「宅建て何…?」まずはマンガで下地作り!独学でも宅建合格!!

「宅建て何…?」まずはマンガで下地作り!独学でも宅建合格!!

「宅建ってどんな感じなんだろう…?」そこのあなた、独学での宅建合格を目指し、情報取集の真最中でしょうか?

これから宅建の勉強をしようと思っているけど、一体どのような試験なのかわからないという方も多いのでは?

あなたも、そんな迷子の一人かもしれません。宅建とは、宅建士という不動産取引に関する専門家には必要不可欠の資格です。

ですが、言葉だけで説明されても、いまいちよくわかりませんよね?「一体どのような試験科目があるのか」「勉強方法は?」「宅建業法とか権利関係って何?」宅建は受験したいけど、どのような行動をとればよいかわからないまま、なんとなく勉強するのは不安ですよね。

大丈夫です!宅建へのイメージがぼんやりとしているあなたにぴったりなのが、「マンガ」!!宅建入門用のマンガが、あなたの宅建へのイメージを明確にしてくれるはずです!
以下では、宅建入門用のマンガをどのように活用すべきかご紹介します!

※合格率アップを狙え‼こちらの記事も併せてご覧ください!
▼マンガやテキストを使っても、果たして独学で宅建士に慣れるのか⁉
独学での宅建士への道のりについてご紹介した記事はこちら!是非、ご一読ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

▼独学での宅建攻略法についても知っておいて損はありません!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

マンガを読んで楽しく宅建をイメージ!独学での道のりをしっかり明確に

マンガを読んで楽しく宅建をイメージ!独学での道のりをしっかり明確に

「宅建ってどういう試験?」これから宅建合格に向けて独学で勉強を始めようとしている方の中で、「宅建」というものが一体どのような資格で、取得することで何ができるのか、そもそもどうすれば受かるのか、などということを的確に説明できる人がどれくらいいるでしょうか。

きっと、探す方が難しいですよね。宅建に対するイメージすら、ぼんやりしている人の方が多いのではないでしょうか。

もし、あなたがそうだとしても、何も不安に感じる必要はありません。宅建のイメージがあまりはっきりしていないのであれば、これから明確にすればいいだけのこと!今の時点では、わからなくて当然なのです。

※合格率アップを狙え‼こちらの記事も併せてご覧ください!
▼「独学で宅建の勉強をするなら何から始めるべき?」勉強の順番や、試験科目ごとの優先順位の付け方について知りたい方は、こちらの記事も是非!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

「でも、どうやってはっきりしたイメージにすればいいの?」大丈夫です!これからあなたが独学で宅建士を目指す上で、とても参考になるアイテムがあります。

それが、宅建入門用のマンガです!本格的な勉強に移行する前に、まずはマンガ形式の宅建入門書を読んで、あなたが宅建士を目指す土台を固めちゃいましょう!

以下では、宅建入門用のマンガを読むメリットを、独学で宅建を目指す人の目線からご紹介します。

メリット① 宅建のイメージが明確になる!

宅建入門用のマンガを読むメリットの1つが、宅建に対するぼんやりとしたイメージがはっきりすることです。

小学生や中学生の頃、日本の歴史についてのマンガを読んだことはありませんか?

私は、非常に歴史が苦手です…(どうでもよいのですが汗)。歴史の勉強をしようにも、教科書を読んでも年号や女性なのか男性なのか、はたまた日本人なのか外国の方なのか…とにかくよくわからない言葉ばかりが並んでいて、全くその時代についてのイメージがつかめませんでした。

そんな時、図書室で日本史のマンガを見つけました。マンガでは、絵と台詞で、登場人物や建物、その時代の生活様式などをはっきりとイメージすることができます。

言葉と絵によるイメージが結びつくことで、理解でき、その世界に一歩足を踏み入れたような感覚になるのです。

宅建入門用のマンガも、あなたの、わかりにくくぼんやりとした宅建へのイメージをはっきりさせてくれるはずです。

宅建取得に向けて勉強しようにも、「宅建」というものを知らなければ今一つやる気もでませんよね?

かといって、無理にテキストを手に取ってみても、専門用語ばかりで面喰ってしまい、余計に委縮してしまいかねません。

そうならないためにも、まずは焦らず、マンガを通して「宅建」についての全体像を把握してから、目指すべきところをイメージして自分が宅建士になったときの姿を想像してみてください。

「宅建士とはどのようなものなのか」、「宅建士になるにはどうすればよいのか」など、今、あなたが抱えている疑問を解消してくれるマンガがあるはずです!

【マンガのメリット①】
宅建へのぼんやりとしたイメージが明確になる!
→なんだかよくわからないまま勉強を始めるよりも、目指すべきルートがはっきりとし、不安が解消された状態で勉強を始めることができる。

※合格率アップを狙え‼こちらの記事も併せてご覧ください!
▼「独学って不安だし、そもそも宅建のイメージも湧かない…勉強会とかで教えてもらおうかな…」独学での宅建取得に勉強会はあり?なし?こちらの記事で、勉強会の是非についてご紹介しています!

関連記事

「宅建の勉強会って参加した方がいいのかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて勉強の真最中でしょうか?独学での勉強って、孤独ですよね? 通学や通信講座とは違い、先生がいるわけでもなく、数名が同室で勉強するわけでもありません。低コ[…]

「宅建の勉強会って参加すべき?」独学に勉強会は有効⁉それとも…?

メリット② あなたに最適なスケジューリングがわかる!

宅建入門用のマンガを読むことで、独学で宅建取得を目指す上で最適なあなたのスケジューリングが立てやすくなります。

メリット①でもお伝えしましたが、マンガを読むことによって、宅建の全体像を把握することに役立ちます。「宅建というものがどのようなものなのか」「宅建取得には何が必要か」などのイメージがはっきりするのです。

ということは、あなたが宅建士を目指す上で、どれくらいの期間が必要で、どのような勉強をすればいいのかもイメージすることができるということです!

独学での宅建取得に必要な勉強時間については様々な意見がありますが、私は最低でも250時間が必要だと考えます。

しかし、これもあくまで一般論。実際には、人によって生活スタイルもバラバラですし、背景知識も異なります。

合格に必要な時間など、合ってないようなものなのです。あなたには、あなたに必要な勉強時間というものがあります。でも、宅建についてのイメージがぼやけたままでは、宅建合格までにあなたに何が必要かなどわかりませんよね?

全体像がイメージできるからこそ、どれくらいの速度で歩んでいけばよいのかがわかりますし、何をどう進めればよいのかが見えてきます。

独学で宅建取得を目指す上で重要なのが、「計画性」。

計画性を持って効率的に勉強を進めていくことが非常に重要なのです。でも、何もわからないままでは、計画すら立てることができません。その第一歩を踏み出すために、マンガを読んでイメージを掴みましょう!

※合格率アップを狙え‼こちらの記事も併せてご覧ください!
▼「もっと効率的に勉強したい!」独学での宅建取得をもっと現実に近付けるための効率的な勉強方法とは?

関連記事

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。 しかし、困ったときにフォロ[…]

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法
【マンガのメリット②】
マンガを読んで宅建の全体像を把握し、あなたに最適なスケジューリングを立てる!
→宅建について何もわからないままでは、独学で勉強を進めようにも計画すら立てられない。マンガによって合格という目的までの全体像を把握し、スケジュールを立てやすくする。

メリット③ 理解し辛い専門用語が、マンガの絵と台詞、ストーリーで勉強できる!

マンガを読むことによって得られるメリットとして大きなものは、取っつきにくい専門用語満載の宅建の勉強が、マンガを通して理解しやすくなるということです。

宅建の試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つの分野から構成されています。この4つから、本試験では全50問が出題されるのです。

試験科目 配点
権利関係 14点
宅建業法 20点
法令上の制限 8点
税・その他 8点

宅建は、不動産取引の専門家にはなくてはならない資格です。

したがって、本試験では、不動産取引に関する専門知識の有無が問われます。試験科目名を見ての通り、非常に取っつきにくい内容です。

特に、「権利関係」には、「民法」が含まれています。

民法は、私人間の権利義務関係について定めた法律の根幹をなすものですが、条文解釈や判例法理はかなり複雑なものとなっています。

契約におけるトラブルや所有権の移転など、とにかくイメージし辛い場面がたくさん登場しますので、当事者関係や権利の動きでは、図を描いて事例を想定することが必須になってきます。

しかし、初学者の方には、いきなり図を描くことも難しく、たとえテキストに描かれていたとしても、なかなか理解できない場合が多いことと思います。

ですが、テキストの文字や単なる図では理解しにくいものも、マンガによって物語に変換されているとどうでしょう。

登場人物や背景事情が絵や台詞で描かれており、楽しんで読むことで感情移入もできます。

その事例の裏にある当事者の気持ちを想像することができると、民法が事例解決のための条文を定めた理由や、裁判が下した結論も、より理解しやすくなります。

マンガの強みや、そのストーリー性、絵や台詞による場面想定のしやすさです。これを、宅建の試験勉強に活かさない手はありません!

※合格率アップを狙え‼こちらの記事も併せてご覧ください!
▼わかりにくい「権利関係」も、この記事を読んで少しでも身近な存在に!「権利関係」の勉強方法についての記事はこちら!

関連記事

「権利関係ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、情報収集の真最中でしょうか?それとも、すでに勉強中かもしれません。 宅建には、「宅建業法」と共に重要視される「権利関係」という試験科目があります。多くの人が[…]

「権利関係」の効率的な勉強法をご紹介!あなたも独学で宅建合格‼
【マンガのメリット③】
マンガによって、取っつきにくい試験科目が理解しやすくなる!
→宅建の試験科目は、不動産取引の専門知識を問うものであり、非常に複雑な内容が多い。文字や単なる図では理解できない部分も、マンガを読めば、ストーリーや絵などが助けとなり、一気に理解しやすくなる。

宅建入門用のマンガを読んで、イメージを明確化!あなたの独学第一歩にぴったり!

「宅建ってどういう試験なんだろう…」これから独学で宅建取得を目指そうとしていらっしゃる方の中には、宅建というものが一体どのようなものなのか想像できないという人も多いはず。

あなたも、そんなお悩みを抱えていらっしゃる受験者の1人ではないでしょうか。でも、そんなに焦らなくても大丈夫です。

イメージできないのなら、これからぼんやりしたものをはっきりさせていけばいいだけの話!そして、そのイメージの明確化に役立つのが、宅建入門用のマンガです!

本屋さんやオンラインショッピングのホームページを見ると、テキストや問題集と共に、マンガ形式の入門書が販売されているかと思います。

あくまで入門書ですので、これだけで宅建の勉強を合格に必要なラインまでもっていくことはお勧めできませんが、本格的な勉強の下地作りにはぴったりのアイテムです。

マンガを読むメリットは、大きく分けて3つあります。

まずは、マンガによって宅建の全体像がイメージできるということ。

宅建に対するぼんやりとしたイメージがはっきりすることで、不安を払拭できるはずです。さらに、2つ目は、全体像を把握したことによって独学で宅建勉強をするスケジューリングが立てやすくなるということです。独学には、計画性が欠かせません。

しかし、計画を立てようにも、全体像が分かっていなければ、どれくらいの時間が必要かということや、勉強内容などもわかりませんよね。

そこで、マンガが役立つというわけです。

全体像を把握して、あなたに最適なスケジューリングをしましょう。3つ目のメリットは、マンガの最大の特徴であるストーリーや絵が、取っつきにくい宅建の試験分野の理解を手伝ってくれるという点です。

宅建の試験では、不動産取引の専門知識を有しているかが問われます。

それゆえ、非常に複雑な専門用語や条文解釈などがたくさん登場するのです。テキストや問題集だけでは理解し辛い箇所も多く出てくることと思います。

しかし、そんな分野も、マンガによって物語形式で学べると、とても理解しやすくなるのではないでしょうか。

特に、民法など、事例が多く出題される科目では、マンガの本領が発揮されることと思います。

あくまで入門書であるマンガですが、上手く活用すれば、あなたの独学を後押ししてくれる強い味方になってくれるはずです!ぜひ、活用してみてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG