「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法とは⁉

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか?

独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。

しかし、困ったときにフォローしてくれる指導者はおらず、マニュアルが用意されているわけでもありません。

あなた自身が全てを管理していかなければならないのです。自由ですが、リスキーな手段でもあります。

そんな独学という孤独の中で勉強していると、どうしても勉強方法に迷いや不安が生じるもの。あるいは、思ったように勉強時間が取れず、日々の忙しさに追われ、宅建の勉強が疎かになってしまう方も多いはずです。

「効率的な勉強方法ないかな…」そうお悩みのあなた、大丈夫です!独学での効率的な宅建取得は、「計画性」と「勉強内容の取捨選択」によって実現可能なのです!

以下では、宅建の勉強を効率的に進めるコツをご紹介します!

※併せて読めば、宅建取得の実現にグッと近づく!
「独学で宅建士になる方法とは⁉」独学での宅建士への道のりをご紹介したこちらの記事も、是非ご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

宅建合格には、無駄のない効率的な勉強が不可欠‼その理由は?

この記事をご覧くださっているあなたは、きっと独学での宅建取得を目指して勉強の真最中の方か、あるいは、これから取得する可能性のある方かと思います。

独学という手段を選択された理由は、人によって様々かと思います。

宅建の取得方法として取り得る手段には、通学や通信講座もありますが、どうしてもお金も時間の自由も取られてしまいます。

それに比べ、独学は低コストかつ時間の融通の利くとても魅力的な手段です。しかし、いいことづくめかと言うと、そんなにおいしい話はなく…。

心強いサポーターがいるわけでもなければ、「これに沿って勉強すれば大丈夫!」というマニュアルが手渡されるわけでもありません。

お金と時間的自由と引き換えに、全てを自分で管理していく責任が伴います。合格へ向けて、ご自分の道のりをしっかりと整備していかなければならないのです。

一歩間違えれば不合格まっしぐら…。あなたを合格へ導くのは、他でもないあなた自身。「お金も時間も余裕もない!」そんな状況だからこそ、効率的で無駄を省いた勉強方法で、宅建取得を目指したいところです。

では、どうして独学での宅建取得には、こんなにも効率化が求められるのでしょうか。なぜ、効率的に勉強しなければ、宅建取得がどんどん難しくなってしまうのでしょうか。

以下では、宅建という資格試験の特徴から、効率的な勉強方法の必要性をお伝えしたいと思います!

※「独学でも宅建取得は可能なの?」誰にも頼らず、自分1人で勉強する独学。そんな独学という手段でも宅建に合格できるのか!気になる方は、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建は、年に一度の熾烈な戦い!

宅建は、「宅地建物取引士資格試験」の略称です。宅建士という、不動産取引の専門家になるために欠かせない資格であり、不動産業界で活躍したい人はもちろんのこと、それに止まらず金融業界や就職活動、転職活動など、あらゆる場面で重宝される資格なのです。

宅建は、例年10月の第3日曜日に試験が行われます。その年に一度のチャンスを掴むため、毎年約20万人もの人が受験する、とても人気の国家資格です。

合格率は、約15~17%であり、上位約3万人に入ることができれば合格通知を受け取ることができます。

3万人と聞くと多いように思いますが、その裏では17万人が不合格となっているのです。そう考えると、非常に熾烈な戦いであることがわかります。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

宅建は、年に一度だけのチャンス!
☞ 毎年約20万人が受験する人気の国家試験。
☞ 合格率は、約15~17%の熾烈な戦い!

この年に一度しかないチャンスを逃せば、次はまた来年まで宅建取得の機会はありません。無駄を省いた効率的な勉強方法で、15%の合格率を突破したいものですね。

宅建では、膨大な試験範囲から選りすぐりの問題が出題される!

宅建では、例年50問が四肢択一形式で出題されます。マークシート形式ですが、「正しいものはいくつあるか」「正しい組合せはどれか」などといったいじわるな問題も出題されますので、油断は禁物です。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

宅建の試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つです。

民法や借地借家法、建物や土地に関する専門知識、近年の不動産業界の動向などといった非常に幅広い分野が試験範囲に含まれています。

配点分布は、例年「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」となっており、「権利関係」と「宅建業法」が非常に大きな割合を占めていることが見て取れます。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

合格点は、毎年35~37点の間に推移しており、50点中約7割の得点で合格ラインが引かれていることになります。

「この科目では必ず何点以上得点しなければならない」といった決まりはありません。

しかし、試験の大部分を占める「権利関係」と「宅建業法」だけを勉強していれば合格できる試験かというと、決してそうではなく、この4つ全てから満遍なく得点し、約7割を超える得点を目指していただきたいと思います。

何故ならば、近年宅建試験は難易度が高くなっていると言われており、山を張った勉強で合格ができるような試験ではありません。かといって、全部をゆっくり網羅しようとしては、いつまで経っても準備は整いません。

各科目で、過去に出題率の高い論点を中心に勉強し、合格に必要な点数を稼ぐことが必要です。

具体的に、何点を目指して勉強すればよいかという点ですが、確実な合格を目指すためには、試験全体で38点を目標点としたいところです。

そして、各科目の目標点ですが、難易度や得点分布、出題方法などを勘案すると、「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」が適当な得点目標かと思います。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点
宅建の目標点は、38点!
☞ 山を張りすぎるのも×。網羅を目指すのも×。
各試験科目から満遍なく得点を目指すことが必要!

このように、幅広い試験科目から選りすぐりの問題が出題される宅建試験では、1つの分野に山を張りすぎるのでもなく、かといって網羅しようとすることも得策とはいえません。

膨大な試験範囲が含まれる試験だからこそ、各試験科目の重要論点から、満遍なく得点することを目指すことが必要だといえます。

効率的な勉強方法に必要なのは「計画性」と「無駄のない勉強内容」!

「計画性」と「無駄のない勉強内容」

「もっと効率的な勉強方法ないかな…」独学で勉強していると、自分の勉強方法や時間の使い方に迷いや不安が生じますよね。

勉強を始めた頃は、仕事終わりや通勤時間にテキストを読んだりしていたものの、徐々に面倒になってきたり、忙しさにかまけて勉強が疎かになったり…なかなか順調には進まないものです。

宅建は、年に一度しかチャンスのない国家試験です。毎年約20万人の人が受験し、合格率は約15~17%の熾烈な戦い。そして、膨大な試験範囲から出題されます。

山を張るにも張りにくく、網羅するにも広すぎます。

「どうしたらいいんだろう…」宅建という試験の特徴を聞くと、独学を選んだことを後悔してしまうかもしれませんが、あなたが望む通り「効率的な勉強方法」ができれば、独学でも宅建の取得は十分に可能です。

効率的な勉強に必要なのは、ズバリ「計画性」と「無駄を省いた勉強内容」!具体的にどのように勉強を進めていけばよいのか、以下で見ていきましょう。

※宅建合格に向けてあなたに合った計画を立てるために!併せて読みたい記事はこちら!「宅建の勉強って何から始めればいいんだろう…」そんな悩みにお答えします。

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

効率的な勉強に必要なのは、自分にあったスケジューリング!

宅建の効率的な勉強に不可欠なのが、あなたに合ったスケジューリングです。宅建合格という目的に向け、ご自分に合った計画を立てましょう。

宅建に独学で合格するために必要な時間については、様々な意見があります。

よく目にするのは、100時間~400時間といったところでしょうか。正直に申し上げますと、宅建取得を目指しているという目的を除けば、皆違った生活スタイルを有しているのが当たり前のことです。

有している知識も経験もそれぞれ違いますので、一概に必要な時間を決めることはできません。

しかし、試験範囲も広く、専門的な知識も問われる難易度も考えると、最低でも250時間は確保していただきたいと思います。

この250時間を目安として、あなたが自分の生活スタイルで実際に確保できる勉強時間を割り出してみてください。

例えば、仕事をしながら資格取得を目指す方ならば、「仕事のある日は、通勤時間の電車の中で約30分勉強し、休日は2時間宅建に集中する」と決めたり、「試験までは、いつもより1時間早く起きて勉強時間に充てる」と工夫することも可能です。

また、主婦(主夫)の方ならば「家事や育児の合間をぬって、毎日1時間は勉強する」としたり。人それぞれ、自分のおかれた状況の中で、無理のない範囲でスケジュールを立てましょう。

宅建取得に向けて必要な勉強時間は、250時間。
☞ 自分の生活スタイルに合わせた無理のないスケジューリングを!
☞ できるだけ毎日宅建に触れる時間を作ることが大切。

ここで注意していただきたいのが、決して実現不可能な計画は立てないようにすること。

そして、できるだけ毎日宅建に触れる時間を作ることです。毎日コツコツ、無理なく続けることが何より大切なことです。

無駄を省き、重要論点に絞った勉強内容で、効率的な学習を!

効率的な勉強に不可欠なことの1つが、重要論点に絞って勉強するということです。

先述したように、宅建では、膨大な試験範囲が問われます。ですが、安易に山を張りすぎてもだめです。

かといって、全科目を網羅しようとするのはあまりに無謀だといえます。そんな宅建という試験だからこそ、無駄を省いた重要論点に絞った学習が必要なのです。

宅建は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの科目から出題されるとお伝えしました。

そして、これらの科目において満遍なく得点し、かつ確実に合格を目指すためには、過去問の分析をすることが最も効果的な勉強方法だといえます。

何故ならば、宅建は、過去の出題率が高い論点が再度問われる確率が高い試験だからです。

過去に何度も出題されている論点は、重要論点であり、確実な得点を狙いたい部分です。

過去問を分析し、どのような論点が頻繁に出題されているかを把握した上で、その重要論点に焦点を当てて勉強することが効率的な学習への第一歩といえます。

決して、試験の出題率が低い箇所まで力を入れすぎないようにしてください。

もう一度言いますが、宅建は非常に幅広い分野から出題されます。それらすべてを頭に入れようとすると、時間がいくらあっても足りません。それこそ非効率的です。

満点は目指さないようにしてください。あくまで目標は、合格すること。ターゲットを見失わないように注意しましょう。

過去問を分析し、重要論点に焦点を当てて勉強すること!
☞ 間違っても満点は目指さない!あくまで目標は合格すること!

インプットとアウトプットを繰り返し、効率的に知識と経験を積み重ねる!

宅建の試験対策に不可欠なのが、インプットとアウトプットの繰り返しです。効率的に知識を頭に入れ、試験の出題形式や解答方法に慣れておくためにも、特にアウトプットに力を入れましょう。

先ほど、宅建では過去問の分析が大切だとお伝えしましたが、同じく大切なのが過去問や過去問をもとに作られた予想問題集などによって、アウトプットを行うことです。

もちろん、いきなりアウトプットからしていただきたいとは言いませんが、インプットのために一通りテキストに目を通し、理解できれば、早めにアウトプットに移行することをお勧めします。

過去問を通して問題演習に慣れておけば、本試験で面食らうこともなく、かつ自分の苦手分野が目に見えてわかります。

インプットできていないところ、理解が足りていないところ、重要論点ではないと思っていたところが意外にも出題率が高かった、などアウトプットを通して色々な発見があります。

また、インプットの段階ではよくわからなかった部分も、アウトプットを通して初めて理解が進むこともあるかと思います。

このように、宅建試験に効率的に合格するならば、インプットにあまり時間をかけすぎず、早い段階でアウトプットに切り替えましょう。

そして、アウトプットでわからない箇所があれば、テキストや参考書で復習し、また問題演習に戻るといった流れを、何度も何度も繰り返しましょう。

そうすることで、知識を頭から出す訓練にもなり、本試験に強い勉強ができることと思います。

インプットとアウトプットを繰り返し、重要論点を効率的に頭に入れること!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

「計画性」と「無駄を省いた学習」が、効率的な勉強方法のコツ‼

「もっと効率的な勉強方法ってないのかな…」そこのあなた、宅建取得に向けて勉強の真最中でしょうか?独学で勉強を続けていると、徐々に不安になってきますよね。

「本当にこの勉強方法で大丈夫かな」「もっと効率的にできないのかな…」独学という孤独の中では、自分のやり方に自信がなくなってしまってもおかしくありません。

また、1人で自由にできるため、どうしても勉強が疎かになってしまったり、忙しさにかまけてついつい先延ばしにしてしまうことも…。

そんな独学にこそ必要なのが、「計画性」と「部田を省いた学習」を用いた効率的な勉強方法なのです。

低コストかつ時間の融通の利く独学という手段だからこそ、しっかりと自分を合格に導いていくためのスケジューリングが必要。無理のない範囲で工夫をしながら、最低でも250時間の勉強時間を確保しましょう。

そして、過去問の分析を通して、重要論点を絞り込んだ学習をしましょう。

宅建は、膨大な試験範囲から出題される国家試験です。山を張りすぎても駄目、かといって網羅しようとしても駄目。過去の出題率の高い論点に焦点を当て、その重要論点に絞った学習をしましょう。

満点を目指す必要はないのです。あくまで目標は合格すること。目標を見失わないように気を付けましょう。

重要論点が絞れたら、あとはインプットとアウトプット繰り返すだけ。特に、アウトプットになるべく早く移行することが重要になります。

過去問や過去問をもとに作られた予想問題集をやり込んで、わからないところをテキストや参考書で見直してください。そうすることで、知識の出し入れの訓練となり、より実践的で効率的な勉強ができることと思います。

宅建に独学で合格する上で、効率的な勉強方法を身に付けるこはとても大切なこと。そのためには、「計画性」と「無駄を省いた勉強内容」が不可欠であるということを忘れないで下さい!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG