宅建勉強にネットはどう使う⁉ネットを上手く活用して独学成功へ!

宅建勉強にネットはどう使う⁉ネットを上手く活用して独学成功へ!

「宅建の勉強にネットってどう活用すればいいんだろう?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集の真最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。

今や、私たちの日常生活において、インターネットが果たす役割は計り知れないものとなりました。

通話もメールはもちろんのこと、仕事や医療、教育など、様々な場面でネットという場所が活用されています。

それは、宅建も同じ。各省庁や法人、大手通信制スクールなどでは、試験に関わる最新情報をインターネット上で公開しています。

過去問を無料で提供するサイトなどが見受けられるようにもなりました。すごい時代です。

このように、非常に便利なネットというツールですが、独学で宅建試験の合格を目指すにあたり、どのように活用していけばよいのでしょうか?何か活用のコツはあるのでしょうか?

今回の記事では、独学の勉強にインターネットを上手く活用する方法をご紹介します。

※併せて読めば、合格へグッと近づく⁉
独学で宅建合格を目指すあなた!こちらの記事も是非ご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉
関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

ネット最大の武器は「情報量」!!宅建勉強に上手く活用して、独学の味方に!

「独学にネットって活用できないかな?」独学は、低コストかつ時間の融通も利く、とても魅力的な勉強方法ですよね。その一方、通学や通信講座とは違い、あなたの勉強をサポートしてくれる人は誰もいません。

「これに沿っておけば大丈夫!」というマニュアルもありません。全部が自己責任です。

あなたを宅建合格へ導くのは、他でもないあなた自身。そこで重要なのが、しっかりとした計画を立て、迷わずコツコツ勉強すること。自分に合ったスケジューリングで勉強をしていく必要があるのです。

でも、「自分にあったスケジュールを立てる」って、口では簡単に言えても実際にはなかなか難しいですよね。そこで活用していただきたいのが、インターネットなんです!

何故なら、ネットは情報の宝庫!インターネット最大の武器である「情報」を活用することで、自分に合った独学成功術を見つけていただきたいのです。

以下では、インターネットの情報を活かすことで、どうしてあなたに合ったスケジューリングが可能になるのかご紹介します!

ネットの情報の取捨選択が独学成功の鍵になる!

あなたに合った独学での勉強スケジュールを立てるために、インターネットを活用していただきたい理由は、(先ほども述べましたが)その情報量にあります。

そもそも、この記事を読んでいらっしゃるあなたは、もうすでにネットの情報を活用して、あなたの宅建勉強方法を探ってらっしゃるといえます。

あなたが今まさに、独学での勉強法を探っていらっしゃることこそが、ネットの情報活用中なのです!

つまり、ネット上には私をはじめとした宅建の合格者の体験談などが多く存在します。その合格者の方がどのような勉強方法で、どのくらいの時間・期間で、またどのようなテキストを使って勉強したのかを知ることができるのです。

その中には、様々な背景を持った方がいらっしゃいます。

例えば、私は、大学在学中に宅建を受験しました。本試験までの期間は約5ヶ月でしたが、実際にかけた時間は250~300時間程度です。

テキストと問題集を繰り返しやり込んで勉強しました。ただし、私は法学部出身者ですので、「権利関係」に関して背景知識はゼロとはいえません。

しかし、決して民法の勉強が簡単だったわけではなく、他科目と同じようにインプットとアウトプットを繰り返しました。私の宅建取得を目指した勉強方法と、合格までの道のりはざっとこんな感じです。

※私の経歴については、こちらの「自己紹介ページ」もご覧ください。

関連記事

はじめまして。 ご訪問頂き、ありがとうございます。 私、「豆のとめ吉」と申します‼ 「宅建士への道!独学で簡単・効率の良い勉強法を全て公開!」をご覧くださっている皆さまに、少しでも私の自己紹介ができればよいな[…]

豆のとめ吉

私の経験は、おそらく大学生の方で宅建受験を考えている人や、それ以外にも時間のない主婦の方や仕事をしながら受験を考えてらっしゃる方にお役に立てるのではないかな、と思います。

しかし、通信講座やスクールに通う方にとっては、おそらく全面的にカバーできる情報ではありませんよね。

※私の勉強方法については、こちらの記事も是非ご一読ください!
「独学で勉強するならどの科目から手を付けるべき?」勉強の優先順位など、私がおすすめする独学での勉強方法をご紹介しています!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

このように、ご自身の生活スタイルと同じような背景を持った合格者の方が、実際にどのような勉強方法をしたのかを参考にすると、あなたに合ったスケジューリングが立てやすくなります。

これが、ネットの情報をあなたのスケジューリングや勉強方法に活用していただきたい理由です。

ただし、ここで注意していただきたいのが、「情報の取捨選択」です。正しい情報を選び、自分に合わないもの、明らかな誇張表現などは避けましょう。

あなたと全く違った生活スタイルの人の独学体験を見ても、それはあなたにとって参考になる情報とはいえません。無理のある勉強方法を取り入れたところで、合格へは一向に近づかないことと思います。

逆に、「あの人はできたのに私はできない」と落ち込んでしまうことになります。あくまで。ご自分にあった情報を、参考程度に取り入れるようにしてくださいね。

情報に振り回され、一喜一憂するようなことはないように気を付けましょう。

インターネットの情報量を活用し、あなたに合ったスケジューリングを!
☞ 独学成功者の実際の声を参考にする(自己紹介ページなども参考に!)。
※あなたの生活スタイルや背景知識、性格面などをしっかり考慮して、正しい情報の取捨選択を行う!無理のある勉強方法や明らかな誇張表現に振り回されないこと!

インターネットを上手く活用すれば、宅建合格の強い味方になる!その方法は⁉

インターネットを上手く活用すれば、宅建合格の強い味方になる!その方法は⁉

インターネット最大の武器は、その「情報量」!独学は、孤独な闘いです。全てを自分で管理していく中で、自分に合ったスケジューリングが何よりも大切になってきます。

しかし、何も参考にするものがなければ、最善のスケジューリングなんてわかりませんよね。そこで活用したいのが、ネットの力です。

インターネット上には、実際に独学で宅建に合格した方々の声がたくさん存在します。実は、あなたがご覧くださっている私の記事も、その一つ。あなたは、すでにネットの情報量を活用して、ご自分に合った勉強スタイルを確立しようとなさっているのです。

ネットの情報は、スケジューリングはもちろんのこと、実際の勉強段階においても取り入れることができます。

以下では、ネットの情報を独学で活かす具体的な例をご紹介したいと思います。

ネットを活用し、あなたに合ったスケジューリングを!

こちらは先述したのですが、ネットの情報を活用したスケジューリングについてです。
インターネット上には、様々な合格者の方がその体験談を載せています。

勉強方法やテキスト、かかった時間や期間…人によって背景知識は様々です。それらを精査し、ご自分と近い生活スタイルの中で、独学で宅建に合格した方の声を参考にしてみてください。

学生の方ならば、私のように学生時代に宅建を受験した人の記事が参考になるかと思います。

通信講座の利用を考えていらっしゃる方は、実際に通った方の声やスクールのホームページも役に立つはずです。主婦(主夫)の方や子育て中の方ならば、SNSで呼びかけてみるのもよいかもしれません。色々な情報があなたを助けてくれるはずです。

ただし、気を付けていただきたいのが、「情報の取捨選択」です。中には、明らかに間違った情報や、誇張表現、詐欺なども含まれていることと思います。

ネットの情報を活用するデメリットは、その情報に振り回されてしまう可能性があることです。

ネットの情報を活用して、あなたに合ったスケジューリングを!
☞ 自分の生活スタイルや背景知識などと照らし合わせて、情報を取捨選択!
を見極め、捨てるものは捨て、拾うものは拾うようにしましょう。

ネットで過去問ゲット!

宅建の試験勉強において、過去問の存在は非常に大きなものです。特に、独学で挑むとなると、膨大な試験範囲の中から重要論点を絞り込み、効率的に学習することが求められます。

宅建の本試験では、(もちろん出題されたことのない問題もあります)過去問での出題率が高い論点が再度問われる可能性が高いと言われています。

よって、過去問を分析し、出題率の高いものや頻出箇所を洗い出した上で、勉強していくことが効果的なのです。

最近では、宅建の過去問がインターネット上で取得できるウエブサイトも存在します。テキストや問題集に加え、実際の過去問を実践形式で問いてみたい方や、過去問の分析をする際に非常に便利です。

もちろん、無料のものもあれば有料のものもあります。内容やサイトの構成なども様々です。解説が丁寧なものや、そうでないものもありますので、ご自分に合ったものを探してみてくださいね。

※併せて読めば、合格にグッと近づく!宅建合格に向けた効果的な過去問の使い方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

ネットで過去問をゲット!
☞ テキストや問題集に加え、過去問を活用することで、効率的な勉強に役立てるべし!
関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

以下、過去問を手に入れることができるサイトをいくつか載せておきますので、参考にしてみてください。

「宅建試験ドットコム」
こちらのサイトは、宅建の過去問をクイズ形式で出題していたり、一問一答形式で出題しています。

「過去問.com」
こちらのサイトでは、宅建の過去問を解説付きで公開しています。

「宅建みやざき塾」
こちらのサイトでは、宅建に関する様々な情報に加え、重要な過去問をピックアップして動画付きで解説されていたり、一問一答形式でも問題が解けたりします。

ネットで最新情報ゲット!法改正や「統計」対策を!

宅建の試験科目には、法律が含まれています。法律には、改正がつきものです。

宅建試験では、本試験の実施年度の4月1日時点で施行されている法律が試験範囲となります。

したがって、それまでに改正され、実際に施行されている条文は、宅建の本試験に反映されるということです。

しかも、改正部分は本試験で出題される可能性が高い傾向があると言われています。

そこで大切なのが、情報に置いて行かれないこと!すなわち、法改正について、ネットで最新情報をゲットしましょう。

インターネットでは、どこよりも早く情報を手に入れることができます。試験対策に間違いのないように、しっかりと確認してください!

ネットで最新情報を逃さずゲット!試験対策に後れを取らないこと!
☞ 法改正や統計では、最新情報の取得が勝負になる。

そして、宅建の試験科目である「税・その他」には「統計」についての問題があります。

最新の不動産業界の動向や集計について問われるのですが、これに関する情報を通信講座スクールがホームページ上で公開している場合があります。点数を獲得するため、こちらも要チェックです。

※令和2年4月1日から改正民法が施行されます!厄介な「権利関係」や「民法」の勉強方法についての記事はこちら!

・「権利関係」の勉強方法についてはこちら。

関連記事

「権利関係ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、情報収集の真最中でしょうか?それとも、すでに勉強中かもしれません。 宅建には、「宅建業法」と共に重要視される「権利関係」という試験科目があります。多くの人が[…]

「権利関係」の効率的な勉強法をご紹介!あなたも独学で宅建合格‼

・「民法」の勉強方法についてはこちら。

関連記事

「民法ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建合格に向け、情報取集の真最中でしょうか?独学での宅建挑戦は、低コストで時間の融通が利く点でとても魅力的です。しかし、予めマニュアルが用意されているわけではありません。 勉強方[…]

宅建取得の最大の敵「民法」‼独学で合格する「民法」勉強法とは⁉

・「民法総則」の勉強方法についてはこちら。

関連記事

「民法ややこしいな…」そこのあなた、宅建受験に向けて勉強中ですか?多くの宅建受験者を悩ませるのが「民法(権利関係)」。 特に、「意思表示」や「代理」などについて定める「民法総則」は、非常に厄介な分野ではないでしょうか。「民法総則」は、[…]

民法における重要論点「民法総則」!宅建合格のための勉強方法とは

※「統計」を含む「税・その他(免除科目)」についてはこちらをご一読ください!

関連記事

「宅建の免除科目って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して情報取集の真っ最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 宅建の試験科目を調べていると、「免除科目」という謎の科目名を目にすることと思います。「免除科目…?何それ?」[…]

「宅建の免除科目って…何?」5問免除の科目と勉強方法をご紹介!

ネットを賢く活用し、宅建に独学で合格!情報を味方にせよ!

「宅建の勉強にネットって活用できないかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得に向け、情報収取の真最中ですか?

独学は、何から何まで自分で管理していかなければなりません。低コストで時間の融通も利く半面、難しい勉強方法ですよね。猫の手も借りたい…。

そんなとき、実はインターネットが味方になってくれるかもしれません!ネットの最大の武器は「情報量」!独学で重要なスケジューリングも、実際の合格者の方の記事などをネットで見てみると、参考になるはずです。

また、宅建において「過去問」はとても重要な役割を果たします。出題率の高い箇所や頻出度の高い重要論点の絞り込みが欠かせません。

最近では、インターネット上で過去問の入手が可能です。解説がついていたり、独自の視点で過去問をピックアップしているサイトもあるので、勉強に役立ててみてはいかがでしょうか。

そして何より、インターネットの最新情報が役立つのが、法改正や「統計」の試験対策です。

宅建では、法律の知識が問われる問題が多く、法改正の情報には常に神経を張り巡らせておかなければなりません。

「統計」の分野では、通信講座スクールがホームページ上で情報を公開している場合がありますので、要チェックです!このように、インターネットを活用すれば、あなたが独学で宅建の勉強をする上で大きなメリットを得ることができます。

ただし、良い面だけではありません。情報量が多いということは、誤った情報が含まれている場合も多々あります。しっかりと情報を精査し、取捨選択することが大切です。

情報に振り回されないように気を付けながら、賢くネットを活用し、あなたの宅建合格の味方にしてくださいね!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG