宅建の勉強がつまらない人必見!勉強を面白くする工夫・秘訣とは?

宅建の勉強がつまらない人必見!勉強を面白くする工夫・秘訣とは?

独学での宅建合格を目指して日々勉強に取り組むものの、「勉強つまらないな…」と感じている人も多いのではないでしょうか?

きっと、宅建受験を決めた当初は勉強内容への新鮮さもあり、ある程度前向きに勉強できていたかもしれません。

しかし、徐々に試験範囲の難しさや親しみにくさが際立ってきたのではないでしょうか?

「宅建って全然面白くない…」「勉強つまらないな…」一度そう思ってしまうと、宅建の勉強時間が単なる苦痛を伴う時間になってしまいますよね?

つまらないと、勉強してもなかなか頭に入りませんし、そもそも勉強しようという気も起りません。やる気もなくなってしまいます。でも、時間は確実に過ぎています。

その焦りやプレッシャーが勉強へ苦痛に相まって、どんどん勉強が進まないという悪循環に…。「どうにかして‼」

そこで、以下では、宅建の勉強がつまらない人に取り入れていただきたいちょっとした工夫をご紹介いたします!

▶併せて読んで、宅建合格!
独学で宅建士を目指す人は、こちらの記事もぜひご一読ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

勉強がつまらないなら面白く‼つまらない勉強を変えて宅建に合格する工夫とは⁉

勉強がつまらないなら面白く‼つまらない勉強を変えて宅建に合格する工夫とは⁉

宅建の勉強って、多くの人にとってはお世辞にも「とっつきやすい」とはいえない内容ではないでしょうか?

正直「つまらない」ですよね。宅建は、宅地建物取引士になるためには必須の資格。

したがって、必然的に試験範囲は所有権に関する諸問題などの法律知識や不動産に関する専門知識を問うものになります。

独特の言葉使いや表現方法、日常生活で使わないような言葉たち、複雑なルールや数字の数々…「これ全部暗記するの⁉」独学では、わからないことを質問できる環境にないため、理解できない箇所に遭遇すると、次に進めないことも…。

これまで法律などに馴染みのなかった方には、単なる苦行のように感じられますよね。

しかし、一度勉強がつまらないと感じると、楽しくやっていたときよりも頭に入りにくかったり、そもそも宅建の勉強をするのが億劫になってしまい、結果的に挫折してしまいかねません。

宅建の勉強時間をより充実したものに、何より合格するためにも、つまらない勉強から脱して、本試験まで順調なペースで走り切りたいですよね。

では、このつまらない勉強を一体どのようにすれば面白くできるのでしょうか?

一体何が原因で「宅建の勉強はつまらない」と感じてしまうのでしょうか?

以下では、宅建の勉強がつまらないと感じる人へ、「つまらない」と感じてしまう原因と共に、是非お試しいただきたい工夫や勉強方法をご提案させていただきます!

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建本試験までのつらい不安な日々…。葛藤から抜け出し、勉強をサクサク進める方法とは?

関連記事

「宅建の勉強つらいな…」「合格できるか不安…」宅建の取得に向けて勉強していると、誰だって一度は、つらさや不安を感じるはずです。 テキストや問題集に向かい、難しい専門用語と日々にらめっこ。 勉強は、計画通りには進まず、それどころか[…]

つらい勉強や日々の不安に負けない!宅建対策を乗り切る秘訣とは

➀ 勉強内容に興味がないからつまらない

宅建の勉強がつまらないと感じてしまう原因としては、「宅建の勉強内容に興味が持てない」ということが考えられます。

ここで言う「興味がない」とは、つまり「宅建の試験範囲で取り扱っている問題が身近な問題として考えられない」「自分とは関係のない問題ばかりのように思える」ということです。

宅建のテキストを開くと、難しい言葉ばかりが並んでおり、日々の生活では使わないような表現ばかり。

売買契約、賃貸借契約、宅地、物権変動、二重売買など、イメージが湧きづらいものばかりですよね。

自分の生活に直接関係のある物事に対してはまだしも、どうにも自分事とは捉えられない事柄には関心が持てないのは至極当然のこと。

親しみの持てない宅建の勉強を「つまらない」と感じてしまっても仕方ありません。

でも、よく考えてみてください。宅建の勉強内容って本当にあなたには関係のないことでしょうか?

「宅地建物取引士」などと難しい名前の士業ですが、要するに、家や土地などの取引に関する専門家のことです。

この家や建物、土地などは、「衣食住」の「住」はもちろん、レストランや食堂、学校やショッピングモールなどを考えると、私たちの生活に実に密接に関わっているものばかりなのです。

進学や就職の際に部屋を借りた経験がある方は、不動産屋さんにお世話になったかと思います。

そのときに、重要事項の説明や契約書への記名・押印をしてくれた従業員の人は、宅建士の方です。

あなたがいつも通っている食堂やレストランは、建物の賃貸借契約や売買契約を結ぶことで営業されていることでしょう。

よく利用するショッピングモールを管理しているのは、宅建士も多く関わるデベロッパーかもしれません。

あなたのマンションの管理人さんは、管理に関する資格と共に、宅建士としても資格登録しているかもしれません。

また、宅建では、不動産の専門知識だけでなく法律知識も学びます。

民法は、全ての法律の基礎といえる存在です。「契約」というと堅苦しく聞こえますが、あなたがコンビニでお茶を買う行為も、立派な売買契約です。

よくドラマなどで耳にする「遺言書」の問題や、ニュースで耳にする「相続」「離婚」なども全て民法の取り扱いテーマの1つなのです。

金融や保険といった業界にも、不動産は必須の分野です。

資産運用にも不動産は関わってきますし、マイホームを購入した際にローンを組む際にも大いに関係してきます。

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建取得にはメリットいっぱい!勉強内容がその他の資格取得にそのまま繋がることもたくさんあるのです。試験内容や仕事内容などで宅建と似ている資格についてはこちらをご覧ください。

関連記事

「宅建に似てる資格って何かある?」そこのあなた、宅建の類似資格をお探しですか? これから宅建取得に向けて勉強しようとしている人も、すでにお持ちの人も、宅建資格を志した理由は様々かと思います。 宅建は、不動産取引に関する国家資格で[…]

宅建だけじゃ終わらない!これを機に、宅建に似ている資格に挑戦‼

そのように聞くと、あなたの身の回りには宅建試験のために勉強する内容で溢れていますよね。

全く遠い分野でもなければ、関係のない問題でもありません。

いつどこであなた自身の問題として関わることになるかわからない、実に身近な存在なのです。

宅建の勉強をしていると、言葉使いが難しかったり、独特の言い回しで問題の核心が見えにくい場合が多いかもしれませんが、実はあなたが宅建取得のために勉強している内容は生活に役立つ知識ばかり!

知っておいて損はないどころか、これからの人生の中でためになることばかりなのです!

テキストや問題集を見ているだけでは味気なく、つまらないと思ってしまうかもしれませんが、身近な問題に置き換えてみると一気に面白く感じませんか?

つまらないという気持ちよりも、将来のための知識を身に付けようという気持ちが勝りませんか?

このように、宅建の勉強がつまらないと感じる理由には、勉強内容に親しみが持てないからだということが原因の1つに考えられます。

確かに、教材を開けば難解な言葉ばかりで全く身近に感じられません。

興味が持てなくても当然です。しかし、実は宅建の試験内容はあなたの生活に密接に関わるものばかり。

ニュースや新聞、ドラマなどで耳にする「離婚」や「相続」などはもちろん、進学や就職で部屋を借りたことがあるという方は宅建士の方と直接やり取りしているはずです。

資産運用や住宅ローンなど、この先どのような場面で役立つかわからない、とてもためになる知識ばかりなのです。

身近な問題に感じられると、宅建の勉強がつまらないと感じることもなくなるはず!

人生に役立つ知識を得られると考えれば、興味が湧いてきますよね?

民法の事例問題の登場人物を身近な人に置き換えるなど、つまらない気持ちを吹き飛ばす工夫を取り入れてみて下さい!

② 勉強のやり方・教材があっていないからつまらない

宅建の勉強がつまらないのは、あなたの勉強のやり方やご使用の教材類があなたに合っていない可能性があります。

宅建の勉強を始めるとき、おそらく色々な情報が集められたかと思います。

その情報を参考にすることは間違っていませんが、実際に準備を始める時、自分に合っているかどうかよりも、ネットで見た合格者の勉強方法をとりあえず取り入れたり、中身は確認せずランキング上位の教材を購入したということはありませんか?

もし、宅建の勉強をつまらないと感じている場合、現在の勉強方法や教材がご自分に合っていないのかもしれません。

自分のサイズには合わない服は着心地が悪いですよね?

自分の身体に合っていない自転車は漕ぎにくいですよね?

勉強方法や教材も同じです。いくら合格者の方が行っていた勉強方法でも、ランキング上位の教材でも、自分に合ったものでなければつまらないと感じてしまいかねません。

何故か頭に入りにくかったり、テキストが使いにくいと感じるのは、合っていないから。

もし、宅建の勉強であなたが違和感を感じる部分があるのであれば、今すぐやり方や教材を見直してみましょう。

▶併せて読んで、宅建合格!
独学で宅建士を目指すにはどのような勉強方法がよいのでしょうか?迷走中の方は、是非こちらの記事をご覧ください!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

独学で宅建の勉強を進めるとなると、教材選びや勉強の進め方も全て自分で決めなければなりません。

通学や通信講座のように、カリキュラムやコースが決まっていないので、全て自己責任に委ねられるのが、独学のメリットでもありデメリットでもあるのです。

何も指標がないまま、計画を立て、どのように勉強するかを決めていかなければならないのですが、一歩間違えば挫折していまいますし、本試験を受けても不合格になってしまいます。

何ともリスキーですよね。

ですので、独学受験者にとって、情報は非常に大切。最も頼りになるのが、実際に独学で合格した方の意見やエピソード。参考になるので、どんどん情報収集していただいて構いません。

しかし、あくまでも「参考」であることは忘れないで下さい。その方は、あなたではありません。

宅建を受験するのはあなたです。その情報発信者の方ではありません。

その方が成功したやり方が、あなたにも合うとは限りません。

また、ランキング上位の教材が、必ずしもあなたの使いやすい教材であるとも限らないのです。

「みんなが使いやすいって言ってるのに、私にはこのテキストじゃつまらない…」と思っても、別に不思議ではありません。

あなたは、あなたに合った教材を選べばよいだけです。勘違いしてはなりません。

宅建の勉強方法は、たしかに「宅建に合格するために必要な勉強」であるべきです。

最低限どの受験者もやるべきことはあります。過去問の演習であったり、重要論点の見極めなどです。

しかし、暗記方法であったり、事例問題のイメージ方法などは、個人によって違っても仕方ありません。

それぞれに得手不得手があり、覚え方というものがあります。

ですので、無理に他人の方法を取り入れるのではなく、ご自分に合ったやり方や教材を選んでください。

自分に合っていない方法を取り入れた勉強が「つまらない」のは、仕方ありません。

友達と遊びに行くときも、あまり気に言っていない服しかなかったときにはつまらないですが、自分の好きな服で行くと何倍にも楽しく感じます。

使いにくい文房具で勉強してもつまらないですが、新しくて自分に合った文房具で勉強するだけでとても楽しく感じます。

宅建の勉強にも、ご自分に合った勉強方法や教材を取り入れることで、つまらない勉強を面白くしてみてください!

③ 勉強がわからないからつまらない

宅建の勉強がつまらない理由には、ただシンプルに「勉強がわからない」「理解できない」という原因もあげられます。

よくわからないことって面白くありませんよね。

自分の頭で咀嚼できない内容を「つまらない」と感じるのは当然です。宅建の試験科目は、その名称からもややこしく難しい内容ばかりです。「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」…。どう考えても簡単な内容ではなさそうですよね。

実際にテキストを読んでみても、権利義務の動きがややこしかったり、ルールが細かくてなかなか覚えられなかったりで、やはり難しいと感じる人が多いかと思います。宅建の勉強がわからないから「つまらない」という気持ちになってしまっても、不思議ではありません。

「わからない」「理解できない」ことを、「わかる」に変えることは容易なことではありません。

特に独学は、わからないところを質問することができませんので、自分1人で解決する必要があります。

非常に苦労する部分も多いのは確かです。そんな独学受験者でも活用できる方法としておすすめなのが、無料の講義動画です。YouTubeなどのサイトを覗いてみていただきたいのですが、

無料とは思えないほどわかりやすい講義動画を無料で視聴することができるのです。

民法などは、事例問題も多く、出来事の前後関係を把握することが難しいケースがたくさん出てくると思います。

図を描いてイメージする場面が多いのですが、教材を読んだだけではわからないことも多いですよね。

そんなとき、民法の講義動画を試してみてください。実際に講義を受けている感覚になり、映像と音という刺激が、理解をスムーズにしてくれるはずです。

理解に困った箇所は動画を利用するようにしてみると、徐々にわかるようになってきます。

勉強がわかるようになると、つまらないと思っていたところが、意外に面白いことに気付くはずです。

▶併せて読んで、宅建合格!
独学受験者におすすめしたい宅建勉強用のサイトはこちら!

関連記事

「宅建の勉強におすすめのサイトってない?」お困りではないですか? 独学での宅建合格を目指して、日夜勉強に励んでいらっしゃることとお見受けします。 独学って大変ですよね。もちろん、費用も抑えられ時間の融通も利く点では、独学の右に出[…]

独学にうってつけ!宅建勉強に活用したいおすすめサイトとは⁉

宅建の勉強がつまらないのは、内容がよくわからないことや理解できないことが原因だという場合も多いかと思います。

宅建の試験内容を変えることはできませんが、なかなか理解できない部分、わかりにくい部分に対して工夫を加え、少しずつ理解しやすくすることはできます。

その工夫の1つとして活用したいのが、無料の講義動画です。独学では、わからない部分を質問することが難しい環境となってしまいますが、YouTubeなどのサイトを使えば、まるで授業を受けているような動画を見ることができます。

モヤモヤとしていた分野が、映像と音によって理解しやすくなるかもしれません。

わからないことを勉強するのは、つまらないと感じて当然です。

それならば、少し工夫を加えることで理解をスムーズにして挙げましょう。

きっと、つまらないと思っていた勉強が意外に面白いと気づくはずです。

宅建の勉強がつまらないなら、原因を突き止めて対応策を講じるべし!

宅建の勉強は、お世辞にも楽しいと言えるものではありません。正直「つまらない」と感じる方が多いのではないでしょうか。

法律や不動産に関する専門用語って、どうしてあんなに堅苦しいのでしょう。

これまで馴染みのない方にとっては、ただの苦行です。普段の会話では耳にしないような言葉の数々、聞いたことがあったと思えば意味が全く異なる…。

「宅建の勉強はつまらないものだ」というレッテルが出来上がってしまってもおかしくありません。

しかし、つまらないと思って勉強すると、何故か頭に入ってきませんよね。それどころか、やる気がなくなってきてしまい宅建の勉強が億劫になってしまいます。

しまいには、挫折してしまうかもしれません。なんとか、つまらない気持ちを取り除いてあげたいですよね?

宅建の勉強がつまらないと感じてしまう理由として考えられるのは、「興味が持てない」「自分とは馴染みのない問題に思える」ということ。

教材の中に溢れる複雑難解な専門用語を見て、なんとなく自分事とは捉えられない人が大半ではないでしょうか?

自分自身とは関係ないと思われる内容がつまらないのは当然です。生活に関係ないことには、興味は持てませんよね?しかし、実は宅建の勉強内容ってあなたに身近な問題ばかりなのです。

あなたが住んでいる家やその家が建っている土地はもちろん、宅建士が専門とする不動産です。

よくいくショッピングモールは、不動産業界が管理しているものかもしれません。試験科目に含まれる「民法」では、契約を取り扱いますが、コンビニで買い物をする行為も、立派な売買契約です。

友達にペンを借りるのは、使用貸借契約ですよ。相続や結婚、慰謝料など、ニュースやドラマでよく聞く問題も、宅建で勉強する内容に含まれるものばかり!難しい言葉からは想像できないほど、宅建の勉強はあなたの生活に身近なものなのです。

とても役立つ知識を勉強しているのです。

そう思うと、つまらない勉強も面白くなってきませんか?

民法の事例問題の登場人物を自分の知り合いや家族に置き換えてみるなど、宅建の勉強を身近に感じられるような工夫をしてみてください。

また、勉強がつまらないのは、勉強のやり方や教材があなたに合っていない可能性もあります。

自分に合っていない方法を取り入れて勉強していては、つまらないと感じても当然です。

いくら合格者の方がおすすめしている方法でも、ランキング上位の教材でも、あなたに合うとは限りません。情報はあくまで参考です。

あなたには、あなたに合った方法や教材があります。

自分のサイズとは違う服は、着心地が悪いですよね?宅建の勉強方法や教材も同じです。

自分に合ったものを取り入れ、つまらない勉強から抜け出してください。

単純に、「勉強がわからない」「よく理解できない」から勉強がつまらないことも考えられます。

よくわからないことってつまらないですよね?そんなときに取り入れたいのが、動画による学習です。

今では、無料で視聴できる講義動画がたくさんあります。

クオリティも素晴らしいものばかり。映像と音が理解をスムーズにしてくれるはずです。

わかりにくい内容も、少し工夫を加えることですんなり頭に入るかもしれません。

理解できずにつまらないのであれば、理解できる工夫をしてあげましょう。

宅建の勉強がつまらないのは、ある意味仕方がありません。

しかし、少し見方を変えればつまらない勉強が面白くなったり、身近に感じられる可能性があります。

あなたが「つまらない」と感じてしまう原因を見つけ、対応策を講じることで「つまらない」から脱出しましょう!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG