宅建合格へグッと近づく勉強法!「宅建業法」の勉強のコツをご紹介!

宅建合格へグッと近づく勉強法!「宅建業法」の勉強のコツをご紹介!

「宅建業法ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建合格を目指し、ご自分にあった勉強方法をお探しですか?宅建の試験科目について情報を集めていると、「宅建業法」という科目が必ず出てきます。

テキストや問題集の中でも、かなり重視されている科目です。それもそのはず。「宅建業法」は、宅地建物取引業に関わる者にとってなくてはならない法律です。宅建業や宅建士に関する様々なルールが定められています。

不動産取引の当事者として弱い立場にある「消費者」を守るための法律でもあるのです。何より、宅建の本試験において、配点分布が最も多いのが「宅建業法」。

一見難しい科目ですが、実は、しっかりとポイントを押さえた勉強をすることで、そのまま結果に結びつく科目でもあるのです。

だからこそ、決して妥協せず、合格へグッと近づくために得点源としておきたいですよね!
この記事では、「宅建業法」の勉強方法をご紹介します!

※「独学で宅建士になる方法」を知りたい方は、こちらの記事も必見です!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

※「宅建を独学で攻略する方法」を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

「宅建業法」は最重要科目‼試験での配点や目標点は?

「宅建業法」は最重要科目‼試験での配点や目標点は?

「宅建業法って何だろう…」そこのあなた、独学での宅建合格に向け、勉強方法や試験科目について情報収集の真っ最中でしょうか?テキストや問題集などを見ると、試験科目の中でもとりわけ重要視されているのが「宅建業法」です。

おそらく、その名前から容易に想像できると思いますが…「宅建業法」とは、宅地建物取引業に関する様々なルールを定めた法律です。

そのルールには、あなたが取得を目指し、奮闘している「宅地建物取引士資格」に関する規定や、「宅建士」の業務についても定められています。また、複雑な専門知識を要する不動産取引において、どうしても弱い立場に置かれる「消費者」を守るための法律でもあります。

「宅建業法」は、「不動産」に関わる全ての人にとって、なくてはならない法律なのです。
宅建の本試験において、最も配点が大きいのも「宅建業法」の分野です。宅建は、例年約20万人が挑戦し、合格率約15~17%の国家試験です
(参照:一般財団法人不動産適正取引推進機構「試験実施概況(過去10年間)」)。

資格取得のチャンスは、年に1回しか巡ってきません。その、年に1回あなたに与えられる貴重な機会で、上位3万人に入るためには、「宅建業法」は決して落としてはならない科目といえます。「宅建業法」は、初見の方にとっては難しく見えてしまいますが、実は、勉強すれば勉強するほど結果に反映される科目でもあります。

以下では、そんな「宅建業法」の配点分布や、目標点をお伝えします。

※宅建の試験科目である「免除科目」について知りたい方は、こちらをご覧ください!

関連記事

「宅建の免除科目って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して情報取集の真っ最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 宅建の試験科目を調べていると、「免除科目」という謎の科目名を目にすることと思います。「免除科目…?何それ?」[…]

「宅建の免除科目って…何?」5問免除の科目と勉強方法をご紹介!

「宅建業法」の本試験での配点はどれくらい?目標点は?

宅建の試験科目には、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つがあります。試験は全部で50問あり、四肢択一形式です。

それぞれの配点分布は、例年「権利関係」14点、「宅建業法」20点、「法令上の制限」8点、「税・その他」8点となっています。「宅建業法」の配点は20点であり、他の科目に比べてかなり大きいことがわかります。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

先述した通り、本試験の合格率は例年約15~17%となっています。相対評価ですので、各年によって合格点は変わりますが、例年31~37点の間に推移しています。約7割得点すれば合格できることになりますね。

そこで、宅建試験に確実に合格するために、ここでの目標点は50点満点中38点と定めたいと思います。以下に各科目における目標点を示しました。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

試験全体での目標点を38点とした場合、「宅建業法」での目標点は18点としたいところです。もう少し言うとするなら、満点を目指していただきたいくらいなのです!

「宅建業法」は、暗記が中心の科目であり、かなり細かな知識も問われるのですが、勉強すればするほど、身に付けた知識が結果として表れる科目なのです。それこそ面白いくらいに結果に結びつきます。

例えば、「権利関係」には、民法や借地借家法などが試験範囲に含まれます。この分野では、「暗記」だけでなく、裁判例や条文解釈における重要論点を「理解」する必要があります。

テキストや参考書を読んでも、なかなか知識として定着し辛い科目なのです。ですが、「宅建業法」は、ポイントをしっかり押さえた勉強をすれば、大きな得点源となってくれます。

ここでできるだけ点数を稼ぎ、その他の科目に余裕を持たせたいところです。しかも、「宅建業法」の試験内容は「宅建士」として働く上で必要不可欠な知識の勉強になりますので、資格取得後の実務において、とても役に立つのです!それを踏まえ、是非とも18点~20点(満点)を目指していただきたい科目なのです。

「宅建業法」は最重要科目であり、最大の得点源‼
☞ 「宅建業法」の配点は、50点満点中20点!
☞ 「宅建業法」の目標点は、18点~20点(満点)!

このように、「宅建業法」は、宅建の本試験において、配点においても目標点においても、かなり重要な科目です。決して妥協は許されません!ここでしっかりと点数を稼ぎ、その他の科目に少しでも余裕を持たせましょう。

実務で役立つ知識が問われることから、「宅建士」として働くあなたの姿を思い浮かべながら勉強すると、よりモチベーションが上がるかもしれません。

※「独学の勉強にノートは必要?」宅建の勉強におけるノートの使用方法について知りたい方はこちらの記事も是非!

関連記事

「独学ならノートは作るべきか…」そこのあなた、宅建勉強用のノートを作るか迷ってます?独学は、何もかも自分で準備して試験に挑む必要があります。わからないことがあれば、自分で解決するのが基本です。 「それなら、内容理解のためにノートを作ろ[…]

「え、独学ならノートって作るべき?」宅建の勉強にノートは必要…?

高得点を狙え!「宅建業法」の効果的な勉強法とは⁉

高得点を狙え!「宅建業法」の効果的な勉強法とは⁉

「宅建業法ってどう勉強したらいいんだろう?」そこのあなた、独学で勉強するとなると、勉強方法には悩みますよね。通学や通信講座とは違い、独学には頼れるマニュアルなどは用意されていません。

独学は、低コストかつ時間の融通が利く点で、とても魅力的な手段ですが、1つ間違えると「不合格」へまっしぐら…。あなたを合格へ導くのは、他でもないあなた自身です。合格という目的を達成するため、独学で求められるのが「計画性」です。

膨大な試験範囲が問われる宅建において、全てを網羅するのは、無謀かつ非効率的だといえます。限られた時間内で、効率的かつポイントを絞った学習をすることが必要不可欠なのです。計画性を持って、効率的に勉強を進めるためには、「試験科目の優先順位をつけること」、そして、確実に知識を定着させる勉強方法が鍵を握ります。

先述した通り、4つの宅建の試験科目の中で、最重要科目といえるのが「宅建業法」です。配点は、50点満点中20点であり、ここで目標点である38点を目指すためにはここで点数を稼いでおきたいところ。では、そんな「宅建業法」は、4つの試験科目の中で何番目に勉強すべき科目なのでしょうか。

そして、どのように勉強をすれば、本試験で満点を目指せるのでしょう。以下では、「宅建業法」の学習に着手するタイミングと、具体的な勉強方法をご紹介します。

※「宅建の勉強は何から始める?どれから?」勉強に着手する順番や進め方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「宅建業法」は2番目に学習開始!

宅建の試験科目には、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つがあります。独学で勉強を進めるには、どの科目から手を付けるべきなのでしょうか?「権利関係から始めるべき」という意見もあれば、「宅建業法から」という意見もあります。

私の個人的な見解から述べさせていただくと、「権利関係」から始めるべきです。4つの科目の優先順位は、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」となります。よって、「宅建業法」は2番目に着手するべき科目ということです。

「権利関係」から始めるべきとする理由は、その内容の難しさからです。「権利関係」は、その他の科目に比べて、圧倒的に「理解」が求められる場面が多いのが特徴です。

「暗記」だけでは乗り越えられません。「理解」し、なぜそのような判断なのか、どうしてこのような条文解釈がなされているのか、といった点を頭で咀嚼しながら勉強する必要があります。

だからこそ、最初に学習を開始することで、じっくり理解を深めたい科目なのです。中には、「権利関係から勉強すると、その難しさから挫折してしまう」という意見もあります。

しかし、その「権利関係」の次に「宅建業法」に着手するとどうなるでしょうか。難しい「権利関係」を乗り越えた先には「暗記」中心の「宅建業法」が待っています。一見難しい内容に思える「宅建業法」なのですが、「権利関係」の複雑さを乗り越えた後には、不思議なことにとても楽しく感じてしまいます。

これは私自身の経験からです。私は、大学で民法を専攻していました。学部の時に宅建試験を受験したのですが、勉強していたとはいえ、「権利関係」には苦労しました…。知識を使うという勉強にシフトする必要があったためです。

実際に宅建の問題を解いたとき、「理解」の大切さと難しさを思い知りました。「権利関係」の理解には、インプットの時間もある程度必要ですが、アウトプットにも時間をかけたい科目でもあります。

一通りテキストでインプットをし終えると、次は「宅建業法」です。これまで触れたことがない分野ですので、かなり構えてテキストを読み始めました。

しかし、「理解」という高い壁を超えた先の「宅建業法」の勉強は、自分でも信じられないくらい楽しく思えました!もちろん、民法は好きなので、大変とはいえ「権利関係」の勉強も楽しんでいましたが、「宅建業法」のフィールドに移ったときに感じた、あの新鮮さは忘れません。

また、「宅建業法」は配点が20点となっており、ここでしっかりと点数を稼いでおきたい分野です。暗記中心とはいえ、18点から20点(満点)を目標にしていただきたいことから、早めに勉強を開始し、インプットとアウトプットに時間をかけていただきたい科目でもあります。

「宅建業法」は、勉強すればするほど結果に反映されます。早めに手を付けるに超したことはないのです。

このように、最も配点の多い分野であり、結果が出やすいといえる「宅建業法」の学習には早めに取り掛かりたいこと、そして暗記中心の「宅建業法」を、より楽しく学んでいただきたいという理由から、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」という順番で学習していただきたいと思います。

しっかり点数を稼ぐために「宅建業法」の学習には2番目に取り掛かるべき科目‼
☞ インプットとアウトプットに時間をかけ、しっかりと勉強。
☞ 複雑な「権利関係」を乗り越えた先の「宅建業法」は楽しく勉強できる!

「宅建業法」の勉強は、アウトプットを重点的に行う‼

「宅建業法」の勉強は、過去問や問題集を中心に、アウトプットに重点を置きましょう。

そもそも宅建という試験では、過去問の存在は非常に重要です。過去の出題率が高い論点は、再度登場する確率が高く、「問題文ではどのような文言が使われるのか」などといった出題形式の把握は、解答に慣れることに繋がります。過去問の把握は、宅建の本試験の対策に非常に有効なのです。

そして、「宅建業法」という科目においても、過去問の重要性は非常に高いといえます。50問中20問を占める「宅建業法」は、とにかく「何が出題されるのか」を把握することが効率的な勉強に繋がります。

そのために、過去問の出題率によって重要論点や頻出問題を見極めておくのです。特に、「宅建業法」の中では、制度上の細かな違いなど、非常に似通った知識が問われることが多いです。

35条の重要事項説明や37条に関する知識なども、かなり細かく厄介だといえます。だからこそ、確実で正確な知識を頭にインプットし、過去問を解くアウトプットによって、知識を定着させ、同時に、必要な知識とそうでない知識を振り分けていくのです。

問題には、「正しい組み合わせはどれか」「間違っているものはいくつあるか」といった出題方法を採るものもあります。このような問題は、正確に暗記しておかなければ得点になりません。「暗記」中心だからこそ、自分なりの工夫によって、正確で確実な知識を定着させておきましょう。

「宅建業法」は、正確で確実な知識の定着が得点になる!
☞ 過去問を中心としたアウトプットを繰り返すこと!① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

このように、「宅建業法」は、得点源としてしっかりと押さえておきたい科目であるが故に、正確で確実な知識を定着させておきたい部分でもあります。そのためには、過去問の分析から、知識の取捨選択を行い、要点を見極めたアウトプット中心の学習を行いましょう。

※「独学は過去問だけでOK?」過去問の正しい使い方を知りたい方は、こちらの記事もご一読ください!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

「宅建業法」は最重要科目かつ貴重な得点源‼勉強はアウトプットを中心に行う!

「宅建業法ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学で宅建取得に向けて情報取集の真っ最中とお見受けします。勉強方法や試験科目を調べていくと、宅建の試験科目において「宅建業法」がかなり重視されていることに気付くことでしょう。

「宅建業法」とは、不動産取引に関わる者にとってなくてはならない法律です。「宅建士」の行う業務についてのルールや、「宅建業とは何か」といったことが定められており、複雑な不動産取引において弱者ともいえる「消費者」を保護するための法律でもあるのです。

そんな「宅建業法」は、試験科目の中でも最も多い20点の配点がなされています。そして、勉強すればするほど素直に結果に表れる科目であり、貴重な得点源なのです。

妥協せず、しっかりと勉強すべき科目といえます。例年約7割の得点で合格となる宅建試験では、「宅建業法」の目標点は18点~20点(満点)を目指したいところです。ここで余裕を持たせておくと、他の分野での余裕もかなり違ってきます。

「宅建業法」で満点を目指すためには、試験科目の中で2番目に学習を開始しましょう。暗記中心とはいえ、得点源であることからしっかりと知識の定着を図りたい科目です。アウトプットに時間をかけるためにも、そして楽しく取り組むためにも早めに取り掛かりましょう。

また、「宅建業法」はアウトプットを中心とした勉強をしましょう。過去問での出題傾向や出題形式を把握し、ポイントを絞った学習で、効率的に得点につなげるのです。

「宅建業法」は、試験科目の中でも最重要科目かつ最大の得点源です。しっかりと勉強すれば結果はついてきます。妥協せずに、確実に知識を定着させるように努めてみてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG