つらい勉強や日々の不安に負けない!宅建対策を乗り切る秘訣とは

つらい勉強や日々の不安に負けない!宅建対策を乗り切る秘訣とは⁉

「宅建の勉強つらいな…」「合格できるか不安…」宅建の取得に向けて勉強していると、誰だって一度は、つらさや不安を感じるはずです。

テキストや問題集に向かい、難しい専門用語と日々にらめっこ。

勉強は、計画通りには進まず、それどころか、忙しくてなかなか勉強時間も確保できませんよね。

一向に理解できない箇所があったり、何度やっても間違える問題があったり…。

そんな中でも時間は待ってくれません。刻々と宅建本番は近づいてきます。

「つらいな…」「このままで本当に合格できるの?」と、不安に押しつぶされてしまいそうになりますよね?

「合格できなかったらどうしよう」色々な思いがグルグル…。このまま本試験を迎えるなんてあまりにつらい!

では、日々の勉強に対する不安やつらい気持ち、不合格に対する恐れなどに負けず、強い気持ちで宅建受験をするにはどうすればよいのでしょうか?

ブレずに宅建本試験を乗り切る秘訣、お教えします。

▶併せて読んで、宅建合格!
不安で孤独な独学。そんな独学で宅建に合格し、無事に宅建士になるにはどういった勉強をすればよいのでしょうか?こちらの記事も、是非ご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

大切なのはビジョン⁉つらい勉強や不安を振り切り、宅建本試験を迎える秘訣は⁉

大切なのはビジョン⁉つらい勉強や不安を振り切り、宅建本試験を迎える秘訣は⁉

宅建試験に向けて、毎日1人で黙々と勉強を続けていると「うう…勉強つらいな…」「このままで合格できるのかな…」と、不安に押しつぶされそうになっては来ませんか?

宅建受験を決めた日から、たくさんの情報を集めて、自分に合った教材も選んだつもり。

本試験までの計画も立てて、毎日できる限り勉強時間も確保している…。でも、現実はそう甘くありません。

思ったように勉強が進むわけでもなく、難しい範囲を乗り越えたと思ったらまた壁にぶち当たっての繰り返し…。

独学では、切磋琢磨し合える仲間もおらず、頼れる講師の人もいません。

今の勉強の方向性が間違っていても、指摘してくれる人はいないのです。

ふと気付けば、いつだって一人で戦っています。

あなたが立ち向かっているのは、今年度の宅建試験。過去問でも問題集でもありません。

いわば未知の敵。このつらい勉強を続けても、合格する保障なんてないのです。

「このままで本当に大丈夫なのかな⁉」不安になってもおかしくありません。

しかし、焦ったところで時間は待ってくれず、間違いなく本番はやってきます。「このまま本試験まで勉強するなんてつらい!」不安に負けそうになりますよね。

では、そんな不安やつらい勉強に負けず、本試験に立ち向かうにはどうすればよいのでしょうか?

宅建を受験する上で大切にしたい心構えや勉強法をお教えします!

▶併せて読んで、宅建合格!
「私に独学なんて無理だ…」そう決めつけているのは自分では⁉辞めるも続けるもあなた次第!迷っているなら、止める前にこの記事をご一読ください!

関連記事

独学で宅建の勉強をすると決めたはいいものの、途中で必ずぶつかるのが「独学じゃ合格できないんじゃない…?」という「私には無理」という壁ではないでしょうか? 1人で黙々と勉強を進めていると、どんどん疑心暗鬼になってきますよね。 独学[…]

「独学じゃ宅建に合格できないよ!」自分で無理と決めつけてません⁉

宅建合格後のビジョンを持つこと!

宅建合格に向けて大切なことは、きちんとした目標を持つこと。

「宅建の勉強がつらい」「もう止めたい…」そう思ったときに、初心に立ち返って宅建合格後のビジョンを見据えることができるかどうかが、合格できるかどうかを左右するといっても過言ではありません。

つまり、「なぜ宅建を取得したいのか」「何のために勉強をするのか」という目的を自分の中ではっきりとさせておくことが大切です。

確かに、宅建の勉強はお世辞にも楽とは言えません。

つらいですよね…。

法律や不動産関係に全く無縁の方であれば特につらいと思います。

例えば、「権利関係」の科目では、民法が含まれ、何だかよくわからない専門用語ばかりですし、普段使っている言葉と見た目は同じなのに、意味は全く別だったり…。

法律の勉強と言うと「六法全書を覚えること」と思われがちなのですが、実はそうではないのです。

本当に必要なのは、条文の解釈方法や裁判例での結論を知ること。

これまた自分が想像していた勉強内容とは異なるため、そのギャップに驚かされることと思います。

不動産業界などにお勤めでない限りは、建築に関するルールなど無縁です。建築基準法や国土利用計画法などでは細かい数字が問われますが、ややこしくて複雑極まりない!テキストを見るだけで拒否反応を起こす人も多いはずです。

また、忙しくて思ったように勉強時間が取れないと、それだけでストレスになります。

当初立てた計画通りに勉強することができればよいのですが、現実にはそうもいかず…。

予定外のことが起きることもありますし、仕事の疲れで思ったように頭に入らないこともあります。

育児や家事が忙しく、空き時間が上手く活用できない日だってありますよね。でも、時間は待ってはくれず、どんどん本試験は迫ってきます。

「早くしないと…」という焦りがこみ上げてきてイライラしてしまうと、余計に勉強の効率が悪くなったりするんですよね。不安だけがどんどん膨らむのです。

でも、そのつらい気持ちや不安を否定してしまう必要はないと思うのです。

なぜなら、宅建の勉強がつらいものであることも、合格できるか不安になることも当たり前のことだから。

その当然のことを当然のように感じているあなたは、別に間違っていません。

むしろ、その気持ちこそ、宅建に真摯に取り組んでいる証拠ではないでしょうか。

大切なのは、その勉強のつらさや不安に負けないこと。

そこを乗り切って勉強を継続することなのです。

そして、その壁を乗り越えるために大切なのが、宅建合格後のビジョンを自分の中で持っておくこと。

あなたは、何のために宅建を取得するのですか?

目標ははっきりしていますか?宅建取得を何となく決めたという方、もしくは目標がぶれてしまってわからなくなってしまったという方は、もう一度ご自分でビジョンを固めましょう。

たとえば、宅建取得によって得られるメリットを考えることも1つのビジョンです。

就職活動や転職活動でアピールポイントを増やしたいのなら、それも立派な宅建取得の理由です。

面接の場で、宅建合格に至った経緯や宅建保有者として自信を持って受け答えする自分の姿を想像してみてください。

きっと、つらい勉強も乗り越えられるはずです。

宅建を取得して復職を目指す方は、働いている自分の姿を想像してみてください。

バリバリ働く自分は、きっと今あなたが憧れている姿のはず。自分の夢のためならば、不安でもなんでも頑張る気になってきませんか?

勉強を続けることでしか、その姿に近付けません。つらいし不安でも、自分のビジョンに近づくためなら頑張れそうです!

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建取得には、メリットがたくさん!その一つが資格手当の支給が受けられるということ。資格手当の相場や支給についての注意点については、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建士の資格手当ってどれくらいもらえるの?」お困りですか? この記事を読んでいらっしゃるということは、きっと宅建合格へ向けて情報収集の真最中かと思います。 あなたは、宅建士の「資格手当」についてはご存知ですか? 宅建士資[…]

宅建士の資格手当はどれくらい?手当支給の要件や相場・注意点は?

宅建合格後のビジョンを持つことは、宅建を受験すると決めたときの自分の気持ちを思い出し、つらい勉強や不安を乗り越えるためにとても大切なのです。

勉強がつらいことも、合格できるか不安なことも、当然なのです。

結果がわからないことに対し、心配や不安を持つことは人間なら当たり前のこと。

大切なのは、その状態からどう盛り返すか、どう切り替えて、宅建合格へ向けて勉強を続けていくのかということなのです。

「何のために宅建合格を目指すのか」「なぜ宅建が欲しいのか」ということをもう一度振り返ってみましょう。

宅建合格後の自分がはっきりとイメージできれば、今はつらい勉強も、合格できるかわからないという不安も乗り越えられるはずです。

勉強の記録を付けること!

「合格できるか不安」「このままで大丈夫かな…」そういった気持ちが襲ってきてつらいという人は、日々の勉強を記録することが大切です。

自分が、宅建本試験に向けて1日1日何を勉強しているのか、どれくらい勉強したのかを記録するのです。

自分の勉強の進捗状況を目に見える形にすることで、「見えない不安」を和らげましょう。

先ほど、勉強がつらい気持ちや不安は当然だと言いました。

宅建は、年に一度の試験であり、あなたが受ける試験は、過去に行われたどの試験とも違うものです。

過去問のどれでもないのです。未知の敵であることが分かっているのです。そりゃあ不安ですよ。初めて行く場所に抱く不安や、どうなるかわからない怖さに似ているでしょう。

しかも、これで不合格ならば、1年後しかチャンスがないと思うと余計にプレッシャーですよね。

「合格できなかったらどうしよう…」と思って当然です。あなたの勉強が宅建に合格できるものだと保証してくれるものは何もないのです。

誰も「あなたなら絶対合格できるよ!」なんて言えません。出題者でさえ、当日あなたがどんなコンディションで受験し、マークミスもせずに解答できるかどうかわからないのです。

誰も保証できないのです。

でも、逆に言えば、誰にもわからないからこそ、全力で挑むことしかできないということですよね。

わかっているのは、勉強しない者に合格はないということだけ。

勉強しなければ合格はできないということ。それならば、勉強の軌跡を記録して、可視化しましょう。

気休めかもしれませんが、勉強の完成度や進捗状況を可視化することはとても大切なこと。

どこまで対策が進んだかわからなければ、勉強していても宙ぶらりんです。

一つ一つ区切りをつけ、「よし、ここまで合格に近づくための勉強をしたぞ!」と自分の不安に対して、自信になる証拠を与えてあげましょう。

問題が解いたならば、それが正解でも間違っていても、とにかく記録するのです。

「その問題を解いた」という事実事態が勉強したという事実として残ります。

少なくとも、「何かした」という軌跡は残ります。不安が邪魔になるのであれば、安心要素を与えてあげるのです。

気休めでも構いません。進捗状況確認のためにも、記録しておきましょう。

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建を独学で勉強するなら、進捗管理をするための計画が必須!計画の立て方についてはこちらの記事をご覧ください!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

宅建に合格できるかどうか不安なのは、誰だって同じ。何も保証がないのですから、怖くて当たり前です。

しかし、勉強無くして合格はないということは分かっているはずです。

勉強しなければ、合格はできません。ということは、少なくとも勉強していることは宅建合格にむけて行動しているということを示しているのです。

その軌跡を残すためにも、勉強の記録を付け、どれくらい勉強が進んだのか進捗状況を記しておきましょう。

達成度を残しておくことで、目に見える形で進んでいることを確認するのです。

気休めでも構いません、不安を乗り越え、前に進むためには気休めも必要!つらい勉強も合格への糧になっていると思えば、踏ん張れるはずです!

とにかく毎日宅建の勉強をすること!

そして、不安でつらい気持ちを拭い去るために重要なことがもう1つ。

それは、とにかく毎日勉強を続けること。どんなに短くてもいいので、宅建の勉強を毎日続けて行ってください。

距離を置きすぎると、ブランクの所為で不安になります。

忙しいかもしれません。

時間がないかもしれません。

でも、1日の中に無理にでも宅建の時間を作ってください。

記憶の定着という意味でも、毎日続けることが大切です。

宅建の試験範囲は広く、高校生のころまでの定期テストのように短期的に一気に暗記できる量ではありません。

長期的なスパンで勉強することを視野に入れることが必要です。

1日1日の地道な積み重ねが合格への知識の積み重ねとなります。

そして、記憶の定着にも、毎日続けることが効果的になってきます。

忘れるかもしれない不安や合格できるかどうかわからない不安は、毎日続けることで払拭しましょう。

つらいかもしれませんが、一歩一歩確実に前進しています。

しかし、毎日続けなければ後退してしまう可能性も十分にあるのです。着実に進むためには、毎日続けましょう。

つらい勉強も不安も当たり前!大事なのは切り替えて宅建合格へ持っていく力‼

1人で黙々と宅建の勉強をしていると、つらい気持ちや不安との闘いになりませんか?

「合格できるのかな?」「勉強つらいな…」先の見えない不安や合格の保証がない不安定さに負けそうになりますよね。

でも、そのたらい気持ちや不安は、当然なのです。誰でも一度は向き合うものなのです。

なぜなら、あなたが受けるのは、過去問でも予想問題集に出てくるものでもない、全く予測のつかない問題です。

どれだけ勉強しても、どれだけ頭の中で出題予想をしても、本試験は全くはじめてのものなのです。

誰にもあなたが合格できると断定することはできないのです。

見えない敵との闘いに、不安を覚えない方がおかしいですね。

大切なのは、そのつらい気持ちや不安を否定してしまわず、それを受け入れた上でどう乗り越えて勉強を続けるかということです。

まずは、宅建合格後のビジョンを明確に持ちましょう。

一体何のために宅建を取るのか、なぜ合格したいのかをしっかりと自分の中で持っておくのです。

就職活動のため、復職のため、独立開業、キャリアアップ、資格手当など、なんでもいいのです。

とにかく、宅建合格後にはあなたのあこがれているあなた自身の姿があるはず!

その目標を達成するには、今つらい勉強を超えて、不安など気にせずに勉強を継続するしかないのです。

ビジョンを持つことは、合格後の姿を明確にイメージし、モチベーション維持には欠かせません。

もし、まだはっきりしないという人は、もう一度考えてみて下さい。そして、不安を乗り越えるためには、勉強の記録を残しておくことも大切です。

毎日自分がどれくらい勉強し、どれくらい進んでいるのかを見える化することで、不安を払拭しましょう。

たしかに、合格できるかどうかはわかりません。

ですが、勉強しなければ、合格できないことは事実。

それならば、気休めにしかならないかもしれませんが、勉強をしたという事実を記録し、合格するために積み重ねているものがあることを残しておきましょう。

つらい勉強の積み重ねが、合格への糧になっていることは事実。

不安を乗り越え、確実に前進していきましょう。最後に忘れてはいけないのが、毎日勉強を続けることです。

ブランクは、不安のもと。宅建とは距離を置かず、できるだけ毎日勉強するようにしましょう。

忙しくても、時間がなくても、一行でもいいのでテキストを読んでください。

一問でもいいので問題を解いてください。

毎日宅建と触れていると、記憶の定着にも繋がり、合格への不安や勉強へのつらい気持ちも吹き飛ぶくらい自信も付きます。

不安やつらい気持ちは、宅建の勉強にはつきものです。

大切なのは、その気持ちをひていすることではなく、どう乗り越えるか。今回お伝えした秘訣を試して、本試験まで全力で駆け抜けてみてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG