実は宅建合格に不可欠な試験科目!「法令上の制限」の勉強法とは⁉

実は宅建合格に不可欠な試験科目!「法令上の制限」の勉強法とは⁉

「法令上の制限って見るからに難しそう…」そこのあなた、独学での宅建合格に向け、勉強方法に関する情報取集の真っ最中ですね?試験科目の中に「法令上の制限」という、いかにも難しそうな名前を発見したのではないでしょうか。

中身の想像がし辛いですよね。「法令上の制限」とは、土地に建物が建つという一連の流れの中で関わる様々なルールのこと。そこでは、土地の使い道や建物の安全性などに関わる決まり事が定められています。その専門用語の多さには、面食らってしまうかもしれません。

しかし、実は「法令上の制限」は、ちゃんと勉強した人には、それに見合った得点をくれる科目なのです!難しそうだからといって諦めるにはもったいない!宅建業法などに比べて、影が薄く感じるかもしれませんが、ここで妥協せずに勉強できるかが、独学成功の分岐点ともいえます。

以下では、独学でも宅建合格を目指せる「法令上の制限」の勉強方法をご紹介します。

※「独学で宅建士になる方法」を知りたい方は、こちらの記事も必見です!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

※「宅建を独学で攻略する方法」を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

影は薄いが得点源!「法令上の制限」の配点や目標点は⁉

影は薄いが得点源!「法令上の制限」の配点や目標点は⁉

「法令上の制限って何?」独学での宅建合格のため、勉強方法や試験科目について調べていると、「法令上の制限」といういかにも難しそうな科目名が出てきます。

「なんだこれ?」というのが正直な感想かと思います。私も、独学で宅建を受験しようと情報取集をしていたとき、試験科目の中に「法令上の制限」を見つけ、「???」となってしまいました。

宅建の試験科目である「権利関係」や「宅建業法」、「税」などは、その名前からどのような試験内容なのか、なんとなく想像がつくのですが、「法令上の制限」といわれてもパッとしないんですよね。

しかも、どことなく近寄りがたい、取っつきにくい雰囲気です。テキストや問題集でも、比較的後ろの方に項目が置かれており、何だか影が薄いような…。

「そんなに勉強しなくても大丈夫なのかも!」いえ!実は、「法令上の制限」は、勉強すればきちんと点数となってくれる、貴重な得点源なのです!

しかし、ここで妥協して勉強しなければ、見事に不合格へとまっしぐら。そうならないためにも、まずは「法令上の制限」の試験における配点と、試験合格には何点を目指すべきなのか、知っておきましょう!

以下では、「法令上の制限」の宅建本試験における配点と目標点をご紹介します。

※宅建の試験科目である「免除科目」について知りたい方は、こちらをご覧ください!
☞https://house-building.net/study-method/exemption-subject/

「法令上の制限」の配点はどれくらい?

宅建は、毎年10月の第3日曜日、年に一度だけ行われる国家試験です。毎年約20万人もの人が受験し、その合格率は例年約15~17%となっています。

約17万人の人が宅建士になる一歩を踏み出せずに泣きを見るというわけです。
(参照L:一般財団法人不動産適正取引推進機構「試験実施概況(過去10年間)」)

宅建の試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく4つとなっています。問題は、全部で50問出題され、四肢択一形式です。

四肢択一形式といっても、「正しい組み合わせはどれか」「間違っているものはいくつあるか」といった出題形式もあるので、油断は禁物です。正しい知識を身に付けることが必要な試験です。

各科目の配点は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」となっています。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

配点分布が高いのは、「宅建業法」と「権利関係」であることがわかります。この2つの科目でほとんど7割を占めています。

問題の「法令上の制限」の配点は、8点です。「なんだ8点か」と思われたあなた、甘いですよ。この8点は、「宅建業法」と「権利関係」の勉強に注力するために、捨てることが許された8点ではありません。

もちろん、あなたが、上記2つの科目で満点が取れるなら問題ありません。しかし、そんな自信ありますか?特に「権利関係」は「暗記」だけでは乗り切れない科目です。

「理解」が求められる科目と、「暗記」で得点できる科目では、後者が合格へ近づくための鍵を握っていることは明らか。後にお話しますが、「法令上の制限」は、まさに「暗記」が求められる科目。そして、その「暗記」に素直に答えてくれる試験内容になっています。8点だからといって、甘く見ないでくださいね。

「法令上の制限」の目標点は?

次に、上記の配点と試験内容の難易度から算出した、各科目における目標点をご紹介します。宅建試験の合格点は、(相対評価ですので、合格点は毎年異なるものの)例年31点~37点の間に推移しています。

約7割の得点で、合格ラインが引かれているということです。ですが、7割である35点ではギリギリになってしまい、不安です。確実な合格を目指すのであれば、38点はとっておきたいところです。

よって、ここでは、全体の得点目標を38点とし、各科目での目標点を「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」としたいと思います。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

一番の得点源は、やはり「宅建業法」です。しかし、先ほども申し上げた通り、「法令上の制限」も、しっかりと得点を稼いでおきたい科目です。

ここで、何かあったときのために、保険をかける気持ちでいて頂きたいと思います。以下でお伝えする勉強のポイントを押さえれば、「法令上の制限」で満点を目指すことも夢ではありません。8点取ることができれば、全体の5分の1の点数を得ることができたということになります。

「法令上の制限」の目標点は5点ですが、満点である8点を目指す気持ちも忘れないでください。

「法令上の制限」は、影は薄いが貴重な得点源‼
☞ 本試験での配点は、8点。
☞ 目標点は、5点(ただし、8点を目指しても◎‼)

※「独学の勉強にノートは必要?」宅建の勉強におけるノートの使用方法について知りたい方はこちらの記事も是非!

関連記事

「独学ならノートは作るべきか…」そこのあなた、宅建勉強用のノートを作るか迷ってます?独学は、何もかも自分で準備して試験に挑む必要があります。わからないことがあれば、自分で解決するのが基本です。 「それなら、内容理解のためにノートを作ろ[…]

「え、独学ならノートって作るべき?」宅建の勉強にノートは必要…?

宅建の独学成功を導くのは、「法令上の制限」‼効率的な勉強方法とは?

宅建の独学成功を導くのは、「法令上の制限」‼効率的な勉強方法とは?

「法令上の制限って何?」そこのあなた、独学での宅建合格を目指し、情報取集中でしょうか?「法令上の制限」という名前、とても構えてしまいませんか?私は、初見のときにものすごく難しそうなイメージを抱きました。

名前だけでは、内容の想像がつかない上に、「法令」「制限」といった、なんとも近寄りがたい文字…。怖いもの見たさで、テキストの中身を覗くと、専門用語だらけ‼「やっぱり取っつきにくそうだ…。」そう絶望したことを覚えています。

でも、この「法令上の制限」という科目、きちんと勉強するときちんと得点として反映される科目なのです。「専門用語が多いこと」や、「一見難しそうなこと」には間違いありません。

しかし、ここまで「暗記しがいのある科目はない」というくらい、試験問題には、ほとんどそのままの形で出てきます。だからこそ、難しそうだからといってあまり勉強しなかったり、妥協してほしくない科目なのです。

真摯に向き合えば、きちんと応えてくれるのが「法令上の制限」‼ここでしっかり点数を稼ぎ、独学成功の味方に付けましょう!

以下では、「法令上の制限」の概要と学習に着手すべきタイミング、効率的な勉強方法をご紹介します。

※「宅建の勉強は何から始める?どれから?」勉強に着手する順番や進め方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「法令上の制限」は3番目に勉強開始!

「法令上の制限」とは、土地の上に建物が建設される過程において必要となるルールを定めた、様々な法令のことです。いくつかの法令をまとめて試験科目としているので、「法令上の制限」といったぼんやりとした名前になっています。「法令上の制限」には、「都市計画法」「建築基準法」「国土利用計画法」「農地法」「土地区画整理法」「宅地造成等規制法」の主に6つの法令が含まれます。

法令上の制限 出題数
都市計画法 2問
建築基準法 2問
国土利用計画法 1問
農地法 1問
土地区画整理法 1問
宅地造成等規制法 1問

この6つの法令から、合計8点となるように出題がなされます。例年の出題数は、上記表の通りです。「都市計画法」と「建築基準法」からは、毎年各2問ずつ出題されており、6つの中でも重きを置くべき法令だといえます。

主にこれら6つの法令から構成される「法令上の制限」ですが、学習にはいつ頃着手すべきなのでしょうか。

各試験科目の難易度や配点分布、そして私の経験をもとにお勧めするのが、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」という順番です。つまり、「法令上の制限」は3番目ということになります。

「宅建の試験科目は何から順に始めるべきか」という点には、様々な意見がありますが、私個人としては、「権利関係」から勉強を始めていただきたいと思います。

「権利関係」は「理解」が求められる分野です。裁判例や条文解釈などにおける判断の仕方、考え方などが問われる科目であり、初学者の方にはかなり難解な科目といえます。攻略には時間がかかるのです。

だからこそ、早めに勉強をはじめていただき、しっかりとインプットとアウトプットの回数を重ねることが大切なのです。

ここでじっくり勉強し、苦労して高いハードルを越えたら、その後に、暗記中心の「宅建業法」の勉強を開始します。

すると、単調な暗記の科目である「宅建業法」が、とても面白く感じるのです。とても軽快に走り抜けることができます。

非常に難しい「権利関係」を乗り越えた後だからこそ感じられるものだと思います。それに、「宅建業法」も法律なので、「民法」という法律について学んだ後だと、法律というものの考え方がご自身の中に根付いていることと思います。そのような理由から、2番目には「宅建業法」に取り掛かって頂きたいと思います。

そして、その次に「法令上の制限」です。「法令上の制限」は、「宅建業法」と同じく「暗記」中心の科目となります。

「宅建業法」に比べ、さらに専門用語も増え、覚えるべき数字も増えるので、非常に厄介です。取っつきにくい科目であることは否めません。

しかし、「宅建業法」と違うのは、覚えた知識がそのまま問題に表れるという点です。暗記すれば、その内容が、特にひねりもなく出題されるといってよいでしょう。

求められるのは、どれだけ正確に内容を覚えているかということ。まさに「暗記科目」なのです。しかし、覚えるだけとはいえ、その量はかなりのもの。

そして、慣れない用語ばかりです。いかに必要な知識だけを詰め込み、得点につなげるかが求められます。8点という配点を考慮すると、「権利関係」と「宅建業法」の次にすべきです。

そして、「暗記科目」であるという点で、暗記した知識をなるべく腐らない新鮮なうちに出すため、「法令上の制限」は本試験に近い時期、しかし暗記に必要なインプットとアウトプットが十分にできるように、3番目に学習に着手したいところです。

このように、「法令上の制限」は専門用語ばかりの科目で取っつきにくいですが、暗記すれば確実に得点に繋がります。妥協せずに確実な知識として蓄え、なるべく新鮮なうちに試験に挑むためにも、3番目に勉強し始めましょう!

「法令上の制限」には、「都市計画法」「建築基準法」「国土利用計画法」「農地法」「土地区画整理法」「宅地造成等規制法」の主に6つの法令が含まれる。
☞ どれも専門用語ばかりで「暗記」の力が問われるが、覚えると確実な得点源となるため、3番目に勉強し、知識が新鮮なうちに試験に挑むべし‼

「法令上の制限」は、頻出箇所を正確に暗記する‼

「法令上の制限」は、どれだけ正確な知識をインプットするかが重要です。「暗記」した内容が、試験の内容としてほとんどそのまま問われるためです。ここで必要なのは、たくさんの専門用語と幅広い知識が問われる試験範囲から、どれだけ効率的に要点だけを掴んだ勉強ができるか、ということです。

「法令上の制限」は、「都市計画法」「建築基準法」「国土利用計画法」「農地法」「土地区画整理法」「宅地造成等規制法」の主に6つの法令から構成される科目となっています。

どの法令も専門用語ばかりが出てきます。「用途地域」「建ぺい率」「開発区域」「容積率」「防火地域」「仮換地」「転用目的権利移動」など…聞き慣れない言葉ばかりで、面喰ってしまいます。

また、面積や長さといった具体的な数値が問われることもあり、とにかくややこしい科目なのです。ですので、確実に点数につなげるためには、全てを暗記しようとするのではなく、要点だけを確実に暗記するよう努めることが重要です。

その際に役立つのが、「過去問」です。宅建の試験勉強において、過去問は欠かせません。過去の出題傾向や出題形式を分析し、出題率の高いところはどこかを見極め、その知識を確実に暗記してください。自分なりに暗記の仕方も工夫しながら、とにかく正確な知識をインプットしましょう。

まずは、テキストや参考書に目を通し、「法令上の制限」の該当箇所を確認します。とにかく専門用語が多いので、言葉に自分を慣れさせながら、「法令上の制限は難しい」という自分の中にあるレッテルをはがしましょう。

そして、暗記の作業に入ります。ここで大切なのは、テキストで大切な部分を一通り読んだ後に、すぐに過去問や問題集へ移りましょう。

そして、まずは正解を目指すのではなく、「どこが出題されるのか」を確かめるために過去問に取り組むのです。アウトプットしながらインプットするような形にするとよいかと思います。

出題率が高いところで、覚えていないところがあればテキストに戻り、また過去問に戻って知識の定着具合を確かめます。

そのインプットとアウトプットの往復によって、必要知識を正確にインプットしていくのです。必要な知識は確実にインプットし、不必要と判断した知識は潔く捨てることも、効率のよい学習には必要といえます。

「法令上の制限」は、頻出箇所を過去問で確認し、正確にインプットすること!
☞ インプットとアウトプットの往復で、不必要な知識をそぎ落としていく‼

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

このように、「法令上の制限」は、とにかく専門用語が多く、幅広い知識が問われます。しかし、暗記すれば得点源となること間違いなしの科目です。

そこで、過去問の出題傾向を分析しながら、必要知識だけを確実にインプットしましょう。アウトプットしながら要点だけをインプットすることで、効率よく質の良い知識を得られるはずです。

※「独学は過去問だけでOK?」過去問の正しい使い方を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

「法令上の制限」は、実は隠れた得点源‼正確な知識を勉強することで宅建合格‼

「法令上の制限って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、試験科目を調べていると、いかにも難しそうな名前が出現するはずです。

テキストでも問題集でもあまり前には出てきませんが、威圧感のある名前ですよね。「法令上の制限」とは、土地に建物が建設される過程において関係する、種々のルールについて問われる試験科目です。専門用語の山であり、非常に厄介な科目といえます。

「法令上の制限」の配点は8点であり、決して多いとは言えません。「なんだ、じゃあそんなに勉強しなくてもいいのか」そう思われたあなた、実は、「法令上の制限」は、暗記すれば確実に点数へとつながる得点源!捨てるにはもったいない科目なのです。味方に付ければ、一気に合格へと近づきます。

「法令上の制限」の勉強に着手するのは、「権利関係」「宅建業法」に次ぐ3番目がベストです。確かに、専門用語ばかりで、ややこしい数字も出てきます。決して楽な科目ではありません。

ここで重要なのは、過去問の出題率を分析し、必要な知識だけを抽出すること。そして、注した知識を正確にインプットすることです。過去問でアウトプットをしながらインプットをすることが、効率的な勉強方法といえます。

要点だけを抽出し、かつ正確な知識を頭に入れて、「法令上の制限」を独学での宅建合格に活用してください‼

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG