ユーキャンの宅建通信講座で必要な勉強時間は?効率よく時間を使う方法とは?

ユーキャンの宅建通信講座で必要な勉強時間は?効率よく時間を使う方法とは?

「ユーキャン宅建通信講座の勉強はどれくらい時間が必要?」

「ユーキャン宅建通信講座の勉強時間の配分は?」

「ユーキャン宅建通信講座で勉強時間を確保できるか不安」

などと思っていませんか?

資格取得で有名なユーキャンの通信講座は、独学でも効率よく勉強できるようなテキストやカリキュラムを用意しています。

宅建勉強で重要なのは計画性です。自分でスケジュールを立てて計画的に学習するのは大変ですが、ユーキャンの通信講座なら、ユーキャンのカリキュラムに沿ってスケジュール管理することができます。

ただし、問題は「どれくらい勉強時間が必要なのか」ということです。

ユーキャンを始めても、仕事が忙しくて指示された通りに勉強時間が確保できなければ、せっかくの教材が無駄になってしまうかもしれません。

ユーキャンを始める前に、実際にユーキャンを始めたらどれくらい勉強時間が必要になるのか確認しておきましょう。

さらに、優先順位を決めて時間配分を考えることや、勉強時間確保のコツもご紹介していきます。

ユーキャンの宅建勉強に必要な時間は?

ユーキャン(画像出典:ユーキャン

ユーキャンの宅建勉強にはどれくらい時間を費やす必要があるのでしょうか。

その時間は、人によって違います。

ユーキャンの宅建通信講座は教材やカリキュラムは決まっていますが、勉強時間は個人差があるのです。

不動産業や法律の基礎知識がもともとある人は、勉強時間が短くても良いでしょう。逆に全くの入門者の場合には勉強時間は長く必要になります。

ユーキャンの標準学習期間は6ヵ月

あなたの宅建への知識の有無によって勉強時間は変わりますが、ユーキャンは標準学習期間を設けています。その勉強期間は6ヵ月です。

当サイトでも、学習期間は6ヵ月~10ヵ月を目安に考えています。

6ヵ月以下だと、試験までに十分な勉強時間を確保できないでしょう。

逆に1年もあると、途中で中だるみしてしまい効率よく勉強できない可能性があります。

宅建試験は記憶が勝負でもあるため、長すぎれば良いとも言えないのです。

6ヵ月という勉強期間が理想的と言えるでしょう。

宅建試験は年に一回10月に実施されます。10月に向けて6ヵ月勉強するためには、4月から勉強をスタートすれば良いことになります。

ユーキャン推奨勉強時間は300~350時間

さらにユーキャンが推奨する勉強時間は300時間~350時間となっています。

当サイトは250時間~300時間が目安とご説明しているので、ユーキャンのほうが少し長いことになります。

6ヵ月で350時間勉強するためには、1日約2時間ずつ勉強する計算になります。

あなたが1日に可能な勉強時間を考える

ユーキャンの宅建学習に必要な時間は、「1日約2時間×180日」が目安になることがわかりました。

それでは、実際あなたが毎日勉強できる時間を考えてみてください。

毎日2時間ずつ勉強時間を確保できるなら、ユーキャンの目安通り6ヵ月で学習していくことができます。4月から勉強をスタートさせると良いでしょう。

毎日1時間半しか勉強時間が確保できないのであれば、8ヵ月かけて勉強することになります。2月から勉強をスタートさせる必要があります。

さらに、1日2時間以上勉強時間を確保できるのであれば、6ヵ月より短い期間でユーキャンのカリキュラムをこなせるかもしれません。

ユーキャンの宅建勉強で効率よく時間を使う方法は?

ユーキャンの宅建勉強で効率よく時間を使う方法は?

ユーキャンの宅建勉強に必要な勉強時間についてイメージがついてきましたか?

「1日2時間ずつなら6ヵ月続けられそう」「1日1時間半しか時間がとれないからもっと早く勉強を始めよう」などと考えてみてください。

そして、さらに考えるべきことは、その時間を効率よく使う方法です。

ユーキャンは6ヵ月、300時間~350時間など、目安の時間を示していますが、ただダラダラ勉強して時間だけが過ぎてしまったら意味がありません。合格を勝ち取ることはできないでしょう。

限られた時間の中で効率よく学習することが重要なのです。

そのためには、3つの方法がおすすめです。

1つ目は、優先順位を決めて、効率よく勉強していくこと。

宅建の試験範囲を全て勉強しようと思ったら膨大な量になります。宅建の試験勉強は全ての範囲を網羅する必要はありません。

2つ目は、ユーキャンの弱点対策機能を活用すること。

3つ目は、インプットだけでなくアウトプットを強化することです。

優先順位をつけて勉強する

宅建試験の試験科目は「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」「税・その他法令」の大きく4つに分かれます。試験は全部で50問、4者択一形式です。

配点は、「宅建業法→20点」「権利関係→14点」「法令上の制限→8点」「税・その他法令→8点」です。

この中で「宅建業法」は基本的な問題が多いので点数を取りやすく、「権利関係」は難しい問題が多いため点が取りにくいです。「法令上の制限」「税その他法令」は点数が取りやすい問題、取りにくい問題が混ざっています。

ユーキャンは効率よく合格点を目指すためは、全ての科目で満点を取ることは目標にしていません。

「宅建業法→8割以上」「法令上の制限、税・その他法令→6~7割」「権利関係→5割強」の点数を取ることを目標にしています。

難易度の高い「権利関係」で8割以上の正解率を目指そうと思うと、膨大な勉強時間がかかるでしょう。

だから「権利関係」は半分正解できればOKと考え、点数の取りやすい「宅建業法」をじっくり時間をかけて確実に正解できるように勉強していきましょう。これにより、効率よく点数アップすることができるでしょう。

弱点対策機能を使う

ユーキャンのスマホ学習機能の中に、弱点対策機能があります。

WEBテストの結果から、自動分析であなたの苦手な問題を洗い出し、その苦手な問題から優先的に出題してくれるのです。

これは非常に便利な機能です。

効率よく弱点を克服していくことができるので、どんどん実力がついていくでしょう。

アウトプットを強化する

効率よく時間を使うためには、インプットよりもアウトプットを強化することが大切です。

時間的な余裕があるなら、じっくりインプットに時間を割いても良いでしょう。

しかし、限られた時間の中で効率的に勉強を進めるためには、インプットは必要最低限におさえてください。

宅建の全範囲をインプットするのではなく、重点を絞ったインプットが大切なのです。

ユーキャンのテキストは、合格に必要なものだけを厳選した内容です。だから、このテキストだけを信じて勉強すれば、過不足なくインプットすることができます。

そして、インプットに費やす時間を減らした分、アウトプットを強化しましょう。

宅建は、過去問が非常に重要です。繰り返し過去問を解いて実践力を鍛えていきましょう。

ユーキャンのテキストは過去問攻略もバッチリの内容になっています。しかも、テキストやWEBテストは全てスマホで学習することができるので、すきま時間を活用してどんどんアウトプットができるのです。

ユーキャンの宅建勉強の時間確保のコツは?

ユーキャンの宅建勉強の時間確保のコツは?

ユーキャンの宅建勉強に必要な時間、さらに効率よく時間を使う方法についてご説明してきました。

でも「毎日仕事が忙しいから時間が確保できるか不安…」と思うかもしれません。

せっかくユーキャンをはじめても、全く時間が確保できなかったら効率よく勉強することはできません。

でも、そのような悩みを持っているのはあなただけではありません。

ユーキャンの宅建通信講座を受講している8割以上の人が仕事をしながら勉強しています。

ユーキャンはそんな忙しい人でも頑張れる通信講座なのです。

勉強する時間がないと諦めずに、時間を確保する工夫をしていくことが大切です。

時間確保のコツをご紹介しましょう。

すきま時間に勉強する

机に向かって勉強しようと思うと、時間が限られてしまいます。

仕事がある日の夜、もしくは休日になるでしょう。

でも、残業で帰ってきた日は、疲れて勉強する余裕はないかもしれません。

勉強時間を確保するためには、すきま時間を活用することが最大のコツです。

1日1時間まとまった勉強時間を確保するのは大変なことです。

でも、10分×6回ならどうでしょうか。簡単に確保できるかもしれません。

朝起きた時に10分、通勤途中に10分、昼休みに10分、帰宅途中に10分、夕食後に10分、就寝前に10分、などと、すきま時間を合わせれば1時間という勉強時間を確保することができます。

1時間勉強に集中するのが難しい人でも、10分という短い時間なら飽きずに集中して勉強できるというメリットもあります。

ユーキャンの動画講義は、このようなすきま時間に視聴できるように5分ほどの短い内容になっています。短時間に集中してインプットができるでしょう。

1日〇時間にこだわらない

1日2時間勉強すると決めてスタートしても「今日は仕事が忙しくて1時間しか勉強できなかった…」という日が出てくるでしょう。

その場合は、平日に足りなかった学習時間を休日に補うなどの調整をしていきましょう。

「毎日必ず〇時間勉強する」ことにこだわってしまうと、それができない日はイライラしてしまいます。

勉強時間が確保できない日は諦めて、逆に勉強時間が確保できる日は、できない日の分までたっぷり勉強しておくと良いでしょう。

スマホで勉強する

ユーキャンはスマホ1つで宅建勉強ができるようになっています。

スマホで、インプット、アウトプットができて、さらに学習管理などもできます。

机に向かって勉強する時間がない日でも、スマホを見ることはできるでしょう。

宅建勉強は、とにかく毎日欠かさずに宅建に触れることが重要です。積み重ね学習が非常に重要なのです。

短時間でも良いので、毎日学習する習慣をつけていきましょう。

ユーキャンのアプリやスマホを使った勉強法は、こちらの記事で詳しく解説しています。ご参考ください。

関連記事

「ユーキャン宅建通信講座のアプリって使いやすい?」 「ユーキャンの宅建通信講座のアプリだけで勉強できる?」 など、ユーキャンのアプリ情報を探していませんか? 最近の宅建通信講座は、スマホで学習できるのが魅力です。 ス[…]

ユーキャン宅建通信講座はアプリ

まとめ

今回は、ユーキャンの宅建通信講座の「時間」について様々な角度からご説明してきました。

ユーキャンの宅建通信講座の目安期間は6ヵ月、目安時間は300時間~350時間です。4月から勉強をスタートすると、毎日2時間ずつ勉強できれば10月の宅建試験に間に合う流れになります。

でも、時間をかければ良いわけではありません。効率的で、効果的な勉強をしなければ、合格を勝ち取ることはできません。

そのためには、優先順位を決めて勉強すること、本当に宅建試験に必要なことだけに絞ってインプットとアウトプットをすることが大切です。

さらに、すきま時間やスマホを活用することで、忙しい毎日の中でも勉強時間を確保していきまほう。

宅建試験合格へのカギは、とにかく計画的に勉強を進めることです。

ユーキャンなら、限られた時間の中で計画的、効率的に学習できるでしょう。

ユーキャンの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG