クレアールの受講料は?3つのコースの料金と安くなる方法を解説!

クレアールの受講料は?3つのコースの料金と安くなる方法を解説!

クオリティの高い講義、オリジナルメソッドや最新デジタル学習システムなど、魅力的な要素が多いクレアールで勉強してみたい。

そんな気持ちがあっても、クレアール宅建通信講座の受講料がわからないと、なかなか躊躇して始められません。

宅建通信講座の受講料は5~10万円が相場なので、予備校よりはリーズナブルですが、決して安いわけではないですよね。

だから、内容が良い通信講座でも「受講料金が高すぎるからちょっと無理」と諦めてしまうこともあります。

クオリティの高い講義、オリジナルメソッドや最新デジタル学習システムなど、魅力の多いクレアールですが、受講料金はどうなっているのでしょうか。

クレアール宅建通信講座の受講料金は、一般的な通信講座の平均的な金額となっています。

格安の受講料ではありませんが、それほど高いわけではありませんので安心してください。

クレアールは3つの宅建通信講座を用意しており、受講料は59,800円、71,600円、26,800円となっています。

今回は、クレアールの宅建通信講座の受講料について詳しく解説していきます。

3つのコースの料金と内容、受講料がもっと安くなる方法など、様々な角度から受講料について掘り下げていきます。

クレアールには3つのコースと受講料がある

クレアールには3つのコースと受講料がある

宅建通信講座には1つだけのコースのタイプと、複数のコースが用意されているタイプがあります。

1つだけのコースだと迷いなく決められますが、複数のコースがあると迷ってなかなか決められません。

しかし、複数のコースがあるほうが「少し料金が高くてもフルコースがいい」「宅建学習経験者だから内容が少なくても料金をギリギリまでおさえたい」など料金的な選択肢が広がるメリットがあるのです。

だから料金を重視して通信講座を選ぶ時には、複数のコースが用意されているタイプを選ぶのがおすすめ。

クレアール宅建通信講座は、2021年合格目標に向けて、様々なニーズに対応した3つのコースがあり、受講料もそれぞれ異なります。

3コースとも、短期合格を目指すためのインプットとアウトプットで、効率よく学習できるカリキュラムが魅力です。

3つのコースの受講料金を見ていく前に、クレアールの料金について知っておきたい3つのポイントをご説明しておきたいと思います。

入会金は不要

通信講座をはじめる時に躊躇してしまう要素は「入会金」です。

受講料が安い通信講座でも、入会金があると初期費用がかさんでしまう恐れがあるからです。

できるだけ初期費用をかけずに通信講座を始めたいのであれば、入会金ゼロの会社を選ぶことが大切。

クレアールは入会金は一切かからないので、初期費用がかさむ心配なく始めることができます。

教材費込み、送料込み

宅建通信講座の場合、多くの教材費が含まれているから受講料が非常に高いケースがあります。

例えば、全国に予備校をかまえる「資格の学校TAC」の宅建通信講座の初心者向けコースは196,000円(税込)と高額。

この受講料の高さはボリューム満点の教材が含まれていることも一因となっているのです。

また、受講料金が安くても、教材費や送料がかり結局高くなる通信講座もあるので、しっかりチェックしておく必要があります。

クレアールの受講料は一般的な相場の受講料金になっていますが、教材費と送料が全て込みになった料金なのでコスパが良いのです。

教材費の心配がないので料金的に安心してはじめることができるのです。

DVDはオプション料金

通信講座の料金プランは大きく3つに分かれています。

1つ目は、WEB講座とDVD講座が一緒になっているプラン。これは高額になることが多いです。

2つ目は、WEB講座orDVD講座のいずれかを選ぶプラン。これは低額になりますが、WEBもDVDも利用したい人には少し不便さがあります。

3つ目は、基本はWEB講座になっていて、オプションとしてDVD講座がつけられるプラン。

これだとDVDが必要ない人は安く済ませることができ、必要な人はオプション料金を払えば利用できるので料金的に便利です。

クレアールの動画講座は、WEB上で配信されるので、基本的にはスマホ、タブレット、PCで視聴することになります。

ただし、オプション料金を支払うと、動画講義の収録されたDVDを受け取ることができるのです。

DVDがなくてもいいからできるだけ費用をおさえたい人、プラス費用がかかってもDVD講座をつけたい人、どちらのニーズも叶えてくれます。

無駄な料金が発生しないので、効率的な通信講座と言えるのです。

このように、通信講座の料金をチェックする時には、受講料以外に「かかる料金」「かからない料金」を確認することが重要です。

以上3点のことを頭に入れながら、3つの宅建通信講座を見ていきたいと思います。

完全合格パーフェクトコース:59,800円(税込)

「宅建学習は初めてだから手厚いサポートが受けられるコースがいいけど、費用はおさえてたい」
「一度宅建学習に失敗しているから、今度は十分なサポートを受けたいけど、それほど費用はかけられない」

と思っている人に向いているコースは、完全合格パーフェクトコースです。

手厚いサポートや充実のカリキュラムを受けたいと思ったら、やはりそれなりの料金がかかります。

例えば、「資格の学校TAC」の宅建通信講座の初心者向けコースは非常に充実したカリキュラムですが、受講料は196,000円(税込)と高額になっています。

しかし、クレアールの宅建学習を初めて学習する人、独学で上手くいかなかった人に向けた、安心のフルコースは受講料金は59,800円(税込)と安心価格です。

宅建通信講座の相場は5万円~10万円ほどになるので、平均的な料金設定となっています。

平均的な料金でありながら、以下のように基礎から総仕上げまで手取り足取りサポートしてくれる充実のカリキュラムが組まれているのです。

 

開始時期 単元名 単元数 単元時間
2020年12月~ 基本講義 124単元 62時間
分野別演習&解説講義 4単元 4時間
実力アップ演習講義 64単元 31時間
2021年5月~ 法改正講義 4単元 2時間
総合模擬試験&解説講義 4単元 16時間
2021年8月~ 重要論点総まとめ講座 8単元 4時間
2021年9月~ 公開模擬試験 1単元 4時間
2021年10月 2021年宅建試験

完全合格セーフティコース:71,600円(税込)

「通信講座で勉強したいけど、合格できなくて受講料は全て無駄になってしまうのは避けたい…」と思っているなら、完全合格セーフティコースがおすすめ。

翌年に再チャレンジする場合には、また全額支払って受講することになるため、費用はかさんでしまいます。

クレアールにはそんな人のために、宅建学習を初めて学習する人が、もし一発合格できなかった時に備えられるコースを用意しているのが特徴。

受講料金は71,600円となっています。

2021年の本試験に不合格の場合、「基礎講座」を2022年10月まで視聴可能、さらに、2022年目標の「上級コース」も受講できるのです。

このコースは「完全合格パーフェクトコース」にプラス11,800円するだけで、翌年のサポートまで保障されるので料金的に安心です。

でも「もし2021年に合格したらもったいないのでは?」と思いますよね。その心配はありません。

2021年の本試験に合格した時は、2022年の分の受講料(12,000円相当)は返金されるので損をすることはないのです。

カリキュラムは以下の内容となっており、非常に充実していると言えます。

 

開始時期 単元名 単元数 単元時間
2020年12月~ 基本講義 124単元 62時間
分野別演習&解説講義 4単元 4時間
実力アップ演習講義 64単元 31時間
2021年5月~ 法改正講義 4単元 2時間
総合模擬試験&解説講義 4単元 16時間
2021年8月~ 重要論点総まとめ講座 8単元 4時間
2021年9月~ 公開模擬試験 1単元 4時間
2021年10月 2021年宅建試験
2021年12月~ 実力アップ演習講義 64単元 31時間
2022年5月~ 法改正講義 4単元 2時間
総合模擬試験&解説講義 4単元 16時間
2022年8月~ 重要論点総まとめ講座 8単元 4時間
2022年9月~ 公開模擬試験 1単元 4時間
2022年10月 2022年宅建試験

上級パーフェクトコース:26,800円(税込)

「全範囲ではなく弱点だけ集中して克服したいから、受講料金を安くしてほしい」という人にマッチしたコースは上級パーフェクトコースです。

宅建学習経験者は、また高い受講料を支払ってイチから学習するのはお金も時間も無駄になってしまいます。

クレアールには、宅建学習の経験のある人に向けた、弱点を克服して得点アップを目指すコースがあります。受講料金は26,800円(税込)です。

試験分析→実践シミュレーション→自己分析をしながら、あなたの弱点を克服していくことを目指します。

宅建通信講座の相場は5~10万円ほどになるので、このコースなら相場の半分の料金で受講することができるので非常にお得です。

カリキュラムは、以下のように「完全合格パーフェクトコース」から「基本講義」「分野別演習&解説講義」がカットされたシンプルな内容になっています。

開始時期 単元名 単元数 単元時間
2020年12月~ 実力アップ演習講義 64単元 31時間
2021年5月~ 法改正講義 4単元 2時間
総合模擬試験&解説講義 4単元 16時間
2021年8月~ 重要論点総まとめ講座 8単元 4時間
2021年9月~ 公開模擬試験 1単元 4時間
2021年10月 2021年宅建試験

 このように、クレアール宅建通信講座のコースは、受講料の違う3つのコースに分かれています。

初めて宅建学習をする人、今まで独学で頑張ってきた人は「完全合格パーフェクトコース」が向いています。

受講料金は、宅建通信講座の平均的な金額となっていて、59,800円(税込)です。

さらに、今年度に受かる自信がない人は、翌年のサポートまでついた「完全合格セーフティコース」を選ぶのがおすすめ。

受講料は71,600円(税込)と高めですが、もし今年度合格した場合は12,000円相当戻ってくるので安心です。

宅建学習の経験はあるけど、今年こそは合格したいからとにかく弱点克服に力を入れたい人は「上級パーフェクトコース」が向いています。

受講料は26,800円(税込)と割安になっているので無理なく始めることができます。

DVDオプション料金は15,000円/21,000円/6,500円

スマホやタブレットだけでなく、じっくり家のテレビで受講したい場合は、DVDオプションを付けることで学習がスムーズになります。

移動中にはスマホですきま時間に受講、家では大画面でゆっくり受講と学習方法が広がります。

DVD動画が必要なく、WEB講義だけを視聴する人は、オプションを付ける必要はないのでリーズナブルです。

オプション料金はコースごとに以下になります。

  • 完全合格パーフェクトコースのDVDオプションは15,000円(税込)
    受講料合計は74,800円(税込)になります。
  • 完全合格パーフェクトコースのDVDオプションは21,000円(税込)
    受講料合計は92,600円(税込)になります。
  • 上級パーフェクトコースのDVDオプションは6,500円(税込)
    受講料合計は33,300円(税込)になります。

クレアール受講料を安くする方法は「教育訓練給付金」「お祝い金」「受講料負担制度」

クレアール受講料を安くする方法は「教育訓練給付金」「お祝い金」「受講料負担制度」

スーパーやデパートなどで買い物をした後に「割引券を出すのを忘れた!」ということって、よくありますよね。

買い物が済んだ後に、もっとお得に買うことができたのに…と後悔することは多々あります。

宅建通信講座の場合も、しっかり安くなる方法を確認しておくことが大切です。

クレアールは、「教育訓練給付金制度」「お祝い金制度」「受講料負担制度」の3つの制度により、賢く受講料金をおさえることができます。
これらを把握した上でクレアールを利用すれば、料金面で損をすることはありません。

教育訓練給付金対象コースがある

クレアールの「完全合格パーフェクトコース」は教育訓練給付金対象コースとなっています。

教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たしていて、厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、修了時点までに支払った学費の20%(上限10万円)が支給される制度です。

現在、働いている人はもちろん、退職した人も利用できる制度になっています。

あなたが対象者か否かについては、クレアールではなくハローワークで確認することができるので、気になる方は確認しておいてください。

「完全合格パーフェクトコース」の受講料金は59,800円(税込)なので、20%支給された場合には、実質47,840円の受講料が見込めます。

合格お祝い金制度がある

「完全合格パーフェクトコース」「完全合格セーフティコース」を受講して2021年の宅建試験に合格した人は、お祝い金をもらえる特典があるのがクレアールの特徴。

合格体験記などを書いてクレアールに提出するという条件がついています。

少し面倒に感じるかもしれませんが、少し体験談を書いただけで8,000円ももらえるのであれば、やって損はありません。

通販サイトの「レビューを書いたら〇円引き」などの感じと似ていますね。

「完全合格パーフェクトコース」の受講料金は59,800円(税込)なので、実質51,800円ということになります。

「完全合格セーフティコース」の受講料金は71,600円(税込)なので、実質63,600円です。

受験料負担制度がある

クレアールの「完全合格セーフティコース」にはさらに嬉しいお得なサービスがあります。宅建試験を受けるためには受講料7,000円が必要になるのですが、クレアールがこの受講料を負担してくれるのです。

合格お祝い制度と合わせると、実質56,600円ということになります。

クレアールの受講料は59,800円/71,600円/26,800円、さらに安くなるケースもある

クレアール(画像出典:クレアール

今回は、宅建通信講座を決める時に重要なのは、受講料金について解説してきました。

クレアール宅建通信講座の受講料金は、格安ではありませんが、平均的な金額となっているので安心できる金額です。

3つの宅建通信講座があり、受講料は59,800円、71,600円、26,800円となっています。

また、教育訓練給付金制度、合格お祝い金制度、受験当校負担制度など、基本の受講料がさらにお得になるサービスも充実。

クレアールは、料金面で満足できる通信講座なので、安心して始めることができます。

クレアールの詳細はこちら

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG