宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されているわけではありません。

全てを自分で管理する必要があります。あなたを宅建合格へ導くのは、他でもないあなた自身。宅建合格を目的地として、最適なルートを整備してあげる必要があるのです。ルートが間違っていれば、たどり着くのは不合格という結果かもしれません。

つまり、独学でものを言うのは「計画性」なのです!では、いったい何から始めるべきで、どこからどういった順番で勉強していけばよいのでしょうか。試験科目の優先順位や、最適な進め方はあるのでしょうか。
以下では、宅建の勉強はどこから順番に、何から始めるべきか、効率的な進め方や優先順位の付け方をご紹介します‼

※独学で宅建取得を目指す方は、こちらの記事も是非ご一読ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉
関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

独学で宅建合格!勉強の進め方や順番(計画性)が大切な理由は…?

独学で宅建合格!勉強の進め方や順番(計画性)が大切な理由は…?

「宅建の勉強って何から始めるべきなんだろう?」そうお悩みのあなた、独学で宅建資格取得に向けて、色々な情報取集の真っ最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。

独学で宅建の勉強をするとなると、「何から始めるべきか」「試験科目の優先順位はどのようにつければよいか」「勉強の進め方は何を参考に決めるべきなのか」「テキストを読んでいく順番は…?」色々な疑問と不安が頭をよぎることと思います。

通学や通信講座とは違い、独学は低コストで時間の融通が利く手段。その代わり、試験本番までの自己管理能力が問われる「ハイリスク」な手段であることも否めません。

独学は、予め「こうしておけば大丈夫」というマニュアルが用意されているわけではありません。頼れるのは自分自身です。宅建取得に向けてあなたを導いてくれる人は、他でもないあなた自身。適切に自分を合格へと導くルートを整備してあげなければなりません。

ルートを整備するということは、目標を「宅建合格」として、あなたに合った勉強方法を組み立てていくことを意味します。「どこから始めるか」、「何から順番に勉強していくか」、「どう優先順位をつければよいのか」、「具体的な進め方はどう決めるのか」といった点が、合否を分けるのです。

そこで重要なのが「計画性」です。計画性もなく、右も左もわからぬままになんとなく勉強していると、辿り着くのは「不合格」という結果かもしれません。

では、独学で宅建取得に向けて勉強していく中で、何故ここまで計画性が問われるのでしょうか?どうして、計画性のないことが、「不合格」という結果に即座に結びついてしまうのでしょうか。以下では、その理由をご紹介します。

宅建の勉強で「計画性」が重要なのは、「宅建」試験が持つ特性が原因‼

独学で宅建の取得を目指す場合に、どうしてここまで「計画性」が求めれるのでしょうか。その理由は、「宅建」という試験が持つ特性が原因だと考えられます。

「宅地建物取引士資格試験」は、1年に1度だけ、10月の第3日曜日に行われます。毎年約20万人もの人が受験する国家試験です。合格率は、例年約15~17%に推移しています。つまり、毎年約17万人ほどが泣きを見るということです。(参照URL:一般財団法人不動産適正取引推進機構「試験実施概況(過去10年間)」)。

試験は全部で50問あり、4者択一形式で出題されます。試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つあり、民法や借地借家法、不動産に関する専門的な内容など、幅広い分野が試験範囲に含まれます。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

宅建とは、「宅建士」という不動産取引の専門家に必要な知識を問うための試験です。不動産や、権利関係を定めた民法などの法律の知識が問われます。

控えめに言っても取っつきにくい科目について、あなたは独学で、つまり1人で挑もうというわけです。しかも、時間は限られています。1つの科目にばかり気を取られていては、他の科目に費やす時間がなくなってしまいます。

かといって、配点分布から考えると、全てに同じ時間を費やすのではなく、試験科目の優先順位は付けた方が良さそうです。

そして、宅建は、過去問での出題傾向が非常に重要となります。換言すると、過去問に触れ、インプットだけでなく「問題を解く」というアウトプットに力を入れるべき試験でもあるのです。

このように、宅建は、膨大で専門的な試験範囲から50問という選りすぐりの問題が出題される試験です。過去問での出題傾向を把握し、計画的かつ効率的に勉強を進めなければ、途中で嫌気がさし、勉強が続かなくなってしまったり、インプットばかりではせっかくの知識が本番で生かせず、台無しになりかねない試験なのです。

しかし、換言すれば、しっかりと過去の出題傾向を分析し、押さえるべきところを押さえれば、ちゃんと結果に結びつく試験と言えます。

だからこそ、独学で宅建に挑戦する上で、「何から始めるべきか」「試験科目の優先順位をどのようにつけていくか」「どこから手を付けるべきか」「勉強の順番や進め方はどうするか」といった「計画性」が重要になるのです。

独学で宅建士資格を取得する上で重要なのは「計画性」‼
→何から始めるべきか。
→勉強の順番や進め方はどう決めるのか。
→どこから手を付けるべきなのか。
→試験科目に優先順位はあるのか(あるならばどこから始めるべきか)。
…などといった点を把握して、計画的に勉強する必要がある。

宅建の勉強は何から始めるべき?効率的な勉強の進め方や順番、優先順位の付け方!

宅建の勉強は何から始めるべき?効率的な勉強の進め方や順番、優先順位の付け方!

独学で宅建の勉強をする上で、「何から始めるべきか」「順番や進め方はどう決めるか」「科目によって優先順位は付けるべきか」といったことは、非常に悩ましいところ。通学や通信講座とは違い、独学は全てを自分で管理していく必要があります。

宅建に受かるためのマニュアルは、誰も用意してくれません。あなたがあなた自身で、合格へと続く道を整備していくのです。宅建は、膨大な試験範囲と専門知識が問われる試験です。

しかし、過去の出題傾向を分析し、宅建合格に必要な知識を取捨選択していけば、合格する確率がグッと上がる試験でもあります。だからこそ、独学という手段では、限られた時間内でやるべきことをしっかりとこなす「計画性」が重要になるのです。

では、具体的にどのように勉強すればよいのでしょうか?まず何から始めるべきか、勉強の進め方や順番はどういったものが適切か、試験科目に優先順位はあるのか、どこから手を付けるべきなのか…以下で一緒に確認しましょう!

①あなたに合ったスケジューリングを行う

独学で宅建取得を目指す上で、最初に行うべきことは「スケジューリング」です。「独学では計画性が重要」とお話しましたが、宅建の勉強は、「あなたがどれくらいの時間を試験勉強に使うことができるのか」を把握し、勉強の進め方を決める作業から始めるのです。それが予定を作ること、すなわち「スケジューリング」です。

独学で宅建に合格するために必要な時間については、様々な意見があります。それらをまとめると、約100時間~400時間の間に分布しているようです。私は、本番まで約5ヶ月半の時期から勉強を開始しました。

大学の期末テストやゼミの活動などもありましたので、実際に費やした時間は約250~300時間といったところだと思います。私の勉強時間と内容、その他の合格者の方々や大手通信講座スクールなどの意見を参考にすると、やはり最低でも250時間は確保していただきたいと思います。

もちろん、余裕があればそれに越したことはありませんが、間延びしてしまうのもよくないので、ある程度集中して取り組めるように、期間としては6ヶ月(半年間)を目安とし、時間として最低250時間確保できればよいと思います。

この数字を目安に、あなたが1日に確保できる勉強時間を割り出しましょう。仕事をしている方であれば、「出勤日は30分、休日は2時間確保する」と決めたり、「朝早起きして毎日1時間は勉強する」と決めたり、人によって費やす時間は異なって当然です。あなたに合った調整をして、無理のないスケジュールを立てましょう。

ただし、できるだけ「毎日宅建に触れる機会」を作っていただきたいです。1日1分でもいいので、テキストを読む時間や問題を解く時間を確保していただきたいと思います。ブランクは開けずに、継続して勉強することが大切です。

①まずは、あなたに合ったスケジューリングを行う‼
→最低でも250時間確保(できるだけ毎日宅建に触れる時間を作る)。

このように、独学で宅建の勉強を行うにあたり、まずは「スケジューリング」を行ってください。勉強するための時間を具体的にしていくことで、宅建に向けて意識も高まり、何より「計画性」を持って勉強を進めることができます。

②テキストと問題集(過去問)を手に入れる

宅建を勉強するためのテキストと問題集は、あなたが読みやすいもの、わかりやすいものを選びましょう。

独学で宅建取得に向けて勉強する上で、テキストと問題集は必須アイテムです。本屋さんに行ったりお勧めの参考書などを見ると、たくさんありすぎてどれを選べばよいのかわからなくなってしまいますよね。

ですが、結局のところ、どれも内容はさほど変わらないといえます。よく目にする通信講座スクールや通学制の講座を開いているスクールが出版していたり、著名な方が著者であれば、正直に言って大差ありません(あくまで私見です)。

差があるといえば、読者であるあなたが好むテキストかどうかです。試験科目ごとに何冊かに分かれているものもあれば、1冊で収まっているもの、赤字で書いてあるものやフルカラーのものなど…あとはあなたが読みやすく、勉強しやすいものを選んでください。

問題集に関しては、できるだけテキストに対応したものを選びましょう。わからないところを見直すとき、対応箇所を探しやすいことと思います。また、過去問の頻出度や過去問に沿った内容であるものが好ましいです。

また、最近では、ネットで過去問を無料で手に入れることができますので、問題集にプラスしたい人、問題集にお金をかけずに尚且つ出題形式を直接確認したいという人は、利用してみるのも1つの手段だと思います。

② テキストは、あなたが読みやすく、勉強しやすいものを選ぶ‼
問題集は、テキストに則したもので、かつ過去問をもとにしたものを購入すること。
※最近では、ネットで過去問を取得することができますので、それを利用するのも有効です。

このように、テキストはあなたが読みやすく、勉強しやすいものを選びましょう。

そして、問題集は、なるべくテキストに対応したものを購入し、過去問の出題率が掲載されているものや過去問をもとにしたものを選ぶとよいと思います。最近では、ネットで過去問を手に入れることができるので、そちらを上手く活用するのも1つの手だと思います。

③試験科目に優先順位を付ける

独学で宅建の取得を目指す場合、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」の順番で勉強を進めることをお勧めします。4つの試験科目に、優先順位を付けて取り組むことも重要です。

宅建の試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」と大きく4つに分かれています。独学の場合、この4つのどれから手を付けるべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

あなたの手元にあるテキストには、もうすでに手順が指示されているかもしれません。もちろん、その通りに進めていただいても構いません。しかし、私のおすすめの順番は、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」の順です。

まずはじめに「宅建業法」を勉強すべきとしている方も多いようです。その理由としてよく上がっているのが、「宅建業法は暗記中心の科目であり、得点源となり得ること」そして「覚えることですぐに点数に繋がることで自信をもって宅建の勉強を始められること」です。

たしかに、「権利関係」などに比べ、比較的始めやすく、暗記が上手くいけば問題の正答率は目に見えて上がると思います。それに、試験の配点は4科目の中で最も多い20点であり、しっかり勉強し、ここで点数を稼いでおきたいところです。そういった意味で、「宅建業法」から手を付けるべきだという主張はわかります。

しかし、配点の分布と難易度(科目の内容)、過去の出題傾向からすると、私は「権利関係」から始めるべきだと思います。何故なら、「権利関係」は暗記だけでなく「理解すること」が求められる科目であるためです。

「権利関係」には、「民法」が含まれています。裁判例や法令の解釈が論点になる場面が多く、きちんと理解しなければかなり難しい科目です。

しかし、配点は「宅建業法」の次に多い14点です。決して手を抜いてよい科目ではありません。「理解」が必要という意味で、暗記重視の「宅建業法」よりも、早めに手を付けておくべき科目といえます。

また、「権利関係」のテキストに一通り目を通した後、「宅建業法」のインプットに移行すると、かなり楽に感じるはずです。「権利関係」でつまずき、嫌になってしまっては元も子もありませんが、嫌になる人はどの段階で勉強しようが嫌になるはずです。どうせやるなら早めに片付けておいた方がよいと思います。

そして、「権利関係」と「宅建業法」のインプットを一通り終えた後に「法令上の制限」に移行します。「法令上の制限」も「宅建業法」と同様に暗記が中心の科目といってよいでしょう。配点は8点と少な目ですが、複雑で専門的な内容であるため、押さえるべきところを見極め、頭に叩き込みたい分野です。

ここで大切なのは、どの試験科目も「満点は目指さない」ということです。それぞれの目標点は以下に示しておきます。試験の合格点は、例年31~37点の間に分布しており、確実に合格を目指すならば38点を目指したいところです。

あなたの目標は「合格」であり、「満点を取ること」ではありません。目標点に到達できる勉強の進め方をしましょう。

民法などを勉強すると、どうしても理解に時間がかかってしまい、次に進めない状態になってしまうかもしれません。

しかし、ある程度やって理解できなければ、次の科目に進むことも大切です。インプットの段階で理解できなかった部分は、アウトプットの段階で改めて理解を深めることができる場合もあります。

宅建では、膨大な試験範囲を効率的にこなしていく必要があるため、1つの科目に時間をかけるている暇はありません。きっぱりと割り切る勇気も必要です。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5
税・その他 8点 5点

このように、宅建取得を独学で目指す場合には、「権利関係」から始めることをお勧めします。そして、「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」の順番で勉強を進めましょう。

そして、決して満点を目指すのではなく、「合格」を目指してください。そうすれば、効率的な勉強ができるはずです。

③まずは「権利関係」から勉強を始める。
そして、「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」の順番で勉強を進める。
(※決して満点は目指さないこと。目標は「合格」すること。)

④インプットとアウトプットを行う

そして。勉強の進め方ですが、宅建ではアウトプットが大切です。インプットももちろんですが、なるべく早い段階からアウトプットを取り入れることをお勧めします。

まずは、テキストで試験科目の内容を確認します。そして、③でお伝えした順番でインプットを始めてください。この時点から、各項目ごとに問題集にも目を通すことをお勧めします。「どのような形で出題されているのか」を確認することで、インプットの仕方に工夫ができます。また、このインプットの段階で全てを頭に入れる必要はありません。

内容を理解し、スムーズに読み進めていける程度になるとよいと思います。一通りテキストに目を通したら、本格的に問題集に移りましょう。アウトプットを本格的に行います。問題を解いてわからないところは、すぐくテキストで確認するくせを付け、とにかくインプットとアウトプットを繰り返しましょう。

問題を解いたら、正誤と日付を記録することもお勧めです。問題を解いた感触として、「正解だったが完全には理解できていない」という「△」を加えると、より効果的だと思います。何周したのか把握できるうえに、テキストを見かえす目安となるからです。

このように、独学で宅建を取得するためには、とにかくインプットとアウトプットを繰り返しましょう。そうして知識を適切に頭から出す訓練を積み重ねるのです。この一見地味な作業の繰り返しが、あなたを合格へと近付けるでしょう。

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

宅建の勉強はスケジューリングから始めること!順番や進め方、優先順位も重要‼

「宅建の勉強って何から始めるべき?」独学で宅建の取得を目指す場合、「何から始めるか」、「どこから手を付ければよいのか」、「最適な勉強の進め方や順番はあるのか」、「試験科目に優先順位はつけるべきか」など、勉強のやり方に不安を覚える方も多いはずです。

あなたもその一人のはず。かくいう私もそうでした。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されているわけではありません。あなたが、自分自身で管理する必要があります。

そこで問われるのが「計画性」です。まずは「あなたに合ったスケジューリング」を行いましょう。自分がどれくらいの時間試験勉強に費やすことができるのか把握し、計画を立てるのです。

そして、あなたが読みやすいテキストとそれに対応した問題集(過去問)を手に入れましょう。4つの試験科目のうち、最初は「権利関係」から手を付けるのがお勧めです。そこから「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」の順番で進めると、効率的に勉強が進められることと思います。順位が決まれば、あとはひたすらインプットとアウトプットを繰り返しましょう。

このように、宅建は試験内容の膨大さや専門性から、独学で宅建取得を目指す場合には、計画性と効率化が求められます。換言すれば、しっかりと計画性を持って自分を導くことができれば、合格へとグッと近づくのです。

この記事では、宅建の勉強は何から始めるべきか、どこから手を付けるのか、勉強の進め方や順番、優先順位の付け方はあるのかなどをご紹介しました。独学で宅建合格を目指すあなたの一助となることを願います。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG