独学での宅建合格を実現!最短スケジュールを組むなら目安は何ヶ月?

独学での宅建合格を実現!最短スケジュールを組むなら目安は何ヶ月?

「宅建って独学なら最短どれくらいで合格できるの?」そこのあなた、独学での宅建取得をお考えですか?「宅建」は、不動産取引に関する専門知識が問われる国家資格。

取得すると箔が付き、就職や転職、スキルアップにも有利です。何より、自信に繋がります。

持っておいて損はありませんよね!では、独学での合格を目指す場合、最短どれくらいで合格することができるのでしょうか?独学には、「計画性」が必須です。

自己管理能力がなければ勉強を続けることができず、ポキッと簡単に挫折してしまいます。故にスケジュールが欠かせません。最短で合格しようとする場合、どの程度の期間を目安にスケジュールを組めばよいのでしょう。

実は、「最短」は人によって違います。しかし、一応の目安として合格に必要な勉強時間を設定することは可能です。

以下では、最短での宅建合格スケジュールの組み方をご提案します!あなたの「最短」での計画作成にお役立てください!

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建に合格したい!独学での勉強スケジュールを立てるポイントは?どのように計画表を立てればいい?詳細はこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

「独学+最短」で宅建合格!必要なのは「計画性」と「効率化」を貫いた勉強!

「独学+最短」で宅建合格!必要なのは「計画性」と「効率化」を貫いた勉強!

宅建を独学で合格しようとする場合、必ず必要となるのが計画を立てることです。

何故、ここまでしつこく「計画性が必要だ」と言うかといいますと、独学という手段は自己管理能力が命だからです。

通学や通信講座であれば、予め決められたカリキュラムを選び、それに沿った勉強を行います。

教材も用意されますし、通学の場合はもちろん、通信講座の場合でも、わからないところがあれば講師に質問できる手厚いサポートを用意しているところもあります。

しかし、独学ではそうはいきません。勉強の進め方も教材選びも、何から何まで自分で決めていくのが基本です。

確かに、他の2つの手段と比べると、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段なのですが、自由である一方、きちんと自分の宅建対策を管理できなければ簡単にこけてしまう危険性があるのです。

独学の一番の難しさは、勉強それ自体でもなければ、教材選びでもありません。自分を管理することができるかどうかという点です。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建士資格は、独学でも取得可能?通学や通信講座という方法もある中、果たして自力で勉強し、宅建に合格することはできるのでしょうか?詳細はこちらからご確認ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

宅建は、独学でも十分に合格を目指せる国家資格です。

しかし、それはあくまで「計画性」があればの話。巷では、「宅建は簡単だから勉強しなくても大丈夫」などという話も耳にしますが、そんなことは決してありません。

宅建は、簡単でもなければ、勉強せずに取れる資格でもありません。不動産取引の専門知識が問われる国家試験であり、「宅建士」になる上で必須の資格です。

「宅建士」は、家や土地といった高額な商品の契約の際に、弱い立場に置かれる消費者のサポートを担います。「宅建士」としての信頼性を裏付ける証明にもなるのです。

実務で通用する知識を有していることを示す資格が、勉強無しで取れるわけがありません。甘く見ないでください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建は勉強せずに合格できるって本当?いえ、そんなことはありません!真に受けないでください!宅建はそんなに甘い試験ではありませんよ…。

関連記事

「宅建って勉強しないで合格できる試験って本当⁉」そこのあなた、宅建士資格にご興味がおありですか? それとも、すでに独学で勉強していらっしゃるのかもしれません。 情報収集をしていると、宅建について様々な意見が散見され[…]

宅建は勉強しないで合格できる簡単な試験って本当

では、本題に入りたいと思います。

そんな宅建ですが、独学で勉強する場合、スケジュールはどのように立てるべきなのでしょうか?

独学で、しかも最短で取得するならどのようなスケジュールを立て、一体どれくらいの勉強時間を目安に計画すればよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、「独学で宅建に合格できる最短期間」などというものを一概に言うことはできません。

人によって違うからです。生活スタイルやあなたの性格、それこそ暗記のスピードまで、誰一人として同じ人などいないのです。

「最短」というラインが引けないのはそのような理由からです。

ですが、一定の目安となる勉強時間を設定することはできます。

最短で合格するために必要なのは、⑴「合格に必要な勉強時間」を知り、計画を立てることと、⑵無駄を省いた効率的な勉強をすること。

以下では、最短で合格するためのスケジュールの組み方をご提案いたします。

⑴独学での宅建合格に必要な勉強時間から「最短スケジュール」を立てる方法とは?

まず、最短での合格を目指す上で把握しおきたいのが、独学での合格に必要となる勉強時間です。

先述した通り、「最短」がどれくらいの期間になるかは人によって違うため、絶対的な数字を出すことはできません。

「最も短期間での合格を目指す」とは、あなたが宅建合格に必要な対策をどれくらいの時間で終えられるかどうかに左右されます。つまり、あなたが、「合格に必要な勉強時間をどれくらいの期間で確保できるのか」という点によって「最短期間」が変わるということです。

「最短」=「合格に必要な勉強時間」÷「1日に確保できる勉強時間」という式によって導き出されるわけです。

「合格に必要な勉強時間」も人によって様々ですので、「○○時間勉強すれば、絶対合格できます」などと断言することはできません。

先ほども申し上げた通り、人によって生活スタイルも異なりますし、不動産に携わった経験や法的知識の有無にも差があります。合格に要する勉強量も時間も違って当然なのです。

ですが、実際に独学で合格した人の多くが、どれくらいの時間を勉強に費やしていたのかを知ることはできます。

合格者の方々の実体験やスクールなどの意見を参考にすることは、一定の目安を定める上で有効だといえます。

いくら絶対的な数字が出せないとはいえ、スケジュールを組む上で目安は必要です。ですので、この記事でも、それらの情報と私の実体験からスケジュールの基準となる「合格に必要な勉強時間」を定めたいと思います。

ここでの基準は、「250~300時間」です。ある程度、宅建の試験科目に馴染みがある方ならば250時間でよいでしょうし、初学者の方であれば、300時間かそれ以上は必要かと思います。ご自分に合った基準の時間を設定して下さい。

そして、「最短」を左右するのが「あなたが1日に確保できる勉強時間」です。

先ほど、「最短(期間)」は、「合格に必要な勉強時間」÷「1日に確保できる勉強時間」によって導きだされるとお話しました。

つまり、「最短期間」を短くしたければ、「あなたが1日に確保できる勉強時間」を多くすればよいということになります。

同じ300時間を確保するにも、1日1時間勉強する人と、1日3時間勉強する人とでは、後者の方が3倍のスピードで300時間の確保に到達することになります。

1日1時間なら300日、1ヶ月を30日とすると10ヶ月必要ですが、1日3時間であれば100日、つまり3ヶ月半程度です。

どれくらいの期間で取得したいのか、あるいは宅建本試験までどれくらいの猶予が残されているのかなどによって、「1日に確保できる勉強時間」「確保すべき勉強時間」を調整してください。

〈例〉スケジュールの例をご紹介すると…

・仕事をしながら取得を目指す人のスケジュール例。

→初学者で、300時間の確保が必要。

1日の勉強時間は、「平日:起床後30分と帰宅後の1時間で合計1時間半」「休日:4時間」。

つまり、約5ヶ月が必要。

⇒最短5ヶ月で宅建取得(宅建本試験が行われる10月第3日曜日から逆算して5月頃からスケジュールを組めばOK)。

・育児+パートをしながら取得を目指す主婦の方のスケジュール例。

→以前にも法律を勉強した経験があり、250時間の確保で十分。

1日の勉強時間は、すきま時間と夜の1時間で合わせて「1時間半」ほど。

つまり、約6ヶ月が必要。

⇒最短6ヶ月で宅建取得(本試験半年前の4月頃からスケジュールを組めばOK)。

⑴最短スケジュールを立てるには…
「勉強期間」=「合格に必要な勉強時間」÷「1日に確保できる勉強時間」
→この「1日に確保できる勉強時間」を多くすることで、宅建試験までの「勉強期間」を「最短(期間)」にすることができる!

このように、「独学で宅建合格に必要な勉強時間」と「1日に確保できる勉強時間」の2つから本試験までに必要な勉強期間を算出することができます。

この「1日に確保できる勉強時間」を長くすればするほど、宅建までの勉強期間は短くなる、つまり「最短」になるということです。

しかし、気を付けていただきたいのは、勉強期間が短ければよいというわけではありません。宅建までの勉強期間を「最短」にしようとするあまり、無理なスケジュールを立て、1日の勉強時間を長くしたところで、知識が身になっていなければ意味がありません。

スケジュールを立てる上で大切なことは、毎日続けられる計画であり、あなたの生活スタイルに合った現実味のあるものであること。「最短で合格してやる!」という気持ちばかりにとらわれ、現実味のないスケジュールを組んでしまわないように注意してください!

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建に独学で合格するならいつから勉強を始めるべき?スケジュールを立てる上で、最適な勉強開始時期とはいつ頃なのでしょうか。詳細はこちら!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

⑵最短合格に必要な勉強方法とは?

最短での合格を狙うなら、その勉強方法も重要です。

なるべく無駄を省き、効率的な勉強を心がけましょう。

効率的な勉強をして、時間を上手く活用することができれば、スケジュールの短縮にも繋がります。

⑴で確保した勉強時間を最大限に活用するためにも、是非合格に必要かつ効果的な勉強を身に付けてみてください。

効率的な勉強のために活用したいのが、過去問です。宅建は、過去に出題された重要論点が再度登場する確率が高い試験だと言われています。

要するに、過去の試験を分析することで、あなたが受験予定の試験で問われる可能性が高い論点を絞り込むことができるというわけです。

宅建の試験科目は、不動産取引に関する分野から幅広く出題されます。

これらを網羅しようとすると、時間がいくらあっても足りません。

それどころか、本当に必要な論点と不要な論点を分別することができず、合格から遠ざかってしまいます。そうならないためにも、過去問を上手く活用し、合格に必要な重要論点を見極めた勉強をしましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
過去問は、宅建にどう活用する?宅建では、過去問は問題演習に活用するだけでなく、重要論点への絞り込みにも使える優秀なアイテム!過去問の賢い活用方法についてはこちら!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

重要論点に絞り込めば、あとはテキストによるインプットと問題演習を繰り返すのみ。

インプットとアウトプットの繰り返しによる反復学習が効果的です。

ここでやってはいけないことが、インプットに時間をかけすぎてしまうことです。

もちろん、知識のインプットは必要です。しかし、本試験では問題を「解く」ことが必要です。解く力を養うためには、日ごろのアウトプットが欠かせません。

テキストで内容をある程度理解できれば、早い段階でアウトプットに移行しましょう。

アウトプットをすることがインプットに繋がる場合もあります。

むしろ、この2つを繰り返すことで、知識の定着になるのです。

理解できない、覚えられないといってそこで立ち止まってしまうのではなく、試しにアウトプットに移行してみてください。

実際に問題を解いてみると、意外にすんなり理解できることも多いものですよ。

⑵最短合格に必要なのは、無駄を省いた効率的な勉強方法。
→過去問で重要論点に絞り込み、インプットとアウトプットの繰り返しによる反復学習を極める!① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② 過去問で重要論点に絞り込む。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

このように、最短での合格を目指すのであれば、スケジュールに加え、勉強方法も重要な要素となってきます。なるべく無駄を省き、効率的な勉強を心がけましょう。

その際には、過去問による重要論点の絞り込みと反復学習が効果的です。時間を有効に使うためにも勉強方法にも気を配ってくださいね。

▶併せて読めば、合格率アップ!
もっと効率的な勉強方法ってない?自力で勉強していると、自分の勉強に自信が持てなくなってきたり、マンネリ化してきたりするものです。もっと効率的で効果的な勉強方法はないのでしょうか。詳しくはこちら!

関連記事

「もっと効率的に勉強できないかな…」そこのあなた!独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く、とても魅力的な手段ですよね。 しかし、困ったときにフォロ[…]

「もっと効率的に勉強したい!」宅建の効率的な独学勉強法

独学での最短合格に必要なのは、計画性と効率化!「最短」への固執には注意!

独学での最短合格に必要なのは、計画性と効率化!「最短」への固執には注意!

独学で宅建取得に向けて勉強する場合、最短どれくらいで合格できるのでしょうか?

スケジュールを組む上で、「最短」で合格を目指せるのなら、それに越したことはありませんよね。ですが、残念ながら宅建受験者全員に共通する「最短期間」を提示することはできません。

なぜなら、個々それぞれが違った生活スタイルを持ち、不動産に関する知識、法律の学習経験の有無、暗記スピードもなど違うからです。

違った背景を持つ人たちが同じ期間で合格できるわけがありません。

それぞれが、それぞれに合った勉強期間で合格を目指すしかないのです。

しかし、あなたにとって最短期間で宅建合格を目指すため、目安となる勉強時間を設定することはできます。

それが、「合格に必要な勉強時間」です。その設定において、実際に独学で合格した人がかけた勉強時間は参考になる情報の1つです。

通信講座を提供するスクールなどの意見も参考になります。それらを参考に導きだされる、「合格に必要な勉強時間」は「250~300時間」です。

ご自分の学習経験や試験科目の得意不得意などから、適切な基準を設定してください。

そこに、あなたの「1日に確保できる勉強時間」という判断材料を加え、勉強期間を割り出します。

つまり、「勉強期間」=「合格に必要な勉強時間」÷「1日に確保できる勉強時間」という公式が成り立つのです。

そして、「勉強期間」を短くしたいのであれば、「1日に確保できる勉強時間」を長くとればよいということになります。

しかし、ここで気を付けていただきたいのが、「最短にすればよい」という気持ちが先立って、現実味のないスケジュールを組んでしまうことです。

独学では、コツコツ毎日勉強することが大切です。あなたの生活スタイルに合った、現実味のあるスケジュールを立てましょう。

最短での合格を目指す上では、勉強方法も重要です。

なるべく無駄を省いた効率的な勉強をしましょう。

そのためには、過去問の活用が欠かせません。過去の重要論点を絞り込み、必要最小限の頻出分野に論点を当てた勉強を心がけてください。インプットとアウトプットの繰り返しによる反復学習が効果的です。

「最短」という受験者全員に共通する勉強期間を導くことはできませんが、あなたにとっての「最短合格スケジュール」を立てることはできます。

ご自身に必要な勉強時間を把握し、効率的な勉強を心がけることで、独学での最短合格を実現させてくださいね!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG