独学で宅建に合格するには何ヶ月必要?勉強期間はどれくらい?

独学で宅建に合格するには何ヶ月必要?勉強期間はどれくらい?

「スケジュールの目安は何ヶ月くらい?」そこのあなた、お悩みですか?

独学での宅建取得を目指し、情報収集の真最中かと思います。独学は、時間に縛られることもなく、非常にリーズナブルな手段ですよね。

しかし、自由である一方、勉強方法から教材選びなど何から何まで自己責任。

沿うべきカリキュラムもなければ、誰かに質問できるわけでもありません。独学では、自己管理能力が常に試されているのです。

したがって、「計画性」が何よりも大切。では、独学で宅建に合格するためには、どれくらいの勉強期間が必要なのでしょうか?

目安は何ヶ月程度なのでしょう?結論から申し上げますと、合格に要する期間は、人によって異なります。生活スタイルも得手不得手も皆違うのです。

あなたに必要な勉強期間を見積もって、予定を立てましょう。

では早速、あなたに合った期間で計画を立てる方法をご提案させていただきます!

是非、計画作成の参考にしてみてください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を実現させるなら、どのようなスケジュールにすべき?効率的に勉強するための計画を立てるには?詳細はこちらの記事からご確認ください!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

独学なら、あなたに合った勉強期間で宅建合格を実現!あなたは何ヶ月?

独学なら、あなたに合った勉強期間で宅建合格を実現!あなたは何ヶ月?

この記事をご覧になっているあなたは、通学でも、はたまた通信講座でもなく、「独学」という手段で宅建取得を志していらっしゃることと思います。

独学での受験勉強を選択する理由は人それぞれですが、やはり金銭的理由や時間的理由が最も多いかと思います。

しかし、独学は、何から何まで自分で管理しなければならず、非常にリスキーな手段でもあります。常に自己管理能力が求められているのです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建士になることはできる?不動産取引の専門家として消費者をサポートするのが宅建士。独学でも宅建士資格の取得は可能なのでしょうか?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

私は大学在学中に宅建を取得しようと決心し、独学という手段での勉強を選択しました。

理由は、単純です。

「お金がない…」そして「学校に通うのも面倒臭い…」。

ただそれだけでした。学校も通信講座も、金銭的余裕のない学生にとっては選びにくい手段です。

それに、アルバイトや大学のゼミ、期末テストとの両立を考えると、時間的に縛りを受けるのも何かと厄介だったのです。

それに比べ、独学なら自由です。本屋さんに行けば、「宅建」と名の付くテキストがたくさん並んでいます。

問題集も豊富で、どれを選べばよいかわからないほど…。そうなんです。

独学の最大のメリットでもあり、弱点でもあるのが、この「なんでも自分で決めることができる」という点だったのです。

自由であるということは、それだけ選択肢も広く、何を選べば合格できるのかわからないのです。私は、この実体験から「独学の難しさ」を知りました。

そして、「何が自分に合っているのか」という迷いは、まさに自己管理能力が問われる場面です。

「計画性」をもって勉強を進めなければ、宅建に合格することが難しいことは百も承知なのです。

しかし、誰かにアドバイスを求められるわけではないので、スケジュールを考える際にもどうすればよいのかわからないのです!

あなたも、まさにこのような状態ではないでしょうか?(決めつけてしまって申し訳ございません…。)

「独学で勉強する場合、どれくらいの期間を目安にスケジュールを立てればいいのか」「何ヶ月前から勉強を始めるべきなのか」という冒頭の質問に戻りますが、結論から申し上げますと、あなたに必要な勉強期間を目安にしてください。

人によって生活スタイルも持っている知識や経験もバラバラです。

合格に必要な期間が違って当然なのです。でも、具体的にスケジュールを立てるなら、自分に合った期間を割り出すための基準が必要になりますよね。

そこで、独学で宅建合格を目指す場合には、どれくらいの期間で勉強スケジュールを立てるのが一般的なのか、以下でご紹介していきたいと思います。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の勉強はいつから始めるべき?独学で合格したいなら、勉強開始時期はいつが最適?詳細はこちら!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

⑴ 一般的に必要な勉強期間はどれくらい?

では、独学で宅建に合格するには、どれくらいの勉強期間が必要なのでしょうか?

この点に関しては、様々な意見があります。

合格者の方には、短い方だと2週間や1ヶ月という方もいらっしゃいますし、1年間かけてじっくり勉強したという方もいらっしゃいます。

大手通信スクールで講座を受講した方の声をみると、3ヶ月~半年間のカリキュラムで合格した方、10ヶ月で合格した方など、本当に様々です。時間にすると、100~400時間の間に多く分布しているようです。期間にして半年間から10ヶ月あたりかと思います。

「一般的には」と言いましたが、要するに明確なラインなど引くことはできないということです。受験者の方々は、皆それぞれ生活スタイルも性格も異なります不動産に関わった経験の有無も異なります。

全く同じ背景の人たちが受験するわけではありませんので、勉強期間が違って当然です。

それは、あなたが受験する場合も同じです。あなたには、あなたに必要な勉強期間があります。

「多くの人が合格した期間をかけたから絶対に合格できる」というわけでもありませんし、期間が短ければ落ちるということも言えません。「絶対」など存在しないのです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
短期間でも宅建合格は可能?どうしても準備が間に合わず、もうこんな時期…本試験に近い時期から勉強を始めても、合格はできる?真相はこちら!

関連記事

「こんなに短期間で合格できる?」そこのあなた、お困りですか?独学での宅建合格を目指し、スケジュールを立てようとなさっていますね? ただ、本試験まであと数ヶ月…。お世辞にも、時間的に余裕があるとはいえません。 独学は、低コストかつ[…]

独学で宅建士へ!短期間で合格するためのスケジュールの立て方とは?
⑴独学で宅建に合格するために必要な勉強期間は?
→時間にして「250時間から300時間」
→期間にして「半年間から10ヶ月間」
※初学者の方は、300時間を10ヶ月ほどかけて勉強することを推奨(注意点は事項確認)。

しかし、スケジュールを立てる上で一定の目安が必要になることも事実です。

計画を立てるならば、必要な勉強時間は把握しておかなければなりません。

そこで、ここでもスケジュールを立てる上での基準を設けたいと思います。

基準は、時間にして「250~300時間」、期間にして「半年~10ヶ月間」としたいと思います。

これは、先述した合格者の方々の勉強時間やかけた日数、大手通信スクールのサイトに掲載された勉強期間などを勘案し、私の費やした期間も考慮した場合の基準です。

さらに、法律に親しみのない初学者の方ならば、「300時間」は確保していただきたいと思います。

期間としては、多めに10ヶ月ほどでしょうか。

1年間かけていただいても構いませんが、スケジュールを立てる際にも気を付ける点がいくつかありますので、その点に関しては事項⑵でご説明いたします。

このように、独学で宅建に合格するために必要な勉強期間について、様々な意見が散見されます。絶対に合格が保障できるラインなど存在しません。

しかし、スケジュールを立てる上では、一定の基準を設けることが必要です。

そこで、あえて基準を設けるとすれば、ここでは「250時間から300時間」期間にして「半年間から10ヶ月間」としたいと思います。

この基準を基に、事項では、あなたに必要なスケジュール、あなたが合格するための勉強期間を算出したいと思います。

⑵ あなたに合ったスケジュールは何ヶ月?

では、あなたに合ったスケジュールとはどのようなものなのでしょうか?

どのように計画を組んでいけばよいのでしょうか?早速、具体的にスケジュールの立て方を見ていきましょう。

あなたに合ったスケジュールを立てる際、目安となるのが、

⑴でお伝えした「250時間から300時間」「半年間から10ヶ月」という数字と、そしてもう1つが「あなたが1日に確保できる勉強時間」です。

この2つの時間からスケジュールを組んでいきます。

つまり、基準となる250時間から300時間を本試験までの間に確保するには、「あなたの生活スタイルからすると何ヶ月必要か」を割り出していくのです。

それが、具体的なスケジュールの組み方になります。必要な勉強期間がはっきり言えないのは、生活スタイルの違い、すなわち「1日に確保できる勉強時間」が人によって違うからです(ただし、「本試験まであと○○ヶ月しかない!」という場合には、「確保できる時間」ではなく、「確保すべき勉強時間」になりますので、ご注意ください)。

例えば、あなたが会社員かつ法律に関して初学者であったとしましょう。

⑴の基準となる時間は「300時間」になります。そして、1日に確保できる勉強時間は、「通勤時間の30分と帰宅後の1時間、休日の2時間30分」だとします。そうすると、300時間の確保には、「半年間/6ヶ月」要するということになります。

あるいは、あなたが主婦の方で、ある程度法律の知識がある方だと仮定すると、⑴の時間を「250時間」とします。

そして、育児に追われる中、1日に確保できる勉強時間はすきま時間を合わせて「1時間」です。

そうすると、250時間の確保には「9ヶ月」要する計算になります。

このように、基準となる数字「250時間から300時間」と「あなたが1日に確保できる勉強時間」から、何ヶ月のスパンでスケジュールを組むべきかを割り出します。

注意点は、あなたがどれくらいの背景知識があるかを把握すること(初学者なのか少しはかじったことがあるのか)、そして毎日勉強を続けることができるスケジュールを組むことです。

⑴で、「1年間ほどかけてもよいが注意点がある」と述べましたが、その注意点とはまさにこのこと。

1年間というと期間的にはかなり余裕がありますが、中だるみしてしまう可能性が否めません。毎日続けるためには、長すぎるスケジュールは逆に心配です。

もし、それでも1年間で計画を立てたいという場合には、抑揚のある計画を立てましょう。途中で飽きてしまわぬように、ペース配分に気を付けながらスケジュールを組んでください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
1年間で宅建本試験までの勉強スケジュールを組む場合は、どのような計画にすべき?1年間を見込むなら、イメージはフルマラソン!走りきるためには中だるみしないようにすることが大切です。スケジュールのコツはこちら!

関連記事

「宅建まであと1年あるけど、スケジュールどうしよう。」本試験まで丸1年!とてもキリの良いタイミングですが、この1年間を、宅建の勉強にどのように活用すればよいか迷いますよね。 自己管理能力が問われる独学において、スケジュールはとても大切[…]

本試験まで1年!宅建に合格するための1年間勉強スケジュールとは?
⑵あなたに合ったスケジュールは何ヶ月?
→⑴の基準「250時間から300時間」と「あなたが1日に確保できる勉強時間」から、本試験まで何ヶ月必要かを算出する。
→注意点は、毎日続けられるスケジュールを組むこと。(中だるみは要注意!)

このように、あなたに合ったスケジュールとは「250時間から300時間」という勉強時間の目安と「あなたが1日に確保できる勉強時間」から換算すると、「本試験までに勉強期間が何ヶ月必要か」ということです。

注意点は、ご自分が宅建試験を受ける上で初学者なのかどうかを把握することと、毎日続けられる勉強スケジュールにすることです。

もちろん、1日に確保できる勉強時間は、あなたの生活スタイルに合わせた時間でよいのですが、工夫もしてください。宅建の試験範囲の中で重要論点を頭に入れるためには、集中して勉強することも求められます。

自分に甘すぎる計画では、スケジュールが完成しても合格とは無縁になってしまう可能性があります。様々な点に考慮しながらスケジュールを組んでみてください。

独学で宅建合格!勉強期間は自分次第!あなたは何ヶ月で合格を目指す?

「何ヶ月くらいを目途に勉強したらいいんだろう?」独学で宅建合格を目指す場合に最初に行うべきことは、スケジュールを組むことです。自力で宅建という幅広い知識が問われる国歌試験に挑むのです。

常に自己管理能力が問われていることを忘れてはなりません。

では、一体どのくらいの期間を見積もって勉強すべきなのでしょうか。

結論から申し上げますと、絶対に合格できる勉強期間など存在しません。人によって得手不得手も生活スタイルもバラバラです。パンっと一定の数字を叩き出せるわけがないのです。

ですが、スケジュールを立てる上で一定の基準は必要です。ですので、一般的に合格に必要だと言われている時間を基に、ここでは「250時間から300時間」期間にして「半年間から10ヶ月間」を一定の目安として設定したいと思います。

これを基に、あなたに合ったスケジュールを組んでいきます。

そこで、もう1つ必要な時間の基準が、「あなたが1日に確保できる勉強時間」です。

あなたの生活スタイルから、どれくらいの勉強時間が確保できるかということです。

この2つの数字から、「本試験までにどれくらいの期間をかけて勉強すればよいか」、「何ヶ月でスケジュールを組むか」が決まるのです。注意点は、あなたが宅建試験に対して全くの初学者なのか、それともある程度の背景知識を備えているのかを把握すること。

そして、どのような期間であれ、毎日勉強を続けることができるスケジュールにすることです。

いくら長期間でスケジュールを組んでも、中だるみしてしまっては意味がありません。

ご自分の性格とも相談しながらスケジュールを組んでください。

独学に、「計画性」は必須です。

しかし、いざスケジュールを組むとなると、自由度が高すぎて戸惑ってしまうことも少なくありません。

そんなときは、この記事でご紹介した2つの時間基準から、ご自身に合ったスケジュールを組んでみてください。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG