「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか?

独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴったりです!

しかし、「思った以上に時間がない!」そんな状況に陥っていませんか?独学は、自由である一方、マニュアルもなければ、勉強方法を指導してくれる人もいません。

全てを自分で管理する必要があります。合格まであなたをサポートしてくれる存在なんてありません。きちんと「計画性」をもって挑まなければ、不合格まっしぐら…。

そうならないために、時間がないなら作りましょう!独学という時間の融通の利く手段だからこそ、生活の中に宅建のための時間を作り、意識的に組み込んでいくのです!

以下では、勉強する時間がなかなか取れないあなたでも、独学で宅建合格を目指せる勉強法をご紹介します!

※併せて読めば、合格率アップ!
「独学でも宅建は取れるの⁉」時間もお金も余裕もない…大丈夫です!独学で宅建を攻略するコツをご紹介します!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

「時間がない!」なら作るんです!独学での宅建の勉強には工夫が不可欠!

「時間がない!」なら作るんです!独学での宅建の勉強には工夫が不可欠!

「勉強する時間がない…」独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利くとても魅力的な勉強手段ですよね。

「忙しい私でも、独学ならなんとか勉強できるかもしれない!」そう思って、独学での宅建取得を目指す方も多いのではないでしょうか。

でも、気付けば宅建の勉強が疎かになっていること、ありませんか?独学という手段を選んだのですから、あなたが勉強から離れていても、注意してくれる人は誰もいません。

決まった時間に駅前の教室で宅建の授業を受けるわけでもありません。

いつ勉強をし、どういった方法で知識を習得するのか、全部あなたが決めるのです。

「勉強するかどうか」ということを、あなたが自由に決めることができるということは、「今日は忙しくて疲れたから、もう勉強しないでおこう」という選択肢を採ることだって、あなたの自由です。気付けば、ぜんぜん勉強していない…「時間がなかなか取れないから」「忙しいから」そういったことを言い訳に、独学に失敗してしまうことは目に見えています。

確かに、仕事に家事に忙しい中、宅建の取得を目指すのは大変なことです。

しかし、「時間がない」は言い訳にすぎません!勉強時間は勝手にできるわけではありませんよ。

時間は作るものです!意識的に勉強する時間を作って、自主的に工夫をしていかなければ、宅建に合格することなど到底できません。なんとなく、気分で勉強するかどうか決めていては、時間を作ることなど不可能です。

独学には、計画的に時間を作ることが不可欠です!

では、どうして宅建取得には、計画的に時間を作ることが必要なのでしょうか。以下では、その理由をご紹介します。

※「独学で宅建士になるにはどうすればいいの?」1人で目指す宅建士への道のりは、一体どのようなものなのでしょうか?こちらの記事で詳しくご紹介します!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

宅建は、幅広い試験科目との闘い!だから、計画的な時間確保が不可欠!

宅建の勉強をする上で、計画的に時間を確保していく必要があるのは、宅建が実に幅広い知識を問う試験であり、かつ年に一度しか資格取得のチャンスが巡ってこない試験だからです。

それ故、本試験までの限られた時間の中で、自分のスケジュールや試験対策に必要な知識の把握をし、確実に試験に合格できるだけの勉強をしなければならないのです。

宅建は、年に一度、例年10月の第3日曜日に行われる国家試験です。

この数少ない資格取得の機会を得るべく、毎年約20万人もの人が受験します。合格率はおおよそ15~17%であり、約17万人の人は不合格になってしまう計算になります。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

試験は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つの科目から出題されます。

「権利関係」には、民法や借地借家法、不動産登記法などが出題され、「法令上の制限」では、建築基準法や国土利用計画法などが問われます。宅建では、非常に広い範囲から、複雑な専門知識が問われるのです。

宅建は、不動産取引の専門家に必要不可欠な資格であり、不動産のプロとして求められる知識の習得を図る試験といっても過言ではありません。このように考えると、専門知識が多く問われることへは何の疑問も抱きません。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

試験は全部で50問であり、4肢択一形式です。各試験科目の配点分布は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」とされています。合格点は、例年31~37点の間に推移しています。

つまり、50点満点中約7割の得点で合格ラインが引かれているということです。

この合格点を目安に、確実に合格を狙うのであれば、全体の目標として38点は取っておきたいところです。

さらに、ここから各試験科目での目標点を割り出していくと、「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」となります。

これは、あくまでも目安の得点目標ですが、各科目の配点分布や難易度を勘案すると適当な目標点かと思います。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

以上が、宅建試験の概要になります。

宅建試験がどのようなものかざっと確認してきましたが、非常に幅広い知識が問われる、年に一度の熾烈な戦いであることがお分かりいただけたかと思います。

独学という手段を選んだからには、この年に一度の国家試験に向けて、自分で勉強方法を確立し、必要な対策を行うために、計画的に勉強時間を確保する必要があるのです。

「忙しいから」「なかなか時間が取れないから」は、言い訳になりません!これは宅建に限ったことでなく、資格試験全般に言えることかと思いますが、時間は自然に空くものではなく、作るものです!勉強時間を意識的に生活に組み込んでいかなければ、この膨大な試験範囲が問われる年に一度の試験には対抗できません。

宅建は、「なんとなく時間が空いたから」「今ならできそうだからと」いった気まぐれな勉強で突破できるような甘いものではないことを頭に入れておいてください。

※「独学で宅建に合格するには、まず何から始めるべき?」勉強の順番や試験科目ごとの優先順位について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?
宅建の試験対策には、計画的な勉強時間の確保が不可欠‼
☞ 宅建は、膨大な試験範囲から幅広い専門知識が問われる、年に一度しかチャンスがない国家試験。無計画に甘い気持ちで取得できるようなものではない。

勉強時間がないなら作る!計画的に時間を確保して、宅建に合格する方法とは⁉

勉強時間がないなら作る!計画的に時間を確保して、宅建に合格する方法とは⁉

「なかなか勉強する時間が取れない…」独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く手段であり、とても魅力的ですよね。

忙しく、教室に通う時間がないあなたにもぴったりの資格取得方法といえます。しかし、自由であるということは、全てを自分の管理の下で行わなければならないということ。

「最近忙しくてぜんぜん宅建の勉強に時間が回せてない…」「疲れて勉強する気になれない…」そんな日が続き、「不合格まっしぐら」なんて状況も十分に考えられるのです。

「でも忙しくて疲れてるし、時間が取れないんだから仕方ないじゃない!」いえ、はっきり言って、それは言い訳です。宅建は、不動産取引の専門家にとって必要不可欠な資格。

土地や建物についての専門知識はもちろんのこと、民法といった、売買や賃貸借契約について定めた法律知識まで幅広く問われます。気分が乗ったときに勉強する、時間が空いた時に勉強する…そんな甘い覚悟で突破できるような試験ではありません!

これはどんな資格試験対策にも当てはまることですが、勉強時間は待っていれば勝手にできるものではありません。意識的に作るものです!ないなら作る!探す!これが鉄則!

では、宅建合格のために勉強時間を確保するためには、具体的にどうすればよいのでしょうか。以下では、計画的に時間を作り、効率的に勉強する方法をご紹介します!

時間を作るには、スケジューリングで生活の中に意識的に「宅建」を組み込むべし!

独学で宅建取得を目指す上で欠かせないのが、スケジューリングです!勉強時間を確保するために、予め、あなたの宅建合格スケジュールを立て、1日の中に「宅建」の勉強時間を組み込むのです。

スケジューリングの大前提として、まずは宅建合格のために必要な勉強時間を把握しておくことが必要です。独学で勉強する場合、宅建合格までに必要とされる時間には色々な意見があります。

私が調べた中でもたくさんの意見がありましたが、実際の合格者の方や大手通信講座スクールによると、100時間~400時間という意見が多いようです。

もちろん、もっと短い方もいらっしゃいますし、長い方もいらっしゃいます。一人一人生活スタイルも違いますし、持っている知識もバラバラです。宅建合格までに必要な時間が異なって当たり前です。

▶ちょっと息抜き昔話…

余談ですが、私は法学部出身です。民法を専攻しており、物権に興味があったことから宅建取得を志しました。

本試験まで約5ヵ月というところで勉強を開始しましたが、期末試験やアルバイト、ゼミの活動などもあり、実際に宅建の勉強に費やした時間は250時間~300時間ほどだったと思います。たしかに、多くの受験者の方の足を引っ張るであろう「権利関係」に関しては基礎知識があったといえます。

しかし、大学で勉強することと、資格試験に合格し、実践のために勉強するのとでは訳が違います。

頭に入れた知識を適切に使う方法を学ぶ必要がありました。今から思えば、「非効率なこともいっぱいしていたな…」「もっとあの部分で工夫できたよな…」と思う場面がたくさんあります。

結果的には無事に合格しましたが、問題演習やテキストでの学習時間などでもっと効率化できていれば、基礎知識がある人は私よりも、もっと短い時間で合格できただろうと思います。

※併せて読めば、合格率アップ!
多くの受験者が頭を悩ませる「権利関係」の勉強方法に関する記事はこちらから!

・「権利関係」の勉強方法について。

関連記事

「権利関係ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、情報収集の真最中でしょうか?それとも、すでに勉強中かもしれません。 宅建には、「宅建業法」と共に重要視される「権利関係」という試験科目があります。多くの人が[…]

「権利関係」の効率的な勉強法をご紹介!あなたも独学で宅建合格‼

・「民法」の勉強方法について。

関連記事

「民法ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建合格に向け、情報取集の真最中でしょうか?独学での宅建挑戦は、低コストで時間の融通が利く点でとても魅力的です。しかし、予めマニュアルが用意されているわけではありません。 勉強方[…]

宅建取得の最大の敵「民法」‼独学で合格する「民法」勉強法とは⁉

・「民法総則」の勉強方法について。

背景知識の違い、合格者の方々や大手通信講座スクールなどの意見、そして私の経験から、この記事では、宅建合格には最低でも250時間を勉強時間として確保していただきたいと思います。

そして、この250時間目安として、あなたの生活スタイルに合わせたスケジューリングを行います。本試験までの期間、あなたの1日に「宅建」の勉強時間を組み込んでください。

「時間が取れない」のではなく、作ってください!例えば、仕事をしながら宅建取得を目指す方ならば、通勤時間を「勉強時間」とすることもできますし(電車の中など)、いつもより早く起きることで今流行りの朝活として「勉強時間」を確保することもできます。

家事や子育てに追われる方ならば、子供さんを保育園や幼稚園に送った後、カフェによって時間を作ったり、旦那さんや奥さんが休みの日には、協力して家事を手伝ってもらい、自分の勉強時間に充てることもできます。工夫次第でたくさんの時間は生まれます!

スケジューリングにおいて大切なことは、非現実的なスケジューリングはしないこと、そしてできるだけ毎日「宅建」にふれることです。

時間は勝手に生まれないという話をしましたが、偶然できるすきま時間もあります。その時間も無駄にせず、スマホのアプリやネットの

計画的に時間を作るには、スケジューリングであなたの生活に「宅建」を組み込む!
☞独学で宅建に合格するには、最低でも250時間の勉強時間を確保する!
☞決して非現実的な予定は立てないこと。
☞すきま時間をうまく活用する!(できるだけ、毎日「宅建」に触れること!)
力(無料の動画視聴サイトなど)も借りながら、効率的に勉強しましょう!

確保した時間を無駄にしない!インプットとアウトプットで効率的に勉強すべし!

計画的に時間を確保したとしても、その時間を効率的に使うことができなければ意味がありません。

忙しいあなたがやっとの思いで確保した勉強時間は、インプットとアウトプットの繰り返しで効率的に使いましょう!

インプットとアウトプットをするにも、膨大な試験範囲を全て網羅しようとすることは無謀です。

まずは、過去問を分析することから始めましょう。過去の出題率が高い論点だけを絞り込んで、その重要論点に焦点を当てたインプットとアウトプットを繰り返すことが、効率的に宅建に合格するコツです。

というのも、宅建において過去問の存在は非常に重要です。過去に出題率の高い論点は、形を変えて再び問われる可能性が高いといえます。

もちろん、法改正や新たな出題論点には注意しなければなりません。

しかし、得点源を確保するためには、出題される可能性の高い論点は把握しておくに超したことはありません。

その分析には、過去問がもっとも信憑性の高い資料だということです。

過去問の分析によって、各科目の重要論が明らかになれば、本格的なインプットを開始しましょう。

テキストや参考書を一通り読み終え、ある程度理解することができれば、早い段階でアウトプットに移りましょう。

インプットに時間をかけすぎてしまうと、知識の出し入れの訓練ができません。

試験は、最後のアウトプットだと思ってください。知識の出し方を普段から訓練しておかなければ、いくら頭に知識が入っていても適切に問題に解答できません。

問題文を見た瞬間に面食らってしまう可能性があります。さらに、インプットの時点で理解できなかったところも、アウトプットを通して理解につながる場合があります。

そういった意味でも、早めに過去問や予想問題集を通したアウトプットに移行することがおすすめです。

過去問を上手く利用し、勉強する範囲をできるだけ絞り込みましょう。

重要論点に焦点を当てた勉強をして、時間を有効活用すれば、忙しい中で宅建の勉強のために割くべき時間も最小限にできるはずです。

無駄は削りながら、しかし必要な時間は確保しながら宅建合格を目指しましょう。

計画的に確保した勉強時間を有効に使うためには、重要論点に絞り込んだインプットとアウトプットを繰り返すべし!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

「勉強時間がない…」時間は作るもの!計画的に勉強時間を確保して、合格実現!

「忙しくてなかなか勉強する時間がないな…」そこのあなた、独学で宅建合格に向けて勉強中でしょうか。

独学は、低コストで時間の融通も利くとても魅力的な勉強手段ですよね。

どこかに通う必要もなければ、定期的にすることが決められているわけでもありません。忙しいあなたにもぴったりの資格取得手段です。

しかし、自由にできるということは、全てを自分で管理しなければならないということです。責任をもって自分で宅建合格までの道を整備しなければなりません。

「忙しいから勉強時間が取れない…」「疲れて勉強どころじゃない…」そうやって、どんどん宅建から遠ざかる生活になり、気付けば不合格まっしぐらなんてことも…。

厳しいことを言うようですが、「時間がない」は言い訳にはなりません!勉強時間は勝手にできるわけではありません。

時間は作るものです!宅建は、膨大な試験範囲が問われ、限られた時間で対策を行う必要がある国家試験です。

チャンスは年に一度だけ。それを逃せばまた来年…。「時間ができたらやろう」といった気分次第のノープランな対策方法では、合格など到底できません。

計画的に時間を確保し、生活の中に「宅建」の勉強時間を組み込むことが必要です。

まずは、宅建合格に必要な時間として、最低でも250時間を確保しましょう。あなたに合ったスケジューリングで、1日の中に勉強時間を確保するのです。

工夫の仕方はいくらでもあります。大切なのは、意識的に時間を作ること。そして、すきま時間も有効に活用することです。確保できた時間を無駄にしないためには、過去問を分析し、重要論点に絞った試験対策が効果的です。過去に出題率の高い論点は、再度登場する確率が高いのが宅建です。

決して満点は目指さず、合格に必要な最低限の勉強をし、忙しい中で必死に確保した時間を効率的に使いましょう。

もう一度言いますが、「時間がない」は言い訳にはなりません。時間は作るものです!宅建の勉強時間は、意識的に生活に組み込み、しっかりと対策をしましょう!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG