「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。

自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、お教えします‼

国家資格である宅建には、通学、通信講座、そして独学と、大きく3つの勉強手段があります。その中でも最もコストがかからず、時間的融通が利くのが独学!魅力的!でも、合格までの道のりが最も難しいのも独学…。それはおそらく、途中で合格までの道に迷ってしまうから!ならば、しっかり合格までたどり着くようにレールを敷きましょう!

かつて独学で宅建を取得した私が思う、独学での宅建攻略に必要なものは、ズバリ「計画性」!しっかり計画を立て、合格までコツコツ勉強することが、何よりも大切なことなんです。

この記事では、計画性を含め、独学で宅建を攻略するコツをご紹介します!

「独学で宅建なんて大丈夫…?」その不安、攻略のコツを知らないだけかも‼

「独学で宅建なんて大丈夫…?」その不安、攻略のコツを知らないだけかも‼

「独学で宅建に合格なんてできるのかな…」これから宅建に向けて勉強しようとしている人も、すでに勉強中の人も、独学での挑戦にはとにかく不安がつきものですよね。

宅建取得には、通学、通信講座、独学と大きく3つの手段があります。その中で、最も費用がかからず、尚且つ時間の自由も利くのが独学といえます。

しかし、当たり前ですが、リスクも高い!自由にできるということは、宅建資格取得までの道のりを全て自分で整備していかなければならないということ!「お金もないし、時間もない。でも独学で受かる自信もない…」まさに何もない…。私もそうでした。

かつて、独学で宅建に挑戦しましたが、試験本番が終わっても、とにかくずっと不安…。でも、大丈夫です。独学で宅建攻略を実現させるためのコツは、ちゃんとあります!

それは、ズバリ「計画性」!先述した通り、独学が不安なのは、誰も合格へ導いてくれないからです。攻略の戦術を考え、合格へ導くのは他でもないあなた自身。でも、地図もないのに、右も左もわからない場所を進んでいても、目的地にはたどり着きません。

そこには、攻略のコツが必要なんです。では、その攻略のコツを知る前に何となく進んでしまい、結局「不合格…」になってしまう原因は何なのでしょうか?

以下では、独学での宅建取得に失敗してしまう原因をご紹介します。失敗の原因から、攻略のコツを探っていきましょう!

「今、何をすべきかわからない‼」計画性のなさが不合格の原因かも!

宅建に独学で挑戦する上で問われるのは、やはり「計画性」です。先述した通り、独学の場合は、誰もあなたを適切に導いてくれません。頼れるのは自分だけ。あなたを合格へ導くのは、他でもないあなた自身なのです。独学で「計画性」がないまま勉強を進めていては、どれだけ時間があっても不合格になってしまうでしょう。

「何をやるべきかわからない…」「自分に必要な勉強時間てどれくらいなんだろう?」宅建合格に必要な知識(対策すべき科目)はもちろんのこと、必要な勉強時間やテキストの使い方をきちんと調べておかなければ、合格への道のりなどわからないに決まっています。

自分の現状を知らないことも、試験に向けて予定が立てられない原因の1つです。「自分はどれくらいの時間を勉強に費やすことができるのか」、「一番集中できる時間帯はいつなのか」、きちんと予定を立てるためには、下地が必要です。

独学で宅建に合格できないのは、宅建に関する情報収集が不十分な上に、自分自身がどのような状態かを把握していないため、合格への計画を立てられないことが原因だと考えられます。「計画性のなさ」は、あなたの成功確率を大きく下げてしまうでしょう。

「あれもこれも!」が命取り!満点を狙っているのが原因かも!

独学で宅建に合格する上で、「あれもこれも」は命取りになります。きちんとやるべきことを見極め、強弱をつけた勉強で対策することが必要になります。

宅建の試験科目は「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく4つに分かれます。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

「権利関係」には、民法や借地借家法などの法律が含まれ、法律にあまり触れたことのない人にはかなり取っつきにくい科目といえます。

「宅建業法」は、宅建士が不動産取引の専門家として役割を果たす上で必要な知識が問われ、暗記すべき箇所が多くなっています。「法令上の制限」や「税・その他」は、複雑な内容も多い割に、配点は他の2つの科目よりも少ないので、試験に出題される部分に絞って勉強すべき科目であるといえるでしょう。

この4つの科目から50問が出題されるわけですが、全科目を完璧に頭に入れて試験に挑むなど不可能に近いといえます。その内容は、法律や税、不動産用語など、取っつきにくい上に、膨大な量です。

あなたの目標は、まず宅建という試験に合格すること。満点を取ることは目標にしなくても構わないのです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。

合格するために何でもかんでもとにかく頭に詰め込もうとすると、本当に合格に必要な知識が何かわからなくなってしまい、結局不合格になってしまいかねません。

独学で宅建に合格するには、合格に必要な知識とそうでない知識をきちんと取捨選択していくことが必要といえます。満点を狙ってしまっては、結局不合格で終わってしまうでしょう。

「あれ?解き方がわからない…」アウトプット不足が不合格の原因かも!

独学で宅建に合格するために必要なことは、過去問を中心としたアウトプットです!つまり、知識を入れるだけでなく、それを適切に出す練習も必要なのです。

宅建は、過去問での頻出度を踏まえた勉強をしたかどうかが合否を左右するといっても過言ではありません。重要な論点は、過去に何度も出題されています。それを踏まえて、適切なインプットを行う必要があります。

前述した「合格に必要な知識とそうでない知識の取捨選択」とは、過去問を分析した上で要るものと要らないもの判断するということを示しています。

さらに、どのような問題が出されているのか、何が問われているのかを理解し、頭に入れた知識を正しくアウトプットできるようにしておくことが必要です。

そのためには、インプットも大切ですが、適度にアウトプットをし、やがてはアウトプットを通したインプットへシフトする必要があります。どれだけ過去問を解いたかがものをいうのです!

・「何をすべきかわからない!」計画性のなさは×!!
・「あれもこれも」満点を目指すと×!!
・「解き方がわからない…」アウトプット不足は×!!

独学の場合には、自分で計画を立てていく必要があるため、インプットとアウトプットのバランスを間違えると過去問をあまり解かないまま、つまり知識の出し方を知らないまま試験の本番を迎えることに…。

これでは、過去問の分析がものをいう宅建試験では、不合格となってしまっても仕方ありません。

「独学でも宅建に合格できる?」大丈夫!攻略のコツは、計画性と過去問!!

「独学でも宅建に合格できる?」大丈夫!攻略のコツは、計画性と過去問!!

「独学でも宅建に合格できるのかな…」独学で資格取得に挑戦するってとても不安ですよね…。通学、通信講座、そして独学と大きく3つある勉強手段の中で、最も低コストで時間の融通が利くのが独学です。

しかし、その一方、資格取得に向け、全て自分で管理していかなければならず、ハイリスクであることも否めません。あなたを合格へと導くのは、他でもないあなた自身。自分自身しか頼れない状況の中、「何をすべきかわからない」計画性のなさや、試験範囲を「あれもこれも…」と全て頭に入れようと満点を目指してしまうこと、そして、知識を入れたものの、問題の解き方がわからないアウトプット不足は、あなたを合格から遠ざける原因になります。

でも、大丈夫です!これらの原因を踏まえ、独学でも宅建を攻略できるコツがあります!「それって具体的にどうすればいいの?」気になりますよね?

では、以下で宅建攻略のコツをご紹介しますので、一緒に見ていきましょう!

攻略のコツ①「合格へ向けた、無理のないスケジューリングを行う!」

独学で宅建を攻略するコツは、まず「計画を立てる」ことです。
独学の最大の弱点は、「いつ何をすべきかわからない」という状況に陥ってしまうこと。独学は、通学や通信講座のように、あなたを宅建資格取得へ導いてくれる人はいません。自由にできるということは、自分で自分をサポートしてあげる責任が伴うということ。

「いつ何をどうすべきかわからない」状態で、自分自身を合格へと導いてあげることなどできません。きちんとレールを敷くこと、つまり、合格へ向けた計画を立ててあげることが重要なのです。では、どのようにスケジューリングすべきなのでしょうか。

計画を立てるために必要なのは、独学で宅建を取得するために必要な時間とあなたが費やすことのできる時間を把握することです。独学で合格するために必要な時間は、実際に合格した方のサイトや通信講座スクールの情報によると、約100~400時間の間に分布しています。

これだけ幅があるのは、人によって状況が異なるということです。つまり、その人によって宅建取得に必要な時間は異なるということ。

私は、試験本番まで約5ヶ月というところで勉強を開始しましたが、5ヶ月間ずっと宅建の勉強をしていたわけではありません。大学の期末テストを優先した時期もありましたし、ゼミの活動に専念した期間もありました。私が実際に費やした時間は、おそらく250~300時間といったところです。私の経験や、先ほど述べた情報を考慮すると、最低でも約250時間以上は勉強時間として確保しておいた方が安心だと思います。

次に、あなたが宅建取得のために費やすことのできる時間は、一日どれくらいあるのか把握しましょう。自分の使える時間がわかれば、あなたが勉強できる時間を(合格に必要な)約250時間にするためには、いつから試験勉強を開始すべきなのか、それが見えてくるはずです。「平日は1日30分しかとれないが、休日は3時間ほど取れる」「毎日早起きして、必ず1時間は勉強する」「できるだけすきま時間を活用する」…色々な工夫をすることで、費やす時間も変わってきます。

ここで大切なのは、必ず現実的な計画にすることです。無理のない、あなたの生活リズムにあった工夫をしましょう。どれだけたくさんの時間を割いたとしても、実際に勉強を継続できなければ意味がありません。毎日、1分でもいいので宅建に触れる時間を作ってください!そうできるようなスケジューリングをお勧めします。

・独学で宅建を取得するのに必要な勉強時間は、約250時間。
・自分が1日にどれくらいの時間を勉強に費やすことができるか把握。
・試験勉強を毎日継続できるような無理のない計画を立てる。

このように、独学で最も怖いのが、「いつ何をすべきかわからない」状況に陥ってしまい、勉強時間を満足に確保できずに終わってしまうことです。そうならないためには、独学に必要な約250時間を確保するためには、1日どれくらい時間を割けばよいか把握すること。

そして、平日や休日、すきま時間など、時間の使い方の工夫や予定の調整は無理なく行うこと。大切なのは、時間を確保しつつ、宅建取得のための学習を毎日継続することです。無理のないスケジューリングが、宅建攻略のコツといえます!

攻略のコツ②「各科目の目標点に向けた対策を行う!」

独学で宅建を攻略する上で重要なことは、決して満点は狙わないことです。「あれもこれも」ではなく、合格することを目標にしましょう。

そこで必要なのが、「試験科目ではどの科目に重点を置くべきか」、そして、「各科目においてどのくらいの目標点を目指すべきか」という点を見極めて勉強することです。試験科目と各科目における配点、目標点は以下の通りです。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

宅建試験の合格率は、毎年約15~17%(相対評価)、その合格点は31~37点の間に分布しています。(参照L:一般財団法人不動産適正取引推進機構 「試験実施概況(過去10年間)」)。確実に合格を狙うのであれば、7割以上は得点したいところです。

そこで、この記事では、目標点が合計38点になるように、各科目の目標点を上記のように設定しました。
宅建試験は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの科目から、50問4者択一式で出題されます。配点分布からわかる通り、重視したいのは「権利関係」と「宅建業法」の2つです。この2つの科目でしっかりと得点しておくことが大切です。

「権利関係」では、民法や借地借家法などが試験分野に含まれ、裁判例など法律の解釈が論点となる問題も多く出題されます。普段あまり法律に触れる機会がない方にとっては、かなり取っつきにくい科目であるといえます。宅建に挑戦したとき、民法を専攻する学生だった私も、その問われる範囲の広さや内容の深さには苦労しました。

「宅建業法」では、不動産の専門家である宅建士がどのような役割を負うか、免許や各種の決まりなどについての知識が問われます。とにかく覚えることが多い分野です。しかし、配点分布は最も多い20点であり、勉強すれば自分のものにできる分野といえます。

・独学で宅建を攻略するなら、満点は狙わない。
・目標は合格すること。
・合計38点を目標に、あなたに合ったスケジューリングを行う。

ここで示した目標点は、あくまでも指標です。あなたの得手不得手を踏まえ、合計が7割を超えるならば、各科目での目標点は上下しても構いません。

あなたに合わせた目標点を作っていただければ大丈夫です。ただ、大切なことは満点は狙わないということ。宅建において、膨大な試験範囲を全て完璧にしようとすると、頭がパンクしてしまいます。あくまで目標は合格することです。この目標に向けて、先述の「攻略のコツ①スケジューリング」を行うことをお勧めします。

攻略のコツ③「過去問を中心としたアウトプットを繰り返す!」

独学で宅建を攻略するには、過去問を中心としたアウトプットを早めに行うことが重要です。知識を入れるばかりに気を取られていては、問題の解き方を習得する前に試験本番になってしまいます。

宅建は、過去問で問われた論点や内容が、再度問われることが非常に多いと試験であると言えます。換言すれば、過去問での登場回数が多い箇所を把握しておくと、あなたの合格率がグッと上がるということです!

頻出度が高いところを中心に勉強することが、目標点に達する近道なのです。ですが、何も知識もないまま問題を解くのは至難の業…。いきなり過去問を見ても、わからないに決まっています。

やはり、最初はテキストを見て内容をインプットする作業が必要となるでしょう。しかし、インプットの段階でも、項目が1つ終わるごとに、対応する問題集や過去問を解いてみることをお勧めします。

ちょっとだけアウトプットを挟んでいき、そこから「過去問ではどのように問われているのか」を分析するのです。それだけで、ただのインプットがアウトプットを踏まえた定着率の高いインプットになります!

公式を知っていても、その公式の使い方がわからなければ意味がありません。問題の解き方を知らない人は、試験に合格できません。インプットも大切ですが、知識の出し方を学ぶためのアウトプットも重視してください。

「インプット→アウトプット→わからないところをもう一度インプット→アウトプット…」

の繰り返しがものを言います!最低でもこのサイクルを5回は繰り返しましょう。
そして、アウトプットで大切なのが、正誤○×と解いた日付を記録しておくことです。いつ解いたのか、そして解いた感触はどうだったのかを記録しておくと、インプットの質が上がります。正誤○×だけでなく、ここに「スムーズには回答できなかった」という印の「△」を入れると、もっとインプットの質が上がるでしょう。

宅建を独学で攻略するために必要なのは、アウトプットを重視することです。過去問での出題率をもとに、インプットとアウトプットを最低でも5回は繰り返してみましょう。そうすれば、あなたの合格率はグッと上がるはず!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

「独学でも宅建は合格できる?」大丈夫!攻略のコツは計画性と過去問分析!!

「独学で宅建て大丈夫かな…」そこのあなた、独学で宅建に挑戦しようとしていらっしゃいますね?それとも、もう勉強中でしょうか。

独学って不安ですよね。私もかつて独学で宅建に挑戦した経験があるので、そのお気持ち、よくわかります。「攻略するコツがあるのなら教えてほしい…!」とお思いではないでしょうか。

通学や通信講座とは違い、自分で自分自身を合格に導かなければなりません。頼れるのは他でもないあなた自身!不安になって当然です。独学でよく陥ってしまうのが、「いつ何をすべきかわからない」という計画性のない迷子の状態、「あれもこれも」と満点を目指してしまう状態、そしてアウトプットよりもインプットに重きを置いてしまう状態です。

これでは、どんなに時間をかけても不合格になってしまいます。大切なのは、独学で失敗してしまうこれらの原因を踏まえ、正しく自分を導いてあげることです。

そのために必要な攻略のコツは、

  1. 「あなたに合ったスケジューリング」
  2. 「満点は狙わず、合格点を目標にする」
  3. 「過去問を中心としたアウトプットを繰り返す」

の3つです。宅建において、過去問の分析ほど重要なものはありません。過去問での頻出度を踏まえたスケジューリングで、適切に合格までのレールを敷いてあげましょう。そうすれば、独学でも宅建に合格できることでしょう。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG