迫る本番!「大丈夫かな…⁉」宅建試験前の直前期にすべき勉強とは?

迫る本番!「大丈夫かな…⁉」宅建試験前の直前期にすべき勉強とは?

「もうすぐ本試験だけど何を勉強すべき?」そこのあなた、すぐそこまで迫る宅建本番に向け、この試験前の直前期に何を勉強すべきかお困りですか?

試験対策の開始時期は人によって様々かと思いますが、何はともあれここまで本当にお疲れさまでした!

本番まであともう少しですね!残り少ないこの試験前の期間、一体どのように過ごせばよいのか迷ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

これまで通りの勉強でよいのか、それとも、何か特別な対策が必要なのか…。独学は、カリキュラムなどもなく、誰かが指示を出してくれるわけではありません。悩んで当然です。

結論から申し上げますと、試験前の直前期は「追い込みの時期」などと称されますが、この期間で大切なのは、これまでの勉強の成果を本試験で発揮できるように最終調整すること!本番に向けて意識を高めていく時期です。

以下では、宅建試験前の直前期にすべき勉強内容をご紹介いたします!

▶併せて読めば、合格率アップ!
「そもそも宅建は独学で合格可能な試験なの?」独学でも宅建士になることは可能なのか、その答えはこちらの記事でお確かめください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

▶併せて読めば、合格率アップ!
「宅建って勉強しないで合格できるって聞いたんだけど…」いいえ、それはちょっと違います…。宅建はそんなに甘くありません!その噂の真偽については、こちらの記事でご紹介しています。

関連記事

「宅建って勉強しないで合格できる試験って本当⁉」そこのあなた、宅建士資格にご興味がおありですか? それとも、すでに独学で勉強していらっしゃるのかもしれません。 情報収集をしていると、宅建について様々な意見が散見され[…]

宅建は勉強しないで合格できる簡単な試験って本当

本番目前!試験前の直前期は、日々の勉強を本番に向けて微調整する大事な時期!

本番目前!試験前の直前期は、日々の勉強を本番に向けて微調整する大事な時期!

宅建の本試験まであともう少し!差し迫ったこの試験前の直前期には、何をどう勉強して本番に臨めばよいか迷ってしまう方も多いはず。

通学や通信講座であれば、予め「こうすれば大丈夫!」というカリキュラムが用意されていたり、指示をくれる第三者がいるものですが、独学となればそうはいきません。

独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段である一方、自己管理能力がなければ到底合格などできない難しい方法でもあります。

「何を、いつ頃、どのように勉強するか」を決めるのは、他でもないあなた自身です。

「なんとなく」というその場のノリで勉強していては、「自分の勉強がどれくらい進んでいるか」、「あと何が必要か」などが把握できずに試験本番を迎えてしまい、もう一年同じ勉強を繰り返すはめになるかもしれません。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「宅建試験に独学で合格するなら、まず何から手を付けるべき?」独学で合格を目指すなら、勉強の順番や科目による優先順位の付け方を踏まえ、しっかりとした計画を立てましょう!何から始めるかお困りの方は、是非、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

そうならないためには、「計画性」が何よりも重要です。宅建合格という目標に向け、しっかりとしたスケジューリングを行い、ルートをしっかり設定しておくことが大切なのです。

それは、この試験前の直前期でも同じ。ここでどのように勉強し、試験本番を迎えるかで結果は大きく変わります。本番でこける前に、試験目前の今だからこそ、この時期の重要性を理解し、何をすべきか計画を立てましょう。

今からでも遅くはありません!

以下では、この試験前の直前期はどういった過ごし方をすべきかお伝えいたします。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建取得を独学で目指すなら、計画性が不可欠!あなたの最適な勉強の開始時期はいつ?スケジューリングのスタート地点を設定するには、こちらの記事を是非ご一読ください!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

①これまで継続してきた勉強内容を変える必要はない!

宅建の本試験が迫った時期だからといって、基本的な勉強内容を変える必要はありません。

何故ならば、あなたがコツコツ積み重ねてきた勉強は、本試験のための勉強以外の何物でもないからです。

試験本番で力を発揮するために、宅建合格に必要な知識を学習してきたのですから、その学習内容をがらりと変えて、全く違うテキストを買ったり、問題集を変えたりする必要はないのです。

逆に直前期でこれまで使っていた教材を変えたりしてしまうと、情報に翻弄されたり、異なった記述方法に戸惑ってしまい、試験直前の大切な時期に要らぬ不安を招いてしまいかねません。

私の他の記事をご覧くださっている方はご存知かもしれませんが、私がおすすめしている独学での宅建勉強方法は、インプットとアウトプットの繰り返しです。

テキストで試験科目の内容を一通り確認した後、本格的にインプットの段階へ移ります。一気に全部やろうとはせず、試験科目ごとにインプットをするようにしましょう。

さらに、試験科目内でも、細かく1項目ごとに分け、小さなアウトプットを挟むようにすると効果的です。

この時点で完ぺきに暗記や理解ができなくても大丈夫です。宅建試験では、過去問の出題傾向に慣れ、問題を解くことに慣れることが大切ですので、あまりインプットに時間をかけず、1科目インプットが終われば、アウトプットに移りましょう。

そして、アウトプットで知識の定着度合いを確かめながら、インプットとアウトプットを繰り返します。

アウトプットで微妙な部分やわからないところは、テキストに戻って確認する、そしてまたアウトプットをする…。1科目ごとにインプットとアウトプットの繰り返しをしながら、どんどん勉強を続けましょう。

ですので、前の科目のアウトプットと、あとの科目のインプットが重なることは必ずあります。頭がこんがらがらないように気を付けながら進んでいきましょう。

インプットとアウトプットを繰り返し、重要論点を効率的に頭に入れること!

① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。

この流れを、最低5回以上は続けたいところです。

ですので、このインプットとアウトプットの繰り返しを、直前期になって急に終える必要はありません。

本試験は、いわば最後のアウトプットの場。いつもの訓練を思い出しながら、そのままの流れに乗っていけるようにすることが大切なのです。

急に止めたり、勉強に迷いを持ったりしないで、自分を信じて進んでください。

②勉強の流れは変えず、意識と時間配分は本試験に対応させるべし!

①において、宅建の本試験前の直前期だからといって、これまでの勉強の流れを急に変える必要はないとお伝えしました。

しかし、意識の面では、本試験へ向けて高めておく必要があります。本番の緊張感や時間の制約などは意識しながら勉強しましょう。

普段の勉強内容を変える必要はないが、意識と時間配分は本試験に向けて整えていくこと。

具体的には、アウトプットの際に本番と同じ時間配分を意識してみることなどが挙げられます。

普段の問題集や過去問を解く際に、50問2時間以内に解くという点を気を付けながら演習を行うとよいでしょう。

タイマーや時間を見ながら、本試験の感覚を身に付けていくのです。

これだけでも、本試験での落ち着き方が変わるはずです。

ただでさえ、場所や周りの人たちが普段と違う中で試験を受けることになります。そんな中、時間に追われてしまっては、余計に焦ることになりパニックです。

普段の問題演習から、本番の時間配分を意識することで、不安要素を1つでも取り除いておきましょう。

このように、これまでの勉強内容をがらりと変える必要はありません。

しかし、本試験は確実に近付いています。本番に落ち着いて臨むことができるように、意識と問題を解く時間配分には気を付けながら勉強するようにしましょう。

③法改正や統計問題など、最新情報をチェック!

もう1つ、忘れてはならないのが、法改正や統計問題などに必要な最新の情報をもう一度確認しておくことです。

法改正に関しては、本試験が行われる年度のテキストならば、法改正に対応しているものがほとんどだと思いますので、その教材で確認しておきましょう。

統計問題に必要な最新情報は、大手通信スクールなどがサイトに掲載するはずですので、そちらで不動産についての動向を確認しておくことをお勧めします。

法改正や統計問題など、直前期に確認すべき点をチェック!

勉強方法は変えずとも、直前気にしか確認できないこと、変更する可能性のあるところが出てくるかもしれませんので、見逃さないように注意しましょう。

宅建試験前の直前期は、本番へ向けてこれまでの勉強を整えていく時期!

「もうすぐ本試験だけど、勉強内容とかどうしよう…」本試験直前の時期になり、これまでの勉強内容を変えるべきか、何か特別なことをすべきかお悩みの方も多いはずです。

独学では、誰かが指示してくれるわけでもなく、予想の模試などが用意されているわけではありません。

自分で計画性を持って勉強する必要があります。

迷って当然です。実は、本試験前の直前期だからといって、これまでの勉強方法を急にガラリと変える必要はありません。

何故ならば、あなたが積み重ねてきたものは本番のシミュレーション以外の何物でもないからです。

急にテキストや問題集を変え、情報に翻弄されたり不安を招いてしまうことのないようにしましょう。

これまでの自分の勉強を信じて、インプットとアウトプットの繰り返しをコツコツ続け、地盤を固めていきましょう。

とはいえ、本試験は確実に近づいています。意識と時間配分はきちんと合わせていくべきです。

本番の会場では、いつもとは違った環境と人に囲まれることになります。ただでさえ緊張し、頭が真っ白になってしまうかもしれません。

不安要素を取り除くためにも、50問を2時間で解くという癖をつけておきましょう。そして、忘れてはならないのが、最新情報のチェックです。法改正や統計問題に必要な情報は必ず確認しておきましょう。

以上では、試験前の直前期の過ごし方について確認しました。

基本的には、あなたがこれまでコツコツ積み重ねたものを信じて、本試験に挑んでください。すべきことは、意識を高めることと、時間配分をきちんと身体に覚えさせること、そして最新情報のチェックです。

本番まであともう少し!検討をお祈りしております!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG