独学と通信講座、宅建合格にはどちらが確実⁉独学での合格は無理…?

独学と通信講座、宅建合格にはどちらが確実⁉独学での合格は無理…?

「やっぱり通信講座の方が独学よりも確実…?」そこのあなた、宅建取得に向けて勉強方法を検討中でしょうか?宅建が受けられるのは、年に一度だけ。

できることなら、一発合格したいですよね!それゆえ、勉強方法はかなり重要といえます。

果たして、宅建合格を目指すには、通信講座がよいのでしょうか。

それとも、独学でも合格できるのでしょうか。結論から申し上げますと、宅建は、独学でも十分合格可能な試験です!

通信講座の方が確実な気がするかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

勉強手段の選択において重要なのは、あなたに合っているかどうか。他人にとって良い方法が、あなたにも良いとは限りません。

あなたの生活スタイルや、譲れない点(コストや時間)などを考慮し、あなたにとってベストな方法を選びましょう。

以下では、宅建対策における、通信講座と独学のメリットとデメリットをご紹介します。是非、検討材料としてお役立てください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建対策の手段としては、通信講座と独学の他に「学校」という選択肢もあります。果たして、通学することのメリットとは?独学よりも確実なのでしょうか。気になる方は、ご一読ください!

関連記事

「宅建の学校行くべきかな…」そこのあなた、宅建受験を検討しているものの、どのような勉強手段がよいか決めかねていますね? 金銭面や時間の自由が利くという面では、やはり独学が最良の手段といえますね。しかし、全てを自分1人で管理していかなけ[…]

「宅建の学校行くべきかな…」宅建は独学じゃ無理なの⁉通学は必要?

宅建対策には、通信講座の方が独学よりも確実⁉あなたにぴったりの方法はどっち?

宅建対策には、通信講座の方が独学よりも確実⁉あなたにぴったりの方法はどっち?

宅建試験の受験に向けた情報収集を始める際、最初に考えるのが「どういった勉強方法があるのか」という点ではないでしょうか。

宅建は、年に一度しか受験のチャンスがない国家試験です。

毎年約20万人もの人が受験し、合格率は約15~17%となっています。(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

上位約3万人に入らなければ、合格通知を受け取ることはできません。なんとしても一発合格を狙いたいところです。

宅建の試験対策手段として、よく耳にするのが「通信講座」です。

学校に通うのでもなく、また、たった一人で合格を目指す独学とも違うようですが、一体どのような勉強方法で、どういったメリットがあるのでしょうか。

そして、確実に合格を狙うのであれば、独学よりも通信講座の方がよいのでしょうか。

結論から申し上げますと、宅建は独学でも十分合格可能な試験です。

そして、誰もが確実に合格できる手段など存在しません。

もし仮に、通信講座で絶対に合格できるのであれば、皆が選択します。要は、どんな手段を選ぼうが、合否は本人次第なのです。あなたの生活スタイルや、性格面、宅建受験に向けた過程で絶対に妥協したくない点(コストや時間など)を考慮した上で、最適だと思う手段を選択し、勉強を進めていく以外に、合格の可能性を上げる方法などありません。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建は、独学でも十分に合格できる試験です!こちらの記事では、独学で宅建士を目指す方法についてお話しています。是非、ご一読ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

以下では、通信講座と独学のメリットとデメリットをご紹介します。あなたの宅建対策には、どちらの手段が適しているのか、検討してみてください。

通信講座のメリット(〇)とデメリット(×)とは?

では、宅建取得を目指す上で、通信講座を選択した場合のメリットをご紹介していきます。

通信講座のメリット(〇)

  • 重要論点がまとめられた教材が使用できる。
  • webやDVDによる講座が受けられる。
  • 質問サポートや受講者間の交流ができる。
  • 合格祝い金などがもらえる講座もある。
  • 自分のスケジュールで勉強できる。

通信講座のメリットには、まず、テキストや問題集において重要論点がまとめられているという点があります。

選ぶ通信講座やカリキュラム、コースによって異なりますが、その通信講座が過去の本試験の傾向や出題形式を研究して作成した教材を使用することができます。

わざわざあなたが本屋さんに行って、自分で選ぶ必要がないのです。重要論点の取捨選択がすでになされており、必要最小限の勉強で本試験に挑むための効率的な学習が可能といえます。

web上やeラーニング、DVDなどを通して、独自の講座が受講できるのも、大きなメリットだといえます。

テキストや問題集にプラスアルファで動画による講座を受講すれば、音と映像によって理解を深めることができます。

また、通信講座によって、特に重要なところや覚えておく点があれば、講師が動画内で板書や口頭で指摘してくれるものもあるようなので、学校にいって授業を受けているような感覚で勉強できるのではないでしょうか。

勉強にメリハリができ、楽しく学習できそうですね。

▶併せて読めば、合格率アップ!
動画や音声は、宅建の学習に効果的‼五感を刺激して学習効率を高めましょう。

関連記事

「動画って宅建の勉強に役立つのかな…」そこのあなた、独学での宅建取得に向け勉強の真最中でしょうか?独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですよね。 その一方、頼れるのは自分だけ。わからないところを誰かに聞ける環境下にあるわけで[…]

宅建勉強に上手く動画を取り入れ、独学でもインプットの質アップ!
関連記事

「音声で宅建の勉強ができるの?」そこのあなた、独学で宅建取得を目指して勉強の真最中でしょうか?独学は、低コストかつ時間の融通も利く、とても魅力的な手段。 忙しい中、宅建取得を目指したいあなたにもぴったりです。しかし、勉強方法やスケジュ[…]

音声で宅建勉強⁉忙しいあなたも、音声を使って効率的に宅建勉強!

わからないところや理解し辛い部分について、メールやSNSを通して質問できるサービスを提供している通信講座もあります。

即座の対応は難しい場合もあるかもしれませんが、質問できるのは大きな利点です。それだけで安心ですね。

また、同じ講座を受講している人との交流ができる場合もあるようです。モチベーション維持に効果的ですね。

合格祝い金などがもらえたり、不合格の場合には、受講料の返金がある講座もあるようです。こういった形のサポートもありますので、確認してみてください。

後述する独学のメリットとも重なりますが、ある程度、自分のペースで勉強ができる点も通信講座のメリットといえます。

映像による講義も、webを通して提供されるものであれば、スマホやネット環境がある場所であればどこでも受講可能です。

通勤電車の中でも気軽に見ることができるので、非常に便利です。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「集中できる勉強場所がない…」とお悩みの方、大切なのは場所よりも意識!宅建モードをONにすれば、どこだって勉強場所になり得るのです。

関連記事

「いい勉強場所ないかな…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、勉強の真最中でしょうか。ところで、勉強場所って悩みませんか?勉強場所といえば、自宅、図書館、カフェなどが思い浮かぶかと思います。 しかし、それはあくまでイメージ。人それ[…]

特別な場所など必要なし!宅建モードONで、そこが勉強場所になる‼

では、次に、通信講座のデメリットを見ていきましょう。

通信講座のデメリット(×)

  • 費用がかかる(学校>通信講座≧独学)。
  • 講座の合う合わないがある。
  • 通信講座によって、サポート体制に差がある。

通信講座のデメリットや懸念すべき点は、費用の面かと思います。

やはり、通学に比べれば安価ですが、独学に比べて安いことはないといえます。

最も安いもので、2万円前後ですが、アプリなどの通信講座の場合には、よりよい機能をつけるために、オプションとしてさらに料金がかかる場合もあるようですので、注意が必要です。

また、もちろんですが、講座の向き不向きはあります。どれだけ便利で評価が高い講座でも、あなたには合わない可能性があります。

無料体験を受けることができるならば、必ず受けるようにしましょう。

サポート体制にも差がありますので、質問できるのかできないのか、どのようなサポートが受けられるのかなども要チェックです。

【通信講座のメリット(〇)とデメリット(×)】
通信講座は、コスト面やサポート面で懸念すべき点はあるが、重要論点がまとまった教材や、webやDVDでの講座が受けられ、効率的な勉強ができる手段といえる。

通信講座のメリットとデメリットは以上のようなものです。では、次に独学のメリットとデメリットを見ていきましょう。

独学のメリット(〇)とデメリット(×)は?

まず、独学のメリットについてご紹介いたします。

独学のメリット(〇)

  • 低コスト。
  • 時間の融通が利く。
  • 自分の勉強スタイルでできる。
  • 教材選びが自由に行える。

独学のメリットは、やはり低コストで時間の融通も利くという点です。

何も気にせず、自分のペースで勉強を進めることができ、何より、費用はテキストや問題集、本試験の受験料だけ。最もお金のかからない手段といえます。

また、勉強のやり方も、あなたが最もやりやすい方法ですればよいので、誰の指図も受けたくないという人にはぴったりです。

テキストや問題集は、自分で使い心地のよいものを選ぶことができます。

配色や図の入り方なども勉強のモチベーションに繋がりますので、自分で選びたい人には打って付けの手段です。

では、次に独学のデメリットをご紹介いたします。

独学のデメリット(×)

  • 自己管理能力がなければ難しい。
  • わからないところがあっても、すぐに聞ける環境下にない。
  • 1人で勉強しなければならない。
  • 重要論点の絞り込みも自分でやる必要がある。

独学のデメリットは、自己管理ができなければ全く勉強手段としては機能しないことです。

低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですが、自由であるということは、全て自分で管理しなければならないということを意味します。

独学では、計画性が何よりも大切になってきますが、これができなければ合格など夢のまた夢。

かなりリスキーな手段でもあるのです。

そして、通信講座のように、メールで質問できる相手がいるわけではないので、わからないところは自分で調べて理解する必要があります。

テキストによって、出題頻度の高い箇所がわかりやすくなっているものもありますが、合格に必要な箇所と不必要な箇所の割り振りは、基本的には自己責任です。

しっかりと過去問の分析をする必要があります。

【独学のメリット(〇)とデメリット(×)】
独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段である一方、全て自分で管理しなければならないリスキーな手段でもある。

まとめ

以上、通信講座と独学のメリットとデメリットをご紹介しました。

通信講座は、通学まではいかないとしても、やはり費用がかかってしまいます。

講座によっては、サポート体制や講座の内容にかなり差がありますので、無料体験などは要チェックです。

しかし、教材は、通信講座スクールで重要論点の絞り込みが行われているものが使用可能であり、何より、映像での講義が受けられます。

宅建は非常に幅広い専門知識が問われる試験ですので、音声や映像によって授業形式で勉強ができるのはかなり効果的です。わからないところがあれば質問できる点もよいところですね。

独学は、圧倒的に低コストであり、忙しい中でもスケジュールが組みやすい時間の融通も利く手段です。

テキストや問題集選びも自分好みにできますし、勉強方法も自由です。しかし、その一方、自己管理能力がなければ難しい手段でもあります。

自由であるということは、自分で管理していかなければ、簡単にめちゃくちゃになる可能性があるということです。

サポートしてくれる第三者がいるわけではないので、理解できない点や質問したいところがあっても、すぐにできる環境下にはないのがネックです。

通信講座と独学のどちらにも、メリットデメリットはあります。

通信講座が確実な手段とは限りませんし、独学では合格は無理かというとそうではありません。

要するに、あなたにとってどちらがベストな勉強方法かということです。

生活スタイルやコスト面、時間など、ご自分が妥協したくないところなどを勘案しながら、あなたにとって最適な手段を選んでください。

「宅建は独学では合格できないの?」答えはNO!独学でも十分合格可能です!

「宅建は独学では合格できないの?」答えはNO!独学でも十分合格可能です!

これまで、通信講座と独学についてお話してきましたが、なんとなく、通信講座の方が確実な手段のように思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、独学での宅建合格が無理かというと、決してそうではありません。

決して簡単ではありませんが、それは学校に通う場合も、通信講座の場合も同じです。

本人に「絶対に受かってやる!」という気持ちがあれば、独学でも宅建合格は十分可能なのです。

以下では、独学での宅建取得に向けた勉強方法についてご紹介いたします!

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を目指すなら、攻略のコツも知っておいて損はありません!こちらの記事では、独学成功のコツをご紹介しています!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

独学成功に不可欠なのは計画性!スケジューリングはしっかりと‼

独学で宅建取得を目指す上で必要不可欠なのが、スケジューリングです。あなたの生活スタイルにあった計画を立て、本試験までの計画を立てましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「独学で宅建取得を目指すためには、まずは何から手を付けるべき?」こちらの記事では、その疑問にお答えしています!勉強の順番や優先順位についてもご紹介していますので、ご一読ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

独学で宅建に合格するために必要な時間については、様々な意見があります。合格者の方の意見や大手通信スクールの意見を参考にすると、おおよそ100時間から400時間といったところでしょうか。

この意見と、試験科目の内容、必要な勉強量や私の経験などから、ここでは最低でも250時間の勉強時間を確保していただきたいと思います。

そして、この250時間という数字を基に、あなたが一日に確保できる勉強時間を計算してみてください。

仕事や育児で忙しい中でも、工夫次第で時間は作りだせます。例えば、「出勤日は、通勤時間の30分を勉強時間として、休日には2時間集中して勉強する」と決めたり、「本試験まではこれまでより一時間早く起きる」とすることもできます。

また、勉強時間を確保するために、すきま時間も積極的に活用していきましょう!

▶併せて読めば、合格率アップ!
「時間がない」は言い訳になりません!ないなら作る!勉強時間確保のための時間の活用法をご紹介します!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

注意していただきたいのは、決して無理のないスケジューリングにすること。

生活スタイルを思い切り変えた計画の作り方や、実現不可能な計画を立てることは止めましょう。逆に、継続して勉強することができなくなってしまいます。

大切なのは、本試験まで、なるべく毎日宅建の勉強をし、コツコツ続けられることです。無理はしないでください。

あなたの生活スタイルに合ったスケジューリングで、独学成功へ。
→決して無理はせず、できる範囲で工夫しながら勉強時間を確保。なるべく毎日宅建に触れる時間を作り、コツコツ継続できるような計画にすること。

独学成功の鍵は、過去問!インプットとアウトプットの繰り返しがものをいう‼

独学での勉強方法ですが、なんといっても重要なのは過去問です。過去問の分析による、出題率の高い重要論点の絞り込みが非常に大切です。

宅建は、不動産取引に関する専門知識の有無を問う試験です。法律や家や建物に関する専門用語がたくさん登場します。

非常にとっつきにくい分野であることは否めません。

そんな複雑で膨大な試験範囲を網羅しようというのは、無謀です。ましてや、独学で取得を目指すのですから、無駄を削った効率的な勉強方法にするに超したことはありません。

その無駄を削る際に必要なアイテムが、過去問なのです。

宅建は、過去に出題率の高い論点が再度出題される確率が高い試験だと言われています。

もちろん、法改正などには対応しておかなければなりませんし、これまで出題歴のない分野での問いもあります。

しかし、合格率をあげるためには、重要論点に絞り込んで、合格に必要な知識とそうでない知識を選り分けておくことが効果的なのです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建は、過去問だけを解いておけば合格できる試験ではありません。しかし、過去問が合格に必須のアイテムであることは確かです!過去問の有効活用の仕方についての記事はこちら。

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

重要論点に絞り込めば、あとはテキストを一通り確認し、早めの段階でアウトプットに移行しましょう。

あまりインプットに時間をかけすぎず、問題集や過去問などで知識の出し方を訓練しながら勉強することが効果的です。

そして、わからないところがあれば、テキストで確認し、もう一度アウトプットをして、知識の定着を図ってください。インプットとアウトプットの繰り返しが、本試験での力になります。

インプットとアウトプットを繰り返し、重要論点を効率的に頭に入れること!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

通信講座も独学も一長一短あり!あなたに合った手段で宅建合格を目指すべし!

これから宅建取得に向けて勉強しようとしている人にとって、勉強手段は非常に重要です。

宅建は、年に一度しか受験の機会がない国家試験ですので、できれば一発合格を狙いたいところ。

どういった勉強手段が最も確実なのか、悩んで当然です。学校に行くにも費用面では厳しい面がある…そんな中で合格を目指すなら、やはり、巷でよく耳にする通信講座の方が、よいのでしょうか。それとも、独学でも大丈夫なのでしょうか。

それぞれ、一長一短あります。通信講座は、通学の場合と比べて安価ではあるものの、やはり費用はかかりますし、どの通信講座を選ぶかによって、サポート体制などに大きく差が出ます。

しかし、映像や音声による講座を受けられる点や、わからないところがあれば質問できる講座もあり、勉強する上で不安は解消されるといえます。

理解し辛い分野の多い宅建ですので、1人で勉強するのは不安だという方には、良い手段といえます。

独学は、最も低コストで時間の融通も利く、忙しい方にとって非常に魅力的な手段といえます。

しかし、自由であるということは、自己管理能力がなければめちゃくちゃになりかねないということ。リスキーな手段でもあるということは考慮すべきです。

ですが、決して独学が無謀化というとそうではありません。スケジューリングと、過去問ベースのインプットとアウトプットの繰り返しを徹底することで、十分合格は可能だといえます。

勉強手段に「確実」などありません。要は、あなたにとってベストな手段を選び、信じてコツコツ勉強すること以外に合格する術などないのです。

合否はあなた次第です。勉強手段は、あくまで合格まであなたを導く、サポート役でしかありません。あなたに合った方法を選び、是非合格を勝ち取ってください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG