宅建士の資格手当はどれくらい?手当支給の要件や相場・注意点は?

宅建士の資格手当はどれくらい?手当支給の要件や相場・注意点は?

「宅建士の資格手当ってどれくらいもらえるの?」お困りですか?

この記事を読んでいらっしゃるということは、きっと宅建合格へ向けて情報収集の真最中かと思います。

あなたは、宅建士の「資格手当」についてはご存知ですか?

宅建士資格を用いて就職を希望している方には、この「資格手当」について、是非知っておいていただきたいのです!

「資格手当」とは、当該資格を有していることで発生する基本給以外の給与のこと。

つまり、宅建士として働くことによって企業から手当がもらえる場合があるのです。

もちろん、すべての企業が用意している制度ではなく、企業によって金額に差はあります。

しかし、「資格手当」について知っていれば、あなたが就職先を選択する際に判断要素となるだけでなく、宅建取得の意欲アップに繋がること間違いなし‼

そこで、以下では宅建士の資格手当の相場や求められる条件、注意点などをご紹介します!

▶併せて読んで、宅建合格!
「独学でリーズナブルに宅建士になることはできる?」低コストかつ時間の融通も利く「独学」!あまりお金をかけずに宅建を取得することはできるのでしょうか?詳しくはこちら!

関連記事

「宅建士資格って、独学で取れるの?」そこのあなた、これから独学で宅建士の資格取得を目指してらっしゃいますか? もしくは、すでに勉強中でしょうか。独学での資格取得に付きまとうのが、勉強のやり方や工夫の仕方に関する不安ではないでしょうか?[…]

独学で宅建士になる方法‼勉強のやり方や工夫の仕方が合否を分ける⁉

宅建士になって就職先も資格手当もゲット!相場や条件・注意点などは?

宅建士になって就職先も資格手当もゲット!相場や条件・注意点などは?

あなたの宅建取得の目的は、どういったものでしょうか?宅建を有することで得られるメリットは、スキルアップや仕事の幅の広がり、違った分野への挑戦のためなど、たくさんあります。

人によって宅建の取得理由は様々ですが、特に就職や転職活動でのアピールポイントとして、宅建を持っておきたいという人も多いはずです。

履歴書の資格の欄に「宅建」と記載があれば、「おっ!」と人事担当者の目を引くことでしょう。

そして、就職後のメリットとして大きなものが「資格手当」です。宅建士として働くことを視野に企業検索などを行っている方は、福利厚生などの欄で目にしたことがあるかもしれません。

実は、宅建士資格を有していると「資格手当」が付く企業が多く存在するのです。

「資格手当」とは、当該資格を有していることで基本給以外に支給される給与のこと。

宅建を持つことで、就職や転職にも有利になり、さらには給与もアップするなんて、非常に魅力的ですよね!

ただし、全ての企業に手当があるわけではなく、手当を用意している企業の中でも金額に差はあります。

では、あなたが宅建士として資格手当を得るには、どうすればよいのでしょうか?

以下では、資格手当の相場や支給の条件、注意すべき点などをご紹介します。是非、宅建取得のモチベーション維持のためにも、是非ご一読ください!

▶併せて読んで、宅建合格!
独学での宅建合格を目指すために必要なスケジュールとは?ポイントは「5W1H」!宅建取得にグッと近づくスケジュール方法についてはこちら!

関連記事

「スケジュールってどうやって組めばいいの?」そこのあなた、お悩みですか? 独学で宅建士になるための勉強を始めるため、まずはスケジュールや計画表を作成しようとしていらっしゃるご様子ですね。 独学では、何から何まで自分1人でこなして[…]

独学で宅建士へ!効率的な勉強スケジュールや計画表の組み方とは

⑴宅建士の「資格手当」の相場はどれくらい?

では、まずは「資格手当」の相場からご紹介したいと思います。

宅建士の資格手当は、少ないところで「5,000円」、多いところで「5万円」と幅がありますが、最も多く分布しているのが「2万~3万円」の間のようです。

宅建士に対する資格手当の支給があるのは、やはり不動産会社が多く、その中でも宅地建物取引業を営む企業が用意しているケースが多いというのが実情のようです。

宅建業法でも勉強する内容ですが、宅地建物取引業を営む場合には、事務所ごとに5名に1名以上の宅建士を配置する義務があります。

宅建士は、宅地建物取引業を営む場合にはなくてはならない存在なのです。事業継続の可否に関わるため、資格手当を支給してでも人材の確保に努めて当然と言えます。

また、宅建士には独占業務があります。こちらも宅建業法で学ぶ内容ですが、「重要事項の説明(35条書面の内容)」「重要事項の説明書面(35条書面)への記名押印」「契約書面(37条書面)への記名押印」は、宅建士にしか行うことができない業務です。

これは、宅地建物取引業において必ず顧客との間で交わす取引になります。

業務上必須の業務を行う人が少なければ、業務の円滑な遂行が妨げられます。

重要事項の説明の際に、顧客に対応する従業員を営業担当者から宅建士資格保持者にころころ変えていては、かなり面倒です。手間を減らすためにも、できるだけ多くの従業員に宅建士になってほしいと思うのが会社側の心理でしょう。

このように、宅建士には基本給に加えて「資格手当」が支給されることが多く、その相場は「2万~3万円」が一般的であるようです。中には「5万円」などという求人も見られますが、その場合には基本給が少なくなっているケースがあります。

内訳はしっかり確認しておきましょう。月2万円の資格手当が付けば、年収にして24万円が基本給に上乗せされることになります。

1月分の月給に相当する金額が上乗せされると思うと、大きいですよね。宅建取得の意欲になるのではないでしょうか。

⑵「資格手当」支給の条件は?

次に、「資格手当」が支給される条件について確認しておきましょう。

注意すべき点は、宅建士として資格手当をもらうためには、宅建に合格するだけでは不十分です。

宅建士として登録を受ける必要があります。宅建士として働くには、宅建士資格試験を取得し、かつ宅建士として登録を受けることが必要なのです。

この条件を満たして初めて「資格手当」支給の対象者となります。

宅建士として働くための一連の流れをざっとご紹介します。

まずは、大前提として宅地建物取引士資格試験に合格することが必要です。合格して初めて「登録」の段階に進むことができます。

「登録」は都道府県知事によってなされるのですが、宅建に合格すれば誰でも「登録」を受けることができるわけではありません。

「登録」の要件として、「宅地建物取引業に従事した経験が2年以上あること」が必要なのです。

宅建に合格したとしても、実務経験が2年以上なければ、「登録」を受けることができません。

そこで、実務経験の乏しい方には「登録実務講習」という制度が用意されています(宅建試験の一部免除制度を利用するために受講する「登録講習」とは別物ですので注意してください‼)。

国土交通大臣から登録を受けた指定の講習を受けることで、実務経験が2年以上あるみなされるのです。
(※「登録実務講習」の指定機関については国土交通省のホームページを参照してください)

「登録実務講習」は、「約1ヶ月間の通信学習+2日間のスクーリング+修了試験」という構成になっています。

費用は2万円前後が一般的です。修了試験に合格し、「登録」を受けると、次に「宅地建物取引士証」の交付を受ける必要があります。

ここでも、宅建合格から1年経過していると「法定講習」を受けなければなりません。

また、「宅地建物取引士証」の有効期限は5年です。更新が必要な点に注意してください。

これらの手続きを終え、初めて「宅建士」として働くことができます。想像以上に多くの手順を踏まなければならないのですね。

▶併せて読んで、宅建合格!
「登録実務講習って何?」宅建士として働くためには、実は資格を持っているだけでは不十分!「登録」を受ける必要があるのです。しかし、その登録にも条件があります。実務経験のない合格者が登録要件を満たすために受ける「登録実務講習」とは何を勉強するのでしょうか?

関連記事

「登録実務講習って何だろう…?」そこのあなた、独学での宅建取得に向けて情報取集の真最中でしょうか?すでに勉強中かもしれません。 「登録実務講習」という言葉、「宅建業法」のテキストなどで目にした方もいらっしゃるかもしれません。宅建士にな[…]

登録実務講習

(図) 宅地建物取引士になるまでの流れ
宅地建物取引士になるまでの流れ

これらの手続きにかかる費用は、「宅建試験の受験申し込み:7,000円」「登録実務講習:約2万円」「登録料:3万7,000円」「宅地建物取引士証の交付:4,500円(法定講習:1万2,000円)」となっています。

「結構かかるな…」と思いますよね。私も思いました…。宅建取得のために購入した教材費なども加えると、さらに高くなります。

ですが、「資格手当」の金額を考えると、安いものかもしれません。資格は一生ものですし、その後の登録にかかる費用よりも大きなメリットがつくのです。宅建士として仕事をしようと考えていらっしゃるのであれば、宅建士になるための一連の手続きと費用は目を瞑ってもいい部分かと思います。

・相場:2万~3万円
・条件:宅建士として登録を受けていること。
※宅建士資格試験に合格しただけでは、「資格手当」支給の対象にはならない。試験合格後、「登録(登録実務講習が必要な場合は申込み必須)」と「宅地建物取引士証の交付」を受けてはじめて宅建士として働くことができる。

宅建士の「資格手当」は大きなメリット!金額や支給条件については要確認!

宅建取得の目的は人それぞれですが、就職や転職活動におけるアピールポイントとして合格を目指している方も多いのではないでしょうか。

もし、あなたの宅建取得の目的が宅建士として働くことならば、「資格手当」という文字を目にしたことがあるかもしれません。

「資格手当」とは、当該資格を有していることを条件に、基本給に加えて支給される給与のこと。

不動産会社で、宅地建物取引業を営む企業では、宅建士に資格手当を用意している企業が多いのです。

宅建の資格を所得すること、就職に有利になるだけでなく、給与面でも待遇を受けることができるなんて非常に魅力的ですよね!

宅建士の「資格手当」は、少ないところで「5,000円」多いところで「5万円」といったところです。

幅はありますが「2万円~3万円」が一般的と言えそうです。あまり高すぎると基本給が少ない場合があるので注意が必要です。

宅地建物取引業を営む場合、事務所ごとに5名に1名以上の宅建士を設置する義務があります。

営業の可否に関わるのですから、宅建士に資格手当が出ることも当然です。

また、宅建士には独占業務があり、重要事項の説明や記名押印、契約書面の記名押印がそれにあたります。

これらの業務は宅地建物取引業を営む上で避けては通れないものですので、できるだけ多くの従業員に資格取得をしてほしいのが会社の本音だといえます。

ただし、ここで注意しなければならない点は、宅建に合格しただけでは「資格手当」の支給対象にはならないということ。

「宅建士」として仕事をするには、試験合格後に「登録」を受け、「宅地建物取引士証の交付」を受ける必要があります。

また、実務経験が2年以上ない場合には「登録実務講習」を受ける必要があるので、各段階で何をしなければならないのか確認しておいてください。

宅建士として働き、資格手当の支給を受けるためには、手続きも費用も掛かります。

決して楽とはいえません。しかし、手当の金額や資格が一生ものであるというメリットを考えれば、そのような手間もかける価値があるかと思います。

就職や資格手当の面でも、宅建はかなり魅力的な資格です。

是非、合格を目指して勉強に励んでください!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG