宅建まであと1週間!準備万端で本番を迎える1週間前勉強法とは?

宅建まであと1週間!準備万端で本番を迎える1週間前勉強法とは?

「試験1週間前から本番まで何を勉強すべき?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、ここまでひたむきに勉強を続けてこられたことと思います。

本当にお疲れさまでした!宅建は、不動産取引に関する専門知識が問われる国家試験です。

幅広い試験範囲、なかなか理解できない条文解釈や判例法理、暗記しようにも拒絶反応を起こしそうな専門用語…途中で勉強を放棄したくなることもあったはず。

でも、気付けば1週間前!あと少しで、辛い日々ともおさらばですね。

ゴールまでもう一息!しかし、この宅建1週間前の過ごし方によっては、ゴールだったはずの本番が、辛い一年のスタートになる可能性があるのです。「あと少しだから」と気を抜いてしまうと、これまでの勉強の成果が水の泡になってしまうかもしれません!

以下では、あなたの未来を左右する宅建1週間前の過ごし方をご提案いたします!笑顔で合格通知を受け取れるように、是非ご一読ください!

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建までのスケジュールはどのように組むべき?独学では計画性が重要ですが、具体的なスケジュールの立て方はご存知でしょうか。宅建合格に導く計画表の作成方法はこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建に合格したい方、必見!自力で宅建試験を攻略するコツお教えします!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

宅建1週間前の勉強方法が合否を分ける⁉直前期の過ごし方が重要な理由は?

宅建1週間前の勉強方法が合否を分ける⁉直前期の過ごし方が重要な理由は?

宅建本試験まで残すところあと1週間となりました。宅建対策に費やした時間は人によって様々かと思います。

1年かけてじっくり勉強したという人、10ヶ月から半年ほどで勉強した人、あるいは短期間でグッと集中して勉強したという人。

勉強期間に差はあれど、それぞれが自分に合ったスケジュールを組み、勉強時間を確保し、ここまで進んでこられたことと思います。そして、皆さんが目指すのは、他でもない「宅建合格」です。

そのゴールとなる試験本番が近付いています。本番1週間前です。さて、このまさに直前期、どのように過ごすべきだと思いますか?

▶併せて読めば、合格率アップ!
迫る本番!試験前の直前期はどう過ごすべき?宅建直前期の勉強方法についてはこちら!

関連記事

「もうすぐ本試験だけど何を勉強すべき?」そこのあなた、すぐそこまで迫る宅建本番に向け、この試験前の直前期に何を勉強すべきかお困りですか? 試験対策の開始時期は人によって様々かと思いますが、何はともあれここまで本当にお疲れさまでした! […]

迫る本番!「大丈夫かな…⁉」宅建試験前の直前期にすべき勉強とは?

「あと1週間だ」と思うと、不安・心配・緊張などが先立つ人、これまでの実力が試されることにわくわく感を覚える人、絶望感にさいなまれる人など色々な感情が渦巻いている時期かと思います。

しかし、どんな感情に陥ろうとも、絶対にやってはいけないのが気を抜いてしまうこと!

ゴールが見えてきたからといって安心しないでください!この1週間前の過ごし方が、あなたがこれまで勉強してきた成果を本番に活かせるか、それとも水の泡にするのかを左右するといっても過言ではないのです‼

では、この宅建1週間前の勉強がなぜここまで重要なのか、その理由をご説明いたします。

宅建試験1週間前は、本番に向けた最終調整の時期‼

本試験1週間前に気を抜いていただきたくない理由は、この時期は「本番に向けた最終調整の時期」だからです。

どのようなスケジュールで宅建の勉強を進めていくかは人によってそれぞれですが、本番前に共通して必要な段階が「最終調整」です。下の図をご覧ください。

〈図〉1年間で宅建取得を目指す場合のスケジュール例。

ターム① 10月から11月下旬:準備期間
→マンガ形式のテキストや入門書で「宅建」について学ぶ
ターム② 12月から1月上旬:スケジュール作成期間
→「ターム①」での準備を続けながら、スケジュールを作成していく
ターム③ 1月中旬から2月下旬:「慣れ」の段階・インプットの触り
→少しずつインプットや用語に慣れるための勉強を始める(権利関係など)
ターム④ 3月から8月下旬:250時間でのインプットとアウトプットの繰り返し
→本格的に勉強を開始。インプットとアウトプットで知識を定着させる。
ターム⑤ 9月から本式園:本番に向けた最終調整
→2時間で50問を回答する感覚を身に付ける。一問一答などで知識の確認。

▶併せて読めば、合格率アップ!
1年で宅建合格を目指すための勉強スケジュールの立て方とは?イメージはフルマラソン?詳細はこちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建まであと1年あるけど、スケジュールどうしよう。」本試験まで丸1年!とてもキリの良いタイミングですが、この1年間を、宅建の勉強にどのように活用すればよいか迷いますよね。 自己管理能力が問われる独学において、スケジュールはとても大切[…]

本試験まで1年!宅建に合格するための1年間勉強スケジュールとは?

これは、1年で宅建合格を目指すためのスケジュールの1例です。1年の期間を5つの期間に分け、段階ごとに行うべき準備や勉強内容を記載しています。

この図において、試験1週間前の期間に当たるのが、最後の「ターム⑤」です。

このスケジュールでは、9月からが最終調整の時期となっていますが、半年で合格を目指す場合や3ヶ月で目指す場合には、それぞれのタームの開始時期は異なります。

ですが、どのスケジュールでも、最後の1週間がこの時期に当たることは確かです。

ここで、仮にこの「ターム⑤」を無くしてみましょう。

つまり、最終調整の時期を特別に確保することなく、「ターム④」で「インプットとアウトプットの繰り返し」を行い、そのまま本番を迎える(ターム⑤を④と一体化する)こととします。

そうすると、反復学習を繰り返して、知識は定着しているかもしれませんが、本番に対する準備としては完全といえるでしょうか?答えは、「いいえ」です。

このまま本番を迎えるには、準備はまだ不十分です。なぜなら、本番には本番のための準備が欠かせないからです。

「本番のための準備って何?」それは、一言でいうと本試験を意識したシミュレーションです。

もちろん、インプットとアウトプットの繰り返しによる試験範囲の勉強は欠かせません。理解や暗記をしなければ、宅建対策のスタート地点にも立てません。

しかし、スタートできたとしても、そうやって積み重ねた勉強を、仕上げの段階へ持っていく必要があります。

せっかくインプットとアウトプットの訓練をしても、最後のアウトプットの場である本試験において、適切に問題を解くことができなければ意味がありませんよね。

つまり、合格できなければ意味がないのです。勉強したというだけではダメです。

本試験で、会場の雰囲気にのまれることなく、時間内に焦らず丁寧に問題を解き、見直しを行うことができて初めて本試験でこれまでの積み重ねが発揮できたといえるのです。

「ものすごく勉強したけど、本番で緊張して頭真っ白になった…」では、これまでの頑張りが水の泡。

「ターム④」を本試験に対応できる段階へもっていくための時期が「ターム⑤」であり、その中でも最後の最終調整にあたるのが本試験1週間前の時期なのです。

この時期を、特に本番を意識せずに過ごすのか、それとも迫りくる本試験を意識して準備を整えていくのか、それによって宅建に合格できるかどうか決まってしまうといっても過言ではないのです。

以上が、本試験1週間前の時期の過ごし方が、あなたが合格通知を受け取ることができるかどうかに影響を及ぼす理由です。

宅建1週間前の過ごし方や勉強方法が合否を分ける!
→本番へ向けてシミュレーションをしておかなければ、これまでに積み重ねた勉強の成果を出し切ることができず、せっかくの努力が水の泡になってしまいかねないから。

宅建1週間前は、本番のシミュレーションでこれまでの勉強の仕上げを行う!

宅建1週間前は、本番のシミュレーションでこれまでの勉強の仕上げを行う!

宅建本試験の1週間前は、これまでのあなたの勉強の成果が発揮できるか否かがかかった重要な時期です。

この時期に、最終調整を行い、本番の準備を完成させられるかどうかが勝敗を決めるのです。

ここまでコツコツと勉強してきたにも関わらず、その努力が「本試験の1週間前をどのように過ごすか」によって水の泡になってしまう可能性があるのです。きちんと過ごすより他ありませんよね。

では、本番に向けて勉強を仕上げるとは具体的に何をすることを意味するのでしょうか。以下では、1週間前にやっておきたい勉強についてご紹介します。

①「2時間で50問解答」の感覚を身に付ける

本番のシミュレーションとして必ず必要なのが、本試験の問題を時間内に解答する感覚を身に付けることです。

どんなにインプットとアウトプットを繰り返していたとしても、正答率が高くても、時間内に解けなければ意味がありません。

本試験は、2時間の間に50問の問題に解答しなければなりません。

時間内に解き切ることは、合格するための基本中の基本なのです。時間の感覚は、1週間前の時期よりも前の段階から、徐々に取り入れておくべきといえます。

過去問を解くときも、問題集を解くときも、タイマーなどを使いながら常に時間を意識した勉強を心がけておきましょう。

②わからない問題は飛ばす・見送る癖をつけておく

これは、①にも関連するかと思いますが、本試験では、わからない問題や時間がかかりそうな問題を飛ばすことも大切です。

2時間は長いようで短いです。真剣に解いていればあっという間に過ぎてしまいます。

スピーディーに解くためには、どんどん解答を進めていくことが必要です。

しかし、全ての問題がスムーズに理解できればよいですが、中にはわからない問題にぶち当たることもあるでしょう。

そういったときには、思い切って飛ばすことも大切です。

時間に余裕があれば後でもう一度解答すればよいので、とにかくわかる問題から解いていきましょう。

問題の配点は全て同じです。50問で50点満点なので、どれを解いても同じ点数なのです。

わかるものから確実に点数を稼いでいきましょう。

わからない問題に時間をかけ、ずっと立ち止まってしまっては時間がもったいないだけです。普段の問題演習でも、立ち止まらずに進む癖をつけておきましょう。

③過去問の△と×をもう一度確認しなおしておく

インプットとアウトプットの繰り返しを仕上げの段階へ持っていくため、問題演習の段階で知識が微妙なままのところや、何度やっても間違えてしまうところを再確認しておきましょう。

ただし、全く理解できない分野や、確認というよりもこれまでやっていなかった重要論点ともいえない分野はやらない方が賢明です。

その時間は、過去の重要論点の学習に充てた方が生産的だといえます。

何度繰り返してもわからない部分は、1週間前の時点でやってもおそらくできません。

それならば、もう少しで理解できそうな部分、手が届きそうな部分に力を注ぎましょう。

④法改正や統計問題の情報を仕入れる

忘れてはならないのが、最新情報のチェックです。

法改正や統計問題は、最新の情報を確認しておくことが問題を解く上で必須となります。

法改正については、テキストや問題集などが対応しているものをもう一度確認するとよいでしょう。

各種関連するホームページなどの確認も有効です。

また、統計問題については、大手通信スクールのサイトなどが情報を提供していると思いますので、そちらをチェックしてみてください。

▶併せて読めば、合格率アップ!
統計問題は、試験科目「税・その他(免除科目)」の一分野です。対策方法や勉強のコツなどについてはこちら!

関連記事

「宅建の免除科目って何?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指して情報取集の真っ最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 宅建の試験科目を調べていると、「免除科目」という謎の科目名を目にすることと思います。「免除科目…?何それ?」[…]

「宅建の免除科目って…何?」5問免除の科目と勉強方法をご紹介!

⑤試験会場の雰囲気にのまれないように、イメージトレーニング

本試験当日になり、試験会場へ着くと、緊張感や他の受験者の存在などに圧倒され、雰囲気にのまれてしまうことも珍しくありません。

どれだけ勉強してきていても、その場の雰囲気に負けてしまって実力が発揮できないのは非常にもったいないことです。

そうならないためにも、本試験の問題を解きながら、場の雰囲気をイメージトレーニングしておきましょう。

これまで受けた大きな試験の体験を思い返してみたり、宅建受験の流れを確認して、自分で一度シミュレーションしてみたり。

どのような場に行き、どのような人たちに囲まれながら試験を受けることになるのかイメージして、備えておくことも立派な準備といえます。

宅建試験1週間前にやっておくべき5つのこと。
①「2時間で50問解答」の感覚を身に付ける。
②わからない問題は飛ばす・見送る癖をつけておく。
③過去問の△と×をもう一度確認しなおしておく。
④法改正や統計問題の情報を仕入れる。
⑤試験会場の雰囲気にのまれないように、イメージトレーニング。

宅建1週間前の勉強法が合否を分ける!最終調整で本番への準備完成!

宅建まで残すところあと1週間となりました。期間の差はあれ、宅建合格という目標に向かい、ここまでコツコツ勉強してきた皆さん、本当にお疲れ様です。

ですが、あとちょっとだと思い、気を抜いてしまわぬように注意してください。

この1週間前から本番までの勉強方法で、これまでのあなたの積み重ねが実を結ぶか、水の泡になるかが決まるといっても過言ではないです。

この時期にしっかりと本番を意識した勉強にシフトし、最終調整をしておかなければ、いくら勉強してきたとしても意味がありません。

勉強を仕上げの段階へ持っていき、本試験で力を発揮できるように準備しておきましょう。そのためにやっておきたいのが、次の5つのことです。

まず、「2時間で50問解答」の感覚を身に付けることです。本試験は、時間制限があります。

いくら正解率が高くても、時間内に解けなければ意味がありません。

普段の問題演習から時間間隔は身に付けるようにしておいてください。

次に、わからない問題は飛ばす・見送る癖をつけておくことです。

スムーズに解答することが求められる本番で、わからない問題に立ち止まっている暇などありません。

わからないところは思い切って飛ばし、次の問題へ進む癖をつけておきましょう。

過去問の△と×をもう一度確認しなおしておくことも重要です。確実な得点を稼げる部分は、しっかりと見直しておきましょう。

ただし、あまりにも理解できない部分や何度やっても正解できない問題は、今からやるべきではありません。

手の届く範囲のものを確実なものにすることに注力してください。

忘れてはならないのが、法改正や統計問題の情報を仕入れることです。

これは、本試験直前でなければ入手できない情報ですので、しっかりチェックして本番に備えましょう。

最後に、試験会場の雰囲気にのまれないように、イメージトレーニングをしておきましょう。

会場に行って、圧倒され、頭が真っ白になってしまわぬように自分なりのイメージを積んで準備することも大切なことです。

宅建1週間前の勉強方法は、明暗を分ける重要なものです。

これまでの努力が水の泡なんてことになってしまわぬようにしっかりと本番に向けた最終調整を行ってください。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG