アガルート宅建通信講座のテキスト、参考書の評判は良い?合格へのカギとなるテキストの特徴とは?

アガルート宅建通信講座のテキスト、参考書の評判は良い?合格へのカギとなるテキストの特徴とは?

アガルート宅建通信講座のテキストや参考書に関する情報をお探しですか?

ベテラン講師による講座、便利なオンライン学習コンテンツで効率の良い学習を提供しているアガルート宅建通信講座。全国合格率の3.27倍の55.6%という合格実績があり、さらに受講料が32,780円というコスパの良さも魅力となっています。

それでは、宅建学習をする上で欠かせないテキストのクオリティはどうなのでしょうか。

アガルートの宅建通信講座が掲げている2本柱は「最小限に絞った講義」「最良のテキスト」です。

ベテラン講師陣による無駄のない凝縮された講義と、質の高いテキストが売りなのです。

今回は、そんなアガルートが自信持って提供しているテキスト、参考書について調べてみました。

実際にテキストを使った人はどんな感想をお持ちなのでしょうか?どんな特徴があるテキストなのでしょうか?

宅建士の目線からアガルート宅建通信講座のテキストについて解説していきましょう。

さらに、アガルートのテキストを無料で閲覧する方法もご紹介していきます。

アガルートのテキスト、参考書、問題集の評判は?

アガルートのテキスト、参考書、問題集の評判は?

アガルートのカリキュラムは「入門総合講座」をメインとし「過去問解析講座」「総まとめ講座」「模擬試験」がセットになっています。

ゼロから宅建試験の学習を始める人が、最短で合格を目指すためのインプット、アウトプット講座が詰まっているのです。

「入門総合講座」「過去問解析講座」「総まとめ講座」にそれぞれ教材があります。

アガルートの教材は、動画講義を視聴しながら同じ画面に表示できるWEB版もありますが、きちんと冊子版のテキスト、問題集も届くので安心です。

それでは、実際にアガルートテキスト、参考書を使って見事合格した人の意見を見てみたいと思います。

「入門総合講座」の教材について

口コミ

・図解が入っていてわかりやすい

・合格のための知識が凝縮されている

「過去問解析講座」の教材について

口コミ

・重要ポイントがわかりやすい

・もう少し問題数が多くても良かった

「総まとめ講座」の教材について

口コミ

・見やすいレイアウト

・論点と問題が確認できる

・凝縮された内容

口コミ評判からわかるテキスト、参考書のメリットデメリット

メリット

その結果、以下のようなメリットがあることがわかりました。

  • 入門講座 図解が入ったわかりやすいテキスト
  • 合格のための知識が凝縮されているテキスト
  • 過去問解析講座 重要ポイントがわかりやすい問題集
  • 総まとめ講座 見やすいレイアウトのテキスト
  • 論点と問題が確認できるテキスト
  • 凝縮された内容のテキスト

デメリット

このように非常に多くのメリットがあるアガルートの教材ですが、以下のように一つだけ気になるデメリットがありました。

「過去問解析講座」の問題集は問題数が少なめということです。

アガルートの教材は、できるだけ無駄を省きコンパクトな内容に作りこんでいます。

だから問題集も重要度の高い問題だけを厳選しているのでしょう。

これに物足りなさを感じる人は、他に問題集を購入することになるかもしれません。

アガルート宅建通信講座のテキスト、参考書、問題集の特徴は?

アガルート宅建通信講座のテキスト、参考書、問題集の特徴は?

アガルートの教材は、やはり評判が良く、多く受講者がテキストや問題集のおかげで合格できたと喜びの声をよせていました。

ここからは、そんなアガルートの教材の特徴を詳しく解説していきたいと思います。

テキスト

まずは、テキストの特徴から見ていきましょう。

初学者でもスムーズにインプットできるように工夫されたテキストになっています。

フルカラーで見やすい

「入門総合講座」のテキストは何度も繰り返し読むことになる重要なテキストです。

だから、楽しく学習できるようにフルカラーにしています。図表も多く取り入れています。

フルカラーと図表の効果で、文章を読んで理解するだけでなく、情報を視覚的にインプットすることができるでしょう。

だから知識の定着がスムーズになるのです。

分かりやすいレイアウト

宅建学習の情報量は非常に多いため、膨大な情報を効率よくインプットしていくためには、情報を整理することが大切です。

アガルートのテキストは、わかりやすいレイアウトやアイコン、マークを使うことで「見やすさ」「わかりやすさ」を追求しています。

合格に必要な情報だけを凝縮

アガルートのテキストは、熟練講師が宅建試験の出題傾向を分析し、力を入れるべき分野を徹底的に洗い出しています。

その情報や知識だけをテキストに載せているので、内容がとてもコンパクトなのです。

宅建試験の全範囲が載っているのではなく、合格に必要な情報が凝縮されています。

逆に合格に必要ではない情報は載せないことがアガルートのこだわりです。

だから合理的な学習ができるのです。

講義と連動している

通信講座の中には市販の教材を使う場合もありますが、アガルートの教材は完全にアガルート講師によるオリジナルです。

講義をする講師自身が作成したテキストなので、テキストと講義がしっかりリンクしていて非常に学習しやすいのです。

WEB版で見れる

アガルートのテキストは、講義画面に同時表示しながら見ることができます。

これはアガルートに限らず、多くの宅建通信講座に搭載されている機能ですが、やはりとても便利です。

講義を聞きながら同じ画面でテキストが見れると、理解するスピードがアップします。また、重いテキストを持ち歩く必要がないので便利です。

問題集

次にアウトプットのために重要な問題集の特徴を見ていきましょう。

重要ポイントがわかりやすい

アガルートの問題集は、テキスト同様に徹底的な合理化を目指しています。

だから、過去問から重要だと思われる問題だけを厳選し、さらにそれらの問題を重要度別に振り分けています。

重要度の高い問題から解き、合格できる得点力を磨いていくことができるのです。

ただし、とにかくたくさん過去問を解きたい人にとっては、アガルートのコンパクトな内容のテキストには物足りなさを感じるかもしれません。

インプットとアウトプットが繋がりやすい

総合講義と過去問題集は同じ体系順に作られています。だから、総合講義でインプットした知識を過去問集でどんどんアウトプットすることができるのです。

インプットとアウトプットが繋がりやすいので、知識が定着しやすいでしょう。

アガルート宅建通信講座のテキストを無料で閲覧する方法

アガルート宅建通信講座のテキストを無料で閲覧する方法

ここまで、アガルートのテキスト、問題集についてご説明してきました。

最後にご紹介するのは、そんなアガルートのテキストを無料で閲覧する方法です。

アガルートの通信講座に申し込む前に、動画講義やテキストを無料で体験することができます。

資料請求をすると、宅建講座に関するパンフレットやキャンペンリーフ等と一緒に「有料講座の動画講義」と、その講義に対応する「テキスト」が一冊もらえるのです。

講義時間は、「入門」が約1.5時間、「演習」が約2時間です。テキストは「総合講義・宅建業法第1章~第2章」となっています。

これだけの内容を体験することができれば、アガルートの宅建通信講座のイメージがしっかり掴めるでしょう。

申し込み方法

アガルート公式サイトのトップページから「資料請求」→「宅建試験」→「申し込み」と進みます。

カートの中に【資料請求】宅建試験と商品名が入っていることを確認したら「購入手続き」へ進んでください。

この時、税込合計金額が「0円」であることを必ずチェックしましょう。

資料請求は無料で、簡単申し込みができるので、ぜひアガルートのテキスト内容が気になる方は申し込んでみてください。

まとめ

アガルート(画像出典:アガルート

アガルートの詳細はこちら

今回は、アガルート宅建通信講座のテキスト、問題集について解説してきました。

通信講座は、通学制の講座と違い、基本的に一人でコツコツ学習していくことになります。

だから、宅建学習のパートナーであるテキストはとても重要です。さらにテキストで得た知識をさらに身につけるための問題集も大切です。

アガルートは「最良のテキスト」を売りにしているだけあり、充実の内容であることがわかりました。

その証拠にアガルートのテキスト、問題集に対する評判はとても良いです。

ただし、最終的に重要なことは「あなたにとって最良のテキストか?」ということです。それを確かめるために、ぜひ資料請求して無料教材をチェックしてみてください。

>profile

profile

(名前:豆のとめ吉、年齢:20代後半、性別:女)
大学在学中(法学部)に「宅建」に独学で一発合格いたしました。
「法学部出身なら楽勝だったんでしょ?」確かに、全くの畑違いではありませんでした。
しかし、本番までは5ヶ月程度、さらに大学の期末試験とも重なり、使える時間は、通学時間や講義の空き時間などの隙間時間だけ…!そんな中、どうやって合格したのか…。
私の経験に基づき、「独学での宅建合格方法」をご紹介します‼

CTR IMG