LEC宅建通信講座の動画講義はdvdがおすすめ?dvdとwebのメリットデメリットとは

LEC宅建通信講座の動画講義はdvdがおすすめ?dvdとwebのメリットデメリットとは?

「LEC宅建の動画講義はdvd受講がおすすめ?それともweb受講がおすすめ?」と思っていませんか?

30年以上もの間、多くの宅建試験合格者を輩出きてきたLEC。宅建講座の講義は、非常に面白くわかりやすいと評判です。

通学制の講座だけでなく、通信講座を利用する人も増えています。

そんなLEC宅建の通信講座は、DVDで講義動画が見れるコースと、スマホやパソコンを使いWEBで講義動画が見れるコースに分かれています。

だから、LECの通信講座を検討するときには「動画講義をDVDで受講するか、WEBで受講するか」を迷ってしまうでしょう。

そこで今回は、LEC宅建の通信講座のdvd講座、web講座を比較しながらご紹介したいと思います。

あなたに合ったコースはどちらなのか、考えてみていただければと思います。

LECの宅建講座は動画講義が大人気

LECの宅建講座は動画講義が大人気

LEC宅建通信講座の一番の魅力とも言えるのが、人気講師による動画講義です。

わかりやすい講義であることも高評価なのですが、「たとえ話が多くてわかりやすい」「ユーモアを交えて講義が面白い」「熱量が伝わってくる」など、面白い動画講義と評判になっています。

難しく複雑な宅建学習を楽しく学べるところが、LEC宅建講座の特徴なのです。

動画講義の様子は、こちらの「動画で見るウルトラ合格フルコースの全貌」から見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。
(引用:https://www.lec-jp.com/takken/kouza/speed/

それでは、この動画をどのような方法で見るのが良いのでしょうか。

dvd講座もweb講座も動画の内容は同じものなので、「あなたがどんな状況で視聴するのか」「どんな視聴方法が学習しやすいか」ということに重点を置いて考えていくことが大切です。

そのために、2つのコースのメリットデメリットを解説していきたいと思います。

LEC宅建通信講座のDVD講座のメリット、デメリットは?

LEC宅建通信講座のDVD講座のメリット、デメリットは?

LEC宅建通信講座のdvd講座では、コースごとの教材発送スケジュールに合わせて講義動画が収録されたDVDが送られてきます。そのDVDをDVDプレイヤーで再生してテレビ画面なので受講することになります。

ポータブルDVDプレーヤーがあれば、移動先で受講することもできます。
dvd講座のメリット、デメリットを見ていきましょう。

DVD講座のメリット

dvd講座の場合、web通信講座と比較すると以下のようなメリットが挙げられます。

大きな画面で講義を受講できる

dvd講義は、テレビなどの大きな画面で受講することになります。

講義の迫力や臨場感を感じながら、教室の講義に近い感覚で受講できるところがメリットです。

LEC宅建では、熱意をもって講義するタイプの講師が多いので、画面が大きいほうがその魅力を感じることができるでしょう。

また、画面が大きいので文字や図表がはっきり見えやすいというメリットもあります。

スマホの充電切れの心配がない

web講座の場合は、スマホで講義動画を見ることができますが、充電が切れてしまう心配があります。

出先で講義動画を見てしまった為に充電が切れてしまった…という事態は避けたいですよね。

dvd講座なら、スマホの充電切れの心配はないので安心です。

インターネット環境の心配がない

web講座と違い、dvd講座ならインターネット環境に影響を受けることがありません。

スマホ代が高くなる心配もないので、思い切り受講することができるでしょう。

操作が簡単

スマホやパソコン操作よりDVDプレーヤーのほうが慣れ親しんでいる人は、dvd講座のほうが操作が簡単で使いやすいでしょう。

早送りや巻き戻しなども操作も複雑ではないのでストレスなく使うことができます。

ずっと視聴することができる

web通信講座には視聴期限がありますが、dvd通信講座にはありません。

自宅に届いたdvdは、そのままずっと保管しておくことができます。

もし宅建試験に合格できなかった場合でも、翌年また視聴することができるのです。

レジュメ、板書は冊子で見れる

dvd講座では講義の画面上にあるレジュメや板書は冊子になって送られてきます。

web講座の場合は、PDFデータでレジュメや板書を見ることができるのですが、冊子になっている方が使いやすい人はdvd動画の冊子が便利でしょう。。

DVD講座のデメリット

LEC宅建講座の動画講座はとてもメリットが多いことがわかりました。

しかしデメリットもあります。

スマホで受講できない

web講座では、講義動画をスマホで視聴することができます。アプリにダウンロードして、インターネット環境がない場所でも視聴することも可能です。

一方、dvd講座の場合は、講義動画をスマホで見ることはできません。

ポータブルDVDプレーヤーがある場合は、旅行先や出張先で視聴することも可能ですが、スマホのように毎日すきま時間にサクサク見ることはできないでしょう。

自宅でゆっくり学習する時間が確保できない人には、スマホで受講できないことは大きなデメリットと言えるでしょう。

受講料が高い

dvd講座とweb講座のカリキュラムや使う教材は同じですが、受講料が違います。

dvd教材の分、web通信講座よりもdvd通信講座のほうが、少し受講料が高くなっているのです。

コース名 Web講座受講料 DVD講座受講料
プレミアム合格フルコース 154,000円(税込) 170,500円(税込)
パーフェクト合格フルコース 126,500円(税込) 143,000円(税込)
春からチャージ合格フルコース 143,000円(税込 159,000円(税込)
週一完成合格フルコース 126,500円(税込) 143,000円(税込)
再チャレンジ合格フルコース 110,000円(税込) 126,500円(税込)
再チャレンジ合格フルコース+スーパー合格講義 148,500円(税込) 165,000円(税込)
ウルトラ合格フルコース 110,000円(税込) 121,000円(税込)
ウルトラ合格ライトコース 91,300円(税込) 95,700円(税込)

このように、同じ講義内容でもdvd講座の料金が割高になります。

費用を重視したい人にはデメリットになるでしょう。

LEC宅建通信講座のWEB講座のメリット、デメリットは?

LEC宅建通信講座のWEB講座のメリット、デメリットは?

LEC宅建通信講座のweb動画講座では、コースごとの教材発送スケジュールに合わせて、講義動画がweb配信されます。その動画をパソコン、タブレット、スマホで受講することになります。

なお、動画ダウンロード機能、音声ダウンロード機能がついているので、外出中もスマホで動画を見たり、スマホや音楽プレーヤーで音声を聞きながら学習することができるのです。

それでは、web講座のメリット、デメリットはどうなっているのでしょうか。

WEB講座のメリット

web講座は、スマホで受講できる他、様々なメリットがあります。

スマホに動画をダウンロードできる

WEB配信された動画講義を視聴するだけでなく、スマホにダウンロードすることが可能。

Wi-Fi環境の中で講義動画をスマホにダウンロードすれば、出先でもインターネット環境を気にせず視聴することができるのです。

通勤中などのすきま時間にサクサク視聴したい人には嬉しいメリットです。

スマホに音声をダウンロードできる

web講座は、動画だけでなく音声をダウンロードすることもできます。

スマホや音楽プレーヤーにダウンロードしておけば、いつでもどこでも復習ができるのです。

通勤電車などで動画を見るのはちょっと抵抗がある…という人でも、音声で学習できるので便利です。

倍速機能で時短学習ができる

1.0~2.0倍速の間で、自由に再生速度を調節することができます。

忙しい宅建受験者にとって、講義動画を見る時間は限られています。

倍速再生すれば、短い時間でもたっぷり情報を得ることができるでしょう。

1回目は標準速度でじっくり受講して、2回目以降は倍速で復習するということもできます。

続き再生機能がある

自宅ではパソコンで受講し、出先はスマホで受講するという忙しい人のために、パソコンとスマホの視聴履歴が同期できるシステムが搭載されています。

いつでも続きから再生して視聴できるので便利です。

板書やレジュメもスマホで確認できる

講義動画の中で使われている板書やレジュメは、dvd講座は冊子版で送られてきますが、web講座はLECのWEBフォローシステムの「Online StudySP」からPDFで閲覧することができます。

スマホにダウンロードして見ることもできます。

PDFで見たほうが便利な人は、この使いやすさがメリットでしょう。

しかし、冊子版で見たい人にはデメリットでもあります。

受講料が安い

上記のdvd講座のデメリットの項目でもご説明したように、同じコースでもdvd講座よりweb講座のほうが安くなります。

とにかく受講料を安くおさえたい人にとって、これは大きなメリットになるでしょう。

WEB講座のデメリット

次に、気になるweb講座のデメリットを見ていきましょう。

dvd講座のメリットが、基本的にそのままweb講座のデメリットになると考えてください。

画面が小さくで見にくい

スマホで受講できるのは大変便利なのですが、画面が小さいというデメリットがあります。

講義の雰囲気が伝わりにくいこと、文字や図表が見えにくいことがあるでしょう。

スマホの充電が切れると見れない

いつも出先でスマホを使って受講している場合、常にスマホの充電を気にすることになるでしょう。

講義を視聴したために、充電が切れてしまったら大変です。この充電ストレスもデメリットの一つです。

インターネット環境の影響を受ける

オンラインを通じて受講するweb講座の場合、インターネット環境に影響されるデメリットは避けられません。

インターネット環境に何らかのトラブルにより通信ができなくなってしまうこともあるでしょう。

「どうしても今日までに学習したい」という時に講義動画が見れないのは非常に困ります。

そのような事態を避けるためにダウンロード機能があるので、うまく活用していきましょう。

視聴期限がある

web講座は、講義動画を視聴できる期間が決まっています。

2020年10月現在で配信予定の動画に関しては、2021年10月16日が視聴期限となっています。

つまり、もしその年に宅建試験に合格できなかった場合、翌年も動画講義を視聴することはできないのです。

dvd講座なら、一度受け取ったDVDはいつまでも視聴することができます。

LEC宅建通信講座はDVD動画講義もWeb動画講義もおすすめ

LEC宅建通信講座はDVD動画講義もWeb動画講義もおすすめ

いかがでしたでしょうか。

LEC宅建通信講座のdvd講座とweb講座のメリットデメリットを紹介してきました。

まとめると以下のようになります。

DVD講座 WEB講座
メリット ・大きな画面で講義を受講できる  ・スマホに動画をダウンロードできる
・スマホの充電切れの心配がない スマホに音声をダウンロードできる
・インターネット環境の心配がない ・倍速機能で時短学習ができる
・操作が簡単 ・続き再生機能がある
・ずっと視聴することができる ・板書やレジュメもスマホで確認できる
・レジュメ、板書は冊子で見れる ・受講料が安い
デメリット ・スマホで受講できない ・画面が小さくで見にくい
・受講料が高い ・スマホの充電が切れると見れない
・インターネット環境の影響を受ける
・視聴期限がある

このように、どちらもデメリットもありますがメリットが多く、効率的に宅建学習できるツールとしておすすめであることがわかりました。

大切なのは、あなたのライフスタイルや好みに合わせて使いやすいほうを選ぶことです。そうすることで、多くの学習時間を確保できるので、効率よく合格を目指すことができます。

LEC宅建dvd講座が向いているのは、以下のような人になります。

  • スマホやパソコンよりDVDのほうが身近なメディア
  • 大画面で動画講義を視聴したい
  • インターネット環境やスマホの充電切れを気にせず視聴したい
  • 無期限に動画講義を視聴したい
  • 板書やレジュメは冊子版でほしい
  • 受講料が少し高くてもDVDの便利さを優先したい

LEC宅建Web講座が向いているのは、以下のような人になります。

  • スマホをメインに学習したい
  • すきま時間にスマホで動画講義を視聴したい
  • スマホや音楽プレーヤーに音声ダウンロードをしたい
  • 倍速機能でスピーディーに講義を視聴したい
  • スマホでもパソコンでも動画講義を視聴したい
  • 板書やレジュメはPDFデータでほしい
  • できるだけ受講料を安くしたい

あなたの場合、当てはまる項目はどちらが多いのか、じっくり検討してみてください。

まとめ

今回は、LEC宅建通信講座の動画講義について考えてきました。

LEC宅建通信講座の一番の魅力と言えるのが、人気講師による動画講義です。多くの宅建受験生から熱い支持を得ています。

LECの通信講座は、この動画講座をDVDで視聴するコース、Webで視聴するコースに分かれています。

今回は、それぞれのメリットデメリットを考えながら「どちらのツールのほうがより効率よく学習できるのか」について解説してきました。

あなたにとって魅力を感じられるコースを選んで、効率よく学習していきましょう。

>>> LECの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG