LEC宅建の書籍

LEC宅建の書籍なら独学でも効率よく学習できる⁉LEC宅建の人気本を宅建士が解説!

LEC宅建の書籍の情報をお探しですか?

独学で簡単、効率良く勉強するためには、教材が重要です。良本を選んで学習することが、宅建試験合格への近道になるでしょう。

LECは1985年から受験指導を行ってきた実績があります。そのノウハウを活かした宅建講座のカリキュラムと、ハイレベル講師による講座は、宅建受験生から人気を集めています。

さらにLEC宅建の魅力は書籍です。

簡単に、効率よく学習するための良本が揃っています。

今回は、そんなLEC宅建の書籍をご紹介していきたいと思います。

LEC宅建の書籍の特徴、人気シリーズについて解説していきましょう。

宅建学習を効率的にするための書籍とは?

宅建学習を効率的にするための書籍とは?

予備校に通うことなく宅建学習するためには、一人で膨大な宅建試験範囲を勉強しなければなりません。

そのためには、あなたが勉強しやすいと思える教材を選ぶことが大切です。

テキストは、独学で宅建学習をする人にとって、勉強面でも精神面でも支えになるパートナーのような存在になります。

宅建学習を、効率的にしてくれる書籍を選ぶためには、どんなポイントをおさえればよいのでしょうか。

わかりやすい内容

独学で宅建学習する場合、わからないことがあっても自分で対処する必要があります。

通学制の講座のように、講師が丁寧に教えてくれるわけではありません。

だから、独学受験者にとってわかりやすい書籍であることが第一条件と言えます。

丁寧で簡潔な説明があり、理解しやすい内容であることを確認しましょう。

さらにポイントは、文字だけでなく図表などが多く掲載されていること。難解な問題でも、視覚的にインプットしていくことができるでしょう。

学習すべきポイントが明確

宅建試験の範囲は非常に広いため、効率的に学習することが求められます。

全範囲を学習するのではなく、合格に必要な内容だけを厳選して学習していく必要があります。

そのためには、合格のために学習すべき重要ポイントがわかり、優先順位をはっきり示している書籍が良いでしょう。

何を学ぶべきか明確にすれば、メリハリをつけた学習ができます。

アウトプットしやすい

宅建試験に合格するためには、テキストで知識を理解するだけでは不十分です。

インプットだけでなくアウトプットすること、つまり問題を解いていくことが重要になります。

そのためには、アウトプットがスムーズにできる書籍が必要です。

ポイントは、インプット用のテキストと、アウトプット用の問題集が連動していること。

問題集を解きながらわからないことがあれば、すぐにテキストの該当部分を見て確認することができるのでスピーディに学習できるでしょう。

LEC宅建の書籍の特徴は?

LEC宅建の書籍の特徴は?

宅建学習を効率的にするための条件は、「わかりやすい内容」「学習すべきポイントが明確」「アウトプットしやすい」ということです。

LEC宅建の書籍は、このような条件を満たしているのでしょうか。

その特徴を見ていきたいと思います。

わかりやすい工夫が施されている書籍

LEC宅建の書籍は、わかりやすい良本であると評判です。

初学者向け書籍「トリセツ」シリーズでは、フルカラー、図表、イラスト、キャラクターの会話など、宅建が初めての人でも抵抗なくスッと学習を始められる工夫が施されています。

人気書籍シリーズの「出る順宅建士」シリーズでは、難解な法律用語を日常的に使われる言葉に置き換えて説明するなどの工夫があります。

宅建学習の書籍の絶対条件である「わかりやすさ」が散りばめられた本ばかりです。

重要ポイントが一目でわかるテキスト

「トリセツ」シリーズのテキストには「重要度」「攻略メモ」「総まとめ」などがあり、一目で重要ポイントがわかるので、効率よくメリハリをつけた学習ができます。

「出る順宅建士」シリーズのテキストの各章の冒頭には、「学習のポイント」があります。

この章で何を学ぶのか、何に着目するのかが一目でわかる構成になっているのです。

宅建学習の書籍に求められる「優先順位をつけて効率よく学習する」という条件がしっかり盛り込まれています。

使いやすくアウトプットしやすい問題集

LECの書籍シリーズの問題集は、持ち運びやすさを重視し、サイズも厚みもコンパクト。

いつでもどこでもアウトプットできる便利さがあります。

さらに「トリセツ」シリーズの問題集も「出る順宅建士」シリーズの問題集もテキストに完全対応しているので、問題を解きながらスムーズにテキストの説明を確認することができます。

すきま時間にサクサクアウトプットすることができる問題集が揃っているのです。

LEC宅建の人気書籍シリーズ

LEC宅建の人気書籍シリーズ

宅建学習を効率的にするための書籍の条件、さらにLEC宅建の書籍の特徴をご説明してきました。

LEC宅建の書籍は、宅建学習を効率よく進めるための条件が揃っている本ばかりです。だから、多くの宅建受験生に支持されているのです。

それでは、実際にどのような本があるのか、LEC宅建の人気書籍をご紹介していきましょう。

「合格トリセツ」シリーズ

宅建学習が初めてという人でも、苦手意識なく学習できるように、やさしくポイントをおさえて解説している「トリセツ」シリーズ。基本テキストと基本問題集がセットになっています。

まるで宅建の取扱説明書のように頼れる書籍です。

2021年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト

2021年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト 宅建士合格のトリセツシリーズ

LECの学習ノウハウを活かし、宅建初学者向けに丁寧にまとめた基本テキストです。

この1冊で、基礎から本試験までしっかり学べる内容になっています。

宅建試験や法律の知識がない人でも、わかりやすいように、初学者の目線で作られているのが特徴です。

フルカラーで図解やイラストが多いので、難解な知識もイメージしやすく記憶に残りやすいでしょう。

かわいいキャラクターの会話が読みやすく理解しやすいところもオススメ。

「重要度」「攻略メモ」「総まとめ」などがあり、メリハリをつけながら効率よく学習できる構成になっています。

2021年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集

2021年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集【法改正対応 / 分冊可能】 (宅建士合格のトリセツシリーズ)

宅建初学者向けの基本から力をつけるための問題集です。

LECが厳選した合格に必要な過去問300問を凝縮しています。

問題を解いた後に、初学者でもわかりやすい「解答ポイント」「解説文」があるので、スムーズに理解していくことができます。

テキスト同様に図表やイラスト、やさしい文章なので、スラスラ読み進めることができるでしょう。

項目ごとにテキストと連動しているので、しっかり確認しながら進めることができます。

最後に「過去問プラスアルファ」で、合格に向けての得点力を鍛えます。

出る順シリーズ

宅建試験の範囲は非常に広く難解です。だから、ただ全体的に暗記するのではなく、合格に必要な知識を身につけていくことが必要です。

出る順シリーズは、近年の宅建試験の出題傾向をおさえ、合格に必要な実力が鍛えられるように作られています。

テキスト、過去問題集、〇×問題集、予想模試、総まとめ用書籍と充実のラインナップになっています。

2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係

2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係

2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 2 宅建業法

2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 2 宅建業法

2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 3 法令上の制限・税・その他

2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 3 法令上の制限・税・その他

「出る順宅建士 合格テキストのラインナップ「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限・税・その他」は、合格に必要な知識を詳しく解説しているLEC宅建定番テキストです。

難解な法律用語は、日常生活で使う言葉に置き換えることで、わかりやすく解説しています。

冒頭部分に「学習内容ポイント」があり、どんな事を学ぶのか?何に着目すればいいのか?が一目でわかる構造になっています。

さらに、過去10年の出題データから重要度ランクを表示しているので、メリハリをつけながら効率よくインプットしていくことができます。

2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 1 権利関係

2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 1 権利関係

2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 2 宅建業法

2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 2 宅建業法

2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 3 法令上の制限・税・その他

2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 3 法令上の制限・税・その他

「出る順宅建士 ウォーク問過去問題集」のラインナップ「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限・税・その他」は、合格のカギとなる過去問を厳選したLEC宅建定番過去問題集です。

答えが見えないように、問題文の裏に正解と解説が印刷された構造になっています。

テキストに完全対応しており、問題集の「ステップ番号」「項目番号」がテキストと連動しています。問題を解きながらテキストを確認すれば、より理解を深めることができるでしょう。

持ち運び便利なハンディタイプの書籍なので、通勤時間などのすきま時間にサクサク解いていくことができます。

2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集

2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集 【アプリ付き / 2020年改正民法対応】 (出る順宅建士シリーズ)

宅建試験前の実力チェックに最適な一問一答形式の問題集です。

最新出題傾向を踏まえ、LEC独自の〇×問題が1,000肢も収録されています。

購入者特典として、全収録問題をスマホで解けるアプリがついています。

すきま時間にスマホで繰り返しアウトプット学習することができるのです。

実力、弱点をチェックして、万全の体勢で試験に臨むことができるでしょう。

2020年版 出る順宅建士 当たる!直前予想模試

2020年版 出る順宅建士 当たる! 直前予想模試【模試4回分/法改正対応】 (出る順宅建士シリーズ)

試験前の本番シミュレーション、イメージトレーニングができる直前予想模試です。

LECの「全日本宅建公開模試」の出題ノウハウを活かし、LEC講師陣が試験出題を分析、予想しています。4回分の模試が収録された内容になっています。

出題様式に慣れること、弱点を理解して対策することができるでしょう。

2020年版 出る順宅建士 逆解き式! 最重要ポイント555

2020年版 出る順宅建士 逆解き式! 最重要ポイント555【音声ダウンロード/要点整理/法改正対応】 (出る順宅建士シリーズ)

暗記に特化し、重要ポイントだけを効率よく覚え込む総まとめ用の書籍です。

「結論」→「各論」へと逆転させた構成が特徴。結論から先に見ることで解説を省略し、時短学習を目指します。

最重要ポイントを読み上げる音声データをダウンロードすることもできます。いつでもどこでも効率よく暗記していくことができるでしょう。

ハンディサイズで、暗記の王道赤シート付きなので、すきま時間にも学習できて便利です。

2020年版 どこでも宅建士 とらの巻

2020年版 どこでも宅建士 とらの巻

短期集中で合格を目指したい人に向けたテキストです。

過去の宅建試験における頻出箇所や知識を厳選して解説し、短期間でも効率よく効果的に試験対策できるような内容になっています。

3段階で重要度が表示されているので、重要度の高いものから取り掛かることができます。時間がないビジネスマンでも、しっかり直前対策ができるでしょう。

シリーズ タイトル 価格
トリセツ 2021年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト 2,970円(税込)
2021年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集 2,475円(税込)
出る順 2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 1 権利関係 2,277円(税込)
2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 2 宅建業法 1,881円(税込)
2021年版 出る順宅建士 合格テキスト 3 法令上の制限・税・その他 2,772円(税込)
2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 1 権利関係 1,485円(税込)
2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 2 宅建業法 1,485円(税込)
2021年版 出る順宅建士 ウォーク問過去問題集 3 法令上の制限・税・その他 1,782円(税込)
2020年版 出る順宅建士 一問一答○×1000肢問題集 1,881円(税込)
2020年版 出る順宅建士 当たる!直前予想模試 1,584円(税込)
2020年版 出る順宅建士 逆解き式! 最重要ポイント555 2,079円(税込)
どこでも宅建士 2020年版 どこでも宅建士 とらの巻 2,178円(税込)

ご紹介してきたLEC宅建書籍をまとめると以上のようになっています。

現在(2020年11月21日)時点では、まだ2021年度版がなく2020年度版の本もありますが、ご参考にしていただければと思います。

まとめ

今回はLEC宅建の書籍についてご紹介してきました。

独学で宅建試験合格を目指すためには、あなたに合った書籍を見つけることが重要です。

「わかりやすい」「学習すべきポイントがわかる」「アウトプットしやすい」などの条件が揃った本なら、効率よく学習することができるでしょう。

LEC宅建の書籍は、このような条件をクリアした良本ばかりが揃っています。

今回ご紹介した書籍のうち2020年度版の本は、LEC公式サイトで「チラ読み」することができます。あなたに合った内容なのか、ぜひご自分の目で確かめてみてください。

>>> LECの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG