クレアールのテキストや参考書の評判は?口コミからわかるクレアールのメリットを解説!

クレアールのテキストや参考書の評判は?口コミからわかるクレアールのメリットを解説!

クレアールで宅建学習をしたいと思っていても、使いやすいテキストなのかがわからないと躊躇してしまいます。

予備校に通うのと違い、通信講座は基本的に独学になるため、テキストや参考書はとても重要。苦手意識を感じてしまうテキストだと、宅建学習は上手く進みません。

だから、クレアールに興味はあっても、使いやすいテキストで勉強できる確証が持てないと、なかなか始める気持ちにならないですよね。

クレアールのテキストのリアルな情報を得るためには、口コミ評判をチェックするのが効果的です。

実際にクレアールのテキストを利用した人の口コミ情報見ると非常に評判が良く、メリットが多いテキストであることが見えてきました。

具体的に、口コミ情報からクレアールのテキストには5つのメリットがあることがわかります。

  • すきま時間に学習できる
  • わかりやすい
  • 効率よく学習できる
  • アウトプットが強化できる
  • シンプルで使いやすい

この5つのメリットが、クレアールのテキストの評判が良い理由であると考えられます。

今回は、クレアールのテキストについて詳しく解説していきたいと思います。

クレアールのテキストは評判がいい

クレアールのテキストは評判がいい

クレアール宅建通信講座を利用した人は、クレアールのテキストについてどのような感想をお持ちなのか、気になりますよね。

クレアールの公式サイトに寄せられている合格者の体験談の中から、テキストに関する口コミをまとめてみました。

口コミ

・スマホで学習できるので便利
・持ち運べるので便利
・難しすぎない内容
・講義と連動しているのでわかりやすい
・試験に出るポイントが厳選されている
・アウトプットしやすい
・余計なものがなくシンプル

このように、クレアールのテキストに関する口コミはポジティブなものが多く、メリットの多いテキストであることがわかります。

公式サイトやSNSなどの口コミを隅々まで探しましたが、ネガティブな口コミは見つかりませんでした。

気になる点は講師とテキストの統一性

ネガティブな口コミはありませんでしたが、気になる点が一つあります。

クレアールのテキストは、宅建指導歴29年の氷見敏明先生のオリジナル教材です。

2020年度までは、氷見先生がクレアールの講義も担当していたので、完全に講義とテキストが連動していました。

しかし、2021年度からは、宅建士指導歴20年の石川秀才先生に担当講師が変わっています。

「宅建士受験界の合格請負人」として幅広く活躍している方ということで、期待が持てる講師であることは間違いありません。

しかし、氷見先生の時よりも、若干、講義とテキストの統一性は劣る可能性があります。

この点だけは、まだ未知数なので気になる点として挙げておきたいと思います。

ただし、講師は変わってもクレアールのメソッドは変わっていないので、テキストの質が落ちる心配はありません。

クレアールのテキスト評判からわかる5つのメリット

クレアールのテキスト評判からわかる5つのメリット

クレアールのテキストはとても評価が高く、評判のテキストであることがわかりました。

口コミ内容から見えてきたメリットは5つです。

  • すきま時間に学習できる
  • わかりやすい
  • 効率よく学習できる
  • アウトプットが強化できる
  • シンプルで使いやすい

1.すきま時間に学習できる

宅建合格を目指すために必要な勉強時間は250時間が目安となりますが、この学習時間を確保するのは大変なことです。

例えば6ヵ月間で宅建学習するなら、1日1時間半ずつ勉強時間を確保しなければなりません。

でも、仕事や家事や子育てに忙しい人が、毎日1時間半も机に向かって学習するのはかなり難しいものです。

そこで宅建学習を成功させる秘訣は、上手くすきま時間を活用すること。

そのためには、すきま時間に気軽に学習できるテキストであることがポイントになります。

クレアールのテキストは「スマホで学習できるので便利」「持ち運べるので便利」と評判なので、すきま時間に気軽に学習できるテキストであると期待できます。

その真偽を知るために、クレアールのテキストのスペックを確認。

通信講座のテキストは「冊子版のみ」「WEB版のみ」のケースが多いのですが、クレアールはどちらも対応していることがわかりました。

冊子版テキストはA5サイズということで「持ち運べるので便利」と評判がいいのも納得できます。

クレアールのテキストなら、通勤電車の中ではスマホでWEB版のテキストを見て、昼休みにはカフェで冊子版テキストを開いて学習する。

そんなすきま時間をフル活用した使い方ができるので便利ですね。

クレアールの評判から、すきま時間に学習できるテキストであることがわかりました。

2.わかりやすい

令和2年度の宅建試験合格者は29,728人、合格率は17.6%という結果でした。

宅建試験の合格率は毎年15~17%となっており、難関資格であることがわかります。

当然、宅建試験のためのテキストの内容は基本的に難易度が高いです。

だから、テキストを眺めていてもなかなか理解できない状況に陥ってしまいます。

宅建学習をスムーズに進めるためには、できる限りわかりやすいテキストが必要になるのです。

さて、クレアールのテキストはわかりやすい要素はあるのでしょうか。

クレアールのテキストへの口コミを見ると「難しすぎない内容」「講義と連動していてわかりやすい」など、わかりやすいテキストであることが伺えます。

クレアールのテキストのわかりやすさを調査した結果、2つのことが見えてきました。

1つ目は、独学でも理解できるレベルの丁寧な解説。これなら初学者でもわかりやすいでしょう。

2つ目は、テキストと講義の連動性。

クレアールの基本講座の内容とテキストの内容は完全にリンクしているのが特徴。

テキストだけ読んで理解できない場合でも、講義とセットで学習すれば理解力アップが期待できるのです。

クレアールのテキストが「難しすぎない内容」「講義と連動していてわかりやすい」と評判なのは、この2つが関与していると考えられます。

クレアールのテキストは、わかりやすいところがメリットであると言えますね。

3.効率よく学習できる

宅建学習の試験範囲は非常に広いため、全ての範囲を網羅しようと思ったら、膨大な学習時間がかかってしまいます。

効率的に学習しないと、いくら時間があっても足りない状況に陥ってしまうのです。

だから、宅建のテキストは効率よく学習できる内容であることが条件になります。

クレアールのテキストへの口コミを見ると「試験に出るポイントが厳選されている」と評判になっていました。

これはどういう事なのでしょうか。

クレアールのテキストの特徴を調査してみると、合格に必要な範囲だけを学習する「非常識合格法」に沿った内容になっていることがわかりました。

これは、宅建試験で満点を目指すのではなく、確実に合格点を取ることを目指す学習法です。

本当に学習すべき部分だけを厳選したテキスト内容になっているので、効率的な学習が期待できるというわけです。

効率よく学習できることが、クレアールの評判からわかるメリットの一つと言えます。

4.アウトプットが強化できる

宅建試験の合格を目指すためにインプットだけでなくアウトプット力を鍛えることが大切です。

知識を定着さえるためには、インプットしたらすぐにアウトプットすること。つまりすぐに問題を解くことが大事なのです。

ところが独学の場合、テキストを読んでインプットして、数日後に問題を解いてアウトプットするなど、インプットとアウトプットの間が空いてしまいがち。

これでは、せっかく覚えた知識が無駄になってしまいます。

クレアールのテキストの評判を見ると「アウトプットしやすい」というコメントが目立ち、アウトプット強化に役立つテキストであると期待できます。

アウトプットに注目してテキスト内容を見てみると、チャプターごとに、その論点に関係する一問一答を掲載されていることがわかりました。

チャプターごとにインプットした知識をすぐにアウトプットする(一問一答を解く)ことで、知識を定着しやすくすることが狙いなのです。

クレアールのテキストはこの一問一答があるので「アウトプットしやすい」と評判なのでしょう。

インプットだけでなくアウトプットを鍛えられるメリットがあるテキストということです。

5.シンプルで使いやすい

びっしり細かい字が並んでいるテキストや、カラフルでごちゃごちゃしたレイアウトのテキストは、見ただけでやる気が半減してしまいます。

宅建学習をスムーズにするためには、シンプルで使いやすいテキストがベストなのです。

クレアールのテキストは「余計なものがなくシンプル」と評判になっており、シンプルな使いやすさが評価されていました。

どこにシンプルさと使いやすさがあるのか調べてみたところ、2つの理由が見えてきました。

1つ目は一目でわかる特徴、テキストの文字の色です。モノクロだけだと、どこが重要なのかわかりにくいです。

逆にカラフルすぎてもどこが重要なのかわかりません。

クレアールのテキストは2色刷りなので、シンプルでありながら重要部分が一目でわかります。

2つ目はアイコンの存在です。クレアールのテキストは、文字が少なくシンプルなのですが、その理由は様々なアイコンを駆使しているから。

「学ぶこと」「試験に出る」「重要図解」などの学習アイコンがあるので、シンプルでありながら、たくさんの情報がすっと入ってきます。

「余計なものがなくシンプル」という評判通りのテキストと言えます

シンプルで使いやすいところがクレアールのテキストのメリットであることがわかりました。

クレアールのテキストは学習パートナーとして最適

クレアール(画像出典:クレアール

今回はクレアールのテキストに関する評判から、どんなメリットがあるのか検証してきました。

クレアールの口コミ評判の良さの理由は以下5つのメリットがあるからです。

  • すきま時間に学習できる
  • わかりやすい
  • 効率よく学習できる
  • アウトプットが強化できる
  • シンプルで使いやすい

通学制の講座と違い、宅建講座は独学で進めることになるので、テキストは学習パートナーとして重要な存在です。

クレアールのテキストは、このように学習効果を高めてくれるメリットがたくさんあるので使いやすく、学習パートナーとして最適であると言えます。

独学で頑張るあなたをしっかりサポートしてくれるテキストであることがわかりました。

クレアールの公式サイトでは、資料請求を受け付けていますので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

クレアールの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG