スタディング宅建通信講座の口コミ評判とは?口コミからわかるスタディングのメリットデメリットを解説!

スタディング宅建通信講座の口コミ評判とは?口コミからわかるスタディングのメリットデメリットを解説!

「スタディング宅建通信講座を検討しているけど、口コミ評判はいいの?」と思っていますね。

最近は宅建通信講座がたくさんありすぎて迷ってしまいますが、「口コミ評判」を基準に選ぶのは賢い方法です。

スタディング宅建通信講座のリアルな評判を知るためには、実際にスタディングを利用した人の声を聞くのが一番ですよね。

今回は、スタンディング公式サイトに寄せられている口コミ評判や、SNSの口コミ評判の中から、良い口コミ、悪い口コミを集めていきます。

その口コミ評判からわかるスタンディング宅建通信講座のメリット、デメリットを解説していきましょう。

スタンディング宅建通信講座の悪い口コミ評判は?

スタンディング宅建通信講座の悪い口コミ評判は?

スタンディングを検討しているなら、良い口コミだけでなく、悪い口コミもしっかりチェックしておきましょう。

スタンディングの口コミ評判を見ると、良い内容のものが多く、なかなか悪い口コミは見つかりませんでした。

でも、悪い口コミとまでは言えませんが、以下のようにあまり満足できなかったという意見がありましたのでご紹介します。

口コミ

スタディングの悪い口コミ丸ごと調査して分かったこと。

・テキストがなくて後悔した

・他の問題集も必要だった

悪い口コミ評判からわかるデメリットは?

スタンディング宅建通信講座の口コミの中には、以上のようにネガティブな意見がありました。

悪い口コミ評判というほどの内容ではありませんが、ちょっと気になる口コミですね。

このような口コミ評判から、以下のようなデメリットがあることがわかります。

冊子版テキストがないと不便なことがある

「はじめからテキストを購入すれば良かった」という口コミがありました。

スタディングは、忙しい人でもすきま時間に学習できるようにスマホ学習に特化しているのが特徴です。

そのため、テキストや問題集は全てWEB版になっており、冊子版のテキストはオプションとして別途購入が必要になるのです。

あなたが、机に向かってじっくり本を開いて学習したいというタイプなら、冊子版テキストがないと不便というデメリットがあります。

2020年度版の冊子版テキストのオプション料金は一括7,128円(税込)となっていました。冊子版のテキストでじっくり学習したいなら、オプション料金がかかってもあらかじめ購入しておくと安心ですね。

テキスト、問題集の内容が物足りない

「もっと理解を深められるテキストがあった方が良かった」「他の問題集も必要だった」という意見がありました。

スタディングは動画講座がメインになっており、テキストはその補足的な内容になっているのが特徴です。

あなたが、テキストをメインに学習したい、分厚い参考書がないと安心できないというタイプなら、物足りないというデメリットがあります。

また、スタディングの問題集は最小限の努力で合格を目指すために、重要なテーマだけを厳選しています。

あなたが、とにかくたくさんの問題を解いて安心したいというタイプなら、物足りないというデメリットがあります。

このように、あなたが「冊子版でボリュームのある教材が必要」というタイプなら、スタディングは物足りない可能性があります。

スタディングだけにこだわわらずに、他の宅建通信講座も検討してみると良いですね。

スタディング宅建通信講座の良い口コミ評判は?

スタディング宅建通信講座の良い口コミ評判は?

スタディングの口コミの中には、教材に関するネガティブな意見がありましたが、それ意外はとても良い内容の口コミばかりでした。

口コミ

スタディングの良い口コミ丸ごと調査して分かったこと。

・スマホ学習で勉強時間が確保できた

・すきま時間の学習で合格できた

・スマホ学習で苦手意識が下がった

・家事をしながら動画講義を見た

・わかりやすい講義

・メリハリのある講義

・重要なところとそうでないところがわかる講義

・インプットとアウトプットを自然に繰り返すことができた

・すぐにアウトプットするという学習法が合格に繋がった

・勉強仲間の投稿に刺激をもらえた

・良心的な受講料

良い口コミ評判からわかるメリット

このように、スタディング宅建通信講座を利用した人の多くが、スタディングに満足していることがわかります。

良い口コミ評判からわかる、スタディングのリアルなメリットをまとめてみましょう。

スマホですきま時間に学習できる

まず目につくのが、「スマホ学習で勉強時間が確保できた」「すきま時間の学習で合格できた」「スマホ学習で苦手意識が下がった」「家事をしながら動画講義を見て勉強した」という口コミ。

すきま時間にスマホやタブレットで効率よく学習できたから、合格を勝ち取れたという口コミが多いです。

スタディングは、効率よく学習して合格を目指すためには、学習ツール選びが重要だと考えています。

そして最も効率よく学習できるツールこそ、スマホかタブレットだと考えているのです。

スタンディングは講義、テキスト、問題集など全てスマホやタブレットで完結します。

机に向かって学習する時間を確保できない人でも、自分のペースですきま時間に学習できるところが嬉しいメリットですね。

重点をおさえた講義

次に注目したいのが「わかりやすい講義」「メリハリのある講義」「重要なところがわかる講義」等の口コミ。

スタディングの講義は、重点をおさえたわかりやすい講義であることがわかります。

スタンディングの講義は、わかりやすい図解、ていねいな解説が特徴なので、難しい法律知識などに苦手意識を感じることがありません。

また、試験に出題されやすい部分については、覚え方のポイントなどを教えてくれるのが嬉しいところ。

通信講座の肝は動画講義ですので、講義の質が高いことは、通信講座を選ぶ上で大きなメリットになりますね。

インプットとアウトプットをバランスよくできる

「インプットとアウトプットを自然に繰り返すことができた」「すぐにアウトプットするという学習法が合格に繋がった」という口コミもありました。

スタディングの学習法は、動画講義で知識をインプットしたら、すぐに問題を解いてアウトプットするのが特徴です。

講義を視聴した時は知識が頭に入っていたのに、時間をおいてから問題を解いてみたら知識が頭から抜けていた…ということがありませんか?

スタディングはそのような非効率なことがないように、すぐに問題を解くから効率よく知識を定着させられるのです。

宅建学習に合格するためには、インプットとアウトプットをバランスよく行うことがカギになります。

スタディングの学習法は、インプットもアウトプットもバランス良く、しかも良いタイミングでできるところがメリットです。

勉強仲間機能でモチベーションが維持できる

「勉強仲間から投稿に刺激をもらえた」「勉強仲間機能でモチベーションが維持できた」などの口コミも目立ちました。

通信講座は、通学制の講座のように勉強仲間と一緒に頑張るということができません。

勉強は基本的に一人でするものですが、やはり一人ぼっちで勉強するのはとても孤独ですよね。

スタディングには「勉強仲間機能」があり、全国の勉強仲間とWEB上で繋がることができます。

学習時間や学習内容、毎日の勉強実績を投稿して、「いいね」やコメントをしながら、勉強仲間同士でモチベーションを高め合う機能です。

この嬉しい機能もスタディングのメリットの一つですね。

受講料が安い

「良心的な受講料」「料金がすごく安い」など、受講料が安いことに対する口コミが目立ちました。

宅建通信講座の受講料の相場は5万円~10万円ほどになりますが、スタディングの受講料はなんと20,350円(税込)です!

スタディングの受講料は相場のなんと半額以下ということで、非常にリーズナブルなのです。

宅建通信講座を受けてみたいけれど、受講料が高いと、そんなにお金をかけるのはちょっと…躊躇してしまいますよね。

スタディングは、それほど費用をかけず本格的な通信講座を受けられるというメリットがあります。

スタディング宅建通信講座はどんな人におすすめ?

スタディング宅建通信講座はどんな人におすすめ?

ここまでスタディング宅建通信講座の良い口コミ、悪い口コミをご紹介しながら、スタディングのメリットデメリットを見てきました。

やはり、実際にスタディングの通信講座を利用した人の意見は、信憑性があるので参考になりますね。

ここまでご紹介してきた口コミ内容を考慮すると、スタディングが合う人、合わない人は、以下のようになります。

スタンディングが合う人

  • 机に向かって学習する時間が確保できない
  • スマホで学習を完結させたい
  • 宅建試験全範囲だけでなく合格に必要な知識だけを学びたい
  • 初学者でもわかりやすい講義を受けたい
  • インプットとアウトプットをバランスよく進めたい
  • 学習仲間の励ましがほしい
  • 料金重視で通信講座を選びたい

スタンディングが合わない人

  • 学習時間をたっぷり確保できる
  • 机に向かって冊子版テキストでじっくり学習したい
  • 宅建試験範囲を完全網羅した講義を受けたい
  • とにかくたくさんの過去問を解いて安心したい

あなたは「スタディングが合う人」ですか?それとも「スタディングが合わない人」でしょうか。

「合わない人」の場合は、スタディングにこだわらずに他の宅建通信講座も検討してみてください。

「合う人」の場合は、ぜひスタディングを検討して、効率よく宅建学習をしていきましょう。

まとめ

スタディング(画像出典:スタディング

スタディングの詳細はこちら

今回は、低価格とスマホ学習が人気のスタディングの口コミ評判を参考にしながら、リアルなメリットデメリットを見てきました。

多くの人がスタディングの学習法に満足していること、スタディングの学習法のおかげで見事合格していることがわかりました。

あなたが、「じっくり時間をかけて学習したい」「机に向かってテキストを開いて学習したい」タイプなら物足りない通信講座でしょう。

でも、スマホですきま時間に効率よく学習したいなら、とても魅力的な通信講座になっています。

ぜひスタディング宅建通信講座で、効率的に宅建試験合格を目指しましょう!

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG