LA宅建通信講座のテキスト、参考書の評判は?LA教材のメリットデメリットとは?

LA宅建通信講座のテキスト、参考書の評判は?LA教材のメリットデメリットとは?

LA宅建通信講座に興味はあっても、本当に続けられる自信がないと躊躇してしまいませんか?

特に不安になるのがテキストとの相性です。

通信講座は基本的に独学で進めることになるので、テキストとの相性が悪いと途中で行き詰ってしまいます。

LA宅建通信講座のテキストは一人でもつまずくことなく学習できる内容なのでしょうか。

宅建学習経験者の目線で見ると、LAのテキストは真面目に無難に学習できる良本であると感じます。

実際に使った方はどのような感想をお持ちなのでしょうか。

そこでLAのテキスト、参考書の気になる口コミ評判をリサーチしました。

すると、「LAのテキストだけで合格できた」「シンプルで使いやすい」などのポジティブな口コミが多く、やはり評判の良いテキストであることがわかりました。

口コミ評判からわかるLAテキストのメリットは「網羅性」「使いやすさ」。

さらにリサーチすると、このメリットは、LAが「市販テキスト」にこだわっていることが関係していることが見えてきたのです。

今回は、LAテキストの評判をもとに、LAのテキストについてさらに掘り下げていきたいと思います。

相性が悪いテキストの通信講座を選んでしまうと、宅建学習は上手くいかず、合格が遠のいてしまうかもしれません。

LAのテキストはあなたに合ったテキストなのか、しっかり見極めた上で、LA宅建通信講座を検討してください。

LAテキストの口コミ評判は良い

LAテキストの口コミ評判は良い

LAのテキストの信憑性の高い情報を集めるために、LAの公式サイト、SNSや口コミサイトの情報などをすみずみまでリサーチしました。

より信頼できるデータを集めるために、実際にLA宅建通信講座を使って宅建試験に合格した人の口コミを中心に調査しています。

LAの公式サイトには、80名近くの合格者の口コミが寄せられていましたので、信憑性の高い情報を集めることができました。

その中からテキストに関する口コミだけを見ると「教材費がかからなくて良かった」という金額に関するコメントや、「申し込んだらすぐに教材が届いて助かった」など様々な口コミがありました。

しかし、当サイトは宅建学習が効率よくできることに的を絞り、以下5つの口コミに注目しました。

  • 初学者でもLAのテキストだけで十分な学習ができた
  • 他のテキストが必要なかった
  • LAのテキストだけに集中して合格できた
  • シンプルで見やすいテキストだった
  • 勉強しやすいテキストだった

LAのテキストを見ると、バランス良くまとまった内容であり、マイナス面は見受けられませんでした。

実際にLAのテキストを使って学習した人の感想を見ると、ポジティブな意見が多く、受講者にとってメリットの多いテキストであることがわかります。

次の章では、この口コミ評判からわかるLAテキストのメリットを検証していきたいと思います。

LAテキストの口コミ評判からわかるメリット

LAテキストの口コミ評判からわかるメリット

公式サイトに掲載されている80件もの口コミのうち、ネガティブなコメントは数件しかなく、ほとんどがポジティブな内容でした。

公式サイトには良い評判ばかりが掲載されている可能性もありますので、SNSなどの口コミサイトも調べてみましたが、悪い評判は見受けられませんでした。

LAのテキストは経験者の筆者から見ても、良質であり、勉強しやすいテキストであると感じます。

実際の口コミ情報を見ても、やはり評判の良いテキストであることがわかりました。

具体的に口コミ内容を分析してみると、「初学者でもLAのテキストだけで十分」「他のテキストが必要なかった」「LAのテキストだけに集中できた」との評判から、LAのテキストには網羅性があることが見えてきます。

さらに、「シンプルで見やすい」「勉強しやすい」との評判なのは、使いやすいテキストだからでしょう。

この「網羅性」「使いやすさ」を掘り下げて解説していきたいと思います。

網羅性がある

宅建学習を効率的に進めるためには、一つのテキストに集中することが大切です。

複数のテキストで学習すると、どちらも中途半端になってしまう、それぞれのテキストにある同じ内容を繰り返し勉強することになる、など効率が悪くなってしまうからです。

しかし、LA以外の宅建通信講座の口コミを見ると、通信講座のテキストだけでなく、市販のテキストも購入して利用している人がとても多いことがわかります。

どうして、通信講座のテキストがあるのにわざわざ市販テキストを買うのでしょうか。

それは、通信講座のオリジナルテキストには網羅性が足りないからです。

通信講座のオリジナルテキストは、それぞれの独自メソッドにより重要部分だけに絞った内容のものが多く見受けられます。

これにより、本当に必要な部分だけを効率よく学習することを目指しているのです。

でも、やはりしっかり網羅性のあるテキストも手元に置いておきたいということで、市販のテキストを購入する人が多いのです。

ところが、LAのテキストの口コミを見ると「初学者でもLAのテキストだけで十分な学習ができた」「他のテキストが必要なかった」「LAのテキストだけに集中して合格できた」と、LAのテキストだけで十分合格が狙えることがわかります。

どうして他の宅建講座とは違い、LAのテキストは、それだけで十分と思えるのでしょうか。

LAのテキストは市販テキストなので網羅性がある

その答えを知るために、LAのテキスト内容を調べてみると、LAのテキストはオリジナルではなく市販のテキストであることがわかります。

オリジナルテキストは、オリジナル性を追求するため重点に絞った内容であることが多く、作成する講師の個性が出るために偏った内容になる傾向にあります。

LAはそのような偏りを避けるために敢えて市販テキストを採用していると思われます。

住宅新報出版のロングセラー宅建テキスト「パーフェクト宅建士」を採用しているのですが、これは宅建学習の定番テキストで、内容に偏りは感じられません。

これだけで十分と思える網羅性の高いテキストと言えるのです。

「初学者でもLAのテキストだけで十分な学習ができた」「他のテキストが必要なかった」「LAのテキストだけに集中して合格できた」との評判は、この市販テキストの網羅性が関係していると考えられます。

LAのテキストは市販本なので、オリジナルテキストのような斬新さや華やかさはあまり感じられません。

でも、あらためて、口コミ評判を見ると、網羅性の高さが大きなメリットであることがわかります。

使いやすい

宅建学習をする上でパートナーとなるテキストは、使いやすさがとても重要になります。

通信講座の場合は、予備校とは違い、気軽に講師に質問することができないので、テキストの存在は大きいです。

使いにくいと感じるテキストだと、宅建学習が苦痛になってしまい、合格への道のりは険しくなるでしょう。

LAのテキストは、使いやすさがあるのか口コミをチェックしてみると、「シンプルで見やすいテキストだった」「勉強しやすいテキストだった」と使いやすさに対する高評価が多く、期待が持てるテキストであることがわかります。

しかし、問題はあなたにとって本当に使いやすいテキストであるか?ということです。

LAのテキストは市販テキストなので使いやすい

その答えを知るために、さらにLAのテキスト内容を調べてしてみると、市販テキストならではの使いやすさがあることがわかりました。

通信講座のオリジナルテキストはその講座の受講者が使うことが前提ですが、市販テキストは違います。

幅広い人に買ってもらうことを目的としているため、万人受けする内容になっているのです。

多くの人がなじみやすい内容、見やすいレイアウトでなければ、書店で買ってもらえません。

だから、できる限り多くの人が使いやすいと感じるテキストに仕上げているのです。

具体的には、LAのテキストは2色カラーでシンプルなレイアウト、無難な構成になっているので、使いやすさがあります。

「シンプルで見やすいテキストだった」「勉強しやすいテキストだった」という口コミ評判がありましたが、これはLAの市販テキストならではの無難な使いやすが関係していると予想できます。

オリジナルテキストとは違い、多くの人が満足できる使いやすさがあるので、きっとあなたにとっても使いやすさを感じられる内容でしょう。

この使いやすさが、LAテキストのメリットと言えます。

LAのテキストは、網羅性があり、使いやすいことがメリットであることを解説してきました。

「これ1冊で大丈夫と思えるテキストがいい」「定番テキストで無難に勉強したい」という人は、LAのテキストで学力アップが期待できます。

他の通信講座の場合は、通信講座のテキストがあっても、市販テキストも購入して学習する人もいますが、LAの場合はLAのテキストだけで十分です。

他に市販テキストを買ってしまうと、かなりの勉強量になってしまい逆効果になります。

LAのテキストを信じて集中すれば、きっと効率よく学習できるはずです。

LAテキストの気になる口コミ評判もある

LAテキストの気になる口コミ評判もある

LAのテキストに対するポジティブな口コミ内容から、LAのテキストは網羅性と使いやすさがあることがわかり、やはり良本であることが再確認できました。

それは、市販テキストであることが関係している可能性が高いと想像できます。

さらに当サイトは、LAのテキストについて公平な立場で検証するために、良い口コミだけでなく悪い口コミも探しました。

公式サイトやSNSや口コミサイトから100件以上の口コミをチェックしましたが、悪い評判はありませんでした。

しかし、SNS上で以下の少しネガティブな意見を見つけました。

  • ハードルが高く感じる
  • まじめな内容で抵抗があった

100件もある口コミの中にこの2件だけでしたので、少数派の意見である可能性が高いですが、しっかり検証していきたいと思います。

LAのテキストの口コミ評判からわかるデメリット

LAのテキストの口コミ評判からわかるデメリット

上記の「ハードルが高い」「まじめな内容で抵抗がある」の口コミを参考にすると、LAテキストのデメリットは「理解するのが難しい内容」である可能性があります。

理解するのが難しい内容

LAのテキストは市販テキストならではの網羅性とシンプルさがメリットなのですが、逆にこれが「理解しにくい」と感じる人が多いのでしょう。

LAのテキストを見ると、一昔前の参考書のような真面目な内容になっています。

イラストやキャラクターなどを取り入れてあったり、フルカラーのテキストに慣れている人には、とっつきにくく、理解しにくいと感じるでしょう。

これがLAテキストのデメリットだと言えます。

LAのテキストは講義と合わせることでわかりやすくなる

LAのテキストは網羅性がある真面目な定番テキストを採用しているため、ハードルが高いと感じる人もいることが口コミからわかります。

しかし、「勉強しやすいテキスト」と評価する人が多いのも事実です。

そこで、そのような人はどんな方法でテキスト学習をしているのか調べてみると、「動画講義」と一緒にテキスト学習を進めている人が多いことがわかりました。

LAはテキストよりも講義でオリジナル性を出すことを目指していて、効率よく学べるためのメソッドを取り入れているのが特徴です。

講義に関する口コミを見ると、「とにかくわかりやすい」と評判が良く、質の高い講義を提供していることが伺えます。

だから、難しい市販のテキストでも、講義と同時進行で進めれば理解できたという人が多いのです。

LAのテキストは市販の定番テキストなので難しい内容であることは確かですが、しっかり動画講義と一緒に進めていけば良いのです。

テキストの理解をよりスムーズに深めるためには、初学者も経験者もLAのカリキュラムに沿って受講することが大事です。

LAの講義は、「基本合格講義」→「応用合格講義」→「直前対策講義」の3段階に分かれています。

ゼロから始める人でも合格を狙えるレベルに達することができるように、段階的に難易度が上がる流れになっているので、この講義に合わせてテキスト学習をすれば、スムーズに理解できるようになるでしょう。

「基本合格講義」をサラっと終わらせて「応用合格講義」に進んでしまうと、テキスト内容も一気に難しくなるため理解できなくなる可能性があります。

きちんとLAのカリキュラム通りに進めていけば、「理解しにくい」というデメリットを解消できるでしょう。

LAのテキストは市販テキストならではの網羅性と使いやすさがある

L・A(画像出典:L・A

今回は、LA宅建通信講座のテキストの評判について見てきました。

その評判から、網羅性のあるところ、使いやすいところがメリットであることがわかりました。

そしてこの評判は、LAのテキストは市販テキストにこだわっていることが関与していると想像できます。

オリジナルテキストではなく市販テキストを使うことで、このテキストだけに集中しやすくなり、効率よく学習することが期待できます。

口コミの中には難しいという意見もありましたが、それは、講義動画と合わせることが解消されるでしょう。

LAは非常にわかりやすい講義を提供しているので、その講義を聞きながらテキスト学習を進めれば、スムーズに理解できるたいう人が多くいました。

今回の口コミ調査から、LAのテキストは、宅建学習初学者でも安心できるテキストであることがわかりました。

LAを検討中の方は、ぜひ今回のLAテキストの情報を考慮してください。

L・Aの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG