「まだ間に合う⁉」たった1ヶ月で宅建合格を目指す独学勉強とは?

「たった1ヶ月で宅建に合格できるの?」そこのあなた、お困りですか?この記事をご覧になっているということは、きっと独学での宅建取得を目指していらっしゃることと思います。

もしかして、7月に受験を申し込んだは良いものの、そのまま時間だけが過ぎ、気付けば本試験1ヶ月前になっていたというようなパターンでしょうか?

独学という手段を選択することは、まさにそのような危険と隣り合わせ。少しでも気を抜けば、自己管理が疎かになり、宅建の勉強から遠ざかってしまうのです。

「もう1ヶ月しかない…」挫折寸前ですか?でも、せっかく7000円も支払ったんですよね?

ここで止めてしまっては、独学で宅建合格を目指すと決めた気持ちもお金も、どぶに捨てるようなもの。

せっかくなら、本試験までの1ヶ月、全力でもがいてみませんか?

勉強のポイントは、極限まで無駄を省くこと。

以下では、1ヶ月の独学勉強で宅建合格を目指す勉強法についてお伝えします。

▶併せて読めば、合格率アップ!
もうすぐ10月!いよいよ宅建本試験が行われる月に入ろうとしています!悩むのが、これから本試験までをどのように過ごすかということ。10月を有意義に過ごすためのラストスパート勉強法とは?

関連記事

「もう10月か…」いよいよ、宅建試験が行われる10月に入りました!勉強もラストスパートですね。 ここまで本当にお疲れ様でした。本番まで、あともう少し。 勉強の成果を無駄にしないために、10月から本試験までの残り少ない期間を有意義[…]

いよいよ10月‼宅建合格を実現させる、ラストスパート勉強法とは?

ポイントは、必要最小限!宅建までの1ヶ月を最大限に生かす独学勉強法とは?

ポイントは、必要最小限!宅建までの1ヶ月を最大限に生かす独学勉強法とは?

この記事をご覧になっているあなたは、きっと焦りに焦っているのではないでしょうか?

「宅建まであと1ヶ月しかない!」「このままで間に合うのか…」「でも受験料は払ったし…」そんな悩みが、頭の中をぐるぐるしているかもしれません。

独学での勉強を決心した自分をひどく恨んでいるかもしれません。

▶併せて読めば、合格率アップ!
人気の国家資格である「宅建」!最近難易度が上がっていると言われていますが、宅建は独学で合格できるのでしょうか?宅建攻略のコツについては、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

独学は、通学や通信講座に比べ、非常にリーズナブルです。時間に縛られることもなく、自由に勉強を進めることができるので、仕事や育児に追われる中でも手を伸ばしやすい資格取得方法だといえます。

独学は、いわば自由なセルフサービス。

「必要なものは各自で選んで勝手にやってください」と言われているようなもの。

宅建対策全体の流れを知り、勉強の始まりから終わりまでをスムーズにこなすことができなければ、あたふたしてやりたいこともできないまま終わってしまいかねません。

自己管理できないのであれば、簡単に心が折れてしまう可能性のある、リスキーな手段でもあるのです。

独学で「計画性」が大切だと言われる理由は、自分の進捗管理をする必要性があるからなのです。

しかし、今さら「全体の流れを把握…」などと言われても困りますよね?あなたにはあと1ヶ月しか残されていないのです。

しかし、もう申し込みは完了しているはずです。ここで諦めるか、それとも1ヶ月だけでも全力であがいてみるか…どちらを選びますか?

本試験の5ヵ月前から試験勉強を開始した私が言うのもなんですが、せっかくこの記事をご覧になっているのなら、ダメもとで1ヶ月あがいてみませんか?

決して絶対に合格を保障しているわけではありません。ですが、あがけるならやるだけやってもいいのではないかと思うのです。

1ヶ月という短期間で合格を目指す場合、ポイントは「効率化」‼これに限ります。

どれだけ必要最小限の勉強に抑え、試験に出る重要論点を頭に入れることができるかが勝負です。

では、以下で1ヶ月での独学勉強法をご提案します。

⑴まずは、過去問で重要論点を確認

1ヶ月で宅建合格を目指すに当たり、まずやって頂きたいのが過去の出題傾向の把握です。

過去問で重要論点を確認し、「どこが出るのか」「どこが出ないのか」を知るのです。

いわば取捨選択を行う作業だと思ってください。

使用するのは、過去問の出題頻度が掲載されたテキストや、ネットなどでの情報収集、実際に過去問を入手するなど何でも構いません。信憑性のある資料によって分析を行いましょう。

宅建において、過去問は非常に優秀なアイテムです。宅建は、過去に出題された論点が再び問われる確率が高い試験だと言われています。

ということは、過去の出題頻度の高い分野を知ることが、試験での得点源を知ることに繋がるということです。

もちろん、法改正や裁判例の判断が変更されることもあれば、新たな制度ができることもあります。

宅建は、不動産取引に関する知識が問われる試験です。法律や各種規制が試験範囲になっています。

改訂されて当然なのです。

ですので、出題頻度の高い分野であれば、また全く同じ内容が問われるというわけではありません。

しかし、内容は変われど、重要論点が重要論点であることに変わりはないのです。

例えば、宅建の試験科目である「権利関係」には「民法」が含まれますが、その中でも「意思表示」の分野はかなり出題頻度が高い分野だといえます。

取消しや無効など、非常にややこしい内容ですが、逆にいえば、問題としてはかなり問いやすい内容と言えます。

物権変動における第三者なども同様です。善意の第三者が契約に介入した場合にはどのように取り扱いが変わるのか、悪意である場合にはどうなのか…など、どう考えても出題されやすい分野です。

こういった重要論点を逃す手はありません。

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建は過去問さえ解いておけば合格できる試験?「過去問だけ」は危険ですが、試験勉強を行う上で、過去問が優秀なことは事実です!過去問の賢い活用方法についてはこちら!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

過去問を読み解いていくことは、重要論点を知ること。すなわち、試験に出る部分と出ない部分を振り分けることを意味します。

出題される分野を取捨選択し、頭に入れるべき内容を知ってください。

これが勉強量を必要最小限にするために必須の作業となります。

まずは、過去問から出題頻度を分析し、重要論点を絞り込んでください。

⑵テキストを読み込み、内容をインプット

過去問により重要論点を絞り込んだら、次は一気にテキストで内容をインプットしましょう。

⑴で出題頻度を調べたら、テキストや参考書の重要論点該当ページにマークすると見直しやすいです。

また、テキストの中には過去の出題頻度が掲載された教材もありますので、そちらを使うと⑴の作業がテキストの読み込みと同時に行え、より効率的です。

テキストの読み込みですが、注意点は、理解できなくてもとりあえず読み進めることです。

途中で止まってしまわず、どんどん読み進めましょう。

一度で全て理解しようとしなくても構いません。重要論点に該当するページを確認し、どのような内容なのかを把握していきます。そして、項目ごとに対応する問題にも目を通しましょう。

「どのような内容がどういった形式で出題されるのか」を確認するのです。

だいたい1科目に1日のペースで進めることをお勧めします。要するに、インプットに時間をかけすぎないでいただきたいのです。

「理解」も「暗記」も、⑶でお伝えするインプットとアウトプットの繰り返しで徐々に身に付けていただきたいスキルです。ここでは目を慣らすことを第一目標とし、アウトプットへスムーズに移行するためのステップと考えましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
短期間で宅建に合格するためのスケジュールの立て方と勉強法とは?詳しくはこちら!
→https://house-building.net/schedule/short-term/

このように、まずは⑴過去問で重要論点を絞り込んだら、⑵テキストの該当ページで一気に確認し、インプットの段階に入りましょう。

注意点は、時間をかけすぎないこと。わからなくても止まらないことです。あくまで目の慣らし、アウトプットへのステップです。

⑶アウトプットを中心とした反復学習の繰り返し

重要論点をテキストでインプットできれば、あとは問題演習を中心とした反復学習を繰り返しましょう。

問題集や過去問でアウトプットをし、解答を確認します。

間違えたところや理解できないところは解説やテキストで確認し、そしてまた問題演習をします。これの繰り返しです。

最初から全て正解しようとしないでください。むしろ間違えるために問題を解くくらいの気持ちで挑んでください。

間違った部分は正解した問題よりも記憶に残りやすいかと思います。記憶の定着にはその効果を使いましょう。

どんどん間違えて、どんどん解説を読みましょう。テキストで確認すべき場所は該当ページに付箋を貼り、「自分の苦手分野だ」という印をします。

問題集には、何周解いたかという回数と日付、正誤を「○」「×」で記録し、曖昧な分野には「△」を書きましょう。

これが繰り返すべき重要論点の印となります。どんどん回数を重ね、「△」や「×」を減らしていきます。

そうして繰り返せるだけアウトプットを繰り返し、重要論点を頭に入れましょう。

そして、このアウトプットですが、本試験に近づいてきたら時間を計って行ってみて下さい。

「2時間で50問」という時間感覚を身に付けるためです。本試験の時間制限を体感しながら解くことで、本番で焦らないように普段から準備しておきましょう。

最終調整期間は、だいたい本試験の1週間前と考えてください。仕上げの段階に入る目安の期間です。

▶併せて読めば、合格率アップ!
本試験まであと1週間!迫る本番に備えるための1週間の過ごし方とは?詳しくはこちら!

関連記事

「試験1週間前から本番まで何を勉強すべき?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、ここまでひたむきに勉強を続けてこられたことと思います。 本当にお疲れさまでした!宅建は、不動産取引に関する専門知識が問われる国家試験です。 幅広[…]

宅建まであと1週間!準備万端で本番を迎える1週間前勉強法とは?

1ヶ月で宅建合格を目指す、独学勉強フロー

  1. 過去問の分析により、重要論点を確認。
    →必要箇所と不要箇所を取捨選択。
  2. テキストで重要論点をインプット。
    →時間をかけすぎないように注意。わからなくても止まらず進む。
  3. アウトプットで知識を定着。
    →ひたすら問題演習を繰り返す。始めの頃はむしろ間違えるつもりで問題を解く。
    本試験に近い時期には「2時間で50問」の時間感覚を身に付ける訓練をする。

このように、重要論点に絞り込み、テキストでインプットをすればあとはアウトプットを繰り返すことが、1ヶ月で宅建合格を目指すための最短ルートと考えます。

とにかく進むことを止めず、間違いも恐れず本試験までコツコツ勉強してください。

効率的な勉強が鍵!1ヶ月で宅建合格を目指すなら、独学でも恐れず進むこと‼

「たった1ヶ月で宅建合格できる?」7月の受験申込は完了したものの、忙しくてなかなか勉強できず、気付けば本試験まであと1ヶ月…。

そんなあなたは、自己管理能力が問われる独学という手段を選んだかつての自分を恨んでいることでしょう。

ここで諦めますか?それとも最後まであがきますか?決して、合格を保障するわけではありません。しかし、どうせならあと1ヶ月、全力で宅建の勉強をしてみませんか?

勉強のポイントは、極限まで無駄を省くこと。つまり「効率化」です。

まずは、⑴過去問によって出題頻度を知り、重要論点に絞り込みましょう。宅建において過去問ほど優秀なアイテムはありません。

これまでに出題された問題を知ることができるだけでなく、どういったところが重要で、どういった形式で問われるのかを把握することができるのです。

宅建は、過去の出題頻度が高い論点が繰り返し登場する確立が高いと言われています。

過去問の分析により、必要な箇所とそうでない箇所の取捨選択を行い、勉強すべき分野を必要最小限に絞り込みましょう。

そして、重要論点がわかれば、一気にテキストの該当ページを読み込みます。

この時点で頭に入れようとする必要はありません。どのような内容かを把握し、項目ごとに問題演習を挟むことで、アウトプットをスムーズに行う準備をしましょう。

テキストを読み終えれば、いよいよアウトプットです。問題集や過去問を通し、問題演習を行います、最初から正解を狙う必要など全くありません。むしろ間違える気で挑んでください。

間違えた部分は不思議と記憶に残りやすく、間違えたら解説を読み、テキストで理解し、もう一度解くことで知識の定着に繋がります。

本試験に近づいてきた頃には、「2時間で50問」という時間感覚を身に付ける訓練をしましょう。

実際に時間を計って問題を解き、本番で焦らないように準備しておくことが大切です。

1ヶ月という短期間で、ましてや独学で宅建合格を狙うのは、容易ではありません。

しかし、ダメもとでも挑戦するからには全力でやってみてください!勉強フローはあくまで参考ですが、できるだけ無駄を省いた効率的な勉強は、宅建合格には必須です。あなたの健闘を祈っています。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG