LEC宅建通信講座のテキスト参考書の評判は

LEC宅建通信講座のテキスト参考書の評判は?インプットアウトプットに最適なLECの教材とは?

「LEC宅建通信講座のテキストや参考書って実際どうなの?」と思っていませんか?

LECは1985年から受験指導を行ってきた実績と知名度があります。長年培ってきたノウハウを活かしたカリキュラムが高評価です。

さらに、実力派講師陣による初心者でもわかりやすく面白い講義内容も大人気です。

それでは、宅建学習をする上で重要なテキストや参考書の評判はどうなのでしょうか。

宅建学習を効率よく進めるためには、インプットとアウトプットのバランスが重要です。

だから、インプットのための「テキスト、参考書」、アウトプットのための「問題集」のクオリティが合格を大きく左右するのです。

今回は、LEC宅建通信講座の「テキスト、参考書」「問題集」の評判と特徴をご紹介していきたいと思います。

LEC宅建通信講座のテキスト・問題集の評判は?

LEC宅建通信講座のテキスト・問題集の評判は?

宅建通信講座の多くはオリジナル教材を採用しているのですが、LECは市販の教材を使っています。

LECのノウハウが詰まった書籍は、宅建試験勉強をする多くの受験生に支持されています。そのクオリティの高い教材をそのまま使用しているところが、LECの宅建通信講座の特徴でもあります。

LEC宅建講座は学習レベルや、学習を開始する時期によって様々なコースがあり、教材も様々なのですが、メインで使われている教材は「出る順宅建士」シリーズです。

テキストと問題集は以下の6冊があります。

  • 2021年度版「出る順宅建士合格テキスト」権利関係 2,530円(税込)
  • 2021年度版「出る順宅建士合格テキスト」宅建業法 2,090円(税込)
  • 2021年度版「出る順宅建士合格テキスト」法令上の制限・税・その他 3,080円(税込)
  • 2021年版「出る順宅建士ウォーク問過去問題集」権利関係1,650円(税込)
  • 2021年版「出る順宅建士ウォーク問過去問題集」宅建業法1,650円(税込)
  • 2021年版「出る順宅建士ウォーク問過去問題集」法令上の制限・税・その他 1,980円(税込)

LECの宅建通信講座では、基本的にこれらの教材費は受講料の中に含まれています。

それではこの「出る順宅建士」のテキストと問題集の評判を見ていきましょう。

LECの公式サイトに寄せられている合格者の口コミ評判と、AmazonでLECのテキスト、問題集を購入した人の口コミ評判をチェックしてみました。

口コミ

・効率的で無駄がない教材
合格に必要な知識がまとまったテキスト、簡潔な解説の問題集になっているので、効率よく学習することができます。

・大事なポイントがまとめられた教材
大事なポイントだけを絞った構成になっているので分かりやすかったです。

・テキストと問題集が補完しあう構造
他の教材を色々使わずに、LECの教材だけに集中したほうが良いです。なぜなら、LECのテキストと問題集は補完しあう構造になっているからです。問題集を解いて理解できないことがあれば、テキストのどこを読めばわかるか一目で理解できます。

(参考:LEC 合格体験記

口コミ

・優先順位がわかる
どの項目が出題率が高く、最近はどのような出題傾向にあるのか、優先順位が非常によくわかります。
「何を学ぶ章なのか?」「どこに着目するか?」というポイント要約もあるので、理解に必要な部分がわかりやすく、知識が定着しやすいです。

・「何を学ぶか?」がわかる
学習内容は難解なのですが、「何を学ぶか?」「どこに着目するか?」が繰り返し明示されるので、迷わず覚えるべきポイントを絞ることができます。

・効率よく学習できる
テーマ別に過去の試験でいつ出題されたのかわかるので、重要度がわかります。そして合格のために効率よく学習する方法についての要点を見てから解説を読むので、効率よく学習することができるのです。

・図で理解しやすい
様々な権利関係を図で示しているので、法的権利関係を図で考えて整理することができます。問題を解くときも、図に変換して考えられるようになるでしょう。

・実践向きの問題が多い
オーソドックスな問題集とは異なり、角度を変えた問題があるので、ひっかけ問題対策に良いでしょう。実践向きの問題が多いのでかなり鍛えられるでしょう。
コンパクトな本なのでどこにでも持っていけて勉強できそうです。

・良問が厳選されている
良問が厳選されていて、丁寧な説明もあるので良い問題集だと思います。

(参考:Amazonレビュー

このように、LECの宅建教材はとても評判が良いことがわかります。

LECの公式サイトの口コミ内容が良いのは当たり前とも言えますが、公式サイトと関係ないAmazonでも、LECのテキスト、問題集に対する評判が良く、本当に良本であることがわかります。

「出る順宅建士合格テキスト」に対する評判をまとめると以下のようになります。

  • 効率的で無駄がない
  • 合格に必要な知識がまとまっている
  • 大事なポイントがまとめられている
  • 優先順位、重要度がわかる
  • 「何を学ぶか?」がわかる
  • 図で理解しやすい

「出る順宅建士ウォーク問過去問題集」に対する評判をまとめると以下のようになります。

  • 実践向きの問題が多い
  • テキストと連動している
  • 良問が厳選されている
  • 丁寧な説明、簡潔な説明があるのでわかりやすい
  • メリハリをつけた学習ができる
  • コンパクトでは持ち運びやすい

実際にLECの宅建教材を使った人のリアルな意見はこのようになっていました。

難解な宅建学習を効率よく、スムーズに進められる質の高い教材であることがわかります。

LEC宅建通信講座のテキスト・問題集の特徴は?

LEC宅建通信講座のテキスト・問題集の特徴は?

ここまで、LEC宅建通信講座で使われている「出る順宅建士テキスト」「出る順宅建士ウォーク問過去問題集」の評判をご紹介してきました。

ここからは、その評判を踏まえながら、テキスト参考書、問題集の特徴を見ていきたいと思います。

テキスト「出る順宅建士テキスト」の特徴

LEC宅建通信講座で使われるテキストは、試験範囲を網羅し、詳細な知識までおさえることができる圧倒的な情報量となっています。

知識の量、試験情報量ならどこにも負けない自信のあるテキストです。様々な難問や改訂法にもづまずくことがないでしょう。

「何を学ぶのか」を理解してから勉強できる

各章の冒頭には「学習のポイント」があり、この章で何を学ぶのか、何に着目するのかを明確にしてからインプットしていく流れになっています。

初めてテキストを読み進める時も、復習で読み返す時にも、このポイントを見ると大まかな流れを掴むことができるで、頭に入りやすいのです。

「何を学ぶか、何に着目するのかわかった上で学習できるので効率よくインプットできる」と評判のLECのテキスト。

その理由は、この「学習ポイント」にあるのです。何を学ぶのか一目瞭然なので自然に知識を身に着けていくことができるでしょう。

メリハリをつけて勉強できる

単元ごとに過去10年分の出題データや、重要度ランクを表示し、重要度のメリハリをつけているのも特徴です。

「合格に必要な知識が詰まっている」「効率よく学習できる」「優先順位、重要度がわかる」と評判な理由は、この重要度のメリハリにあるのです。

重要な項目から優先的に学習すれば良いので、迷うことがありません。

重要例文や過去問題を掲載

理解を深めて、さらにその知識を定着させるために、関係する重要条文や過去問題を掲載しています。

「効率よく学習できる」と評判な理由は、この重要例文や過去問掲載も理由の一つでしょう。

図表でわかりやすい

LECのテキストは、視覚的に覚えられるように図や表が多く取り入れられています。複雑な事例理解などをわかりやすく整理しながら解説しています。

「図で理解できるようになった」という口コミ内容もありました。

問題集「出る順宅建士ウォーク問過去問集」の特徴

次に問題集の特徴を見ていきましょう。29年分の過去問題から繰り返し出題されている問題をピックアップしています。民法改正、建築基準法改正にも対応しています。

合格のカギになる過去問を厳選

LECの問題集には、合格のカギになる過去問が厳選されています。詳しい解説つきなので、得点力を鍛えることができます。

「実践向きの問題が多い」「良問が厳選されている」「丁寧、簡潔な説明でわかりやすい」と評判の理由は、この厳選された過去問にあるでしょう。

重要度がわかる

宅建学習をする上で過去問はとても重要です。でも全ての過去問を解く必要はありません。いかに重要度の高い過去問を解くかが合格へのカギになるのです。

LECの問題集は、最新の出題傾向を分析した上で、問題ごと重要度ランクを表示しています。

「メリハリをつけた学習ができる」と評判なのは、重要度の高い順に効率よく学習できるからでしょう。

コンパクトで運びやすい

LECの問題集はコミック本ほどのB6サイズです。コンパクトなので通勤や通学途中に学習するのにピッタリサイズ。「持ち運びやすい」と評判です。

カバンに入れて持ち運びができて、さっと取り出して見ることができるので、すきま時間に学習できるでしょう。

まとめ

今回は、LEC宅建通信講座の教材について解説してきました。

宅建合格に向けて効率よく学習するためには、インプットとアウトプットをバランス良く進めていくことが大切です。そのためには、インプットもアウトプットも効率よく進めるための教材が重要になります。

LEC宅建のインプットのためのテキスト、アウトプットのための問題集をご紹介してきました。

LEC宅建のテキストは、何を学ぶべきか明確にしながらメリハリをつけて学習することができます。

重要例文や過去問掲載や図表を取り入れた説明で分かりやすい内容となっているのも特長です。

問題集は、良問が厳選されており、重要度がわかるので効率良く学習することができます。

口コミ評価を見ても、とても評判の良い教材であることがわかりました。

LEC宅建の教材なら、無理なく、そして効率よく学習できるでしょう。

>>> LECの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG