継続は力なり‼毎日の勉強があなたをどんどん宅建合格へ導く‼

継続は力なり‼毎日の勉強があなたをどんどん宅建合格へ導く‼

「毎日なんて勉強できないよ…」そこのあなた、独学での宅建合格を目指し、勉強や情報収集でお忙しい日々をお過ごしでしょうか?独学は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段です。

しかしその一方、自己管理能力がなければ簡単に挫折してしまいかねない難しい手段でもあります。

宅建は、独学でも十分合格可能な試験です。

とはいえ、これはあくまで「あなたが本試験まで計画的に勉強することができれば」の話。

毎日コツコツ続けることが、何よりも大切なことなのです。

「そんなことは百も承知!」ですが、仕事に家事、育児と忙しい中、毎日勉強を続けるのは至難の業ですよね。

では、どうすれば宅建本番までモチベーションを維持しながら、毎日コツコツ勉強を続けることができるのでしょうか?

以下では、宅建合格に向けて毎日勉強を続けるコツを3つご紹介します。宅建対策では、まさに継続は力なり‼3つのコツを取り入れて、宅建合格を実現させましょう!

▶併せて読めば、合格率アップ!
不動産取引に関する専門家である宅建士!果たして、独学で宅建士になることはできるのでしょうか?勉強方法や工夫の仕方など、詳細はこちら!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

3つのコツで、毎日勉強を実現‼コツコツ地道な積み重ねが、宅建合格への道を作る!

3つのコツで、毎日勉強を実現‼コツコツ地道な積み重ねが、宅建合格への道を作る!

この記事をご覧になっているあなたは、きっと独学での宅建取得を考えていらっしゃることと思います。

実際に勉強を始めていらっしゃる方はお分かりかと思いますが、独学って大変ですよね。

確かに、時間の融通も利き、金銭的な負担も少ない勉強手段であることは間違いありません。

しかし、それに引き換え、何から何まで自分で管理しなければならず、頼れるのは自分だけという何とも心細い手段でもあります。

予め決められたカリキュラムが用意されているわけでもなく、わからないことを誰かにすぐに聞ける環境にあるわけでもありません。

故に、独学は、自己管理能力がなければ簡単に挫折してしまうリスキーな手段でもあるのです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建を取得するにはどうすればいい?独学での宅建攻略のコツについてはこちら!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

だからこそ、「計画性」が非常に重要になります。さらに、人間は忘れる生き物。覚えた知識を維持するためには、計画性を持って、毎日コツコツ勉強を積み重ねなければなりません。

自分を律し、地道に努力することが結局実を結ぶことになるのです。

しかし、現実には、そんなに簡単な話ではありませんよね。仕事や育児などで時間に追われ、なかなか勉強時間が取れないという方がほとんどでは?疲れて「さぼりたいな…」と思ってしまっても無理はありません。

でも、合格はしたい!さて、どうすればいいのでしょうか?

▶併せて読めば、合格率アップ!
「勉強する時間がなかなか取れない…。」それは言い訳!時間は作るものです!日常生活の中で勉強時間を確保する方法や効率的な時間の使い方はこちら!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

宅建まで毎日勉強を続けるコツは、3つ!

  1. スケジュールを立て、毎日の勉強時間を確保すること
  2. 毎日の勉強を習慣化すること
  3. 毎日の勉強を可視化し、モチベーションアップにつなげること

です。以下では、各ポイントについてご説明いたします。

①スケジュールを立て、毎日の勉強時間を確保!

宅建まで毎日勉強を継続するために、まずはスケジュールを立てましょう。なるべく具体的かつ現実的な計画を組むことが大切です。

独学で宅建合格を目指す場合、スケジュールに必要なのは、「合格に必要な勉強時間」と「あなたが1日に確保すべき勉強時間」です。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を目指すなら、どんなスケジュールを組むべき?宅建本試験まで挫折しないスケジュールの組み方や予定表の作成方法は?詳細はこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

「宅建合格に必要な勉強時間」については、様々な意見があります。

実際の合格者の方や資格取得講座などをみると、多くの場合100~400時間の間に分布しているように思います。

しかし、個人によって生活スタイルも違えば、不動産に関する知識の有無や法律に詳しいかどうかなど、知識や経験にも差があるため、一概に「合格には○○時間必要です!」などというはっきりとしたことが言えるわけではありません。

しかし、予定を組むには一応の基準が必要です。

ですので、ここではスケジュールの目安として、最低でも250~300時間は確保していただきたいと思います。

これは、私が実際に独学でかけた時間や先ほど申し上げた合格者の方の意見などを参考に出した必要時間です。

そして、この数字を基に、「あなたが1日に確保すべき勉強時間」を算出しましょう。これから本格的に勉強を始めるのであれば、「本試験までどのくらいの期間が残されているか」、「自分の生活リズムを考えると1日にどの程度勉強時間を確保できるのか」などを考慮し、あなたに合ったスケジュールを立ててください。

ここで大切なのが、「毎日続けられる勉強スケジュールにすること」です。

無理しすぎると、続きません。あまりに短期間で目指す場合には、ある程度無理をしてでも時間を確保する必要はありますが、長期で考えていらっしゃるならば、ご自分の生活スタイルからあまりにかけ離れたスケジュールの組み方は止めましょう。

例えば、半年で合格を目指す場合、「仕事の日は、通勤時間で30分、帰宅後の1時間を勉強時間にして、休日は1日2時間半勉強する」と計画すると、1ヶ月で50時間、半年間で300時間の確保となります。どうしても、1日1時間しか勉強時間を確保することができないという場合には、余裕をもって「10ヶ月前から勉強を始めよう」とすることもできます。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学ならいつから勉強を始めるべき?宅建の最適な勉強開始時期とは?計画のスタートラインの設定方法についてはこちら!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

このように、工夫をしながら勉強時間を確保するものの、決して自分の生活スタイルからかけ離れた非現実的なスケジュールは立てないでください。「毎日続けること」を大切にしましょう。

②毎日の勉強を習慣化!

また、毎日勉強を続けるためには、勉強を生活の一部に組み込んでしまうことも大切です。つまり、宅建の勉強を「習慣化」するということです。

毎日宅建の勉強をコツコツと続けていくのは、とても根気のいることだと思います。

「勉強」と名の付くものを、仕事や家事、育児などと忙しい中で行う必要があります。

また、学生さんであれば、学校での勉強などと両立する必要があります。

そのような状況で毎日勉強を続けていくのは、精神的負担も少なからず伴うものかと思います。自分で取りたいと思う資格取得のためとは言え、しんどいものはしんどいですよね。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の勉強中、どうしても眠たくなってしまう…そんな時にはとうすればいいの?勉強中の眠気に勝てないという方も多いはず!そんな眠気は勉強スタイルが原因?詳しくはこちら!

関連記事

「勉強してると眠くなるな…」そこのあなた、宅建の勉強中に襲われる眠気にお悩みですか?独学で勉強していると、1人で勉強することが基本となり、通学のように誰かの授業を受けるわけではありません。 場所も環境も自由ですので、仕事や家事で疲れて[…]

宅建の勉強中に眠くなる⁉ちょっとした工夫で眠気

そこで、その「勉強」という堅苦しさを無くし、生活の一部としてルーティン化してしまうのはどうでしょうか。

宅建の勉強を、まるで「朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて…」といった日常生活を送る上で必ず行う、自然な行動の1つにしてしまうのです。

例えば、女性の方ならば、買い物に行く前などにお化粧をする方も多いと思います。

おそらく、お化粧が習慣化していれば、「外に出る前にファンデーションを塗り忘れる」といったことはあまりないかと思います。

それこそ、お化粧をしたくないから今日は外出しないといった決断をすることもあるでしょう。

宅建の勉強を習慣化してしまうとは、まさにそのような感覚に近い状態にしてしまうということ。

つまり、「宅建の勉強を終えなければ、次の行動に移ることができないほど違和感を覚える」といった状態にしてしまうということです(少し大げさかもしれませんが…)。

ただし、習慣化には時間が必要です。①でお伝えしたスケジュールを立てる上で、予め1日のどの時間帯に宅建の勉強をするかを決めた後、ある程度そのルーティンを繰り返してからその感覚が身に付くかと思います。

ですが、一度身に付けば、「あ!今日まだ宅建の勉強やってない!」とふいに違和感を覚えるようになるでしょう。

少し時間を要しますが、勉強を毎日続けるためには、宅建の勉強を習慣化してしまうこともコツの1つです。

③毎日の勉強を可視化し、モチベーションアップ!

毎日続けるためには、モチベーションを維持することも非常に大切です。オススメは、毎日勉強していることを記録し、見える化することです。

やる気がなくなってしまうと、宅建の勉強がどんどん嫌になってしまいます。

それは、勉強をしていることと、その成果があまり目に見える形で表れないことも大きく関係しているはずです。

働いても働いても給料が出ないといった状況を思い浮かべてみてください。

とても悲しいし、嫌な気持ちになりますよね?やっとの思いで取引先を獲得したにもかかわらず、その評価がなされなかったらどうでしょう。

次から、営業に回ることが億劫になるのではないでしょうか。

このように、やる気がなくなってしまうことと、評価が目に見える形で表れないことは大きく関係しています。

それなら、毎日確実に勉強が進んでいることを記録してしまいましょう。

宅建本試験の日に向け、「1日1日勉強を積み重ねているんだ」ということを目に見える形で自分に示すのです。

そうすると、ゴールまでの道のりがどんどん明確になり、モチベーションアップに繋がります。

実際に、私は宅建に向けて勉強しているときに問題集に日付を書き込んでいました。

問題集を開いたときに、「昨日も問題を解いている」と実感すると、続けられていることがはっきりわかるので、グッとモチベーションが上がるのです。

カレンダーを塗りつぶしたり、スケジュール帳に記録したり、どのような方法でもよいので、「宅建を毎日勉強している」ということを可視化しましょう。モチベーション維持にもってこいです!

まとめ

毎日、宅建の勉強を続けるコツをまとめると、以下のようになります。

【毎日勉強を続けるコツ3つ】
①スケジュールを立て、毎日の勉強時間を具体的に確保!
②毎日の勉強を習慣化!
③毎日の勉強を可視化し、モチベーションアップにつなげる!

3つのコツで、日々の生活に宅建を!毎日の勉強が宅建合格を実現‼

「毎日なんてとてもじゃないけど勉強できない…」独学で宅建取得を目指している方の中で、そのように悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

あなたもそのお一人ですか?独学は、自力で全てを管理しなければならず、とても大変ですよね。

自由である一方、自己管理能力がなければ簡単に挫折してしまいかねないのです。

忙しい中、勉強を続けるのは至難の業。でも、人間である以上、一度覚えても時間が経てば忘れてしまいます。

宅建合格には、毎日の勉強が欠かせません。ではどうすればいいのでしょうか?

毎日勉強を続けるコツは、3つ!まずは、

①スケジュールを立て、毎日の勉強時間を具体的に確保しましょう。

そうすることで、宅建合格には何を勉強すべきなのか、自分にはどれくらいの勉強時間が必要で、実際にどれくらいの勉強時間が確保できるのかが把握できます。

スケジュールを立てれば、宅建合格という目標に向けて毎日の過ごし方が決まります。勉強を続ける上で則るルールが決まるというわけです。そして、

②毎日の勉強を習慣化してしまいましょう。

日常生活に「宅建」を組み込み、無ければ違和感を覚えるくらいの存在にしてしまうのです。

うっかりさぼるなんてこともなくなるはず。ただし、習慣化には時間を要するもの。

しばらくスケジュールに従い、徐々に慣れていきましょう。

③毎日の勉強を可視化し、モチベーションアップにつなげることもコツの1つです。

やる気がなければ続きません。毎日着実に宅建合格に近づいているということを、問題集に日付を書いたり、カレンダーを塗りつぶすことで可視化すると、一気にやる気が出てきます。モチベーション維持にもってこいです。

宅建合格には、コツコツ毎日勉強を積み重ねることがとても大切。だからこそ、3つのコツを取り入れて、宅建の勉強をあなたの生活にとって当たり前の存在にしてしまってください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG