独学にうってつけ!宅建勉強に活用したいおすすめサイトとは⁉

独学にうってつけ!宅建勉強に活用したいおすすめサイトとは⁉

「宅建の勉強におすすめのサイトってない?」お困りではないですか?

独学での宅建合格を目指して、日夜勉強に励んでいらっしゃることとお見受けします。

独学って大変ですよね。もちろん、費用も抑えられ時間の融通も利く点では、独学の右に出る者はありません。

しかし、何から何まで自分ひとり。

誰かがカリキュラムを用意してくれるわけでもなく、わからないところが質問できる環境にあるわけでもありません。

「何をどのように勉強していくか」は、あなた次第。計画的に自己管理を徹底できるかが、独学成功のミソ!でも、全てが順調にいくわけありませんよね。

そんなとき、勉強面でも情報面でも、あなたの助けになってくれるサイトがあると心強いですよね?「そんなに都合の良いサイトあるわけないっ」いえ、実はあるんです‼

以下では、あなたを、独学の孤独感から救ってくれるおすすめのサイトをご紹介します‼是非、勉強にお役立てください!

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建は独学でも合格できる?法律系の国家試験として人気の高い宅建試験。そんな宅建に独学で合格し、無事に宅建士の称号を得ることはできるのでしょうか?

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

独学にぜひとも取り入れたい!おすすめの宅建勉強サイトはこれ!

独学にぜひとも取り入れたい!おすすめの宅建勉強サイトはこれ!

この記事をご覧になっているあなたは、きっと独学での宅建合格を目指していらっしゃることとお見受けします。

宅建の勉強手段と言えば、通学・通信講座・独学の大きく3つが頭に浮かぶかと思いますが、その中でも「独学」は、低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですよね。

通学ならば、15万~20万円ほど費用がかかってしまいますし、決まったスケジュールに学校に通わなければなりません。

校数が限られる資格学校では、交通の便が決していいとはいえない場合もあります。

通信講座は通学に比べて費用は抑えられますが、それでも5万~10万円が相場です。どちらも費用面や時間の自由という意味では、独学には遠く及びません。

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建に独学で合格するためには計画性が不可欠!スケジューリングのコツは「5W1H」‼独学での計画の立て方について詳しくはこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

そんな魅力いっぱいのように感じられる独学ですが、決定的な落とし穴が存在します。

それは、何と言っても「1人で勉強する」ということ。人によってはメリットにもデメリットにもなる側面といえますが、費用面と時間的融通で選択することの多い手段であるが故に、独学の難しさに負けてしまい、挫折に追い込まれる人も少なくないはずです。

「1人で勉強する」ということは、何から何まで自分で決めなければならないということ。勉強計画も教材選びも、勉強時間も場所も自分次第でどうにでもできるのです。

とにかく、「自由すぎる」環境にあるんですよね。

自由だからこそ自己管理能力がなければすぐにポキッと折れてしまいます。「確かな支えになるものがない」ということが、独学の怖いところです。

そんな独学という孤独感との闘いの渦中で、あなたに助けを与えてくれる宅建勉強用サイトがあれば、とても心強くありませんか?

「同じ目標に向かって頑張っている仲間がいる」「こんな解説が欲しかった!」そんな発見ができるサイトがあると、非常に助かりますよね。

あるいは、重たい冊子を持ち歩かずとも、外出先で過去問を解くことができたり、知識の定着具合を確認できるサイトがあれば、すきま時間の活用にもなり、とても便利です。

「そんな都合のいいサイトなんてあるの?」と思われるかもしれませんが、実はあるんです‼

では早速、独学で宅建に挑むあなたにおすすめしたい宅建勉強用のサイトをご紹介します!是非覗いてみてくださいね!

厳選‼おすすめ宅建勉強サイト5選!

では、独学受験者におすすめの宅建勉強サイトをご紹介したいと思います。

➀「宅建みやざき塾」

まず、おすすめしたいサイトが「宅建みやざき塾」です。

一度は聞いたことがある名前かもしれません。

私がこちらのサイトを開いたときに、まず目に飛び込んできた文字が『ココだけで合格できる!宅建についての情報満載‼』でした。サイト内を拝見させていただくと、本当にその通り。宅建合格に有効な勉強法や、学習手段(通学・通信講座・独学)のメリットデメリット、宅建試験についての種々の情報やよくある質問などなど…。

独学で宅建の勉強をしていると気になる点について、包括的な情報を確認することができます。

実際に「宅建みやざき塾」によって合格なさった方の体験談なども読むことができますので、どういった点を活用するとよいのかなど、体験談から学べる点も多いと思います。

そして、「宅建みやざき塾」は、YouTubeチャンネルもおすすめです。

講義形式の動画が無料で視聴できるため、わからないところの理解に役立ちます。

ホワイトボードに板書がありますので、そこに書かれた図などを見ながら学校で授業を受けている感覚で宅建の勉強をすることができます。

特に民法などは、なかなか初学者の方には難しい論点も多く、図解することが必要な場面が多いです。図を描くといっても、自分でいきなり書くのは難しいと思います。

そのようなとき、動画を見ながら書くことで、「どのような図を描けば当事者の関係性がわかりやすくなるのか」、「どういった点が理解のポイントになるのか」等がわかりやすく頭に入ることでしょう。

宅建とは何か、どのような道のりで宅建士になるのかなど、宅建について隅から隅まで知りたい方には「宅建みやざき塾」がおすすめです。「別に必要ないよ…」と思っている方も、一度は覗いてみても損はないはずです。

勉強の助けになること間違いなしです。

宅建みやざき塾

②「宅建超高速勉強術 公式ブログ」

次にご紹介するのが、「宅建超高速勉強術」です。

こちらは、宅建の各試験科目(「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」「税・その他」)の重要論点についての解説が特徴的なサイトという印象です。

解説は、主に図表と文字ですが、色分けやラインマーカーなどで重要な点がわかりやすくされており、「○○と間違えないように」など、市販のテキストの1ページかのような指摘も見られます。

また、各論点の解説の最後には、当該論点に関連する過去問の年数と番号が掲載されており、実際にどのような問題かを確かめることができます。

コメントとして質問することができるのも、このサイトの魅力かと思います。独学で勉強していると、わからないところが出てきてもすぐに質問できないのが普通ですので、誰かに聞くことができるのは安心要素になり得ますよね。

サイト内では、平成元年度から令和元年度までの過去問も見ることができます。各年度の問題、正解番号、重要度などもまとめられており、解説もなされているので、非常に便利です。

テキストや問題集に勝るとも劣らないクオリティのサイトと言えます。是非チェックしてみてください。

宅建超高速勉強術

▶併せて読んで、宅建合格!
毎年多くの受験者を苦しめる「権利関係」。宅建試験科目の中でも特に難易度の高い分野である「民法」を含むこの科目を乗り切る勉強法とは?詳しくはこちら!

関連記事

「権利関係ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建取得を目指し、情報収集の真最中でしょうか?それとも、すでに勉強中かもしれません。 宅建には、「宅建業法」と共に重要視される「権利関係」という試験科目があります。多くの人が[…]

「権利関係」の効率的な勉強法をご紹介!あなたも独学で宅建合格‼

③「水野健の宅建・合格魂!養成ブログ」

次は「水野健の宅建・合格魂!養成ブログ」です。

このサイトは、宅建の包括的な情報サイトというよりも、各試験科目における重要ポイントをまとめてくださっているサイトと表現できるでしょう。

各科目の復習ポイントや重要な点が強調されており、「どこが大事かわからない」というときの情報の取捨選択に役立つものと思われます。

ここのサイトだけで全科目の全論点が網羅できるわけではありませんが、「必要な知識」を整理するために一度覗いてみるとよいかと思います。

水野健の宅建・合格魂!養成ブログ

④「【宅建動画の渋谷会】佐伯竜」

次におすすめするのは、「【宅建動画の渋谷会】佐伯竜」というWebサイトも運営していらっしゃる方のYouTubeチャンネルです。

私は、この方の動画に拝見したとき、素直に「面白い」と思いました。

そして、「楽しんで、わかりやすく勉強できるな」と感じました。その特徴は、講師の方自らが、動画内でノートを書きながら講義をしていらっしゃることです。

ラインを引きながら、大事な箇所にマーカーで丸を付けながら、とにかく五感を使って勉強ができるのです。解説もわかりやすく、非常に勉強になります。

Webサイトの方では有料の講座の案内もありますが、動画だけでも十分勉強に役立つ情報が盛り込まれていると思いますので、是非ご覧になってみてください。

【宅建動画の渋谷会】佐伯竜

⑤「宅建試験ドットコム」

最後におすすめするのは、「宅建試験ドットコム」です。

こちらのサイトでは、過去問の演習ができます。一問一答形式で解答することもでき、より正確な知識を身に付けることに役立ちます。

問題には、丁寧な解説とその論点に関連した条文や裁判例などが表示され、復習に最適です。自分でもう一度調べることを促してくれますので、インプットの質が上がると言えます。

過去問だけではなく、宅建試験についての情報や、サイトの上部には次回の本試験までのカウントダウンもされており、サイトを開くたびに宅建試験への意識が高まることでしょう。

掲示板があるのもありがたいところですね。独学だと孤独感による不安が襲ってきます。そんなとき、些細な質問や情報の共有ができると心の支えとなります。モチベーションの維持にも役立ちますよね。

宅建においてアウトプットは欠かせません。過去問演習をしながらインプットもできるこのサイトは、おすすめです。

宅建試験ドットコム

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建は過去問さえ勉強すればOK?過去問は、宅建対策において欠かせないアイテムですが、それだけではちょっと不安…。賢く使うことがポイントです!過去問の活用法についてはこちら!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

■独学におすすめ宅建勉強サイト5選‼

以上が、私がおすすめする独学受験者向けの宅建勉強サイトです。5つご紹介しましたが、まだまだたくさんあります。あなたに合ったサイトを見つけ、勉強の味方にしてください。

無料だからと侮れません!独学受験者におすすめの宅建勉強サイト5選!

独学で宅建の勉強をしていると、「これで大丈夫かな…」と不安になってはきませんか?

独学は、宅建の勉強手段の中でも低コストで時間の融通も利く魅力的な手段ですよね。

でも、常に自己管理能力が問われる難しい手段でもあります。教材選びも勉強の進め方も、何から何まで自分1人で決めていく必要があります。

自由度が高いということは、それだけ挫折する危険性も高いということ。よほどの覚悟と根気がなければ順調に本試験まで勉強を続けることなどできません。

しかし、そんな孤独感の中に、勉強面でも精神面でも支えとなってくれる宅建勉強サイトがあれば心強いですよね?そんな都合のよいサイトが…実はあるんです‼

おすすめは5つ。まずは「宅建みやざき塾」です。

こちらのサイトでは宅建の情報が包括的に紹介されており、宅建対策の開始から終了まで終始役立つサイトと言えます。

また、YouTubeチャンネルでの講義動画の内容クオリティは高く、理解の助けとなってくれること間違いなしです。

次に、「宅建超高速勉強術 公式ブログ」です。こちらは、各重要論点についてわかりやすく解説がなされており、まるで市販のテキストの1ページを思わせるわかりやすさです。

各論点に関連する過去問の年度と問題番号も掲載されていますので、復習にもぴったりです。

「水野健の宅建・合格魂!養成ブログ」は、網羅的とはいえませんが、本当に必要な論点をわかりやすく解説してくれています。

合格に必要な知識の取捨選択にはもってこいです。

「【宅建動画の渋谷会】佐伯竜」は、Webサイトもありますが、特におすすめなのがYouTubeチャンネルです。

手書きのノートと講義をしながらどんどん書き進めていく形式が特徴的で、五感に訴える動画となっています。

素直に「面白い」と感じられるはずです。最後に、「宅建試験ドットコム」です。こちらでは、過去問の演習をサクサクと進めることができます。

一問一答形式なども選ぶことができ、そのとき必要な勉強方法でアウトプットやインプットができます。

また、掲示板も用意されており、独学独特の孤独感が和らぐことでしょう。

以上が私がおすすめする宅建勉強サイト5つです。

どれも無料とは思えないクオリティであり、独学での勉強に役立つこと間違いなしです!ただし、これらのサイトだけで宅建本試験に臨むことは、私個人としてはおすすめできません。

やはり、手元に最低でも1冊はテキストを用意しておくべきだと思います。そのテキストとサイトを両方活用することで、お互いの不足分を補うながら勉強を進めてみてはいかがでしょうか。健闘を祈っています!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG