TACの宅建通信講座なら独学でも合格できる?TACが独学でも安心の理由とは?

TACの宅建通信講座なら独学でも合格できる?TACが独学でも安心の理由とは?

「TACの宅建通信講座なら独学でも合格を目指せるのでしょうか。」

宅建の勉強は簡単なものではありません。2019年の宅建試験合格率はわずか17%でした。

難易度が高い試験に初学者が合格するためには、計画的に効率よく学習しなければなりません。

資格学校に通学して講座を受講すれば、決められたスケジュールに従って学習することができます。直接講師のサポートも受けられるでしょう。

しかし、通信講座は基本的に一人で学習することになります。自分で学習計画を立ててスケジュール管理していくことになるのです。

TACは通学も通信も人気の高い大手資格学校です。でも独学で本当に頑張れるのか心配になりますよね。

しかしTACの宅建通信講座なら、独学でも安心して頑張ることができるでしょう。

今回は、TAC宅建独学の特徴をご紹介しながら、TAC宅建が独学でも安心して学習できる理由をご説明していきたいと思います。

宅建学習方法は3つに分かれる

宅建学習方法は3つに分かれる

TACの宅建独学について見る前に、一般的な「宅建独学」についてご説明しておきたいと思います。

宅建学習は3つの方法に分けられます。

「通学講座」「独学」「通信講座」です。それぞれの学習法にはメリットとデメリットがあるのです。

通学講座

1つ目は資格学校に通学して講座を受講する学習方法です。

予備校のスケジュール、カリキュラムに沿って計画的に学習を進めることができ、通学することでモチベーションも維持できるでしょう。

わからないことがあれば、講師に対面で質問することができるメリットもあります。

しかし、予備校に通うためには高い受講料がかかります。さらに、決まった時間に通う必要があるため残業などで通えないことも出てくるでしょう。通学に時間がかかってしまうのもデメリットです。

お金と時間がかかっても確実に合格を目指したい人は、通学講座で学習するのが向いているでしょう。

独学

2つ目は自分でテキストを購入し、一人で学習する方法です。

自分のペースで勉強することができ、すきま時間に勉強することもできるので、忙しい人でも勉強時間を確保することができるでしょう。

テキスト代しかかからないという金銭面での大きなメリットもあります。

ただし、自分でテキストを選び購入し、計画を立てて学習を進める必要があります。

モチベーションを維持するのが難しいというデメリットもあるでしょう。また、わからないことが出てきても、自分で解決しながら進まなければなりません。

できるだけお金をかけずに勉強したい人、自分のペースで計画的に学習を進められる自信がある人は、独学が向いているでしょう。

通信講座

3つ目は通信講座で決められた教材を使い勉強する方法です。

通学講座と独学の間と言えます。

通信講座のメリットは、独学のようにマイペースですきま時間に勉強ができるところです。

さらに、通学のように決められたカリキュラムがあるので、学習計画が立てやすいというメリットもあります。

独学よりは費用がかかりますが、通学よりはリーズナブルな費用になります。

ただし、通学のように直接講師に質問することはできません。基本的に一人で学習するのでモチベーションを維持するのが難しいというデメリットもあります。

通学のようにお金と時間をかけたくないけれど、独学だと不安という人は、通信講座が向いているでしょう。

TAC宅建が独学でも安心の4つの理由

TAC宅建が独学でも安心の4つの理由

宅建の3つの学習方法「通学講座」「独学」「通信講座」のメリットデメリットについて見てきました。

TACの通信講座は、通学講座のデメリットである「お金と時間がかかる」というデメリットがありません。いつでも好きな時に学習できて、受講料もおさえることができます。

さらに、独学や通信講座のデメリットである「モチベーションが維持できない」「質問しにくい」というデメリットをカバーした内容になっています。

だからTACの通信講座は独学でも安心して学習することができるのです。
TACの安心の理由は4つあります。

  • 計画的に進めることができる
  • インプットとアウトプットがバランス良くできる
  • 教材がわかりやすい
  • 安心のフォローシステムがある

それぞれの理由を見ていきましょう。

計画的に進めることができる

通学講座のメリットは計画的に宅建学習ができることです。

独学だとなかなか計画的に学習するのが難しいというデメリットがあります。

1日〇時間と決めて勉強しても、学習する順番が間違っていると効率よく知識を身につけられません。

でもTACの通信講座なら、計画的に進めることができるのです。

合格に向けた最適なサイクルで進められる

TACは通信講座でもスムーズに学習を進められるように工夫されたカリキュラムになっています。

「基本テキストを使った講義(インプット)」→「過去問題集(アウトプット)」→「ミニテスト(チェック)」を合格サイクルとし、これをできるだけ繰り返し行うことで短期間でも得点力を鍛えていくことができます。

始める時期に合わせた多彩なコースがある

TACには学習を始める時期に応じて最適な合格サイクルで計画的に進められるように、多彩なコースが用意されています。

じっくり前年の冬から始める場合、スタンダードに春から始める場合、短期集中で夏から始める場合によって選べるコースがあります。

コースごとの日程に合わせて進められる

TACの通信講座は、コースごとに日程が決まっています。

教材が一度に送られてくるのではなく、それぞれの日程に合わせてテキストや問題集が送られてきます。

動画講義についても、DVDの場合は日程に合わせて届き、Web講座の場合は日程に合わせて配信されます。

一度に大量の教材が届く通信講座もありますが、何から手をつければ良いのかわからなくなります。

TACは、日程表を見ながら送られてきた教材に合わせて学習を進めれば良いので、独学でも間違いないスケジュールで進めることができるのです。

TAC宅建通信講座のコース別スケジュールについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

関連記事

「TAC宅建通信講座は、どんなスケジュールで学習するの?」 「TAC宅建通信講座は、いつから始める日程になってるの?」 「TAC宅建通信講座の日程でうまく学習できるか不安…」 など、TAC宅建通信講座の日程や、スケジュール[…]

TAC宅建通信講座のコースにはそれぞれ日程表があるから安心!効率の良いスケジュールと

インプットアウトプットがバランス良くできる

宅建学習で重要なことは、インプットとアウトプットをバランス良くすることです。

インプットとは、テキストや講義動画で理解したり暗記したりすることです。

アウトプットは、問題集やテストでインプットした知識を解くことです。

このインプット、アウトプット学習を計画的に進めることが合格へのカギになります。

独学だとインプットに偏りがちですが、アウトプットの強化することこそ、得点力を鍛えるために非常に重要なのです。

インプットとアウトプットが融合した教材

TACの教材は、インプットとアウトプットの教材が連動しています。

例えば過去問題集は、基本テキストと対応した構成になっています。基本テキストでインプットした後にすぐに過去問題集を解けば効率よくアウトプットできるのです。

問題集で不正解した場合も、基本テキストで同じ章の部分をチェックして確認することができるのでスムーズです。

これだけで十分な充実した教材

全くの独学でインプットとアウトプットを鍛えようと思うと、様々な教材を買わなければなりません。

また、通信講座の場合も、送られてくる教材以外にも問題集が必要になるケースも少なくありません。

本当にインプットとアウトプットができているのか不安になってしまうのです。

TACの教材は、これだけで大丈夫と思える充実した内容です。

他に教材を買うことなく、TACの教材だけ使っていれば十分なインプットとアウトプットができているという安心感があります。

教材がわかりやすい

独学で宅建学習をする難しさは、わからないことがあった場合、すぐに質問できないことです。

予備校に通っていれば、講師に直接質問することができますが、通信講座の場合は自分で調べなければなりません。

そのため独学をする上で重要なことは、「わかりやすい教材であること」です。

初学者でもわかりやすい内容であれば、理解できない問題にぶつかってしまうことが少ないでしょう。

TACの講師陣によるわかりやすい講義

TAC宅建の動画講義は、TACの教室で実際に行われている講義がそのまま収録されています。

TACのプロフェッショナルな講師陣による講座をそのまま受けられるのです。

宅建試験を知り尽くしたTACの講師陣による講義は非常にわかりやすいと高評価です。

ポイントをおさえて効率よく、わかりやすく進めていくので、つまずくことが少ないでしょう。

わかりやすさにこだわったテキスト、問題集

TACは初学者でもわかりやすいように、難しい内容はできるだけ丁寧にわかりやすい解説を追求したテキストになっています。

過去問題集でも、詳細な解答解説をしているので、間違えてしまった問題もしっかり理解することができるでしょう。

安心のフォローシステムがある

独学のデメリットはモチベーションを維持しにくいこと、わからないことがあってもすぐに講師に質問できないことです。

TACの通信講座では、このデメリットをカバーするために、安心のフォローシステムを整えています。

マイページで学習管理ができる

TACは効率よく学習するためのカリキュラムを提供しています。

そのカリキュラム通りに進めていけば良いのですが、通信講座の場合は基本的に一人で学習するので「本当に今のペースで大丈夫?」「間違った順番で学習していない?」など不安になることもあります。

その不安をフォローしてくれるのが、「TAC WEB SCHOOL」のマイページ機能です。

ログインするとあなたの学習進捗状況がわかります。

学習が遅れていないか?講義の進み状況はどうか?などを確認することができるので、安心して計画的に進めることができます。

質問メール、よくある質問

TAC宅建通信講座には、インターネットのフォロー制度「i-support」があります。このシステムの中で、講師にメールで質問することができるのです。

対面で講師に質問する予備校のようにはいきませんが、数日で講師やスタッフから回答がもらえるので、疑問や不安を解決しながら進めることができます。

充実内容の「よくある質問」もあるので、質問メールをする前にチェックしてみましょう。

宅建試験の最新情報などもチェックできる便利なフォロー制度となっています。

自習室開放

独学で一人で勉強していると集中が続かないことがあるでしょう。

自宅だと家族がいてじっくり勉強できない場合もあるかもしれません。

TACはそんな通信講座の受講生にも自習室を開放しています。

いつもと違う環境で学習すると集中力がアップします。同じ宅建学習を頑張る受講者に囲まれて勉強することで、モチベーションアップにもなるでしょう。

ただし、状況によって開放していない場合のあるので、事前に問い合わせをしてください。

まとめ

合格率17%という難しい宅建試験に合格するためには「独学で勉強するのは無謀なのでは?」と思うかもしれません。

確かに全く独学で合格を目指すのは容易なことではないでしょう。

しかし、TACの宅建通信講座なら独学でも十分なサポートを受けながら計画的に学習することができます。

独学でも計画的に進めることができるシステムがと整っており、インプットとアウトプット学習を効率よく行うことができるからです。

さらに、初学者でもわかりやすい講義、教材になっているので、独学でもスムーズに進めることができるでしょう。

さらに、スケジュール管理やメール質問ができるWEBサポートも充実しています。

「通学制の講座は時間もお金もかかるから難しい」「全くの独学で頑張る自信はない」という人は、TACの宅建通信講座で独学で頑張ることを検討してみてください。

tacの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG