明日は本番!宅建試験前日にやるべき勉強や過ごし方のポイントは?

明日は本番!宅建試験前日にやるべき勉強や過ごし方のポイントは?

「試験前日は何を勉強すべき?」ついに明日は宅建本番!あなたのソワソワする気持ちが手に取るようにわかります。

試験前日は、「いよいよだ…」という緊張感や不安、自分の力が試されるワクワク感など、様々な感情が次々に襲ってきて、なかなか落ち着きませんよね。

やらなければならない勉強はあるはずなのに、「どうにも集中できない…!」そんなお気持ちで、この記事にたどり着いたのかもしれません。

記事をご覧くださり、ありがとうございます!試験前日は、明日のコンディションに大きく影響を及ぼす大切な1日!

前日の勉強や過ごし方で、あなたの明日が変わる可能性があります。ソワソワするだけなら、この記事を読んでみてください。読み終わった頃には、少し気持ちも落ち着き、宅建本試験の準備も整っているはずです!

以下では、宅建本番に向け、試験前日にすべき勉強や準備などをご紹介します。時間もないことですし、早速取り掛かりましょう!

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を目指すなら、いつから勉強開始すべき?勉強を始める適切な時期はいつ頃?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

宅建試験前日は、「特別な勉強」よりも「通常通り+α」で本試験の準備を整える!

宅建試験前日は、「特別な勉強」よりも「通常通り+α」で本試験の準備を整える!

明日はいよいよ宅建本番!試験前日は、ドキドキソワソワしますよね。

「何か勉強しなければならないのに、何をすればいいのかわからない!」そんな焦りと不安でいっぱいではないでしょうか?

そのお気持ち、よくわかります。

私も当時を思い出すと、今でも何故だか「どうしよう…」と不安な気持ちになります。

あなたは、これまで独学で勉強を積み重ねてきました。明日の本試験では、その成果をきちんと発揮しなければなりません。

そのプレッシャーと、「やっと本番を迎えられる」というある種の安堵感のような感情で、落ち着きませんよね。でも、1日このままソワソワしているわけにはいきません。

では、明日の本試験できちんと実力を発揮するためには、試験前日をどのように過ごせばよいのでしょうか?

何か特別な勉強をしなければならないのでしょうか。もちろん、試験前日だからこそしておかなければならない準備はあります。

しかし、「特別なこと」というよりも、「普段のあなたの1日」に「+α」で試験前日の準備を整えると表現する方が適切かもしれません。

試験前日にすべき勉強や準備は、「➀試験当日の持ち物の準備・確認」「②過去問・予想問題集でアウトプット(重要論点を確認)」「③最新情報の確認」の3つです。では、以下で順を追って見ていきましょう。

➀試験当日の持ち物の準備・確認

試験前日に必ずやっておかなければならない作業が、「当日持参する物の準備と確認」です。

どれだけ完璧に勉強してきても、当日忘れ物をしたり、目的の会場までたどり着けず、肝心な試験そのものを受けられなかったら意味がありません。

宅建試験を受けるということは、試験勉強をして対策を万全にすることだけを意味するのではありません。

試験当日にきちんと会場へ足を運び、指定された席に座り、解答を終えて帰路に就くことで初めて「宅建試験を受ける」という行為が完成するのです。

事前の勉強だけに気を取られ、一番肝心な当日の準備を怠っていては、これまで積み重ねてきた努力が水の泡です。

間違ってもそんなにもったいないことはしないでください!試験に全力投球するために、当日の準備は前日から完全な状態にしておきましょう。

当日の持ち物(必須「○」/任意「△」)

・受験票(○)

当然ですが、受験票は忘れずに持っていきましょう。これに受験に必要な情報が全て記載されています。

試験会場や、集合時間、持ち物、注意事項などが書いてありますので、絶対に忘れないでください。

無ければ受験できません!受験票が届いたら、大切に保管し、試験前日には最初にカバンに入れてください。

・筆記用具(○)

筆記用具も忘れずに持っていきましょう。まず、マークシート記入のために、「HBかBの鉛筆またはシャープペンシル(芯は黒)」を持参してください。

何かあったときのために予備も何本か用意しておきましょう。シャープペンシルの場合は替え芯も忘れずに持参してください。

「消しゴム」は、プラスチック製のものを持参してください。こちらも予備は必須です。試験中の落下や紛失も考えられますので、念には念を。

・腕時計(○)

時刻を確認するために、時計も必須です。ただし、持ち込みが許可されているのは「腕時計」です。

置時計などは認められていません。

また、あくまで目的は「時間を確認すること」ですので、時計以外の機能が付いた多機能な腕時計は止めましょう。ご自身の時計に不安がある場合には、試験監督に確認することをお勧めします。

・お昼ご飯/軽食・飲み物(△)

試験開始は、例年13時です。お昼を挟みますので、できれば昼食は、試験会場近くで食べてから受験しましょう。

試験会場が家の近くである場合には、少し早く家で昼食を済ませて会場へ向かうことも可能ですが、何があるかわかりませんので、試験会場に着いてからお昼ご飯を摂ることが望ましいです。

会場の下見ができていない場合、どのような様子かわかりませんので、片手でも食べやすいものがよいと思います。

また、飲み物は必ず持っておきましょう。試験室内での飲食は原則禁止されていますが、室外での水分補給は認められているかと思いますので、体調管理のためにも行ってくださいね。

・テキスト類(△)

当日の勉強のために、ご自分が普段しようしている使い慣れたテキストや問題集を持参しましょう。

「任意」としていますが、重要論点を確認し、試験に備えて脳みそを切り替えるためにも、教材類は持っていきましょう。

そんなにたくさんは必要ありません。ざっと目を通せば試験範囲が確認できるものが望ましいです。

予め復習したい部分に付箋などで目印を付けて準備しておくとなお良いかと思います。

・その他(△)

その他、持参したい物としては、「常備薬」「眼鏡」「上着」「タオル」「ティッシュペーパー」など、ご自分が普段使用しているもので必要だと思うものを持参してください。

※なお、持ち物については、「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」のホームページに記載がありますので、そちらでもう一度確認してください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
試験当日はどう過ごす?宅建当日は、午前中まであなたの時間!本番で全力を出すには、どのような勉強や準備をすべきなのでしょうか?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建当日って試験までどうしたらいいの?」そこのあなた、試験当日の勉強の仕方や持ち物などについてお困りですか? いよいよ宅建当日ですね! 本当にお疲れ様でした。やるべきことは、全てやり切りましたか? 独学での宅建勉強は大変[…]

ついに宅建当日!試験開始までの勉強の仕方、気構え、持ち物などは?

試験前日は、まず当日に必要な持ち物の準備と確認から行ってください。無くては受験そのものができない事態になる可能性もあります。

勉強ばかりに意識がいき、肝心な準備を怠らないように注意しましょう。

②過去問・予想問題集でアウトプット(重要論点を確認)

試験前日の勉強内容ですが、特別なことは必要ありません。

何故なら、ほとんどの受験者の方々は、本試験直前期にはおそらく問題集や予想問題集でのアウトプット中心の勉強にシフトしているはずです。前日にも、同じことをしていただきたいのです。

試験前日は、過去問や問題集(予想問題集)で2時間という制限時間を設けたアウトプットを行いましょう。いわば、当日の予行演習を行うのです。

試験当日は、ただでさえ緊張します。慣れない会場で知らない人達に囲まれながら試験本番に臨まなければなりません。

試験問題に目を落とした瞬間に頭真っ白…なんてことにならないように、前日からしっかりシミュレーションをしておきましょう。

何度か解いた過去問を1年分解いても構いません。予想問題集を解いても構いません。大切なのは、自分なりに本番の空気感を感じながら、2時間という制限時間内に終わらせるよう心がけること。

もう一度、時間配分や問題を解く順番を確認し、当日に焦ってトチらないようにしましょう。

ただし、「直前だから念のため…」といって、重要論点でもないようなところは見直さないでください。

見直すなら、確実に出題の予想される分野にしましょう。「宅建業法」や「法令上の制限」では、専門知識や複雑な用語・数字も問われましたよね?

そういった部分をもう一度確認し、自分の知識が確実かどうか確かめてください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
迫る本番!試験前の直前期にはどういった勉強を行うべき?詳しくはこちら!

関連記事

「もうすぐ本試験だけど何を勉強すべき?」そこのあなた、すぐそこまで迫る宅建本番に向け、この試験前の直前期に何を勉強すべきかお困りですか? 試験対策の開始時期は人によって様々かと思いますが、何はともあれここまで本当にお疲れさまでした! […]

迫る本番!「大丈夫かな…⁉」宅建試験前の直前期にすべき勉強とは?

試験前日は、何か特別な勉強をしなければならないような気がしますが、実はそうでもありません。あなたは、もうすでに本番に向けた勉強を積み重ね、試験に近づくにつれて時間を意識したアウトプット中心の勉強にシフトしているはずです。

前日も、普段通りにその反復学習を行ってください。

ただし、いつもと変えるのは、「明日は本番だ」という予行演習の意識を強く持つこと。シミュレーションを行うつもりで、問題を解いてみましょう。

③最新情報の確認

もう1つ大切なのが、最新情報の確認です。

法改正や統計問題に備え、もう一度最新の情報をチェックしておきましょう。

特に統計問題に関しては、必ず、毎年出題されます。貴重な1点を逃す手はありません。たかが1点されど1点です。バカにはせず、不動産取引の動向などを確認しておきましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
5問免除って何?一定の条件を満たせば解答が免除される免除科目!「税・その他」の科目内に含まれますが、あなたは免除されるのでしょうか?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建の免除科目って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して情報取集の真っ最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 宅建の試験科目を調べていると、「免除科目」という謎の科目名を目にすることと思います。「免除科目…?何それ?」[…]

「宅建の免除科目って…何?」5問免除の科目と勉強方法をご紹介!

では、ここで、試験前日にやるべきことについてまとめておきます。

試験前日の備え

  1. 当日の持ち物の準備・確認。
  2. 過去問・(予想)問題集で本試験の予行演習。
  3. 最新情報の確認。

宅建試験前日は、当日を意識した勉強と準備で、本試験のための1日にするべし!

いよいよ明日は宅建本試験!これまでのあなたの勉強の成果が試される日がやってきます。

試験前日は気が気でないですよね。

なんだか落ち着かず、ソワソワ…「何か勉強しなければならないのは分かってるけど何をすべきかわからない!」そんな不安でいっぱいではないでしょうか?

そのお気持ち、手に取るようにわかります。

でも、試験前日に1日中ソワソワしているわけにはいきません!せっかくなら、試験前日は、本試験で力を発揮するための準備日として使いましょう。

試験前日にやっておくべきことは、まず「当日の持ち物の準備・確認」です。これまで勉強してきた努力が無駄にならないように、持参すべき物は前日から準備しておきましょう。

必ず持っていくものは、「受験票」「筆記用具」「腕時計」です。その他の持ち物は、ご自分と相談しながらカバンに入れてください。

持ち込みに不安があれば、躊躇せず試験監督に確認すること!また、当日の持ち物については「よくある質問」として「不動産適正取引推進機構」のホームページに記載があります。

そちらも要チェックです。前日の勉強面ですが、特別なことをするというよりも、これまであなたが勉強してきた内容を振り返る形で問題演習をしてください。

おそらく、試験に近づくにつれてアウトプット中心の勉強にシフトしているはずです。

2時間で50問を解くという時間制限も設けて過去問や予想問題集も何度か行っているのではないでしょうか。

前日も、普段通り時間を意識した問題演習を行い、不安な重要論点については振り返っておきましょう。

特別意識すべき点としては、本試験の予行演習のつもりで行うということ。シミュレーションのつもりで解いてみましょう。

そして、法改正や統計問題に備え、最新情報の確認も忘れず行ってください。1点をバカにせず、確実に得点できるように準備しておきましょうね。

試験前日特有の、ドキドキとソワソワ入り混じったあのなんともいえない気持ちは本当に落ち着きませんよね。集中なんてできません。

でも、前日は試験当日のコンディションを整えるために使いたい貴重な1日。あなたらしく試験当日を迎えられるように、しっかり体調も整えておきましょう。健闘をお祈りしています!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG