「まだ間に合う⁉」5ヶ月間の独学で、宅建に合格する秘訣とは?

「まだ間に合う⁉」5ヶ月間の独学で、宅建に合格する秘訣とは?

「本試験まであと5ヶ月だけど、今からでも遅くないかな?」そこのあなた、お困りですか?

この記事をご覧になっているということは、独学で宅建の受験をお考えのことと存じます。

独学は、金銭的にもリーズナブルで、時間の融通も利く勉強手段。しかし、その一方、自分1人で勉強していかなければならない点で、不安がぬぐえないリスクの高い方法でもあります。

宅建取得を独学で目指すのであれば、自己管理能力が必須です。限られた期間内で、どれだけ自分を合格ラインへ近付けられるかが勝負。

つまり、「5ヶ月で宅建に合格できるかどうか」は、「あなたが計画的に勉強できるかかどうか」にかかっているのです。

換言すれば、あなたが本試験までの5ヶ月間を効率的に活用することができれば、独学での宅建合格は十分可能だといえます!今からでも遅くありません!

以下では、5ヶ月間での独学勉強法をご紹介します!迷うよりまず、読んでみてください!

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を実現させるスケジューリングのコツとは?ポイントは「5W1H」!詳細はこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

まだ遅くない!「塵も積もれば山となる」5ヶ月で合格を目指す独学勉強法

宅建本試験まで、残り5ヶ月となりました。独学によって宅建合格を目指すあなたも、「今から勉強して本当に間に合うのかな…」そんな不安を抱えながら、勉強法などを調べてらっしゃることと思います。

5ヶ月という期間が、独学にとって長いのか、それとも短いのか、それは人によって感じ方が全く違うと思います。

つまり、5ヶ月を勉強期間として十分なものとできるかは、あなた次第ということです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
短期間で宅建合格を目指すために必要なこととは?スケジュールの立て方は?ポイントはこちらの記事をご確認ください。

関連記事

「こんなに短期間で合格できる?」そこのあなた、お困りですか?独学での宅建合格を目指し、スケジュールを立てようとなさっていますね? ただ、本試験まであと数ヶ月…。お世辞にも、時間的に余裕があるとはいえません。 独学は、低コストかつ[…]

独学で宅建士へ!短期間で合格するためのスケジュールの立て方とは?

「5ヶ月でも独学で宅建に合格することができる?」この質問にお答えするとすれば、「合格できます」。

ただし、あなたが「計画的にコツコツと勉強を積み重ねることができれば」という前置きが付きます。

独学は、非常に地道で孤独な勉強手段です。毎日の小さな勉強の積み重ねができるかどうかで結果が変わります。

5ヶ月で合格まで確実に持っていける計画を立て、そのルールに忠実に従うことができるかどうかがカギを握るのです。

では、あなたが従うべきルールはどのように作成すればよいのでしょうか?勉強の適切な進め方はどのようなものなのでしょう。

ポイントは、「塵も積もれば山となる」。つまり、計画的に、段階を踏んで勉強を進めることです。以下で、順を追ってご説明させていただきます。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学でも宅建に合格することはできる?宅建攻略のコツとは?詳細はこちら!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

⑴計画を立てる(5ヶ月を3つに分割)

5ヶ月の独学で宅建に合格するためには、まず計画が必要です。

「あとはスケジュール通りに対策を進めればOK!」と、安心して身を委ねられる計画を立てていきましょう。

先述したように、独学にスケジュールは必須です。「たかが計画…」とバカにせず、自分の5ヶ月間の使い方を決めましょう。

では、スケジュールの組み方をご提案します。
私が推奨するのは、本試験までの5ヶ月間を3つに分割する計画法です。

具体的には、

  1. 下準備期
  2. コツコツ期
  3. 最終調整期

に分けます。

①下準備期

その名の通り、試験それ自体の準備や試験勉強に向けた準備を行います。

7月から始まる受験申込みに必要な情報を集めたり、書類の確認や準備をしたり、あるいは、あなたが今まさに行っているように、宅建試験そのものについての情報収集を行う期間です。

そして、「②コツコツ期」にスムーズに移行するため、宅建試験についての全体像をイメージしておく時期としても使ってください。

「宅建資格を取得することで何ができるのか」「どのようなメリットがあるのか」「不動産取引とは一体どのような流れで行われるのか」といったことをぼんやりイメージできると、あまり構えすぎず宅建勉強にすんなり入れます。

「宅建」という名前はよく耳にしても、実際にどのような資格かご存知の方の方が少ないかもしれません。

何も知らずにいきなり勉強するよりも、少しでも知っておいた方が気持ちにゆとりが生まれます。

使用するものとしては、マンガによる入門書などがおすすめです。文字ばかりではなく、絵や台詞を用いて宅建についておおまかに説明してくれますので、手に取りやすく楽しく読むことができるかと思います。

もちろん、マンガなど必要ないという方は、通常の入門書から読んでいただいて全く問題ありません。

ご自身が楽しめる方法、つまり宅建試験に向かってモチベーションを上げていけるような下準備の方法を見つけてみてください。

下準備期に充てる期間の目安は、5ヶ月間のうち最初の1~2週間です。多く見積もって2週間あれば、入門書にもゆとりを持って目を通すことができると思います。

あくまで目安ですが、時間をかけすぎて②に移行するのが遅くならないように気を付けましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「マンガの宅建入門書って勉強に必要?」絶対に必要なわけではありませんが、「宅建とは何か」を知る上で役立つアイテムといえます。興味がある方は、是非こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建ってどんな感じなんだろう…?」そこのあなた、独学での宅建合格を目指し、情報取集の真最中でしょうか? これから宅建の勉強をしようと思っているけど、一体どのような試験なのかわからないという方も多いのでは? あなたも、そんな迷子[…]

「宅建て何…?」まずはマンガで下地作り!独学でも宅建合格!!

②コツコツ期

宅建の試験科目を本格的に勉強していく時期です。

➀の期間で下準備を終え、宅建の全体像も把握できたら、いよいよ試験科目を勉強していきましょう。

勉強方法に関する具体的な内容は後述⑵に記載いたしますが、簡単に言うと「地道にコツコツ反復学習を重ねる時期」です。

コツコツ期の名前の由来は、まさにこの地道な積み重ねから。

テキストによるインプットと、問題集によるアウトプットを繰り返すことで合格に必要なレベルにまで知識を定着させます。反復学習を何周も行うことで、どんどんブラッシュアップしていくのです。

コツコツ期に充てる期間の目安は、5ヶ月間のうち約4ヶ月です。この16週間の間で、「250~300時間」の勉強時間を確保していただきたいと思います。「250~300時間」というのは、合格に必要な勉強時間です。

とはいえ、人それぞれ生活スタイルも不動産に関する知識・経験の有無も異なりますので、一概に言えるものではないのですが、スケジュールには基準が必要です。

また、実際に合格した方の勉強時間を知っておくことは有益と言えます。

実際に、「独学で宅建に合格するにはどれくらいの勉強時間が必要か」という観点で合格者の方々や通信講座スクールに寄せられた意見を調べてみると、「約200~400時間」の間に答えが多く分布しているようです。

ここから、基準を「250~300時間」といたしました。

4ヶ月間で300時間を確保するとなると、1日2時間半以上は勉強時間を確保する必要があります。

キツイと感じる方もいらっしゃるでしょうが、宅建は勉強しなければ合格できません。逆に言えば、しっかり勉強すれば自分に返ってきます。工夫に工夫を凝らし、すきま時間なども見つけながら、勉強時間の確保に努めてください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の試験に独学で挑戦するにはどれくらいの時間が必要?合格に必要な時間とは一体どれくらいなのでしょうか。詳しくはこちら!

関連記事

「宅建合格に必要な勉強時間ってどれくらい?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士を目指そうと志したものの、シンプルな疑問が頭に浮かんだのではないでしょうか? 「何時間くらい勉強すれば宅建に合格できるの?」独学は、費用や時間[…]

③最終調整期

本番に備えるための期間です。

②で行う勉強はもちろん必須ですが、それを本試験で通用するものに仕上げる必要があります。

本番には本番に求められる形がありますので、➀②で行ったあなたの準備を、本番用に整えていきましょう。

具体的には、本試験の時間制限である「2時間で50問を解く」という感覚を身に付けることと、法改正や統計問題に備えて最新情報を確認することです。

いくら問題演習を繰り返して知識を手に入れていようとも、制限時間内で解けなければ意味がありません。

2時間以内に50問を解き終わり、さらに見直しまで完了できるように時間配分や感覚を身体で覚えましょう。

予想問題集や過去問を行う際に、時間を計ることが一番です。

自分の解くスピードが速いのか遅いのか、その調整を図って下さい。

そして、最新情報の確認は必ず行ってください。特に統計問題は、毎年必ず出題されます。貴重な1点を逃してはなりません。

不動産に関する最新の動向について、教材の出版社がホームページで公開している場合がありますので、確認してみてください。

5ヶ月間で宅建合格を目指すなら…

⑴5ヶ月を3つの期間に分割する!

  1. 下準備期‐宅建受験の準備、宅建試験についての全体像の把握。
  2. コツコツ期‐反復学習の積み重ね。
  3. 最終調整期‐「2時間で50問を解く」感覚を身に付ける、最新情報の確認。

最終調整に用いる期間は、本試験前の2週間ほどが目安です。一気に仕上げへ持っていき、準備を整えましょう。

5ヶ月の独学で宅建合格を目指すのであれば、スケジュールを組むことが必須です。

独学では、誰かがカリキュラムを用意してくれるわけではありません。勉強時間に「ポンポン」と肩を叩き、叱咤してくれるわけでもありません。

全て自分で管理し、責任を持つことが基本です。自己管理能力がなければ、簡単に挫折します。

だからこそ、本試験まで安心して則れる計画を立て、進捗管理を徹底しましょう。

⑵「コツコツ期」の勉強方法‐反復学習の積み重ね

では、「コツコツ期」に行う勉強について具体的にご説明させていただきます。先述した通り、この時期には「インプットとアウトプットの繰り返しによる反復学習」を行います。

大まかな流れは、「➀重要論点の絞り込み」→「②テキストでのインプット」→「③科目・項目ごとにアウトプット」→「④全体のアウトプットを繰り返す」というものです。

➀重要論点の絞り込み

まずは、宅建の幅広い試験範囲を「必要/不要」に振り分ける作業をしていきます。

それが、「重要論点への絞り込み」です。宅建の試験科目は「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく分けて4つです。

これらは不動産取引に関する専門知識であり、非常に複雑な内容も含まれます。言葉使いも独特なものが多く、日常生活では聞き慣れないものばかりです。

初学者の方にとってはかなりとっつきにくい内容となっています。

これらを全て勉強しようとすると、いくら時間があっても足りません。「全部やらなきゃ…」と思ってしまっては、モチベーションも下がる一方です。

そのため、予め「合格に必要な知識」と「そうでない知識」に分けておきましょう。

試験範囲の内容を取捨選択することで、合格までの効率化を狙います。

ここで活用するのが「過去問」です。宅建は、過去に出題された頻度の高い分野が何度も問われる確立が高いと言われています。

過去問の出題傾向を把握するということは、合格に必要な知識を知るということに繋がるのです。

例えば、「権利関係」なら「意思表示」や「借地借家法」の分野などは重要論点として挙げられるでしょうし、その中でもさらに優先順位を付けることができると思います。

過去問を賢く使って、重要論点に焦点を当てましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建の勉強に過去問はどう使う?単なる問題集として使うだけでなく、勉強の効率化にも役立つのが過去問!賢い過去問活用法についてはこちら!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

②テキストでのインプット

➀で重要論点が絞り込めたら、お使いのテキストの該当箇所に印をつけ、内容をインプットしていきましょう。

テキストで確認するのは、その論点でどのような内容が書かれており、何がどのように大切なのか、なぜ問題となっているのか、といった点です。

完全に暗記・理解しようとする必要はありません。各論点を咀嚼しながら、自分の頭で考える作業をしてください。テキストだけで説明が足りないと感じる部分は、自分でわかりやすく図表にしてみたり、解説を調べて書き込んでみたり、工夫しながらインプットしていきましょう。

注意したいのが、時間をかけすぎないこと。一科目にあまりに時間をかけすぎると次に進めませんので、どんどんスピード感をもって読み進めてみてください。

理解できない部分は、問題を解きながらわかっていけばよいのです。焦らず丁寧に、しかしスピード感をもってインプットをしましょう。

③科目・項目ごとにアウトプット

これは、②のインプットが終わるごとに挟んでいただきたい作業です。

一科目あるいは一項目終えるごとに(テキストによる分類に従っていただければよいです)、対応する問題を解いてみましょう。

正解する必要はありません。あくまでインプット(暗記・理解)の助けとしてのアウトプットです。実際の問題形式はどのようなものか確認しながら、終えた科目・項目を復習しましょう。

④全体のアウトプットを繰り返す

5ヶ月の独学で宅建合格を目指すなら…

⑵反復学習をコツコツ積み重ね、合格に必要な知識の定着を徹底する

  1. 重要論点への絞り込み
  2. テキストでのインプット
  3. 各科目・項目をアウトプット
  4. 全体のアウトプットを繰り返す

➀~③が終われば、試験科目全体の問題演習を行っていきます。インプットとアウトプットの繰り返しです。

問題を解いて、わからないところは解説やテキストを読んで確認し直し、もう一度問題を解きます。最初の頃はわからないところの方が多いと思います。

しかし、不安に思う必要はありません。間違えれば、不思議と記憶に残ります。大切なのは、間違えたところを理解するためにもう一度インプットに戻ること。

そして、間違えた問題を正解するまで解いていくことです。

この反復学習が知識の定着に繋がるのです。時間の許す限り、何度も繰り返しましょう。

自分の苦手な分野を把握し、苦手を潰すように勉強していけば、自然と正答率は上がってくるはずです。

問題を解くことが楽しいと思えるくらい繰り返してみてください。最低でも5周は行うことを推奨します。

このように、宅建ではインプットとアウトプットの繰り返しが一番の勉強になります。試験範囲が広いため、合格に必要な知識だけを過去問の情報を頼りに抜き出し、テキストで該当箇所をインプット。

そして、項目ごとのアウトプットで出題形式が把握できれば、あとはひたすら全体での問題演習を繰り返していくのです。

自分が間違えた問題を正解にすることを目標に、何度も何度もめげずに問題を解いていきましょう。どんどん力が付くはずです。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格を目指すために必要なスキルとは?独学で取得が可能だとしても、何か攻略のコツが必要なはず!詳細はこちら!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建合格を5ヶ月で実現させる独学勉強法!カギは計画と地道な勉強の積み重ね!

独学での宅建受験をお考えのあなたは、きっと試験についての情報収集にお忙しいことと思います。

その情報収集の中でこの記事をご覧になっているということは、きっと「たった5ヶ月で間に合うんだろうか…」という不安があるのだと思います。

独学は、自力で勉強を進めていかなければならない、とても不安で孤独な手段です。常に自己管理能力が求められ、挫折なんて簡単にできてしまいます。

計画性を持って勉強しなければならないことはわかっていても、なかなかうまくいかないのが現実ですよね。

では、今から本試験までの5ヶ月で、独学での宅建合格を実現させるにはどうすればいいのでしょうか。

するべきことは、2つ。

⑴5ヶ月を3つの期間に分割する計画を立てることと、⑵コツコツ反復学習を積み重ねることです。

まずは、5ヶ月間で宅建合格を目指すスケジュールを作成していきます。

ポイントは、5ヶ月を「➀下準備期」「②コツコツ期」「③最終調整期」の3つに分割することです。

「下準備期」では、文字通り宅建試験の受験準備を行ったり、勉強のための準備を行います。

教材選びや情報収集なども含まれますね。必要な方は、入門書などを使って宅建の全体像を把握するとよいかもしれません。

マンガ形式の入門書などもありますので、ご自分のやりやすい方法で準備してみてください。期間の目安は最初の1~2週間です。

「コツコツ期」は、本格的に勉強していく期間。テキストと問題集を使って、反復学習をコツコツ積み重ねます。約4ヶ月を使い、問題演習の期間としていただきたいのですが、さらに「250~300時間」を勉強時間として確保してください。

合格に必要な勉強時間としての目安です。もちろん、ご自身が必要な勉強時間に調整していただいて結構ですので、必要知識を合格ラインまで頭に入れられる時間を確保してください。

「最終調整期」には、本番に必要な仕上げを行います。「2時間で50問を解く」時間感覚を身に付け、最新情報の確認をしましょう。

本試験には本試験に求められる形式がありますので、「勉強しただけ」で終わらず、準備万端で本番に臨んでください。

そして、「コツコツ期」の勉強方法ですが、インプットとアウトプットの繰り返しに尽きます。

流れは、「➀重要論点の絞り込み」→「②テキストでのインプット」→「③科目・項目ごとにアウトプット」→「④全体のアウトプットを繰り返す」です。

宅建試験の膨大な試験範囲から、重要論点に絞り込み、テキストで該当箇所をインプット。

そして、項目ごとにアウトプットを挟んだら、あとはひたすら問題演習の繰り返しです。

反復学習が何よりも効果的ですので、自分の苦手を潰す一心で打ち込んでください。

本試験まで5ヶ月というと、決して長くはありませんが、期間だけで判断し、諦めるのはもったいないです!計画的かつ効率的に勉強し、独学での合格を実現させましょう!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG