宅建対策には最適な期間⁉半年間での勉強スケジュールの立て

宅建対策には最適な期間⁉半年間での勉強スケジュールの立て方とは?

「半年で宅建に合格するためのスケジュールのコツって何かある?」そこのあなた、スケジュールの立て方にお困りですか?宅建本番まであと半年!

切羽詰まっているわけでもなく、余裕があるというわけでもありませんね。

「独学でしかも半年だけ…?」と不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

でも、大丈夫!宅建は、ポイントさえ押さえれば、半年間の勉強でも十分に合格できます。

そのポイントとは「計画性」!独学では、1人で全てを管理していかなければなりません。

自己管理能力がなければ、不合格まっしぐら…。

だからこそ、スケジュールが必要不可欠なのです。

スケジュールさえしっかりしていれば、「半年」は、グッと集中して勉強できるちょうどよい期間といえるかもしれません。合格のコツは、勉強時間の確保とスケジュールに沿った反復学習!

では、半年で宅建合格を目指す勉強スケジュールの立て方について、一緒に確認していきましょう!

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建士を目指す場合、どのようなスケジュールを立てればよいのでしょうか?あなたに合った計画作成案についてはこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

半年で宅建合格!スケジュール作成のコツは、適切な勉強時間の確保と勉強内容!

半年で宅建合格!スケジュール作成のコツは、適切な勉強時間の確保と勉強内容!

宅建本試験まであと半年!6ヶ月という数字にすると、スケジュールを立てるなら、まだまだ余裕があるような気がします。

しかし、油断は禁物です。もちろん、切羽詰まった状況下ではないですが、ものすごく余裕がある時期でもありません。

そういった意味では、宅建の勉強を始める時期としてはもってこいかもしれませんね。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の最適な勉強開始時期はいつ?独学で宅建合格を目指すなら、いつから勉強を始めるべきなのでしょうか。スケジュールのスタート地点の設定方法はこちら!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

とはいえ、どれだけ時間があっても合格できるかはあなた次第。独学で合格を目指すなら、骨組みのしっかりとした計画を立てる必要があります。

独学は、低コストかつ時間の融通の利く魅力的な手段です。

しかし、自由である一方、何から何まで自分で管理しなければならない難しさを伴います。

自己管理能力がなければ、合格など夢のまた夢。勉強を本格的に始める前に、スケジュールをしっかりと立て、半年間はそれに沿ってコツコツ勉強していきましょう!

では、半年間で合格を目指すための効果的なスケジュールの組み方とは一体どのようなものなのでしょうか?ポイントは3つ!

最適な勉強時間を確保し、半年の間、いつ頃、どういった勉強をするのかを押さえることが重要です。

では、以下で具体的にスケジュールの立て方をご提案していきます!

▶併せて読めば、合格率アップ!
そもそも独学で宅建士になることはできるのか?宅建は、独学でも十分合格可能な試験!自力で宅建士になる方法についてはこちら!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

ポイント① 1ヶ月で約50時間の勉強時間を確保!

まず、スケジュールを立てていく土台として、半年間で宅建合格を目指す場合には、どれくらいの勉強時間を確保すればよいのかを知っておきましょう。

「宅建合格に必要な勉強時間」を知り、「あなたが1日に確保すべき勉強時間」を算出することで、スケジュールの骨組みができます。

「宅建合格に必要な勉強時間」については、様々な意見があります。合格者の方の意見や大手通信講座スクールの意見をまとめると、おおよそ100時間から400時間の間に分布しているようです。

「合格に必要な勉強時間」と表現していますが、一概に「これだけ勉強すれば絶対に合格できます!」という数字を出せるわけではありません。

生活スタイルも有する知識・経験も、人によってそれぞれです。合格に必要な勉強時間も、一人一人違って当然なのです。

ですが、スケジュールを立てていく上では一定の目安が必要となります。独学で勉強するなら、スケジュールを立てて計画的かつブレずに本試験まで進むことが必要なのです。

また、実際の合格者の方がどれくらいの時間を勉強に費やしたのか、1つの情報として知っておいて損はありません。

このような理由から、この記事でも一定の目安として、半年で宅建合格を目指す上で必要な勉強時間を設けたいと思います。

その必要な勉強時間とは、合格者の方や大手通信講座スクールの意見、私が実際に費やした時間などから最低でも250時間~300時間は確保していただきたいと思います。

半年間での宅建合格を目指すならば、できれば300時間確保していただきたいところです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
今や、私たちの生活に欠かせない存在となったスマホやネット!これらを使えば、すきま時間も無駄にせず、勉強することができるのです!その活用方法については以下の記事をご覧ください!
・「スマホ」の活用方法についてはこちら!

関連記事

「スマホって勉強に使えないかな…?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して、勉強の真っ只中でしょうか?独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な資格取得の手段ですよね。 でも、独学で勉強する場合、「宅建勉強マ[…]

スマホを味方に、独学で宅建合格!スマホを勉強に活用するには⁉
・「ネット」の活用方法についてはこちら!
関連記事

「宅建の勉強にネットってどう活用すればいいんだろう?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集の真最中でしょうか。それとも、すでに勉強中かもしれません。 今や、私たちの日常生活において、インターネットが果たす役割は計り知れない[…]

宅建勉強にネットはどう使う⁉ネットを上手く活用して独学成功へ!

ここから、「あなたが1日に確保すべき勉強時間」を算出しましょう。

半年間で250時間~300時間を確保するならば、単純計算で1ヶ月で約50時間を確保していただきたいと思います。

1週間で12時間半ほどということになりますね。

忙しい中、勉強時間を確保するのは難しいかもしれませんが、ここは工夫あるのみです!

例えば、「仕事がある日は、通勤時間の30分と帰宅後の1時間勉強して、休みの日は2時間半勉強する」と決めたり、「1日2時間勉強する!」と決めることも可能です。

個人的なおすすめは早起きです!「本試験まではいつもより1時間早起きする」と決めると、勉強がルーティン化しますので、だらけることもありません。

工夫を凝らして勉強時間を確保し、あなたに必要な勉強時間を確保しましょう。

【ポイント①】
「宅建合格に必要な勉強時間」と「あなたが1日に確保すべき勉強時間」から、あなたに適した半年間での勉強スケジュールを立てる!
→1週間で12~13時間以上、1ヶ月で約50時間の勉強時間を確保すべし!

ポイント② 試験科目による優先順位を参考に、時間の配分比率を決める!

宅建合格を半年で目指すための勉強スケジュールの骨組みが決まれば、次は勉強をどのように進めていくかを決めていきます。

宅建の試験科目は、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つに分かれています。

土地や建物の取引に関連のある非常に幅広い分野から出題がなされ、法律や建物建てる際に遵守すべき基準など、複雑で専門的な知識が多く、初学者の方にはとっつきにくい分野ばかりです。

ですが、宅建士資格は、不動産取引の専門家として消費者のサポートを行う宅建士として必要な知識を備えていることを証明するものであると考えると、専門性が高い試験内容でも納得できますね。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

各試験科目の配点分布は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」となっています。

合格点は、例年31~37点の間に分布しており、50点のうち約7割以上得点することができれば、合格の可能性があるということです。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

よって、確実な合格を狙うのであれば、試験全体で38点はとっておきたいところです。ここから、試験での配点分布や対策の難易度を考えると、各試験科目での目標点は、「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」が妥当なところかと思います(宅建業法は18点~満点を目指してもよい科目です)。

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

試験での配点分布や目標点を考えた場合、私がおすすめする勉強の順番は、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」です。

権利関係は、暗記だけでは対応できず、条文解釈や判例法理に対する理解が求められます。

考え、一度自分の中で咀嚼することが大切なのです。民法上の結論や考え方には、疑問を覚えるものや、納得できないところも出てくると思いますが、その箇所に関しては自分の考えや結論との差を落とし込んでみましょう。

そういった「考える」「理解する」という作業を介し、必要な知識を暗記する必要があるのです。

もちろん、覚えた知識を実際に使って、問題を解く練習をする必要もあります。

ですので、その他の科目よりも先に勉強を始めましょう。

それから、「宅建業法」や「法令上の制限」など、暗記重視の科目へと移行します。

2番目には、「宅建業法」です。

本試験では、一番の得点源であり、効率的な勉強をすれば満点を狙うことも可能な科目ですので、インプットとアウトプットの繰り返しで反復学習をしながら重要箇所を叩き込みましょう。

「法令上の制限」は、非常に専門的で似通った用語が多く登場します。

複雑で厄介ですが、本試験の出題傾向は予想しやすい科目ですので、重要論点に絞って正確に暗記ができれば得点に素直に表れます。

本試験に近い時期に勉強を開始し、頭の中の整理ができているうちに本番で覚えた知識を出せるようにしておきましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建取得を目指すなら、どこから手を付けるべき?勉強の優先順位や、試験科目ごとの順番などについてはこちら!

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

この試験科目による優先順位から推奨される勉強時間の配分比率は、「権利関係:宅建業法:法令上の制限:税・その他=3:3:1:1」です。

この割合で、あなたの半年での勉強スケジュールを割っていきましょう。1つの例として、「115時間:120時間:35時間:30時間(300時間確保できたとした場合)」といった形での時間配分ができるかと思います。

ただし、これはあくまで目安であり、科目による得意不得意もありますので、ご自分に合わせた割合にしてみてください。

【ポイント②】
・勉強の進め方は、試験科目の優先順位を参考に決めていくとよい。
→お勧めの優先順位は「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」
・これを基にした勉強時間の配分比率を決める。
→「権利関係:宅建業法:法令上の制限:税・その他=3:3:1:1」

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の試験科目で難しいといわれる分野はどこ?対策する上で工夫すべきところや注意すべき点にすいてはこちら!

関連記事

「宅建の試験対策で難しい分野とか、力を入れた方がいいところってどこ?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて情報収集の真最中でしょうか?独学は、自由である一方、自己管理能力が求められるリスキーな手段。本試験までの計画を立てる上で、「宅建の試[…]

「宅建の難しい分野はどこ?」試験対策にひと工夫必要なところとは?

ポイント③ 勉強は、インプットとアウトプットの繰り返しの反復学習!

最後に、半年間で何をどのように勉強するかです。宅建の勉強方法として、私がおすすめするのは、インプットとアウトプットの繰り返し(反復学習)です。

インプットとアウトプットの繰り返しといっても、「半年あるから余裕!」だと思って、あまりインプットに時間をかけるのはお勧めできません。

先述したように、宅建は不動産取引に関する専門知識について問われる内容です。

民法などの法律、土地に建物を建てる上でのルールなど、非常に難しい内容が多く含まれています。

「理解できない」「覚えられない」からといって、いつまでもテキストや参考書を読むところで止まってしまっていては、知識を出す訓練(アウトプット)ができないまま本試験を迎えることになってしまいます。

本試験は、いわば最後のアウトプットの場です。いくらたくさんの知識を覚えられたとしても、その知識を使うことができなければ意味がありません。

そして、テキストを読んでいるだけでは覚えられないことも、問題演習を通して初めて理解できることもあります。

なかなか暗記や理解が進まなくても、そこで止まってしまうのではなく、テキストに一通り目を通したらアウトプットに移りましょう。

あるいは、各分野をさらに細分化し、逐一問題演習を挟むのもありです。とにかく、どんどん問題を解いてみてください。最初のうちは解けなくて当然です。

わからないところはテキストに戻って確認すればいいだけの話です。大切なのは、問題を解くことに慣れることです。

この反復学習を、半年のうちで、最低でも5周はしましょう。

すきま時間には、本試験での4肢択一形式よりも「正確に覚えられているか」が試される「一問一答形式」の問題集を活用すると、よりインプットとアウトプットの質が上がります。

本試験に近づいてくると、時間を意識して問題を解くことも大切です。2時間で50問という感覚を身に付け、本試験で焦らぬように備えておきましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「一問一答」形式の問題集は宅建対策に必要なのでしょうか?実は、本試験の4肢択一形式よりも正確な知識が試されるのが「一問一答」。テキストのサイズが持ち運びやすい大きさなので、すきま時間の活用にも有効なのです。そんな「一問一答」についてはこちら!

関連記事

「一問一答形式の問題集って買うべき?」そこのあなた、独学で宅建士を目指すため、ご自分に合った教材をお探しですか? いざ買うとなると、宅建対策用のテキストや問題集の種類の多さに驚いてしまいます。よく見ると、「一問一答」と書かれた教材も![…]

一問一答で時間を有効活用し、独学で宅建士に‼おすすめもご紹介!
【ポイント③】
インプットとアウトプットを繰り返し、反復学習で知識の定着を図る‼① テキストで出題範囲や科目の内容を確認。
(軽く目を通し、初見を済ませておく。用語などに目を慣らしておく。)

② ①の内容と過去問での頻出度を参考に、勉強する順番を決める。
(あなたに合ったスケジューリング)

③ テキストでインプットする。
(分野ごとに対応する問題集を覗き、軽く解いてアウトプットを挟む!)

④ 問題集・過去問でアウトプットする。
(正誤(○△×)と日付を記録!)

⑤ ④で間違えた問題は、テキストで確認。

⑥ ④と⑤を最低5回は繰り返す。※半年あるからといって、インプットに時間をかけすぎるのは×‼

半年で宅建合格‼十分な勉強時間を確保し、決してぶれないスケジュールを‼

宅建の本試験まであと半年ですね。独学は自己管理能力がなければ簡単に挫折してしまいかねない手段。そんな独学で勉強するなら、スケジュールを立てることが非常に重要になります。

では、この切羽詰まったともいえず、また、余裕があるともいえない半年という期間をどのように活用すれば合格することができるのでしょうか。

半年間で宅建合格を目指すためのスケジュールのポイントは3つあります。

1つ目は、宅建合格に必要な勉強時間(250時間から300時間程度)を基準に、あなたが1日に確保すべき勉強時間を割り出すことです。

これが、スケジュールの骨組みになります。

半年間という期間ですので、できるだけ300時間に近い勉強時間を確保していただきたいと思います。

工夫次第で時間はいくらでも作り出せるので、すきま時間やスマホなどを利用しながら勉強時間の確保に努めましょう。

2つ目は、試験科目の優先順位を基に勉強時間の配分比率を決めることです。

私がおすすめする比率は「権利関係:宅建業法:法令上の制限:税・その他=3:3:1:1」です。

ぴったりこれ通りとはいきませんが、300時間確保することができたとすれば、「115時間:120時間:35時間:30時間」くらいの時間配分でもよいかもしれません。得意不得意もありますので、ご自身に合った比率に調整してみてください。

最後に、勉強内容です。宅建では、インプットとアウトプットの繰り返しがおすすめです。

半年でできるだけ多く(最低でも5周)問題演習をしておきましょう。

間に「一問一答」を挟み、より質の高い反復学習をすることも有効です。

本試験に近づくにつれ、50問を2時間で解くという感覚を身に付けることも大切です。本番で焦らぬように準備しておきましょう。

以上でご紹介した3つのポイントを押さえ、半年間で宅建合格を目指す勉強スケジュールを立てて一発合格を狙ってみてください!半年間は、決して短い期間ではありませんが、余裕があるわけでもありません。

グッと集中して宅建勉強に専念するにはちょうどよい期間といえるかもしれません。スケジュールをしっかりして、独学で合格しちゃいましょう。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG