宅建の勉強中に眠くなる⁉ちょっとした工夫で眠気

宅建の勉強中に眠くなる⁉ちょっとした工夫で眠気とおさらば!

「勉強してると眠くなるな…」そこのあなた、宅建の勉強中に襲われる眠気にお悩みですか?独学で勉強していると、1人で勉強することが基本となり、通学のように誰かの授業を受けるわけではありません。

場所も環境も自由ですので、仕事や家事で疲れていると、どうしても眠気に勝てないこともしばしばありますよね。また、宅建の試験勉強は、難しい内容ばかり。

ややこしい専門用語や、硬くて独特の言い回し…。テキストに目を通していると、脳みそから「見たくない」との声が聞こえてくるようです。しかし、時間は限られており、やるべき勉強はたくさんあります。

「眠くなってきた」からといって、そのまま勉強そっちのけでベッド直行では、宅建合格は難しそうです。「どうしよう…」大丈夫!かなり手ごわい「眠くなる現象」も、勉強方法に工夫を加えると上手く付き合える可能性があります!

以下では、宅建勉強中の眠気と上手く付き合う工夫をお伝えします。

※「眠くなるとかよりも、まず勉強はじめきゃ…」独学で宅建取得を目指す方必見!

・「独学で宅建士になるにはどうすればいいの?」その方法を知りたい方は、是非こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

・「独学で宅建を攻略するコツって?」実際に独学で合格した私が、宅建攻略のコツをお教えします!よろしければ是非ご一読ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建の勉強中に眠くなるのは、その勉強スタイルが影響している⁉

宅建の勉強中に眠くなるのは、その勉強スタイルが影響している⁉

「勉強してると眠くなるな…」宅建の勉強中に必ず眠くなるという方も多いはず。

あなたもその一人ではないでしょうか。独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段です。

しかし、「これに従っておけば大丈夫!」という勉強マニュアルが用意されているわけでもなく、誰かがあなたを合格までサポートしてくるわけでもありません。

あなた一人で宅建の取得を目指さなければならないのです。勉強方法も、スケジュール管理もすべて自己責任。独学は、自由である一方、リスキーな手段でもあります。

宅建の試験科目には、複雑で難しい専門用語がたくさん出てきます。

テキストを読むのが徐々に億劫になってきて、眠気に襲われることもしばしば…。

そして、ここが独学の恐ろしいところ!眠気に襲われているあなたの肩を叩いて、「起きろ!」と言って起こしてくれる、かつての學校の先生のような人物はいません。

眠気に負けるも勝つもあなたの気持ち次第。そりゃあ、眠くなる気持ちをグッとこらえて勉強に集中できれば一番良いのですが、仕事や育児などで疲れていたり、難解な専門用語ばかりが並ぶテキストを読んでいると、「ダメだ…」と眠気に勝てない人がほとんどではないでしょうか?現実はそんなに甘くない…。

「このままじゃぜんぜん勉強できないまま本試験だ…」そんなあなたの勉強中の眠気、もしかしたら、あなたの勉強スタイルが影響しているのかもしれません!宅建の勉強中に眠くなる現象を招いてしまう勉強スタイルとは、一体どのようなものなのでしょうか?

以下でご紹介いたします!

勉強中に眠くなるのは、計画性なしに勉強しているから!

宅建の勉強中に眠くなる現象は、「計画性のなさ」が原因かもしれません。

独学で宅建の勉強を進めていくためには、「計画性」が不可欠です。

先述したように、独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段と言えます。仕事や家事、育児などで忙しい中、宅建合格を目指す方にはぴったりです。

しかし、あなたの勉強をサポートしてくれる人がいるわけもなければ、勉強の計画を立ててくれるわけでもありません。

自分1人で、宅建合格までの道のりの全てを管理していかなければならないのです。

自由である一方、あなたの自己管理能力が試される、非常に難しい手段ともいえます。

少し気を抜けば、不合格まっしぐら。だからこそ、自分がどれくらいの時間を宅建の勉強に費やすことができるのかを把握し、勉強計画を立てていくことが不可欠なのです。

この勉強計画ができていなければ、独学という手段は非常に危険です。

勉強時間の確保が明確にできていないということは、時間の使い方にメリハリがありません。

「今は宅建のための時間、今は休憩時間」という差別化が図れず、全体を通してだらだらとした進め方になってしまいます。

例えば、あなたが、何の計画もなく宅建取得を目指しているとします。

帰宅後に勉強しようと思っていましたが、仕事で疲れて勉強どころではなく、「疲れているから、今はとりあえず寝て、起きてからやろう」と眠ってしまいました。

しかし、「起きてからやろう」といっても、そもそも計画性もなくやっているため、どれくらいの時間を犠牲にしたのかはっきりしておらず、後でどれくらいの時間を宅建の勉強時間に充てれば後れを取り戻せるのかわかりません。

計画を立てていないということは、計画通りに行かなかったときの取り戻し方もわからず、何もはっきりしていない状況を生み出すのです。

計画性のなさは、目的意識に欠けるといえます。

時間の使い方にメリハリがなく、だらだらとしてしまいます。「眠たくなれば寝る」、「勉強したくなければしない」といった、感情に流されてしまう状態を引き起こしてしまうのです。

一方、目的意識をもって勉強時間を明確にし、「今は勉強時間だ!」という気持ちで宅建のテキストを開けばどうでしょう。意識がはっきりとし、短時間でも集中して取り組むことができるのではないでしょうか。

「計画性のなさ」が、宅建の勉強中に眠くなる現象を招く原因の1つ!
☞だらだらと勉強してしまい、メリハリもないため、宅建への意識が低く眠くなってしまう。

このように、「計画性のなさ」は、意識の低さを表しています。意識が低いということは、集中して勉強する気持ちも持ち合わせていないということですので、眠気に勝つ気さえ起きてきません。

独学で勉強を始めるのであれば、「計画性」をもって、目的意識を明確にしましょう。そうでなければ、勉強中に眠くなるのは当然といえます。

※独学成功には、「計画性」が鍵‼「独学で勉強するなら何から始めるべき?」独学での勉強の始め方や優先順位についての記事はこちらから!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

宅建の勉強中に眠くなるのは、宅建の勉強が面白くないから!

宅建の勉強中に眠くなってしまうのは、宅建の勉強を面白いと感じていないことも多いに関係しているかもしれません。

宅建の試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく4つの分野からなっています。科目名を見ただけで、もう拒絶反応が出てしまう人もいるのではないでしょうか。

テキストを開けば、不動産取引に関する難解な専門用語ばかり。

民法では、条文や判例法理などの独特の言い回しがならんでいます。

まるで母国語ではないかのように思えてきたり来なかったり…。

そんな難しい文言ばかりの本からは、目をそらしたくなってしまって当然です。

正直、面白くないですよね。面白くないものには集中できませんし、気持ちも乗ってきません。徐々に眠たくなってきます。

宅建の勉強中に眠くなるのは、宅建の勉強が面白くないから!
☞難しく、複雑な知識が問われる宅建の勉強が嫌になってくると、「わからない」「面白くない」という気持ちになり、眠気に勝てない。

また、勉強が難しく、問題演習をしても不正解が続いたり、なかなか理解できない状態が続けば、嫌になってきます。

わからないと、面白くありません。やはり、眠気に勝てなくても仕方ありません。

このように、宅建の勉強が難しく、理解もできずわからない状態が続けば、面白くなくて当然です。

ゲームのように面白ければ、いつまでもやっていられますが、面白くないものを集中して続けることはできません。

ただただ苦痛です。眠くなってきてしまってもおかしくありませんね。

宅建の勉強に工夫を加えて、勉強中に眠くなる現象とおさらば‼

宅建の勉強に工夫を加えて、勉強中に眠くなる現象とおさらば‼

宅建の勉強中に眠くなる人も多いのではないでしょうか。

仕事や育児などで忙しいと、疲れて眠くなってしまったり、勉強する気が起きず、難しいテキストに目をやりたくない気持ちが湧いてきてしまっても仕方ありません。

しかし、時間は限られており、宅建の試験範囲は膨大です。効率的にテンポよく勉強することが求められる中、眠いからといって寝ていたのでは合格なんて夢のまた夢…。できれば、眠気に悩むことなく順調に勉強を進めたいですよね。

前述したように、宅建の勉強中に眠くなってしまう現象には、「計画性のなさ」と「宅建の勉強を面白くないと感じていること」が影響を及ぼしている可能性があります。

計画性もなくだらだらと勉強していては、目的意識に欠け、勉強に身が入りません。また、勉強が面白くなければ集中できませんし、長続きしません。

勉強中に眠くなってしまうのも当然です。

では、宅建の勉強中に眠くなる現象を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。以下では、具体的な対処法をご紹介します。

明確なスケジューリングで眠気とおさらば!

宅建の勉強中に眠くなる現象を防ぎたいのであれば、目的意識と宅建合格への意識を高めるためにスケジューリングをしましょう!

スケジューリングは、独学で宅建取得を目指す上での土台となります。独学に必要な勉強時間については、様々な意見がありますが、合格者の方の意見や大手通信講座スクールのサイトを見ると、100時間~400時間の間に分布しているようです。

これらの意見や私の経験から、ここでは最低でも250時間を確保していただきたいと思います。

この数字を目安に、あなたの生活スタイルに合った勉強スケジュールを立てていきます。

自分は一日にどれくらいの勉強時間を確保することができ、最低でも250時間を確保するためには、どれくらいの日数を要するのか、一度計算してみてください。

仕事をしながら宅建の取得を目指す方であれば、「出勤日は通勤時間の30分、休日は2時間を勉強時間とする」としたり、「本試験までは、いつもより1時間早く起きて勉強する」という工夫もできます。

家事や育児でまとまった時間を取ることが難しければ、一度自分の1日の流れを書き出し、すきま時間はないか可視化してみましょう。使える時間を見つけるのです。

※「勉強する時間がない…」勉強する時間がないなら、作りましょう!勉強時間の確保の仕方やすきま時間の作り方についての記事はこちら!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

人によって工夫は様々ですが、明確な勉強時間を確保することは、意識の変化を生みます。

計画性を持って勉強に取り組むことで、「今は、宅建合格に向けて勉強する時間だ」という気持ちで宅建に挑むことができるのです。

時間の使い方にメリハリができれば、だらだらと勉強することがなくなり、勉強中に眠くなるという現象もなくなるのではないでしょうか。

スケジューリングで勉強時間を確保!
☞ 勉強にメリハリをつけて、宅建の勉強中に眠くなる現象を防ぐべし!

※「もっと効率的に勉強したい!」宅建の勉強を効率的に進めるには?こちらの記事では、効率的な勉強方法をご紹介しています!

関連記事

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。 しかし、困ったときにフォロ[…]

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法

勉強方法に工夫を加えて、宅建の勉強を面白くすべし!

宅建の勉強が面白くないと感じてしまうと、集中できずに眠気に負けてしまう可能性が高くなってしまいます。それなら、勉強方法に工夫をし、もっと楽しく勉強しましょう!

宅建対策で勉強すべき内容は、お世辞にも「面白い」「楽しい」と思えるものではないかもしれません。

私は、法学部出身で在学中に宅建を受験しました。民法を専攻する学生でしたので、「権利関係」の勉強は面白いと感じていましたが、税法やその他の不動産取引に関する専門用語には、うんざりすることも多かったです。

誰だって、面白いと思える科目とそうでない科目があります。

また、それとは別に、得意不得意もあります。様々な要素が勉強をスムーズに行えるかどうかには影響しているのです。では、宅建の勉強を面白くするにはどのように工夫すればよいのでしょうか。

まず、自分が面白く勉強できるテキストや問題集を選んでいるかどうかを確認しましょう。

これから購入予定の方も、あなたが「面白い」「勉強しやすい」と思えるテキストや参考書を選ぶようにしてください。

自分の好みの配色であったり、文字の大きさ、図が多いものなど、自分の好みに合わせた本にするだけで、勉強に向かう気持ちも明るくなります。

テキスト選びは、勉強を効率的に進める上でも重要ですが、面白く勉強する上でも重要な役割を担っているといえます。

また、テキスト同様、勉強で使う文房具にも工夫を加えることが可能です。

マーカーやペン、付箋などを自分好みにアレンジすれば、それだけで楽しく思えるものです。新しい文房具を買ったら、すぐに使いたくなりませんか?

テンションやモチベーションアップのためにも、自分が使う道具類に工夫を加えてみましょう。

※「テキストにマーカーって引いていいの?」テキストや参考書には直接書き込んでオッケーなのでしょうか?気になる方は、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「テキストにマーカーって引いていいの?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて勉強の真最中でしょうか?テキストや参考書を読んでいるとき、重要な部分にマーカーや蛍光ペンなどで線を引こうか迷うことってありますよね。 学生のとき、先生に「こ[…]

蛍光ペンやマーカーを、宅建勉強に有効活用!使いすぎには要注意⁉
テキストや文房具を自分好みにして、宅建の勉強を面白く‼
☞自分が読みやすいテキストを選んで、楽しく読み進められるように。文房具を自分好みに買い替えて、モチベーションアップ!

疲れや眠気がひどいときは、思い切って短時間睡眠をとる!

あまりに眠気がひどく、疲れでどうしようもないというときには、思い切って少し休憩しましょう。

疲れや眠気がひどいときには、思い切って小休止を挟む!
☞疲れているのに無理に勉強を続けても、頭に入らず非効率。それなら、少し休憩したり仮眠をとって、勉強にメリハリを!

宅建の勉強に計画性を持たせ、テキストや文房具に工夫をしても、どうしても疲れているときもあります。

勉強時間を確保していたとしても、計画通りにはいかないものです。それに、あまりに根を詰め過ぎると、頭に入るものも入ってきません。

そのようなときには、10分でもいいので、休憩しましょう。

少し仮眠をとると、頭もすっきりします。コーヒーなどでブレイクタイムを取ることもおすすめです。

リラックスできる飲み物や音楽、香りなどを取り入れ、少し休憩してから勉強を再開してみてください。

休憩がメリハリを生み、新たな気持ちで勉強を再開できることと思います。

勉強スタイルに工夫を加えて、宅建勉強中の眠気を防止‼

宅建の勉強中に眠くなるという現象にお困りの方も多いはず。あなたもその1人ではないでしょうか。

独学は、通学や通信講座とは違い、1人で合格を目指すものです。低コストで時間の融通も利く魅力的な手段である一方、サポートしてくれる人間がいるわけでもなく、計画が用意されているわけでもありません。

忙しい中、疲れで勉強する気になれず、思わず眠ってしまいそうになっても、誰も肩を叩いて起こしてはくれないのです。自分で眠気に対処しながら、限られた時間で効率的に勉強を進めるほかないのです。

宅建の勉強中に眠くなるのは、計画性もなくだらだらと勉強してしまっていることや、勉強が面白くないことが原因である可能性があります。

独学での宅建取得に「計画性」は不可欠です。勉強時間を確保し、明確なスケジューリングを行うことで、宅建への意識も高くなり勉強にメリハリができます。

集中して取り組むことができるのです。ですが、計画もなしに進めていては、自分がどこを目指しているのかもよくわかりません。眠気に勝てなくて当然です。

また、「勉強が面白くない」、「わからない」と感じていると、テキストを読むのも億劫になり、眠たくなってきてしまいます。

それならば、まず「計画性」をもって勉強しましょう。

宅建合格に必要な時間を把握し、自分に合ったスケジューリングをするのです。1日に確保する勉強時間がはっきりすれば、勉強にメリハリが生まれます。

また、目的意識も明確になり、「今は勉強時間!」と集中して取り組めることでしょう。

そして、勉強を「面白い」と感じられるような工夫を施すことも大切です。テキストを自分が読みやすいものにしたり、好きな文房具を使ったり。少しの変化でモチベーションアップが図れます。

身の回りの道具にも気を配ってみてください。

また、どうしても疲れて勉強に身が入らない時や、眠くて仕方がないというときには、思い切って小休止を挟みましょう。仮眠を取ったり、コーヒーを飲んだりして、リラックスする時間を作ってみてください。

眠たいのに無理やり勉強しても、頭に入りません。逆に非効率です。短時間の休憩でも、メリハリをつけることができ、また新鮮な気持ちで勉強に取り組めるはずです。

宅建の勉強中に眠くなるという現象は、独学で勉強を進める上で大きな妨げとなり得ます。

しかし、そんな手ごわい眠気も、工夫次第で対処は可能です。上手く眠気と付き合いながら効率的な勉強が続けられれば、一歩も二歩も合格へと近づくはず!あなたの宅建合格を、心より願っています!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG