ユーキャン宅建通信講座のテキスト

ユーキャン宅建通信講座のテキスト参考書は優秀!評判の教材の内容とは?

「ユーキャンの宅建通信講座のテキストや参考書はどうなの?」と思っていませんか?

抜群の知名度の生涯学習のユーキャン。忙しい芸能人でもユーキャンなら資格取得ができてしまうというCMはとても魅力的ですよね。

あなたも、宅建士の資格取得のためにユーキャンを検討しているかもしれません。

でも「ユーキャンという名前はわかっていても、肝心の教材内容はよくわからない…」と思っているでしょう。

ネームバリューのあるユーキャンですが、実際に中身はどうなのでしょうか。

今回は、ユーキャンで勉強する上で重要な、テキスト、参考書などの教材についてご紹介したいと思います。

一つ一つの教材の特徴を見ながら、ユーキャンの魅力に迫ってみたいと思います。

ユーキャンの教材の評判は?

ユーキャン(画像出典:ユーキャン

>>>ユーキャンの詳細はこちら

ユーキャンを利用して合格した人の口コミや体験談を見ていると、ユーキャンの教材はとても評判が良いことがわかります。

テキストに関しては「厳選された内容」「力を入れるべきポイントがわかる」「「必要なポイントがうまくまとまっている」「薄いから断念せずに頑張れた」などのコメントがありました。

さらに動画講義に対しても、わかりやすいと高評価です。

ユーキャンの教材他、様々な口コミ情報はこちらの記事もご参考ください。

関連記事

「ユーキャンの宅建通信講座の評判ってどうなの?」と思っていませんか? 知名度も信頼度も抜群のユーキャン。 忙しい人でも無理なく勉強できるように、スマホ一つで完結できる学習法を提供。 ミニマム教材にこだわり、本当に勉強すべき[…]

ユーキャン宅建講座の口コミ評判は?大手通信講座の評価とは?

ユーキャンの教材の内容は?

ユーキャンの教材

(引用:ユーキャン

ユーキャンの「宅地建物取引士講座」の受講料は63,680円(税込)です。

宅建通信講座の受講料は5万円~10万円が相場なので、格安とまではいかない金額です。しかし、ユーキャンは非常に教材が充実しているので、コスパが良いのです。

ユーキャンの教材は、大きく3つに分けられます。

「動画講座」「テキスト」「副教材」です。

それぞれの特徴を説明しながら、どんなところが充実しているのかご紹介していきたいと思います。

ただし、コスパ抜群のユーキャンの教材でも、人によっては難点に感じる内容もあります。

ユーキャンの教材の良い点だけでなく、悪い点も合わせて見ていきましょう。

テキストの特徴

ユーキャンの基礎テキスト3冊、実践テキスト3冊の合計6冊がセットになっています。

基礎テキストは基礎力をつけるテキスト、実践テキストは得点を取るための力をつけるテキストです。

ユーキャンの宅建講座の一番の魅力は、これらのテキストなのです。

その理由は6つあります。

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

無駄を省いている

ユーキャンの教材は、仕事で忙しい人が勉強すること前提に作られています。

実際に、ユーキャンを受講する8割以上の人は、仕事と勉強を両立しています。

そのため、ユーキャンのテキストは、受講者の学習の負担をできる限り少なくするために、とことん無駄を省いた内容になっているのです。

宅建の全範囲を学習するのではなく、合格に必要な知識だけを確実に学習していくことを目的としています。

ユーキャンに限らず、最近の宅建通信講座のテキストは「必要な知識だけを効率よく学習する」という傾向にあります。

ユーキャンも、極限まで無駄を省いた効率重視のテキストとなっています。

これがユーキャンのテキストの魅力の一つです。

時短学習したい人にピッタリなのです。

わかりやすい

ユーキャンのテキストは、ただミニマムに絞り込んでいるわけではありません。

わかりやすさも追求しています。

そのために基礎テキストに取り入れているポイントは2つです。

色と図表です。

テキストは全てカラー印刷になっています。さらに図表も取り入れています。

わかりやすいく図表が色分けされているので、初めて見る時でも重要箇所がすぐにわかるようになっているのです。

パッと見た時に目につきやすく、さらに記憶に残りやすいので、とても効率よくインプットしていくことができます。

白黒で細かい字が並んでいるだけのテキストだと、やる気が出ないでしょう。

ユーキャンのテキストは、スムーズに学習を進められるところが魅力です。

ポイントを絞って覚えやすい

覚えるべきことが膨大にあると、なかなか学習が進みません。

ユーキャンのテキストは「チェックポイント」という部分に覚えるべきポイントをまとめています。

しかも、基礎テキストと実践テキストで共通となっているので、まずは基礎を学習して、実践的な学習に繋げていくことができるのです。

過去問に強い

宅建試験は過去問が全てではありませんが、過去問を攻略しておくことはとても重要です。

ユーキャンの実践テキストでは、過去問を徹底分析し、解説しています。

しかも、重要度の高いところだけを厳選しているので、効率よく合格を目指す学習ができるのです。

スリムでコンパクト

ユーキャンのミニマムテキストは「持ち運びやすい」という魅力もあります。

その薄さに驚く人も多いというほどスリムで、さらにA5サイズでコンパクトです。

通勤途中や昼休みに勉強したいと思っても、分厚いテキストを持ち歩くのは大変ですよね。机に向かって学習するだけになってしまうと、なかなか知識は身につきにくいでしょう。

バッグに入れて簡単に持ち運べるユーキャンのテキストなら、どこにでも持ち歩けるので非常に便利です。

スマホで見ることができる

ユーキャンのテキストはコンパクトで持ち運びに便利なのですが、さらにスマホで見ることもできます。

基礎テキスト、実践テキストはスマホやタブレットで見ることが可能です。

ユーキャンのテキストはカラフルで読み進めやすい内容になっています。

だからとてもスマホ向き。サクサク見ながら学習することができるでしょう。

宅建の勉強は、とにかく毎日継続することが大切です。

数分でも良いので、宅建に触れることが重要なのです。スマホでテキストが閲覧できると、学習時間が確保できるので、ぐんぐん実力がついてくるでしょう。

動画講義の特徴

通信講座は、動画講座をひたすら視聴して学習するイメージがあるかもしれません。

実際に、通学制の講座のように、1時間たっぷりの長編動画講座のある通信講座もたくさんあります。メインは動画講義で、その動画を補うためにテキストが用意されているのです。

ユーキャンの宅建通信講座はその逆です。

メインはテキストです。

基礎テキストの「チェックポイント」を動画講義で補う内容になっています。動画はサブ的存在なのです。

そんなユーキャンの動画講座について、4つの特徴を見ていきましょう。

5分で学習できる内容

ユーキャンの動画講義のほとんどが5分前後の内容になっています。

この短さがユーキャンの動画講義の最大の特徴です。

「すきま時間にサクッと動画を見て勉強したい」「長い動画講義だと途中で集中が切れてしまう…」という人にはピッタリです。

ちょっと空いた時間に見ることができて、短時間なので集中してインプットすることができます。

しかし、長い動画講義でじっくり勉強したい人には、満足できない内容でしょう。
これがユーキャンの難点の一つでもあるのです。

本数が多い

ユーキャンの動画講義は1本の時間は短いのですが、本数は非常に多く約1,100本もあります。だからトータル的には十分なボリュームなのです。

時間があるときは、何本もまとめて勉強すると良いでしょう。

「今日は5本も動画講義を見た」などと思うと、達成感があります。

テンポが良い

動画講義は集中することが大切です。

通学制の講義の場合は、目の前に講師がいるので、自然と集中して聞こうという気持ちになります。

でも、動画講義の場合は、相手がいるわけではないので、どうしても集中を維持するのが難しいのです。

そこで重要なのが講義のスピード感です。テンポ良く進む講義だと、集中して聞くことができます。

ユーキャンの動画講義はとてもテンポが良くわかりやすい内容になっています。

電子黒板を使いながら進むところも、飽きさせないポイントでしょう。

さらにスピーディーに聞けるように、倍速再生で講義を視聴することもできます。

講師の教え方がわかりやすい

ユーキャンの宅建通信講座は一人の講師が担当しているわけではありません。

何人かの講師が担当しているのですが、どの講師も解説がわかりやすいと好評なのです。

やはりユーキャンという超有名な通信講座の講師陣なので、レベルは間違いなく高いです。

短い時間の中で、うまくまとまった講義をするので、効率よく学習することができます。

ユーキャンの動画講義はこちらから視聴することができます。ぜひ、チェックしてみてください。
ユーキャン動画講義

副教材について

テキスト(参考書)、動画講義をご紹介してきました。

この2つの教材だけの通信講座もありますが、ユーキャンはさらに副教材がついてきます。

テキストと動画講義で効率よく学習することができますが、さらに副教材で合格に向けた学習ができるでしょう。

副教材は「完成テキスト」「過去問題集」「学習ガイド」があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

完成テキストで予行演習ができる

完成テキストは、本番のための予行演習をするたのテキストです。

試験本番で成功するためには、知識を詰め込んでおくだけでなく、時間配分に慣れておくことも重要です。

完成テキストでは、出題形式に慣れたり、時間配分を考えて解答することができるので、より実践的な学習ができるのです。

さらに、完成テキストには「解法テクニック」「肢を切る方法」「ひとことナビ」など、正解率を上げてくれるようなアドバイスがちりばめられています。

また、動画講義で復習できる内容もあるので、さらに理解を深めることができるのです。

過去問題集で理解が深まる

過去問題集には、最新の過去問題、解答、解説がまとめられています。

最新の出題傾向を確認することができるでしょう。

さらに、ただの過去問題集ではなく、解説もついているのでわかりやすいです。

間違った問題も、解説を読んで理解を深めながら進めることができるので、実力がついていくでしょう。

ガイドブックで迷わず学習できる

ガイドブックには、宅建試験へ向けてどのように勉強をすれば良いのか、進め方が書いてあります。

具体的な教材の使い方や、学習法、取り組み方などが詳しく書いてあるのです。

通信講座の場合「何から進めれば良いかわからない…」と迷ってしまうことがあります。

モチベーションも維持できないでしょう。

このガイドブックを見ると、進め方が明確になるので、勉強する意欲が掻き立てられるでしょう。

この通り進めていけば、合格も夢じゃないと思える内容です。

ここまで、ユーキャン宅建通信講座のテキスト、参考書などについてご紹介してきました。

最後に改めてテキスト、動画講義、副教材の特徴をまとめてみまほう

テキストの特徴は以下の6点です。

  • 無駄を省いている
  • わかりやすい
  • 過去問に強い
  • ポイントを絞って覚えやすい
  • スリムでコンパクト
  • スマホで見れる

動画講義の特徴の特徴は以下の4点です。

  • 5分で学習できる内容
  • 本数が多い
  • テンポが良い
  • 講師の教え方がわかりやすい

副教材の特徴は以下の3点です。

  • 完成テキストで予行演習ができる
  • 過去問題集で理解が深まる
  • ガイドブックで迷わず学習できる

これを考慮すると、ユーキャンの教材は以下のような人に向いていることがわかりました。

  • 短期間で効率よく勉強したい
  • 難しいと断念してしまうので、簡単に説明してほしい
  • すきま時間を有効活用して勉強したい
  • 長い講義だと集中が切れてしまう
  • 本でもスマホでも勉強したい
  • 過去問、模擬試験もしっかり勉強したい

このような人は、ユーキャンの教材で力を付けていくことができるでしょう。

逆に「ボリュームのある分厚いテキストで勉強したい」「じっくり長い動画講義を視聴した勉強したい」という人には、ユーキャンの教材は物足りないかもしれません。

まとめ

今回は、大人気通信講座ユーキャンの宅建士通信講座のテキスト、動画講義、参考書、問題集などについて見てきました。

通信教育は、基本的に自分で学習計画を立てて進めていくことになります。

だから、独学をサポートするための教材はとても大切です。

それぞれの通信講座によって教材は様々です。だからこそ、しっかりリサーチしておくことが重要です。

ユーキャンは「テキスト」「動画講座」「副教材」の3つのバランスのとれたハイレベル教材が揃っています。

基本的に、無駄を省いて本当に必要なことだけを学べる教材を提供しているのです。

動画講義のサンプル動画は、ユーキャンの公式サイトで見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

ユーキャンの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG