宅建士を知って学ぶ!初心者でも独学で宅建に合格する方法とは⁉

宅建士を知って学ぶ!初心者でも独学で宅建に合格する方法とは⁉

「法律や不動産に不慣れな初心者でも、独学で宅建士資格に合格できる?」法律系の国家資格として、人気の高い宅地士資格。その人気は衰えることなく、受験者数は年々増加傾向にあります。

宅建を取得すると、就職活動や転職で有利になることはもちろん、キャリア形成や資格手当などといった魅力もたくさん!

そんなスキルアップの第一歩となる宅建士資格ですが、法律や不動産に馴染みがない初心者でも、「私も受験してみたい!」と取得を目指す方も多いはずです。

さらに言えば、なるべく時間やお金をかけず「独学」で合格できれば嬉しいですよね?

では、宅建士についてよく知らず、法律や不動産に馴染みのない初心者でも、独学で宅建に合格することはできるのでしょうか?

結論は、ズバリあなた次第!初心者の方が独学で合格するには、まずは宅建士について知り、コツコツ勉強するのが最も効果的!

では早速、初心者におすすめの宅建合格法を見ていきましょう!

▶併せて読んで、宅建合格!
独学でも宅建士になることはできる?不動産取引の専門家である宅建士。果たして、独学で勉強して宅建士資格試験に合格することはできるのでしょうか?

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

「宅建士って何?」初心者が宅建合格を目指すなら、まずは知ることから!

「宅建士って何?」初心者が宅建合格を目指すなら、まずは知ることから!

宅建士資格試験は、法律系の国家資格の中でも非常に人気の高い資格として有名です。

取得によるメリットの多さや、他の国家試験と比べて難易度が低いことから、受験するハードルもそこまで高くはないといえます。

そのため、不動産会社に就職が決まった方や、これから転職をお考えの方はもちろんのこと、何らかの資格に挑戦して「自分磨きをしたいっ」と思っている方にも、最適の資格と言えます。

宅建の勉強手段としてよく知られているのが、通学・通信講座・独学の3つ。

この中で最も費用がかからず、時間に縛られない方法は、やはり独学です。

本屋さんに出向き資格コーナーを見ると、宅建士に関する様々な教材が販売されています。

また、ネットで宅建について情報収集をすれば、「宅建は簡単」「独学でもたった○○時間で合格!」などと目を引く文字も多く見られます。

独学を取り巻く環境はとても充実しているように思えますし、費用面でも時間面でも心配せずに済むのなら、独学を選びたいに決まっていますよね!

ですが、宅建は国家試験。法律や不動産取引に関する幅広い知識が問われる試験です。

いくら難易度が比較的低いとは言え、宅建士についてあまりよく知らない初心者でも、独学で合格することはできるのでしょうか?

▶併せて読んで、宅建合格!
法律系の国家資格の中でも比較的難易度が低い試験として知られるのが宅建。しかし、実際のところ、宅建試験の難易度はどれくらいなのでしょうか?挑戦するなら知っておきたい、宅建の難易度についてはこちら!

関連記事

「宅建ってどれくらい難しい資格なの?」お悩みですか?この記事をご覧になっているということは、宅建に関する情報収集の真最中だとお見受けします。 これから宅建の勉強を始める上で、やはり気になるのがその「難易度」ですよね。 どのような[…]

勉強するなら知っておくべき!宅建士資格試験の難易度はどれくらい?

結論から申し上げますと、初心者でも宅建に独学で合格することは可能です!

しかし、合否は結局あなた次第。何はともあれ、まずは宅建士や試験自体について知ることから始めましょう。

以下では、初心者の方に知っておいていただきたい宅建士資格試験についての概要をお伝えします。

初心者なら知っておいて損はなし!気になる宅建士試験の概要や実態!

まず、「宅建士」とは何かという点について簡単にお伝えします。

「宅建士」とは、簡単に言うと不動産取引の専門家のこと。

家や建物といった不動産は、ご存知の通り、とても高価に取引され、物理的にも非常に大きなものですよね。

素人同士、あるいは一方だけが不動産に詳しい状態で取引することに適したモノとは言えません。

高額であるが故に、トラブルに巻き込まれたり、思わぬ事態が生じかねないのです。

そのような危険が伴う取引において、専門家として不動産や法律知識を用いたサポートをするのが「宅建士」です。

人がその生涯のうちで何度も経験するものであるとは言い難い不動産取引を、陰で支える役割を負います。

そんな「宅建士」は、不動産取引を行う会社であれば事務所ごとに5人に1人以上の割合で設置しなければなりません。

人数の確保が絶対的に必要なのです。

ということは、宅建保有者の需要がなくなることはないということ。居て損はない存在なのです。

不動産取引を業とする会社からも消費者である不動産取引の顧客からも、必要とされる存在。それが「宅建士」というわけですね。

「宅建士」について少しイメージはできましたでしょうか?

続いて、そんな宅建士になるために必須の「宅地建物取引士資格」についてお話したいと思います。

「宅地建物取引士資格(通称「宅建」)」試験は、年に1度、例年10月の第三日曜日に行われます。

毎年約20万人が受験する、とても大規模な試験です。人気ぶりが伺えますね。合格率は15~17%であり、相対評価です。

例年約3万人が合格となっています(参照:「一般財団法人 不動産適正取引推進機構」https://www.retio.or.jp/exam/pdf/zissigaikyo.pdf)。

■過去10年間の宅建試験実施概況

実施年度(年度) 受験者数 合格者数 合格率(%)
令和元年度 220,797 37,481 17.0%
平成30年度 213,993 33,360 15.6%
平成29年度 209,354 32,644 15.6%
平成28年度 198,463 30,589 15.4%
平成27年度 194,926 30,028 15.4%
平成26年度 192,029 33,670 17.5%
平成25年度 186,304 28,470 15.3%
平成24年度 191,169 32,000 16.7%
平成23年度 188,572 30,391 16.1%
平成22年度 186,542 28,311 15.2%
平成21年度 195,515 34,918 17.9%

(参照L:一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

先ほど、法律系の国家資格の中では難易度が低い方だとお伝えしましたが、毎年17万人が落ちていると思うと、簡単とは言い難いですよね。

そうです。難易度が低いとは言え、宅建は簡単な試験ではありません。

また、試験は全部で50問。4肢択一形式であり、マークシートで解答するのですが、「正しいものはいくつあるか。」「○○の組合せはどれか。」といった個数問題や組合せ問題も出題されます。

マークシート形式だからといって、消去法が通用しない問題もありますので、油断は禁物です。

▶併せて読んで、宅建合格!
「宅建は簡単」「勉強必要なし!」などという噂を耳にすることも多いですが、本当なのでしょうか?気になる噂の真相は?

関連記事

「宅建って勉強しないで合格できる試験って本当⁉」そこのあなた、宅建士資格にご興味がおありですか? それとも、すでに独学で勉強していらっしゃるのかもしれません。 情報収集をしていると、宅建について様々な意見が散見され[…]

宅建は勉強しないで合格できる簡単な試験って本当

ここまでの内容をまとめると、「宅建士」とは不動産取引の専門家のことであり、不動産会社に一定数の配置義務が課されている宅建士資格保有者を表します。

宅建士は、不動産取引という、家や建物と言ったとても高額な商品のやり取りを手助けする役目を負い、顧客からも会社からも必要とされる重要な存在なのです。

そんな宅建士に必須の資格が「宅地建物取引士資格」です。

宅建士資格試験は、年一回、10月第三日曜日に行われ、毎年約20万人が受験する人気の資格です。

法律系の国家資格の中では比較的難易度は低いと言われていますが、その合格率は15~17%です。

毎年約17万人は不合格となっていると思うと決して甘く見てはいけない試験であることがわかります。

宅建士についてあまりご存知のない初心者の方に知って頂きたいのは、宅建士という存在がとても重宝されるものであり、専門家としての信頼を得るに値する責任も有するということ。

そして、宅建士資格試験は、独学でも取得可能ですが、決して甘くないということです。

では、続いて、勉強方法についてお話していきたいと思います。

初心者でも宅建士試験に独学で合格!不慣れな知識習得に必要な勉強方法とは?

初心者でも宅建士試験に独学で合格!不慣れな知識習得に必要な勉強方法とは?

「宅建士とは一体何か」「宅建試験はどのようなものか」という点について、お話してきましたが、少しイメージしやすくなったでしょうか。私の拙い説明が、あなたのお役に立てれば幸いです。

宅建士とは、会社にとっても消費者にとっても頼れる存在であり、宅建士資格を保有しているとメリットも多いということをお伝えしました。

そのような宅建試験ですが、今では試験対策用の教材や講座、カリキュラムなどが非常に充実しています。

それは、宅建取得を目指す勉強手段としてよく知られている、通学や通信講座、独学のどれをとっても同様です。

しかし、この中で最も低コストで時間の融通も利く手段はやはり「独学」ですよね。

しかし、いくら教材が充実しているといっても、独学は1人で本試験まで勉強しなければなりません。

当たり前ですが、何から何まで自分で決めて進めていきます。自分を律することができなければ、挫折など簡単にできてしまうのです。

そんな難しい手段で、初心者が宅建に合格することなどできるのでしょうか?

実際に独学で合格した者として私がお答えできるのは、初心者であっても背景知識を備えた者であっても、合否を左右するのは、コツコツ勉強できる力を持っているかどうかです。

宅建という試験を知り、合格に必要な勉強をしたかどうかが重要なのです。

では、初心者の方が独学で宅建に合格するためには一体何が必要なのでしょうか?

以下では、法律や不動産知識にあまり馴染みのない初心者の方でも、独学成功を目指せる勉強方法についてお伝えします。

▶併せて読んで、宅建合格!
独学でも宅建に合格することはできる?宅建攻略のコツ、お教えします!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

ポイント➀「入門書」で宅建試験への抵抗をなくすこと!

初心者の方に必要なのは、テキストよりも「入門書」から読むことです。

最もわかりやすいと感じる入門書を1冊手に取り、宅建というものについて「何を学ぶのか」「どういった用語が出てくるのか」「試験範囲には何があるのか」など、全体像をイメージしましょう。

全体がわからない状態で、いきなりテキストから読み始めて細部を勉強しても、「一体何のためにこれを勉強しているのか」ということがわからず、必要知識を繋げることができません。

木を見て森を見ずにならないように、まずは大まかにイメージを掴み、宅建試験への抵抗や、専門用語への拒絶反応を無くしておきましょう。

私は、法学部出身者として宅建を受験しました。民法専攻の学生でしたので、宅建試験に関しては初学者とは言えませんが、学んでいたからこそ言えるのは、法律は、非常に苦手意識が出やすい科目だということです。

専門用語がたくさん出てきますし、日常で使われる言葉と文言は同じなのですが、意味は全く違うものも多いです。

その点で、法学部の学生でも「民法は嫌い」という学生もたくさんいました。

用語に慣れ、面白いと思えると勉強もスムーズにいくのですが、一度拒絶反応が出てしまうと、それを取り除くのは難しいです。

ですので、最初から難しいテキストを読むのではなく、わかりやすい入門書を手に取り、自分の中の「宅建は難しい」というイメージを払拭しておきましょう。

全体像をイメージできると、勉強を進めていくにあたって、各科目での知識が組み立てやすくなります。

こういった理由から、初心者の方にはまず「入門書」を読むことをお勧めします。

今後、勉強を進めていく上でも役に立つこと間違いなしなので、1冊手元に保管しておいて損はないはずです。

ポイント②勉強(試験科目)に優先順位を付けること!

そして、宅建の試験科目に優先順位を付けて勉強を進めていくことも大切です。

各科目の特徴を考えず、ただテキストを読んで問題を解いていっても、入った知識がごちゃごちゃになってしまいかねません。

どの科目が重要で、どの科目は何点を目標にするのかといった点を明確にし、勉強していきましょう。

宅建の試験科目には、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの科目があります。

各試験科目の本試験配点は、「権利関係:14点」「宅建業法;20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」となっています。

また、過去10年間の試験結果によると、合格点は31点~37点に推移しています。
(参照:一般財団法人 不動産適正取引推進)

確実な合格を狙うのであれば全体の目標点を「38点」とすればよいことになります。

ここから、各科目の目標点を算出すると、「権利関係:10点」「宅建業法;18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」が妥当かと思います。

■試験科目の配点と目標点

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

ここから、優先すべき科目は、「権利関係」と「宅建業法」であることがわかります。

この2科目で50点満点中の約7割を占めています。勉強の重点はこの2つに置きましょう。

私が奨励する順番は、「権利関係」→「宅建業法」→「法令上の制限」→「税・その他」です。

「権利関係」は、毎年多くの受験者を苦しめる「民法」を含んでいます。

「暗記」だけでは対応できないのです。

条文解釈や判例法理など、「理解」する必要がある科目なのです。早い段階で取り掛かるに越したことはありません。

それから「宅建業法」に移り、暗記科目へと移行するという順番が良いのではないかと思います。

▶併せて読んで、宅建合格!
宅建の勉強は一体何から始める?独学で勉強するなら、何から手を付けるべき?試験科目ごとの優先順位の付け方や順番についてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

「宅建の勉強って何から始めるべき?」そこのあなた、独学で宅建の勉強をする場合はどこから手をつけるべきか、お困りですか?勉強の進め方や順番、科目の優先順位の付け方って迷いますよね。独学は、通学や通信講座とは違い、予めマニュアルが用意されている[…]

宅建の勉強…何から始める⁉優先順位はどこから?進め方や順番は?

中には、「宅建業法」から勉強を進める方が良いという意見もあります。

こちらの意見の方が多いかも知れません。「宅建業法」から始めるべきとする意見の理由に多いのが、「民法から始めると難しさから挫折してしまう」というものです。

それには、確かに納得しました。しかし、同時に「それは宅建業法から始めて民法に移行した後でも結局同じことが言えるのではないか」という風にも思いました。

難しいものは、いつやっても難しいのではないでしょうか。

さらに、民法という一番の山を越えて暗記科目に移ることで、楽に感じられることもあるのではないかと思います。

ですので、私は「権利関係」から取り掛かることをお勧めしています。

もちろん、個々それぞれ得手不得手も違い、やりやすい順序も違って当然ですので、最終的な順番はご自分で決めていただいて構いません。

大切なことは、順番そのものよりも、優先順位を付けて勉強するということです。

このように、初心者の方は試験科目毎の重要度を意識し、優先順位を付けて勉強に取り掛かりましょう。

私がおすすめするのは、「権利関係」から勉強を始める順番です。

「民法」は、暗記だけでなく理解を求める科目です。図を描いたり、当事者の関係、権利義務の動きを常にイメージして事例に目を向ける必要があります。

早めに取り掛かり、頭の使い方に慣れることが大切になってきます。

ですが、これはあくまで参考です。ご自分に合った順番で構いません。

重要なのは、優先順位を付けて勉強することです。目標点などを意識して、宅建対策に臨んでください。

ポイント③毎日コツコツ続けること!

何より大切なことが、宅建の勉強を毎日コツコツ継続することです。

初心者の方は、宅建の勉強中に遭遇する用語に不慣れなため、覚えたと思ってもすぐに頭から抜けてしまっていたり、何度か問題を解いただけでは、出題内容や形式を理解できていない場合も多いかと思います。

ですので、どんなに短い時間でも、毎日宅建のテキストや問題集を開く時間を作ってください。通勤電車の中やすきま時間で構いません。

とにかく、リマインダーとして宅建に触れてください。人間は忘れる生き物です。

それは仕方のないこと。大切なのは、どのように復習し、どのように知識を定着させるかです。

初心者であるが故に、知識の定着に苦労することも少なくないかと思います。

しかし、逆に言えば、各科目に対する固定概念がなく、素直に内容が入ってくる状態であるとも言えます。

私は、自分が民法に触れたことがあることで、それが宅建試験の対策という場において、知識定着の妨げになったことが何度もありました。

まっさらな状態で勉強できるのは、初心者の方の強みでもあります。

是非、その強みを活かしながら、しかし素直に頭に入れた知識がこぼれてしまわないように、宅建との距離感は近く保っておきましょう。

宅建との距離を縮めてコツコツ勉強!初心者でも独学で宅建士資格試験合格を実現!

宅建は、法律系の国家資格の中で高い人気を誇る資格試験。取得することで得られるメリットも多い魅力的な資格です。

そのため、あまり法律や不動産取引に関する知識のない初心者の方でも取得を目指すことが多いかと思います。

最近では、教材なども充実しており、独学での対策もしやすくなっていますよね。

低コストで時間の融通も利くなら、独学の右に出る者はありません。

しかし、独学といえば自己管理が徹底できなければ挫折してしまう、とても難しい手段でもあります。

果たして、宅建士についてあまりよく知らない初心者でも、独学で宅建に合格することはできるのでしょうか?

お答えすると、それはあなた次第ということになります。何はともあれ、まずは宅建士や試験について知ることから始めなければなりません。

宅建士とは、不動産取引に関する専門家です。

高額な商品である家や建物は、素人が手を出すには少し戸惑ってしまう取引分野ですよね。

そんな不動産取引において、その専門知識を用いてサポート役を担うのが、宅建士というわけです。

不動産取引を業とする会社は、一定数の宅建士を事務所ごとに配置する義務があるため、需要は絶えません。

会社にとっても、顧客にとってもなくてはならない存在なのです。

そんな宅建士に必須の宅地建物取引士資格試験は、年に1度行われる国家試験です。

毎年約20万人が受験し、合格率は15~17%。難易度は比較的低いとはいえ決して簡単な試験ではありません。

油断は禁物です、では、そんな宅建に初心者が独学で合格するために必要なことは何なのでしょうか?

ポイントは3つ。

まずは、宅建とう試験の全体像をイメージするため、入門書を読むことです。

いきなり各科目の勉強を始めても、バラバラの知識が頭の中で散らかってしまい、つなぐことができません。

宅建とはどのような試験で、どのような知識が必要なのかといった全体像をイメージし、目的を明確にしましょう。

そして、試験科目の重要度を把握し、優先順位を付けて勉強を進めましょう。

合格に必要な知識とそうでない知識の区別がつかないままでは、効率的な勉強ができないだけでなく、各科目の特徴もつかめないままです。

この科目では何が問われているのかということをしっかりと理解し、勉強しましょう。

そして何より、毎日コツコツ勉強することです。どんなに短時間でも、毎日宅建に触れる時間を作って下さい。

初心者の方は専門用語などに不慣れな分、すぐに知識と距離が開いてしまいます。

できるだけ毎日宅建に触れ、勉強してください。

初心者の方には、少しとっつきにくい科目が多い宅建ですが、取得すればメリットがたくさんあります。

宅建士としての道も開け、スキルアップにもつながるのです。是非、挑戦してみてください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG