここでは、実際の合格者の方々や大手通信講座スクールの意見、そして私自身の経験から、最低でも250時間を宅建の勉強時間として確保していただきたいと思います。

例えば、1日2時間確保できれば、約5ヵ月で取得できる計算になりますが、仕事や家事、育児などで忙しい中、1日に確保できる勉強時間は限られてきます。

あなたの生活スタイルに合わせたスケジューリングで、250時間を確保するとなると、様々な工夫が必要です。

仕事をしながら宅建取得を目指す方ならば、「仕事がある日は、通勤時間と帰宅時間を合わせた合計約30分、休日は1日2時間は確保する」と計画したり、育児や家事をしながら取得を目指す方ならば、「子供が学校に行っている時間で、家事もひと段落した頃に1時間勉強する」など、人によってスケジューリングや工夫は様々あるかと思います。

このように、独学で宅建取得を目指す上で基本となるスケジューリングですが、勉強時間を確保しても、その内容が有効な時間の使い方になっていなければ、意味がありません。

そこで重要となるのが、宅建モードへの脳みその切り替えです。

確保した時間を有効に使うため、また、確保した時間以外に偶然生じた、あらゆる「すきま時間」を宅建の勉強に有効活用するために、脳みそを宅建モードに切り替えるのです。

通勤中の電車の中や、打ち合わせまでのカフェでの待ち時間、家事が早く片付いた日に偶然できた「すきま時間」などに、すぐに宅建モードに切り替え、その場所を勉強場所とすることができれば、これほど有意義な時間の使い方はありません。

限られた時間でいかに無駄を省いた勉強をするかが勝負となる独学だからこそ、脳みそを宅建モードに切り替え、どこでも勉強場所にできることが大きな強みになるのです!

脳みそを宅建モードに切り替えて、あらゆる場所をあなたの勉強場所に‼
☞ ちょっとしたすきま時間を有効活用することができる。
☞ 予め確保した勉強時間以外にも、中身の伴った勉強時間が増える。

※「勉強する時間がない!」時間がないなら作りましょう!忙しいあなたにおすすめ。時間の使い方についてご紹介した記事はこちら!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

勉強場所が無限になる⁉あなたの脳みそを宅建モードへ切り替えるコツは?

勉強場所が無限になる⁉あなたの脳みそを宅建モードへ切り替えるコツ

「いい勉強場所ないかな…」宅建取得に向けて独学で勉強していくと決めたからには、勉強方法も勉強場所も、自分で管理していかなければなりません。

誰かがあなたに最低な勉強場所を提供してくれるわけではありません。独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですが、自由であるということは、それなりにハイリスクなのです。

忙しい中、自分でスケジュールを立て、限られた時間を有効活用していくことが求められるのですが、なかなか理想通りとはいかないもの…。

時間があっても、集中できずに終わったり、気付けば他のことをしていたり…。

「宅建の勉強に集中できる、いい場所ないの⁉」実は、問題はその勉強場所自体にあるわけではなく、あなたの脳みそが宅建モードへ切り替わっているかどうかという点にあるのかもしれません。

「勉強場所」と聞くと、自宅や図書館、自習室など、様々な場所が思い浮かぶと思います。

しかし、何も考えずその場所に行ったからといって、勉強できますか?例えば、自分の部屋に入っただけで、「すぐに勉強!」なんてことになっているでしょうか。

おそらく、テスト前で切羽詰まった状況にあっても、「勉強するぞ」という切り替えができなければ、どれだけ教科書や問題集に囲まれようが、集中できないはずです。

その場所を勉強場所にするのは、あなた自身。換言すると、あなた自身の脳みそが宅建モードへ切り替われば、あらゆる場所が勉強場所になり得るということです。

では、その宅建モードへの切り替えは、どのように行えばよいのでしょうか?以下では、脳みその切り替え方をいくつかご紹介します。

勉強道具を常備することで、今いる場所を勉強場所に!

あなたの頭を宅建モードに切り替えるコツの1つが、勉強道具を常に携帯しておくことです。

テキストや問題集などをカバンなどに入れておけば、少し時間ができたときに目を通すことができ、あなたがいる場所が勉強場所になります。

例えば、仕事の通勤時間を勉強時間としてスケジューリングに組み込んでいる人であれば、通勤電車の中を勉強場所にする必要があります。

しかし、時間を確保していても、勉強する気が起きなかったり、そもそも道具を持っていないのでは意味がありません。いつもの単なる通勤時間を宅建の勉強時間とし、通勤電車を勉強場所にするために、テキストや問題集を常備しておきましょう。そうすれば、どこでも宅建モードへ切り替えることができ、時間を有効活用することができます。

勉強道具を常備して、いつでも脳みそを宅建モードへ切り替え!
今いる場所が勉強場所になる。
☞持ち運びやすいテキストや問題集を選び、勉強が億劫にならないような工夫をすること。

勉強道具を常備する上で大切なことが、持ち歩くことが億劫にならないサイズのものを選ぶということです。

あまりに分厚いテキストや参考書は、常備するには適していません。それこそ見るのも嫌になってしまい、宅建モードへ上手く切り替えられない可能性があります。

手のひらサイズの本や、必要最低限の冊数(今勉強中の項目のみを持ち歩くなど)にして、持ち歩くことが苦にならないように工夫してみてください。

少しの工夫を加え、勉強道具を常備しておけば、いつでも宅建モードへ脳みそを切り替えることができ、今いる場所が勉強場所になりますよ。

スマホやネットを活用し、すきま時間を無駄にしない!

脳みそを宅建モードへ切り替え、勉強場所を増やすには、すきま時間を有効活用することも重要です。そのために、上手く利用していただきたいのが、スマホやネットです!

今や私たちの生活になくてはならない存在となっているのが、スマホやインターネット。宅建の勉強方法にも、もちろん活用することができます。

無料で宅建の過去問ができるアプリや、無料の動画配信サービス、過去問提供サイトを利用すれば、気軽に問題を解くことができたり、わからないことをその場で調べることも可能です。何より、スマホやネットの最大のメリットは場所を選ばないこと!スマホがあれば、あるいはネットの環境が整ってさえいれば、まさに、どこでも勉強場所になり得るのです。

スマホやネットを活用し、すきま時間を有効活用!本が開けない場所でも、勉強場所に変えることが可能!
☞ついついSNSを見たり、ゲームをしてしまわないように注意!

もちろん、スマホなどでSNSなどをみてしまい、肝心の宅建の勉強をしていないとなると意味がありません。賢く使って、宅建の勉強場所を増やしてくださいね。

※宅建の勉強に文明の利器を有効活用!独学の強い味方にしてしまいましょう!

・「スマホを宅建の勉強へ活用するには?」

関連記事

「スマホって勉強に使えないかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して、勉強の真っ只中でしょうか?独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な資格取得の手段ですよね。 でも、独学で勉強する場合、「宅建勉強マ[…]

スマホを味方に、独学で宅建合格!スマホを勉強に活用するには⁉

・「ネットを宅建の勉強へ活用するには?」

関連記事

「宅建の勉強にネットってどう活用すればいいんだろう?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集の真最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。 今や、私たちの日常生活において、インターネットが果たす役割は計り知れない[…]

宅建勉強にネットはどう使う⁉ネットを上手く活用して独学成功へ!

目に付く場所に宅建情報を!貼り紙や付箋を有効活用!

これは、主に自宅において活用するとよい方法ですが、トイレや階段など、目に付く場所に宅建に関する知識を貼っておくのも効果的だと思います。その貼り紙や付箋を見たとき、「なるほど」「そうだそうだ」と、宅建モードへ脳みそが変換されれば、そこが勉強場所になります。

目に付く場所に宅建情報を貼って、脳みそを宅建モードに!
☞トイレや階段などに、暗記項目や苦手科目を張り紙や付箋を貼っておけば、その場でインプットができ、勉強場所になる。

例えば、家事で忙しいときでも、トイレや階段に暗記項目を貼っておけば、それだけでインプットになります。嫌でも目に入るので、頭が切り替わるはずです。

もちろん、自宅などに限られる工夫ではありますが、できる場所で取り入れてみてください。

勉強場所は無限大‼宅建モードに切り替えて、今いる場所を勉強場所に‼

「どこかいい勉強場所ないかな…」そこのあなた、宅建の勉強に集中できる場所をお探しですか?

独学となると、勉強場所も自由に決められるのですが、集中できないときには勉強を止めることも簡単にできてしまうので、なかなか選択が難しいですよね。

「勉強場所」と聞くと、自宅や図書館、自習室やカフェなどが一般的でしょうか。

イメージでは色々出てきますが、人によって集中できる場所など違って当然です。誘惑が多くて家では勉強でいきないという人もいますし、逆に自分の部屋しか勉強に身が入らないという人もいます。

ですが、実は、勉強に集中できるかどうかは、その場所が問題なのではなく、あなたの頭が宅建モードに切り替わっているかどうかにかかっているのかもしれません。

どんなに勉強に集中できる場所に身を置いても、あなた自身が勉強する体制に入っていなければ、おそらく時間の使い方は変わってくるのではないでしょうか。

換言すれば、宅建モードにあなた自身を切り替えることができるのならば、どこだって勉強場所になり得るのです。

これは、いかに効率的に無駄を省いた勉強をしていくかが問われる独学という方法において、非常に役に立つスキルだといえます。場所を選ばず勉強できることほど、時間を有効活用できる方法はありません。

頭を宅建モードに切り替え、今いる場所を勉強場所にしてしまうには、まず勉強道具を常備しておきましょう。

持ち運びできるサイズのテキストや問題集を選び、いつでも見ることができるようにしておくのです。

さらに、スマホやネットは「すきま時間」の有効活用に便利です。賢く使って気軽に宅建に触れる時間を作りましょう。

また、自宅のトイレや階段など、目に付く場所に宅建の知識を貼っておくことも、勉強場所を増やすことに繋がります。思わず見てしまうような場所に、張り紙や付箋を貼っておけば、インプットに役立ちます。

このように、肝心なのは場所そのものではなく、あなたの頭が宅建モードに切り替わっているかどうかです。この切り替えを自由自在に行うことができれば、あらゆるところが勉強場所になります。

色々な工夫を施して、どんどん勉強場所を増やしてみてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG