攻める半年!独学で宅建合格を実現する半年間の充実した使い方とは?

攻める半年!独学で宅建合格を実現する半年間の充実した使い方とは?

「半年間の独学で、宅建に合格できる?」そうお悩みのあなたに、朗報です!

宅建は、半年間の独学でも合格できます!ただし、「あなたが宅建本試験までの半年間を、充実した勉強期間として活用できれば」の話です。

宅建取得を目指す場合、通学や通信講座という手段もあります。

しかし、費用や時間の融通といった点では、やはり「独学」がお得ですよね。

私も、金銭的な理由で独学を選びました。独学で合格した私が思ったのは、「宅建は独学でも取得可能であるが、時間の使い方と勉強のやり方が合否に大きく影響する」ということです。

つまり、勉強に費やした期間が同じでも、合格する人とそうでない人が出ます。

半年間勉強すれば必ず宅建に合格できるというわけではないのです。では、合格通知を受け取るためにはどのすればよいのでしょう?

半年の独学で合格するポイントは、与えられた時間を最大限活用すること!以下で詳しくご紹介させていただきます!

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建士資格試験は独学でも取得可能なのでしょうか?自力で宅建士になるために必要なものとは?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

半年の独学で宅建に合格!ポイントは、半年間を最大限に活用すること‼

半年の独学で宅建に合格!ポイントは、半年間を最大限に活用すること‼

これから独学で宅建合格を目指す方にとって、一番気がかりなのが「半年間で間に合うのか?」ということかと思います。

私は、本試験まで半年もない時期から勉強を開始し、無事独学で合格しました。

そんな私が言えるのは、「宅建は半年間の独学で十分に合格できる試験だ」ということです。

しかし、同時に感じるのは、「時間の使い方が非常に重要だ」ということ。

その理由として、同じ半年間を勉強時間として費やした人でも、あるいは、それ以上に勉強した人でも、不合格になってしまう人がいます。

その一方、短い期間でも独学で合格できる人がいるのです。

これは紛れもない事実。ここから分かることは、合否を左右するのは「勉強時間そのもの」ではなく、「自分に与えられた時間をどれだけ有効に使えるか」ということです。

つまり、半年間で合格できるかどうかは、あなたが本試験までの半年間をどれだけ有意義に使えるかという点にかかっているのです。

では、半年間を有意義に使うとはどういうことなのでしょうか?

一体どのように勉強すれば、半年間で宅建に合格することができるのでしょうか?以下で、半年間を最大限に活用する方法をご提案させていただきますので、是非ご一読ください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を目指すなら、スケジュールはどのように組むべき?計画を立てるコツは「5W1H」!詳しくはこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

ポイント➀「正しい教材選び」

半年間を最大限に活用する上ではもちろん、独学で勉強する場合、「教材選び」は非常に重要です。

何しろ、独学は名前の通り、自力で勉強する手段。テキストや問題集は、これから自分1人の力で宅建の勉強をしようとしているあなたを支える一冊となります。

あなたが安心して頼ることのできる教材を選びましょう。

とは言え、本屋さんやオンラインストアで宅建の教材コーナーにいくと、どれを選べばよいかわからないくらいたくさんの本が並んでいます。

ラインナップはかなりのもの。何を基準に選べばよいか迷って当然ですよね。

気になる教材選びの基準ですが、あなたが使いやすい教材を選んでいただいて構いません。

実際に手に取ってみるのが一番かと思います。配色や図の使い方、ページ数の多い少ないなど、人によって「使いやすい」「わかりやすい」と思う基準は様々です。

ネット上での教材ランキングなどもありますので、もちろんそちらを参考にしていただいでも構いません。

しかし、それらはあくまで「参考」です。他の人が使いやすいと感じるものが、必ずしもあなたにとって使いやすい教材とは限りません。他の方の意見も参考にしつつ、あくまであなたが勉強しやすいと感じるものを選んでください。

そして、教材は必ず最新のものを購入しましょう。

宅建の試験科目には「法律」が含まれます。法律に「法改正」はつきものです。

試験に対応するためには、必ず法改正に対応した教材にするべきです。間違っても旧法の知識で本試験に挑むことのないようにしてください。

※少し話は逸れますが、教材に直接書き込むべきか否か迷う方もいらっしゃいますよね。

私は、直接書き込むことやマーカーなどで目印を付けることに賛成です。むしろ、書き込むべきだと思います。

書き込むことに抵抗がある方は、付箋などの活用もよいと思います。

教材に書き込むことは、情報を継ぎ足していくことを意味します。

例えば、教材の説明が少しわかりにくいと感じた場合、自分が調べた解説をそこに付け加えると見直した際に調べ直す手間が省けます。

マーカーを引いておけば、重要な場所が一目瞭然です(ただし、マーカーの引きすぎは逆効果なので、適度に引くことをおすすめします)。

民法では、当事者や権利義務の動きが複雑で、図があると非常にわかりやすくなります。自分なりにテキストの事例に図を描いてみるのもありですよ。

▶併せて読めば、合格率アップ!
教材にマーカーで印をつけるのはあり?蛍光ペンやラインマーカーは適度に使って勉強を効率化!詳しくはこちら!

関連記事

「テキストにマーカーって引いていいの?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて勉強の真最中でしょうか?テキストや参考書を読んでいるとき、重要な部分にマーカーや蛍光ペンなどで線を引こうか迷うことってありますよね。 学生のとき、先生に「こ[…]

蛍光ペンやマーカーを、宅建勉強に有効活用!使いすぎには要注意⁉

このように、独学で勉強する場合に教材選びは非常に重要です。

宅建の教材とひと言に言っても、その種類はかなりのもの。迷うこと間違いなしですが、選択基準は「あなたが使いやすいかどうか」で構いません。

その教材を使って勉強するのはあなたなので、あなたの使い心地のよいものを選んでください。

そして、必ず最新版のものを選ぶこと。もっと言えば「法改正に対応」と書かれたものを購入してください。

間違っても旧法のままのテキストで勉強しないようにしてください。

ポイント②「300時間+αの勉強時間を確保」

半年間を独学で有効に使うためには、どれくらいの勉強時間を確保するか計画しておくことも大切です。

先ほど、「大切なのは勉強時間そのものではない」とお話しましたが、与えられた勉強時間を有効に活用するために時間を作ることは必要です。

「本試験まで半年間ある」ということが、「勉強時間が半年間ある」ということとイコールではないことに気を付けてください。

半年間の中で、どれくらいの時間を勉強時間として費やし、さらに実質の伴ったものにできるかどうかが重要です。

ここで言う「勉強時間」とは、「宅建の勉強をするために空けておく時間」のことですのですので、注意してください。

半年間で確保していただきたい勉強時間は、「300時間」です。

宅建合格に必要な時間については、様々な意見があります。

意見を集約すると、100~400時間の間に分布している場合が多いようですが、実際には1つの数字など出せません。

受験者個人によって生活サイクルもバラバラですし、全く同じ背景で受験する人間など誰一人としていないのです。

しかし、似ている生活スタイルの人が一定数いるのは事実であり、合格者の方々の意見や、多くの合格者を見てきたスクールの意見を知っておいて損はありません。スケジュールを立てる上で参考になります。

これらの理由から、半年間では「300時間」の勉強時間を確保するのが妥当かと判断いたしました。

半年間で300時間ということは、1ヶ月を4週間とすると、1週間で12時間半の確保が必要です。

例えば、働きながら勉強する場合には、「仕事の日は、通勤時間と帰宅後で1日1時間半。休みの日は、1日2時間半勉強時間として確保する」というスケジュールを立てることができます。

「本試験まではいつもより1時間早起きする」といった工夫も可能です。勉強がルーティン化するので、早起きはお勧めです。あなたの生活スタイルに合った現実的なスケジュールを立ててください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「忙しくて勉強時間がなかなか取れない…」こんなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いはず。しかし、時間は待っていればできるものではなく、作るものです!ないなら作ってください!賢い時間の使い方について、詳細はこちら!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

そして、勉強時間の確保で大切なのが、「+αの時間」を作ることです。「作る」という表現よりも、「見つけて活用する」という表現がふさわしいかもしれません。

要するに、「すきま時間」です。先ほどお伝えした「300時間」に、偶然できた「すきま時間」も足してあげれば、どんどん勉強時間は増えます。

今やアプリなどで勉強できる時代ですので、どこだってサッと手軽に宅建の勉強ができます。

工夫を凝らして毎日少しでも宅建に触れる時間を作りましょう。

半年間を有効に使うのであれば、自分の勉強時間を明確に確保しておくことも大切です。

予め日常の行動の1つとして「宅建の勉強」を組み込んでおくのです。

そうすることで、勉強が自然にできるようになり、ルーティン化します。「+αの時間」を見つけて活用することも大切です。

常に勉強できるアイテムを持ち歩き、自分の身の回りに宅建をちりばめておきましょう。

ポイント③「反復学習で合格ラインへ」

そして、やはり独学成功に欠かせないのが効果的な勉強方法です。

宅建に最も効果的な勉強方法があるとすれば、それは「反復学習」です。

インプットとアウトプットの繰り返しが知識の定着を助ける上に、問題演習の訓練になります。一石二鳥です。

勉強の手順としてお勧めするのが、まず過去問の出題傾向による重要論点の炙り出しです。

宅建の試験範囲は膨大です。全て頭に入れようとすると、半年では足りません。

それどころか、本当に大切な知識がどこかわからなくなってしまい、合格を目指す上では逆に非効率です。

いくらテキストに記述があるといっても、必要な知識とそうでない知識があります。

雑多な情報から、合格ラインを超えるために身に付けるべき情報を取り出しましょう。

必要知識の取捨選択です。

この際、活用すべきなのが過去問です。過去の出題傾向から頻出度の高い論点に注目し。重点的に勉強していきます。

試験範囲に優先順位を付けることで、勉強の効率化を図りましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の各試験科目にはどれくらい勉強時間をかけるべき?時間配分の比率や優先順位は?詳しくはこちら!

関連記事

「本試験までの勉強時間ってどう配分すればいいの?」そこのあなた、宅建の本試験に向けて勉強時間の計算やスケジューリングの真最中でしょうか? 独学では、計画性と効率性が非常に大切です。 独学では、通学や通信講座とは違い、予め決められ[…]

宅建合格への計画作成!試験科目ごとの勉強時間の配分方法や割合は?

重要論点の炙り出しがひと段落したら、インプットに移りましょう。

重要論点の該当箇所をテキストで確認し、一つの科目、あるいは科目内の項目ごとにインプットをしていき、終わった項目の問題演習を挟みます。

このときの問題演習は、もちろん知識の定着度合いを確かめる意味もありますが、出題形式をしることに重きをおいてもよいと思います。

あくまで、インプットのためのアウトプットです。さらに、このインプットの段階で全て覚えてしまおうとする必要はありません。

テキストはできるだけサクサク読み進め、あまり時間をかけすぎて深みにはまりすぎないように気を付けましょう。

テキストでのインプットが終われば、全科目を通しての問題演習を繰り返します。

アウトプット中心の勉強にシフトして下さい。宅建の勉強で最も時間をかけたいのがこのアウトプットの部分です。

最初の頃は、正解を目指す必要はありません。とにかくどんどん解いて、どんどん間違えてみましょう。

間違えれば、解説をよんでテキストで確認すればよいのです。これが、記憶の定着に繋がります。

問題演習が終われば、何周目かということ(日付など)と、正誤を記録しましょう。正誤には、曖昧な知識であるという「△」も付けるとより効果的です。

後の復習に役立ちます。

独学で宅建の勉強を進める上で最も効果的な勉強法が「反復学習」です。

インプットとアウトプットの繰り返しが記憶の定着に役立ちます。

まずは、無駄を省くために、過去問によって重要論点を見極めましょう。

そうして、テキストでのインプット、問題集でのアウトプットを行います。

自分の苦手な点を把握し、間違えた問題を見直しながら正答率を上げていきましょう。

自然とモチベーションも上がるはずです。

半年間を最大限に活用し、独学でも宅建合格!3つのポイントで半年間を有意義に!

「半年間で宅建合格できるかな」独学で宅建合格を目指す方にとって、試験までに残された期間で勉強時間が足りるかどうかは危惧する点かと思います。

かく言う私も心配な点でした。

冒頭の質問にお答えするのであれば、「宅建は半年間の独学でも合格可能」です。

ですが、そこには「あなたが半年間を最大限に活用することができれば」という前提条件が付きます。

半年間勉強したからといって、その全員が合格できるわけではありません。

同じ期間勉強しても合格する人とそうでない人が出ます。

その差は一体何なのか。それは、与えられた時間をいかに有意義に活用したかどうかで出る差なのです。

半年間を最大限活用するならば、ポイントは3つです。まずは、正しい教材選びをすることです。

独学で勉強する上で、試用する教材は非常に重要です。宅建用のテキストや問題集は多すぎてどれを選べばよいかわからなくなってしまうほどですが、基準は単純。「あなたが使いやすいかどうか」です。

勉強するのはあなたですので、配色や図の使い方、ページ数など、自分好みの教材を選んでください。

いくら評価が高いものでも、自分が使いにくければ意味がありません。あなたに合った教材を選びましょう。

次に、半年間で「300時間+αの勉強時間」の確保することです。

本試験まで半年間あることと、勉強時間が半年間確保されていることはイコールではありません。

半年間の中でどれだけ勉強時間を確保するか決めておかなければ、忙しさや惰性によって半年なんてすぐに経過します。

そうならないために、計画を組んでいきましょう。目標は、半年間で「300時間」を確保すること。

そして、できるだけ「+αの時間(すきま時間)」を見つけ、上手く活用しましょう。勉強時間は降って湧いてくるものではありません。

作るものです。あなたの生活に宅建に触れる機会をちりばめておきましょう。

最後のポイントが、勉強方法です。やはり「反復学習」が最も効果的だと考えます。

膨大な試験範囲から、重要論点を炙り出し、そこに焦点を当てたインプットとアウトプットの繰り返しを行いましょう。

合格を目指すのであれば、網羅するのではなく、合格に必要な知識を身に付けるのです。

何度も問題演習を繰り返し、間違えたらテキストで確認する。地味ですが、力を付けるためにはコツコツ勉強することが一番です。

半年間での独学成功には、時間を有意義に使うことが欠かせません。

半年間あると思うと、つい余裕があるように思いがちですが、実際に勉強を始めると意外に足りないものです。

ご紹介した3つのポイントを押さえ、半年での宅建合格を実現させてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG