学での宅建合格に必要な勉強量や勉強時間は、平均どれくらい⁉

学での宅建合格に必要な勉強量や勉強時間は、平均どれくらい⁉

「独学で宅建に合格した人の平均勉強時間や勉強量ってどれくらい?」そこのあなた、お困りですか?

この記事を読んでいらっしゃるということは、独学での宅建受験をお考えですね!

これから勉強を始めるにあたって気になるのが、宅建合格に必要な勉強量や勉強時間ではないでしょうか?

独学は、通学や通信講座とは違い、自分で計画を立てて勉強を進めていかなければなりません。

宅建合格を目指してスケジュールを立てるなら、信憑性のある例が欲しいところ。

参考にしたいのは、実際の独学経験者の声ですよね。

では、これまで独学で宅建に合格した人の平均勉強時間や勉強量はどれくらいなのでしょうか?

そして、あなたが自力で勉強を進めるには、どれくらいの勉強量が必要で、どれくらいの時間を宅建に費やすべきなのでしょう。

以下では、独学での宅建合格に必要な「平均勉強時間」や「勉強量」についてお話したいと思います。是非、ご一読ください!

▶併せて読めば、合格率アップ!
宅建に独学で挑戦するなら、いつから勉強を始めるべき?勉強開始の最適な時期はいつ頃?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建の勉強っていつから始めるべき?」そこのあなた、独学での勉強開始時期について、情報収集の真最中ですか?独学での宅建挑戦は、決して簡単なことではありません。 通学や通信講座とは違い、カリキュラムが用意されているわけではなく、勉強方法[…]

宅建の勉強の適切な開始時期は?独学なら、いつから本格始動すべき?

独学で宅建合格へ!目安となる平均的な勉強量や勉強時間はどれくらい?

独学で宅建合格へ!目安となる平均的な勉強量や勉強時間はどれくらい?

独学で宅建取得を目指して勉強を始める場合、気になるのが平均的な勉強時間や勉強量ではないでしょうか?

独学は、予めカリキュラムが用意されているわけでもなければ、「あなたにはこれくらいの勉強が必要です」と指示を出してくれるサポーターがいるわけでもありません。

教材選びもスケジュールも、全て自己管理が基本です。

そんな中、頼りになるのが、他でもない独学成功者の声です。

また、多くの合格者を見てきた資格学校の講師や通信講座の方々の意見です。

独学で失敗し別の手段を選んだ方々の中には、「こうしておけばよかった…」と失敗したからこそ見えてくる貴重な意見を述べていらっしゃる方もたくさんいます。

本当に様々な意見があるわけですが、実のところ、独学で宅建に合格するためには、どれくらいの勉強時間が必要で、平均的な勉強量はどれくらいなのでしょうか?

また、あなたが宅建合格を目指す場合に必要な勉強とはどのようなものなのでしょう。

常に自己管理能力が試される独学において、情報は命!では、早速見ていきましょう!

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建合格は目指せるの?攻略のコツは?気になる詳細はこちらの記事からご確認ください!

関連記事

「独学でも宅建て取れるの?」そこのあなた、独学での宅建取得を考えていらっしゃいます?もしくは、すでに勉強中かもしれません。 自分1人で勉強するって、とても根気がいることですよね。不安ですか?大丈夫です!独学で宅建を攻略するためのコツ、[…]

「独学でも宅建って取れる?」大丈夫‼宅建攻略のコツ、教えます!

⑴独学成功のために必要な勉強時間や勉強量はどれくらい?

では、宅建に独学で合格するためには、平均どれくらいの勉強時間が必要で、どれくらいの勉強量を積めばよいのでしょうか?

独学での宅建合格に必要な勉強量や勉強時間については、様々な意見があります。

これは、「諸説ある」というよりも、「その人にはその人に必要な勉強量や勉強時間がある」ということです。

受験者の方々は、皆それぞれ違った生活スタイルがあります。

これまで不動産取引に携わった経験がある方もいれば、全く無縁の方もいらっしゃいます。

勉強の得手不得手も人によって違うのです。宅建合格に必要な勉強量や勉強時間も違って当然です。

一概に、「○○時間勉強すれば絶対に合格できます!」という1つの決定的な数字は出せません。

しかし、独学で勉強を進めるのであればスケジュールを立てておく必要があります。

その際には、基準が必要です。先ほど、「決定的な数字は出せない」と言いましたが、いくら個人差があるとは言え、大体の目安として勉強時間や勉強量の平均を出すことはできます。

誰にも頼ることができず、手本となるカリキュラムがない以上、独学で勉強する場合には、平均の勉強時間や勉強量を参考に自分のやり方を確立していくより他ありません。

▶併せて読めば、合格率アップ!
独学で宅建に合格するためのスケジュール方法とは?ポイントは「5W1H」!詳しくはこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

実際の合格者の方や、通信講座や資格学校の意見をまとめると、少ない人で100時間、多い人で400~500時間勉強したという意見が多いようです。

もちろん、この意見の中でも、初学者の方かどうか、法律の勉強をしたことがあるかなどでやはり差は出ますが、これらの意見や私の実際の経験を基にすると、「最低でも250~300時間」は勉強時間として確保した方がよいと言えそうです。

ですので、スケジュールを立てる際には、本試験までに250~300時間を確保するように計画を組んでみてください。これが軸となり、あなたの1日の勉強時間が決まります。

こうして確保した勉強時間内で、必要な勉強量を積んでいくことになります。

勉強量の平均がどれくらいかというとなかなか難しいですが、多くの合格者の方に共通するのは、「過去問や問題集を何周もした」という点です。

問題演習に重きを置き、何度も何度もアウトプットを繰り返すことが有効と言えそうです。

実際に、宅建対策において、過去問の出題傾向は非常に重要な資料となります。

これまでに出題された重要論点が、本試験で再度出題される可能性が高いからです。

だからこそ、過去問から頻出度の高い箇所を把握し、問題演習に力を入れることが実力をつける上で最も効果的と言えるのです。

このように、実際の合格者の方々や通信講座、資格学校の意見を参考にすると、独学での宅建合格に必要な平均勉強時間は「250~300時間」、勉強量や内容で多いのは「過去問や問題集を繰り返し行うこと」と言えそうです。

受験者それぞれがそれぞれ違った背景の中で勉強するため、全員に共通する絶対的な数字を出すことはできません。

しかし、平均値としてある程度参考になる数値を出すことはできます。

あくまで多数派の意見であり、あなたが必要とする勉強時間や勉強量と一致しない可能性は十分に考えられます。それでも、頼るものがない独学者にとって情報は少ない拠り所の1つです。

有効に使いましょう。

⑵独学での宅建合格に必要なこととは?

では、先述した平均の勉強量や勉強時間を参考に、あなたが独学で宅建に合格するためにすべきことを具体的に見ていきましょう。

➀計画を立てる

まず、先述した必要な勉強時間をもとに、計画を立てていきましょう。

独学では、カリキュラムなどがない分、自分で予定を立て、合格へ向けたルートを整備しておく必要があります。「なんとなく」では挫折してしまいます。

合格を見据え、しっかりスケジュールを立てましょう。

スケジュールの基準となる時間は「250~300時間」なのですが、あなたが初学者の方かどうか、法律の勉強や不動産取引に馴染みのある方かどうかなどによって確保すべき勉強時間も変わってきます。

さらに、本試験まであとどれくらいの期間が残っているかにも左右されます。

あらゆる面から最適なスケジュールを組みましょう。ここでは、2つのスケジュール例を挙げておきます。

〈例〉

・Aさん:初学者/仕事をしながら勉強/本試験まであと6ヶ月ほど
→6ヶ月間で300時間の勉強時間を確保する計画。1日に取れる勉強時間は、「平日:通勤時間の30分と帰宅後の1時間で、1日1時間半」「休日:1日2時間半」で、「1週間12時間半」。目標の6ヶ月で300時間を確保する計画が完成。
・Bさん:法学部出身/家事と育児/本試験まで10ヶ月ほど
→10ヶ月で300時間の勉強時間を確保する計画。1日に取れる勉強時間は、育児などの合間を縫って「1時間程度」。本試験まで毎日勉強するとして、10ヶ月で300時間を確保する計画が完成。

このように、ご自分の現状や経験などを基に基準となる勉強時間を決め、スケジュールを立てましょう。

人によっては、本試験までの期間が迫っていると、自分の生活スタイルに合わせることよりも無理をして時間を作る必要がある場合があります。

ですが、宅建合格までにはある程度の時間をかける必要があると割り切って、工夫しながら勉強を積み重ねましょう。

②勉強の優先順位を決める

宅建の勉強を効率的に進めるためには、試験科目による勉強順を決めることも大切です。

試験科目には、「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の大きく4つがありますが、それぞれ配点分布が異なります。

また、対策の難易度や得点の取りやすさなども違いますので、試験科目の特徴を踏まえて、優先順位を決めましょう。

■宅建試験の配点分布と目標点

試験科目 配点 目標点
権利関係 14点 10点
宅建業法 20点 18点
法令上の制限 8点 5点
税・その他 8点 5点

本試験の配点分布は、「権利関係:14点」「宅建業法:20点」「法令上の制限:8点」「税・その他:8点」です。

過去10年間の合格点は、31~37点であり、約7割の得点で合格できる計算になります。

また、配点分布と合格点を基に得点目標を設定すると、全体では38点、各試験科目での目標点は、「権利関係:10点」「宅建業法:18点」「法令上の制限:5点」「税・その他:5点」が妥当かと思います。

合格点と配点分布、目標点からするに、「権利関係」と「宅建業法」が宅建の2大重要科目です。試験対策では、この2つの科目に重点を置いて勉強を進めましょう。

私がおすすめする優先順位は、「権利関係→宅建業法→法令上の制限→税・その他」です。

中には、「宅建業法」から勉強を始める方がよいとする意見もありますが、私は「権利関係」から始めることをお勧めします。

何故ならば、「権利関係」は民法などをその範囲に含み、その他の科目とは違い、「理解」を求める部分が大きいからです。

法律に馴染みのない方には非常にわかりにくい言葉の使い方が多く、同じ言葉でも日常生活で使われる意味とは法的には違った意味で用いられることが当たり前です。

また、法律の勉強と言えば「六法を暗記すること」と思っていらっしゃる方も多いですが、実はそうではありません。

本当に必要な知識は、六法には書いていない条文解釈や判例法理です。

条文を正しく解釈することができなければ、正しい場面でその条文を当てはめることができません。

また、条文を当てはめれば解決できる綺麗な事件ばかりが起こるわけでなく、既存の条文では対応できない事例も多く存在します。

そのような場合には判例法理を当てはめるしかありません。このように、暗記だけでは対応できない部分が多々あるのです。

これが、できるだけ早く「権利関係」の勉強に取り掛かって頂きたい理由です。

この際に注意すべき点が、深入りしすぎないこと。

できればサクサクと進め、わからないところは無料で公開されている講義動画などを活用しながら理解し、一通り終えたら「宅建業法」に移行してください。

理解に時間がかかることが勉強を早めに始めたい理由ですが、あまり時間をかけすぎるのは逆効果です。線引きが難しいところではありますが、コツコツサクサク進めていきましょう。

▶併せて読めば、合格率アップ!
「民法ってどうやって勉強すればいいの?」毎年多くの受験者を悩ませる「民法」。勉強のコツや気を付けたいポイントについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

「民法ってどうやって勉強するの?」そこのあなた、独学での宅建合格に向け、情報取集の真最中でしょうか?独学での宅建挑戦は、低コストで時間の融通が利く点でとても魅力的です。しかし、予めマニュアルが用意されているわけではありません。 勉強方[…]

宅建取得の最大の敵「民法」‼独学で合格する「民法」勉強法とは⁉

「宅建業法」は、暗記すればするほど得点に繋がります。

ややこしい数字や紛らわしい言葉も多いですが、語呂合わせなど、自分なりに工夫を取り入れながら正確な知識をインプットしてください。

「法令上の制限」と「税・その他」も同じです。

この2つの分野は、専門用語がかなり多い分野ではありますが、出題箇所は毎年ほとんど決まっています。試験に近い時期に正確な知識を暗記することで確実な得点源としましょう。

このように、科目の優先順位を決め、「権利関係」と「宅建業法」に重きを置きながら勉強を進めることで、より効果的に宅建攻略を図りましょう。

効率化することで、時間の有効活用に繋がります。また、ここでの優先順位はあくまで参考ですので、ご自身の得意不得意に合わせて順番も調整してみてください。

③アウトプットに重きを置いて勉強をする

先述した通り、合格者の方に共通するのが、「過去問や問題集を何度も繰り返している」という点です。

ある意味、これが勉強量の平均と言えます。独学で宅建合格には、アウトプットが欠かせません。

「量より質」とよく言いますが、問題演習に関しては、「量」も十分に肝心だと私は思います。

「質」の良い問題演習を何度も何度も繰り返し、アウトプットの「量」も確実に積み重ねていきましょう。

質の良い問題演習とは、重要論点に絞って合格に必要な知識のアウトプットを行うことです。

宅建では、過去問の出題傾向を探ることが重要だとお伝えしましたが、これが重要論点を把握することに繋がります。

頻出箇所を問題演習を通して学び、わからないところは解説やテキストで確認します。

そして、また問題演習をする。こうすることで、アウトプットがインプットの機能も兼ね、知識の出し入れの訓練となるのです。

間違った問題には「×」印を付け、曖昧な問題には「△」印などをつけておけば、見直す際に目印となります。

「×」や「△」を「○」に変えることを目標に、どんどんアウトプットを重ねましょう。

勉強量、すなわちアウトプットの回数を増やし、何周やったか把握できると、自分のモチベーションにも繋がります。

問題集には回数もわかるように日付などを記入しておくとよいかもしれません。

以上をまとめると、独学で宅建に合格するためには、「➀スケジュール」「②試験科目の重要度の把握」「③アウトプット」が必要ということがわかりました。

⑴でお話した、平均的な勉強時間や勉強量を参考に、あなたが宅建に合格するために必要な勉強のやり方を確立していってください。

平均は参考でしかありませんが、指標にはなり得ます。是非ご活用ください!

独学での宅建合格に必要な平均勉強時間や勉強量は、1つの指標として活用!

独学で宅建取得を目指す場合、「独学受験者の平均勉強時間や勉強量」って気になりますよね。

ただでさえ頼るものが少ない独学という手段において、情報は命となります。

自力で勉強を進める上で、参考となる基準が必要です。では、実際のところどれくらいが平均値となるのでしょうか?

これまでの合格者の方々や、多くの受験者を見てきた通信講座や資格学校の講師の方々の意見などをまとめると、独学での勉強時間は、少ない人で100時間、多い人で400~500時間ほど。

平均すると、300時間は勉強時間として確保する必要があるようです。勉強量や内容として共通するのは、過去問や問題集でのアウトプットに重きを置くという点です。

平均の勉強量という形で表現することはなかなか難しいですが、独学で勉強する際には、アウトプットは欠かせないといえるでしょう。

この平均勉強時間や勉強量を指標にすれば、あなたが実際に独学での勉強を進めていく上で気を付けるべきポイントが見えてきます。

まずは、最低でも250~300時間を本試験までに確保するスケジュールを立てましょう。

1日にどれくらい勉強するかをはっきりと決めておき、挫折を防ぎます。目標に向かって一直線に進めるルートを整備しましょう。

そして、試験科目の重要度を見極め、優先順位を付けましょう。

配点分布や目標点、難易度からお勧めするのは、「権利関係→宅建業法→法令上の制限→税・その他」の順番です。

理解が多く求められる権利関係に早めに取り組み、暗記科目は後から追いかける形にしましょう。

ただし、あくまで参考ですので、ご自分の苦手分野などと相談しながら決めてくださいね。

勉強内容は、先ほど合格者に共通する点として挙げた「アウトプットに重きを置く」というものです。

過去問や問題集での反復学習を繰り返し、必要知識を頭に入れましょう。

質の良い問題演習を繰り返し、勉強量も積んでいくのです。「質より量」と言いますが、反復学習においては、量も重要だと私は思います。

繰り返して初めて見えてくるものもあるからです、

独学で宅建合格を目指す場合、勉強を進める上で指標としたいのが「平均勉強時間」や「勉強量」です。

心細い中、頼りになるのはやはり多くの人がどのように勉強しているのかということ。

全員が違った生活を送り、背景事情も違う中で勉強しているため、絶対的な数字は出ませんが、平均値はある程度参考になると言えます。

本試験まで孤独な闘いが続きますが、自分を信じて突き進んでください。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG