独学でも挫折せずに宅建合格‼挫折を未然に防止する対策・工夫とは⁉

独学でも挫折せずに宅建合格‼挫折を未然に防止する対策・工夫とは⁉

独学で宅建の勉強をする上で、懸念されるものの1つが「挫折の危険性」ではないでしょうか?

独学は、通学や通信講座という手段に比べ、費用もかからず時間の自由も利きます。

忙しく、お金に余裕のない中でも宅建を受験したい人にはぴったりです。

しかし、独学と聞くと無条件に「大丈夫かな…」と心配になってしまうのも正直なところ。

わからないところが質問できないのが当たり前の環境で、教材選びや勉強のペース配分も全部自分で決めていかなければなりません。

独学では、自己管理ができなければ挫折してしまう可能性が高いのです。

年に一度きりの試験で挫折して終わるということは、次のチャンスは一年後。また費用も時間もかかってしまい、もはやなんのために独学を選んだのか…。

できれば、独学でも最後まで挫折せず、宅建に合格したい‼

そこで、以下では、継続が難しい独学でも挫折せずに宅建に合格するための対策や工夫をご紹介いたします!

▶併せて読んで、宅建合格!
独学で宅建士になる方法については、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

挫折を恐れず独学で宅建に合格するには?対策と工夫が挫折の有無を左右する⁉

挫折を恐れず独学で宅建に合格するには?対策と工夫が挫折の有無を左右する⁉

宅建の勉強をする手段としては、通学・通信講座・独学の3つが一般的かと思います。

この3つの中でも、お金と時間という面を考慮したときに最も理にかなっているのが「独学」ですよね。

教材選びも勉強場所も1日の勉強時間も、決めるのは全て自分。安くて自由という点では、独学の右に出るものはありません。

しかし、やはり不安なのが「挫折の危険性」。自由だということは、勉強するもしないも自由だということ。

たとえ間違った勉強方法をしていても、誰も指摘してくれませんし、わからないところが出てきても質問することはできません。

「勉強が難しいから止めたい」「忙しいから勉強できない」「やる気でないしもう嫌だ…」どんな手段であれ、勉強に対する不安や合格できるかわからない恐怖心はつきものですが、独学ではそれらに孤独感がプラスされ、宅建合格に対する絶望感は何倍にも膨らみ得るのです。

独学で挫折することは、想像以上に簡単…。しかし、宅建は年に1度きりの試験。

今回のチャンスを逃せば、次は1年後に受験し直すしかありません。法改正や試験の傾向の変化などを踏まえれば、最新の教材を購入すべきですし、受験料も再び7,000円かかります。

再受験に向けて勉強時間も必要です。これでは、お金と時間の余裕がないから選択したはずの独学の意味がありません。

できれば、独学でも挫折せず、一発で合格したいものです。

▶併せて読んで、宅建合格!
独学で宅建を目指す人の割合はどれくらいなのでしょうか?独学受験者の割合についてはこちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建を独学で受験する人の割合ってどれくらいいるんだろう?」そこのあなた、この記事を読んでいらっしゃるということは、独学での宅建取得をお考えですね。 そうなると気になるのが、独学受験者の割合ではないでしょうか? 宅建は、数ある国[…]

では、どのような工夫や対策をすれば、挫折せずに独学で宅建に合格することができるのでしょうか?

以下では、独学の挫折原因として考えられるものと、それに対する対策や工夫をご紹介します。

➀ 無料コンテンツに頼る+試験範囲を取捨選択して挫折防止‼

独学で挫折してしまう要因の1つとして考えられるのが、「勉強がわからない」「宅建の試験内容が難しい」というものです。

勉強しても理解できないと嫌になりますし、止めたくなりますよね。理解したくて調べても、なかなかうまく解釈できないところもあります。

独学なので、質問したくてもできません。

通学や通信講座のように講師の方がいるわけではありません。1つつまずくと、どんどんわからなくなってきて、ドミノ倒しのように全てわからなくなってしまうことも。

もう諦めてしまいたくなります。「勉強がわからない」ということは、挫折してしまう原因の1つとして十分に考えられます。

「勉強がわからない」「難しい」ということへの対策としてご提案するのは、無料のコンテンツに頼るということです。具体的には、YouTubeなどの無料動画や、宅建の情報サイト、スマホのアプリなどのことです。

独学なので、費用面の負担を少なくしたい人も多いかと思いますが、今では無料で視聴できる講義動画、過去問の演習ができるサイトやアプリなどが充実しています。

テキストを読んだだけでは理解できない部分も、動画を見て目や耳といったより多くの五感を使って勉強することで、すんなり頭に入ることもあります。

まるで授業を受けているような感覚で、独学でも宅建の勉強を進めることができるのです。

動画の利用をおすすめする場面としては、例えば「権利関係」の勉強です。

特に、「民法」は多くの人が悩む科目かと思います。

当事者の関係や権利義務、物の動きの前後関係などが非常にややこしく、図でイメージすることが重要な場面が多々あります。事例問題が多いのも特徴ですね。

これまで馴染みのなかった人にとって、かなり苦痛を伴う科目であり、挫折へと誘う原因として最も有名な科目だと思います。

そんな民法ですが、講義動画を見ると、理解しやすくなるかと思います。

図を用いて言葉で説明を受けると、単にテキストを読むだけではわからない部分がイメージしやすくなるのです。

音と映像は、非常に大きな助けとなります。理解の難しい部分については、是非動画をご活用ください。

また、過去問演習ができるサイトやアプリは、解説が丁寧なものや出題形式に工夫を加えたものもあり、無料とは思えないクオリティです。

問題集などの解説では不十分で、もう少し違った説明が欲しいというときにも活用してみてはいかがでしょう。

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建の独学受験者におすすめの無料コンテンツについては、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

「宅建の勉強におすすめのサイトってない?」お困りではないですか? 独学での宅建合格を目指して、日夜勉強に励んでいらっしゃることとお見受けします。 独学って大変ですよね。もちろん、費用も抑えられ時間の融通も利く点では、独学の右に出[…]

独学にうってつけ!宅建勉強に活用したいおすすめサイトとは⁉
関連記事

「宅建勉強用のアプリってない?」宅建対策に役立つ情報をお探しですか? アプリで宅建の勉強ができたら、かなり効率的ですよね。独学は、費用面での心配も少なく、時間に縛られることなく勉強できるため、忙しいあなたにはぴったり! しかし、[…]

独学で勉強中⁉そんなあなたにおすすめの宅建勉強アプリ‼

「勉強がわからない」「嫌だ…」ということに関連し、独学で挫折してしまう原因として挙げられるのが、試験範囲を全て勉強してしまっているということです。

宅建の試験範囲は膨大です。試験科目は、法律や不動産知識に関する「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの分野から構成されており、これらを全て勉強しようとすると、いくら時間があっても足りません。網羅しようなどとは思わないでください。

そりゃあ挫折します。

勉強する際には、試験に出るところと出ないところを取捨選択し、合格に必要な知識を勉強するようにしましょう。

過去の出題傾向を把握すると、試験に出やすい重要論点とそうでない部分が自然と見えてくるはずです。

テキストや問題集に記載された頻出度なども参考にしながら、重要論点に絞って勉強するようにしましょう。

あなたが目指すのは、合格点であって、満点ではありません。合格点は、ここ10年の試験では31点~37点の間に推移しています。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

約7割の得点を目指すことが合格に必要だと言うことです。逆に言えば、満点である必要はないということです。

試験範囲が絞られると、勉強に対する負担も減るはず。

理解できない、わからないところも、少しずつ減らすことができるはずです。

全てやろうとするから挫折するのです。網羅は目指さず、重要論点に絞って勉強するようにしてください。

▶併せて読んで、宅建合格!
重要論点に絞った勉強には、過去問の活用が最も効果的!宅建対策での優秀アイテム「過去問」の活用法については、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建てほとんど過去問のみ問われる試験だから、独学でも過去問だけ解いておけば大丈夫なんでしょ?」そこのあなた、独学で宅建に向けて勉強しようと情報収集の真っ最中ですか?ネット上で検索すると、「過去問だけで合格!」といったような記事をよく目にし[…]

宅建はほぼ過去問のみを問う試験⁉「独学は過去問だけでOK」は危険‼

独学で挫折してしまう原因の1つ「勉強がわからない」「難しい」という悩みには、理解を助けてくれる無料コンテンツの利用で、勉強に工夫を加えてみましょう。

難しく、よくわからない内容を勉強しても、どんどん辛くなるだけです。

自由に質問できる環境にない独学では、挫折してしまう要因としては十分過ぎるほどのもの。それならば、理解の助けとなるような無料の講義動画やサイト、アプリなどを活用しましょう。

勉強がわかると楽しいと感じるはずです。

また、それに関連して考えられる挫折の原因が、試験範囲を全てやろうとしていること。

宅建の膨大な試験範囲を網羅するなど無謀です。挫折するに決まっています。勉強する際には、試験に出る部分とそうでない部分を分け、重要論点に絞って勉強するようにしましょう。

試験範囲が狭くなれば、それだけ心的負担も減ります。挫折の危険性も減るはずです。

② モチベーション維持で挫折防止‼

独学で挫折してしまう原因としては、モチベーションが維持できないということも挙げられます。

宅建の試験勉強は、長期的なスパンとなることが一般的です。

その長い期間の中では、「一体なんのために宅建を取るのか」という宅建取得の目的があやふやになってきてしまいます。

すぐに成果が出ないということも、モチベーション維持が難しい理由でもあります。

また、独学は1人ですので、誰かと切磋琢磨し合うことや競争心がモチベーションとなることがありません。

このようなことから、独学ではモチベーション維持が難しく、挫折してしまうケースもあると考えられます。

独学でモチベーション維持を図るためには、当初自分が宅建取得を志した気持ちや目的を思い返してみるとよいでしょう。

あるいは、宅建を取ることによって得られるメリットを考えてみてください。

あなたが宅建合格に向けて、頑張れるような目的とは一体なんでしょう?

なぜ、宅建を受験しようと思ったのでしょうか?

例えば、宅建を取得すると、就職や転職活動が有利になります。仕事を探している人にとって、アピールポイントが増えることほどありがたいことはありません。

宅建は、不動産業界だけでなく、金融業界や保険業界などでも重宝される資格ですので、活躍フィールドを広げられることも大きな利点です。

また、資格手当が支給される場合もあり、収入が増えることも宅建取得の動機としては大きいですね。

家計のこと、お子さんの学費、習い事の費用などを考えて仕事を探している主婦の方などとって、宅建によって得られる金銭面での恩恵はかなりのもの。

宅建のメリットは、それ以外にもたくさんあります。

何でも良いのです。あなたが宅建受験を決めたきっかけを見つめ直してみてください。

その目的は明確であればあるほど、モチベーションが上がります。宅建取得まで突っ走れるように、自問自答をしてみてください。

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建取得は、主婦の方にとっても良いこと尽くしなのです!再就職やパート探し中の主婦の方に是非ご覧いただきたい記事はこちら!

関連記事

「宅建はパート探しで有利に働く?」結婚や出産を機に仕事を辞め、主婦になるという選択をする方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 家族ができるということは、大きな出来事。あなたのライフスタイルに変化が生じて当然です。 しか[…]

再就職・パートにメリットあり⁉宅建は主婦にぴったりの資格?

また、小さな目的を立て、達成感を得ることもモチベーション維持には大切です。

どんなに小さくてもよいので、宅建の勉強を進める上で目標を立ててみてください。

例えば、「今日はテキストの○○項目を終わらせて、対応する問題集を完了する」などと目標を立て、できたら記録するのです。

これだけで、達成感は全然違います。宅建合格をただ一つの目標としてしまうと、かなり長い間、何も達成感が得られず、つらい戦いが続いてしまいます。

合間合間に小さな目標を立て、小さな達成感を自分に与えてあげてください。

モチベーション維持にはかなり効果的です。

モチベーション維持が難しいことも、独学で挫折してしまう要因の1つ。

自分がなぜ宅建を取得したいのか、どうして取得しようと思ったのかという目的がわからなくなってしまうのです。

そんなときは、宅建受験を志した当初の自分の気持ちを思い出してみましょう。

あるいは、宅建取得によるメリットを考えてみてください。就職や転職活動を有利にするため、スキルアップのため、収入安定のためなど、何でもよいのです。

目的は、より明確になればなるほどモチベーションは上がります。

自分の中で、自問自答を繰り返し、宅建取得の目的をはっきりさせましょう。また、長期的な勉強期間であることから、達成感に乏しいこともモチベーション維持が難しい理由の1つです。

宅建合格という大きな目標だけでなく、日々の勉強の中で小さな目標を立て、そのクリアを目指しましょう。

そうすると、小さな達成感を得ることができ、モチベーション維持に効果的です。

目的をはっきり持つこと、日々の勉強の中に目標を立てて達成していくことでモチベーション維持に努め、独学での挫折を防ぎましょう!

③ 勉強時間を自発的に作って挫折防止‼

独学で挫折してしまう理由には、「忙しくて勉強時間の確保が難しい」「勉強が続かない」ということもあげられるかと思います。

独学で宅建に合格するために必要な勉強時間については、種々の意見がありますが、最低限の時間確保をして勉強を継続しなければならないことは、資格取得を目指す上では当然です。

忙しいとなかなか勉強時間が取れず、徐々に勉強することが苦痛になってきます。

また、仕事や家事、育児などの疲れで勉強できないことも、勉強が続かない理由として挙げられますね。

独学では、カリキュラムやコースが決まっていないため、場所も時間も自由です。

それが逆に仇となってしまい、忙しさや疲れを理由に勉強しなくなってしまい、結果挫折してしまうのです。

しかし、「勉強が続かない」「時間が取れない」ということは、言い訳にもなりません。

独学で勉強すると決めた時点で、計画を立て、1日の勉強時間を確保するべきです。

忙しさや疲れを言い訳にすると、一生宅建の勉強などできません。時間はどこかから湧いて出てくるわけではありません。

ないなら作ってください!時間を見つけてください!自発的に見つけなければ、勉強などできません。例えば、仕事へ向かう通勤電車の中も立派な勉強場所になり得ます。

仕事の休憩時間だって「すきま時間」として活用できるはずです。

それこそ、先ほどご提案したスマホのアプリを使うことで、片手でも勉強することができるのです。

また、家事や育児をしながら勉強する主婦の方ならば、階段やトイレの壁などに暗記用の紙やカードを貼っておくと、目に入ったときに勉強できますよね。

動画を流しておけば、聞きながら家事ができますし、少しでも脳を刺激することができるでしょう。工夫はいくらでも可能です。

▶併せて読んで、宅建合格!
勉強時間の確保は確かに難しいですが、ないなら作ることが大切!独学での時間の有効活用法については、こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「勉強する時間がない…」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて、情報収集や勉強の真最中でしょうか? 独学は、通学や通信講座とは違い、低コストで時間の融通も利く魅力的な勉強方法ですよね。仕事や家事、子育てに追われる忙しいあなたにもぴった[…]

「勉強する時間がない!」時間は作るもの‼無駄を削って宅建合格!

たしかに、家事や育児、仕事などと勉強の両立は難しいです。勉強時間が確保できず。挫折してしまってもおかしくありません。

ですが、時間はないなら作るもの。ないようでどこかに必ずあるすきま時間を見つけてください!

独学で勉強すると決めたときから、1日のスケジュールの中に宅建用の時間を作っておくべきです。

独学において、時間確保は最大の課題ですが、毎日勉強を続けるためには欠かせません。

独学で挫折しないために、時間を自発的に作り、勉強を続けましょう!

工夫や対策で挫折を防止‼継続困難な独学でも挫折を恐れず宅建合格!

宅建取得を目指す手段には、通学や通信講座もありますが、費用や時間の面を考慮すれば「独学」が一番。

しかし、不安なのが「挫折の危険性」です。

独学は、その名の通り、1人で勉強するということ。全てを自分で行う必要性があるため、自由である一方で自己管理能力が問われる危険な手段。

常に挫折の危険と隣り合わせです。

しかし、宅建は年に一度の試験。

これを逃せばまた1年後。低コストだからと選んだ独学ですが、また最新版の教材を買わなければなりません。受験料もかかります。

また、勉強時間も必要です。なんのために独学を選んだのか…。

できれば独学で一発合格したいですよね。

独学で挫折してしまう要因には、「勉強が難しい」「わからない」ということが挙げられます。

よくわからない内容を勉強するのは苦痛でしかありせん。独学ではすぐに質問することもできないため、結果挫折してしまうのです。

おすすめは、無料コンテンツの利用。具体的には、無料の講義動画やサイト、アプリの利用です。

テキストを読んだだけではわからないことも、音や映像を交えれば理解しやすくなります。

無料でも文句の言えないクオリティです。

また、過去問演習が無料できるサイトやアプリも充実しています。

解説が問題集だけでは足りないときに活用してみてはいかがでしょう。

試験範囲を全て勉強しようとしていることも挫折要因の1つです。膨大な宅建の試験範囲を網羅しようなど、無謀です。

挫折して当たり前。

過去の出題傾向を把握し、合格に必要な知識を勉強しましょう。

なるべく負担を減らすことが、挫折を防止することに繋がります。

「モチベーション維持が難しい」という点も、独学で挫折してしまう要因の1つです。何故宅建を取るのか、どうして受験するのかという目的がいつの間にかわからなくなってしまうのです。

目的がなければ、やる気もなくなり、挫折に繋がります。

そのときは、当初宅建取得を志した気持ちを思い返してみたり、宅建取得のメリットを考えてみましょう。

就職や転職活動、昇給、スキルアップなど、目的をはっきりさせることで、モチベーション維持をはかるのです。

また、長期的な勉強であることで達成感が得られないことがモチベーション低下の原因ならば、宅建合格だけを目標にするのではなく、日々の勉強にも小さ目標を立てましょう。

そして、小さな達成感を積み重ねるのです。これも、モチベーション維持に効果的だと思います。

勉強時間の確保が難しいことも、独学を挫折に導く要因の1つ。忙しさや疲れで勉強時間が確保できないのならば、作ってください!時間は待っていてもできません。

自発的に見つけたり、作るのです!1日のどこかに必ずすきま時間は存在します。

隙を見つけては勉強し、宅建の勉強時間を確保しましょう。継続することで、独学挫折を防いで下さい。

独学は、低コストで時間の融通も利くため、魅力的な手段ですが、挫折の危険とは常に隣り合わせ。

挫折しそうになったら、原因から対策や工夫を取り入れ、挫折防止に努めましょう!ちょっとした工夫で変わります。独学での一発合格を実現してください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG